FC2ブログ
2020-03-01

20.2.22 村山浅間神社

続いて村山浅間神社(むらやませんげんじんじゃ)へ。 12:40ごろ到着。
GP6409.jpg
こちらも世界文化遺産の構成資産です。
GP6442.jpg
大スギ
GP6410.jpg
鼻ペチャ
GP6411.jpg
チャウチャウみたい
GP6412.jpg
平安末期、富士修験の祖「末代上人」が富士山頂に大日寺を建て富士山修験道の基礎を築き
当社の境内地に堂舎を構えた
その後、末代の流れを汲む「頼尊」が村山に富士山興法寺を開き
富士山修験道「村山修験」の拠点となり、富士山に対する神仏習合の地として発展した
14世紀初めには修験者による組織的登山が広まると
1429年には村山に「発心門」が建立された

GP6413.jpg
富士根本宮
GP6415.jpg
本殿はシンプル
GP6416.jpg
イチョウ
立派だけど、細かい枝が無くて
どんなふうに葉っぱが出るのか想像できない。
GP6414.jpg
大棟梁権現社(氏神社:高嶺総鎮守社)
村山修験の開祖「富士上人末代」は「役行者」修法を継ぎ幾百回の登頂を成し
頂上に大日寺(現在の頂上奥宮)を建て山岳仏教の基礎を固め
自ら大棟梁権現と号し即身仏となって当山の守護神となった

GP6417.jpg
水垢離場
GP6419.jpg
修験者や富士登拝の道者が垢離をとって身を浄めた所
GP6420.jpg
宝篋印塔と、聖観音?と、お地蔵さま
GP6421.jpg
蓮に手をかざしてるのかな
GP6422.jpg
護摩壇
7/1の富士山開山祭では聖護院の修験者が中心となり護摩焚きを行っている
GP6424.jpg
このお不動さん好き
西山光照寺跡の制多迦童子に通ずるものがある
GP6425.jpg
三峰?八大金剛童子と、庚申
GP6426.jpg
富士山興法寺大日堂
GP6418.jpg
屋根の形とか、壁板の縦ラインがモダン
GP6428.jpg
山号が富士山ですよ
GP6439.jpg
「扉が開いてるから中でお参りできるんじゃ?」と話していたら
ガイドさんが「どうぞ」と案内してくださいました
神仏分離の時に大日堂が取り壊されず残ったのは
聖護院門跡に属するため、お堂に菊紋がついていたからではないか
と仰ってました。
撮影OKでしたが、全体写真撮り忘れちゃった
大日如来坐像や役行者像、不動明王などが祀られています。
GP6432.jpg
センターは木造金剛界大日如来坐像(室町)
宝冠の透かしがステキ
GP6438.jpg
お気に入りは銅造不動明王立像(室町)
腰がクネってなってる
GP6437.jpg
富士参詣曼荼羅(安土桃山:複製)
GP6430.jpg
山頂を目指す道者を飛天が見守ってます。
GP6429.jpg
絹本著色富士曼荼羅図(室町:複製)
本物は富士山本宮浅間大社所蔵で、狩野元信作と伝わるそう(重文)
右下に三保ノ松原が描かれていて、左下の三重塔は清見寺
その上の富士川を渡って富士山本宮浅間大社へ
湧玉池での垢離も描かれています
GP6436.jpg
中央が大日堂
雲の切れ間に水垢離場
GP6434.jpg
山頂が三峰に描かれるのは、三尊だから のほかに
浅間大社から見ると最高峰の剣ヶ峯が真ん中で三峰に見えるからだそうです。
センターが阿弥陀如来、左右は大日如来・薬師如来(諸説あり)
浅間大菩薩の本地仏が大日如来だそうです。
GP6435.jpg
聖護院門跡雄仁親王が来られた時に建てられた碑伝木(ひでぎ)も保存されていました。
思いがけず拝仏できて大満足
神仏習合感ありありのところでした。
GP6427.jpg
境内の授与所で御朱印2種拝受しました。
山号も書いていただきたかっかな~。
6村山
開所は土・日・祝の10:00~15:00
ガイドさんが多めに(5人ほど)おられて
御朱印待ちの間にお話ししていたところ
雨がポツポツ降ってきちゃいました
天気予報当たるね。


--- 3/7追記 ---
社務所・案内所は新型コロナの感染拡大防止のため当分の間閉鎖だそうです。
この日開いてて良かった~。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター