FC2ブログ
2020-03-29

20.3.15 立山博物館・雄山神社祈願殿

続いて祈願殿のお隣にある立山博物館へ。 12:30ごろ到着。 ¥300
P220147.jpg
残念ながら撮影禁止でした。
3F第1展示室はブナの森や立山のジオラマなどがありました。
2F第2展示室は立山信仰に関する展示
剱岳山頂から出土した平安時代の錫杖頭や
開山縁起に関する玉殿窟(たまどののいわや)や
胸に矢を射られた穴がある阿弥陀如来像や
立山地獄の閻魔王像など。
立山曼荼羅には立山連峰、来迎阿弥陀、立山地獄、開山縁起
布橋灌頂会の様子などが描かれています。
リーフレットより
9立山曼荼羅
購入した冊子を読んでたら
『毎月の月水や出産時の出血によって大地の神や水の神を穢すと考えられた女性たちは
血の池地獄に堕ちると考えられていました』と。
女性に生まれただけで地獄行き
そして子供を産まなかったら産まなかったで
永遠に竹の根っこを掘らされ続けるという矛盾。
しかもロウソクの芯て
掘れるわけないじゃん! イライラさせるのが狙いか!
酷すぎる
10石女地獄
大野市歴史博物館でパネル展示を見てから気になっていた
女人救済の儀式布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)のジオラマ
現代的に復元された布橋灌頂会の模様が上映されていました。
布橋の下を流れるうば堂川を三途の川に見立て
布橋はこの世(此岸)とあの世(彼岸)の境界と考えられていた
女性たちは白装束をまとい、目隠しをして布橋を渡り
うば堂内で念仏を唱え、再び布橋へ

こちらのキャプションを読むまでは
『霊山は女人禁制だから儀式に参加すれば登拝と同じ徳を積んだことになる』
的なものかと思ってましたが
無事に渡り切ると死後男性に生まれ変われる的なことが書かれていました。
結局女性のままでは極楽浄土へ連れてってもらえないのね

こちらの展示で1番気になったのが、うば尊
(うばの字は変換出てこないけど女偏に田が3つ)
おんば様と呼ばれているそうです。
片膝を立ててるのが渡来っぽい。
地獄の入口にいるって設定なので奪衣婆なのかな?
5うばそん
エントランスにいた霊獣クタベ
いま話題のアマビエ的なUMA
お尻に顔があるようにしか見えない
P220145.jpg
ミュージアムショップで布橋灌頂会の白装束目隠し女性の
フェルトマスコットを売ってて、ちょっと迷った。
うば尊だったら即買いだったんだけど

そんでもって雄山神社祈願殿へ。
P220148.jpg
狛犬さんたち、正面向いてます。
P220149.jpg
P220150.jpg
釼嶽社(須佐之男命)
P220154.jpg
立山若宮(天手力雄神:太刀尾天神剱岳神:本地不動明王)
雪国だから仕方ないんだけど、シートがねぇ
P220153.jpg
立山大宮(伊邪那岐神:立山権現雄山神:本地阿弥陀如来)
P220151.jpg
神秘社(造化三神:天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神)
P220152.jpg
立山開山御廟
佐伯有頼公(出家して慈興と号す)が83歳で入定された地と伝えられる
P220169.jpg
祈願殿
P220170.jpg
年始の参拝時に御朱印拝受したので今回はお参りのみ
P220172.jpg
本殿(といっていいのか?)はよく見えず。
もしかして覆屋かな?
P220171.jpg
折角なので閻魔堂近辺も散策。
途中の宿坊らしきところの石仏。
どちらさまか分からないけど味がある。
P220155.jpg
閻魔堂
P220163.jpg
中に入ってお参りできます
P220157.jpg
セルフ販売形式で牛王や御朱印(印刷)が置いてありました。
右は御朱印が個装されていた紙ですが、絵柄がステキ
4閻魔堂
石仏がたくさん。
P220162.jpg
P220161.jpg
P220158.jpg
布橋までまさかのシート
P220166.jpg
遥望館辺りから立山を遥拝
P220168.jpg
まんだら遊苑は12/1~3/31冬期休苑中。
多分やっててもスルーしたと思うけど
情報だと案外面白そう(失礼)

帰り際の入口に乗りつけるがいて目がテン
富山県民ってラインとか気にしない県民性なの?


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター