FC2ブログ
2020-01-20

20.1.1 越前萬歳

やっと今年の投稿になりました
御朱印じゃないけど
お参りだけしたので、こちらのblogに。

1/1今年しょっぱなは味真野神社へ。
昨年2月に福井県立歴史博物館での企画展
越前萬歳の公演を拝見して
すごく興味深かったので現地でも観てみたかったんです。
毎年1/1に初舞があるので、それに行ってきました。
G_9404.jpg
悠長にお雑煮食べてたら
味真野神社での奉納初舞に間に合わなくて(10分程度だったみたい)
着いたらちょうど皆さん出てきたところだったので
味真野商工会館で開催される初舞を。
P210209.jpg
越前万歳は6世紀に在位した継体天皇の前で舞ったのが起源とされ
1500年前から伝わるといわれている新春の祝福芸で
国の重要無形文化財に指定されています。

検索だと
信長が勝家の見張り役として入府させた前田利家が
尾張万歳を越前へ伝えたと言われている
越前万歳は伝承の地名を取り、元は「野大坪万歳」と言われている
味真野地区での発祥は、いかにこの地区が栄えていたかを物語る

という説も出てきますね。

この日は元旦早々から万葉の里味真野苑に来られた
ツアー客の方々も見学されてました。

「よこいすか~(準備はいいですか)」、「よこいしょ(いいよ)」の掛声
1番演目は舞込み「お家万歳」
福が舞い込むという意味で、悪魔を追い払い
お家の繁盛を願うめでたい万歳
お正月に欠かせない演目
P210211.jpg
前半は太夫が幾人かで才蔵の小太鼓に合わせて舞い
後半は太夫が一人になって自由に舞います

2番演目「三番叟」(さんばそう)
味真野小学校越前萬歳クラブ
今年の五穀豊作を祈る万歳
才蔵は2個の太鼓を下に置き、座って2本のバチで囃したてる
太夫は蝶々薙刀帽子に五色のはちまき
大地を固めるように力強く床を踏んで踊るので
三番叟は「舞う」といわず「踏む」と呼んでいます
蝶々薙刀帽子は手作りで新調されたそうです。
P210213.jpg
3番演目「ことぶき」
上方漫才の原型となっている
別名「御寿命の万歳」「竹馬の万歳」ともいわれ
太鼓を用いず
太夫と才蔵が独特の節回しで掛け合いながら舞います
言祝い(ことほい)で呼ばれる
「鶴は千年、亀は万年、浦島太郎は8千年」?
P210221.jpg
才蔵は蝶々薙刀帽子を被り、赤いたすきに扇を持って舞う
途中から5色の布を付けたシテを持つ

2列目の真ん中を陣取ったのですが
1番前の人が三脚立てて固定されてたのが邪魔だったので
場所移動したのですが、今度は頭が邪魔だった
4番演目「福井旧町づくし」
P210223.jpg
福井の旧町名を色々と綴って1つのストーリーを構成しています
つくも町や呉服町など聞きなれた町名もでてきます

1番前の右端にまた移動。
5番演目「木遣り」
木を引く労働歌が漫才趣味に変わったもの
P210230.jpg
三条の呉服長者の娘が初めて北野天満宮に参るが
同時に京や堺の若衆も参ってきた
その間の様子を面白く唄っています
P210232.jpg
途中の掛け合いが漫才のルーツだなって感じがします。
P210233.jpg
舞の部分は早口で正直何を言ってるのか分からないのですが
掛け合いの部分は理解できます。

6番演目「おはや良作」
江戸時代の大事件、金沢藩の御用商人若旦那良作とその家の下女お早の
身分違いの悲恋の駆け落ちを万歳にしたもので
福井まで逃げ延びたことにしてあります
P210234.jpg
金沢から福井までの北国街道の地名を盛り込んでいる

7番演目「七福神」
味真野小学校越前萬歳クラブ
P210239.jpg
地区の昔の民謡から創作した万歳
新年を迎えて七福神が宝舟に乗ってやってきて
宴会を開き踊りだすという想定

8番演目「越前市名所づくし」
府中の町を唄ったものは2・3あったようですが
万歳の調子ではないようでした
そこで現在の町の様子を「名所づくし」として唄ってみました
完成品ではなく
名所ができると入れ込んでいくそうです。
P210244.jpg
途中、才蔵さんが名所の案内をして
太夫さんの合の手(というか助け舟)が入ります。
P210246.jpg
9番演目「才とり万歳(鳥刺し)」
侍鳥帽子を被った太夫は鳥刺し棒を自在に操りながら
小鳥を捕る仕草を演じます
P210254.jpg
「ひとつ、ヒヨドリ」から「十でトンビ」まで鳥の名をうたい込み
それぞれの鳥が面白い滑稽な文句でさえずるのですが
それを鳥刺しが「刺いてくりょう」と追い回します
P210255.jpg
鳥を擬人化してユ-モアを漂わせ
頭韻・擬声語・方言を所々に用いて変化に富んだ芸

サーカ、サーカ、サーカ、サーカ、サッ、サッ、サッ、サッ

12時半から2時近くまでたっぷり堪能しました
味真野神社でお参りだけ
継体天皇御宮跡と鞍谷御所跡の石碑
鞍谷氏とは
足利義光の次子義嗣が兄の義時に疑われて自殺
その子嗣俊が越前に逃れ、鞍谷の姓を名乗ったのが始まりで
3代150年続いたといわれています
天正元年(1573)信長によって朝倉氏とともに滅びました

P210257.jpg
聖観音菩薩坐像、公開されることあるんですかね?
P210256.jpg
福井の仏像展でお目にかかってます。
10P80265.jpg
こちら御朱印は検索しても出てこないので
『普段は無人なんだろうな』と想像はつくのですが
そもそも御朱印はあるのか
宮司宅を訪ねればいただけるのか(宮司宅どこ?)
など情報が得られればよかったのですが
この日宮司さんおられたけど
式典の真っ最中で聞けませんでした
祭事の時しかいないけどお忙しくて対応出来ないあるある
P210258.jpg
帰りに舟津神社へ再訪してみましたが
この日は御朱印対応していませんでした。
元旦で参拝者並んでたしね。
仕方ない。

theme : お祭り・イベント
genre : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター