FC2ブログ
2020-01-17

19.12.31 金崎宮・常宮神社

続いて敦賀へ移動して金崎宮
P210159.jpg
こちらは花換まつりの時に参拝したいなと思いつつ
後回しになってて初訪。
P210162.jpg
なんかかわいいキャラクターがいたよ。
香恋(カレン)ちゃんだって。
ステッカー付きのおみくじがあった。
P210163.jpg
中門(本殿写ってないね
P210164.jpg
御祭神は
尊良親王(たかなが:後醍醐天皇一の宮)
恒良親王(つねなが:後醍醐天皇皇太子)
一の宮というのは第一皇子のことなんですね。
知らなんだ。
P210161.jpg
金ヶ崎城跡は恒良・尊良両親王を守護した新田義貞が
足利軍と戦った古戦場です

金ヶ崎の退き口(織田信長を浅井氏が裏切る)のことは
聞いたことがありましたが
足利の話は知らなかったです。
P210167.jpg
絹掛神社
藤原行房・新田義顕などの将士が祀られています。
P210166.jpg
御朱印拝受しました。
金ヶ崎城跡の御城印があったのでそちらも。
この時検索したけど出てこなかったので
最近頒布はじめたばっかなのかな?
P210206.jpg
織田信長、朝倉攻めの折り妹お市の方は
浅井・朝倉両軍に挟まれ窮地に陥ったことを知らせるため
両方を紐で結んだ袋に小豆を入れ陣中に届けたという
小豆袋がデザインされています。
P210165.jpg
古城跡のほうには行かなかったのですが
境内全体が旧跡ということで
P210168.jpg
それから気比の松原を通って
敦賀湾の反対側の常宮神社
神社庁のサイトによると「じょうぐう」と読むようです。
P210170.jpg
海の真ん前です。
P210169.jpg
広くてきれいな境内
P210171.jpg
香炉のような脚がある変わった石灯篭
P210172.jpg
亀の手水
P210174.jpg
中門と拝所
P210173.jpg
芭蕉が詠んだますほの小貝
『小萩ちれますほの小貝小盃』
ますほという名前の貝ではなく、赤い色の貝という意味だそうです。
P210175.jpg
本殿
御祭神は天八百萬比咩命(常宮大神)・神功皇后・仲哀天皇
神功皇后は常宮で腹帯を付けて筑紫で応神天皇を出産したという故事から
安産の神として信仰されている
また、神功皇后が三韓征伐に際して海路の無事を祈願したとの故事から
航海や漁業の守護神としても信仰される
神功皇后は氣比神宮の祭神・仲哀天皇の妻であるため
常宮神社は氣比神宮と夫婦とされ、常宮神社は奥宮といわれています

P210178.jpg
総参祭(そうのうまいり)
毎年7/22には仲哀天皇を納めた船神輿が船で海を渡り
神功皇后に会いに行くというロマンチックな神事が執り行われています
P210177.jpg
西殿宮(武内宿禰命)
P210184.jpg
左から神明神社(豊受大御神・天照御大神)
玉佐々良彦神社(高良玉垂命)
天鈴神社(住吉大神)
天国津彦神社(磯良大神)
天国津比咩神社(龍女神)
竹生島神社(市杵島姫神)
猿田彦神社(猿田彦神)
P210180.jpg
稲荷神社(豊玉稲荷大神)
二御兒神社(素盞嗚尊・恵比須大神)
P210179.jpg
平殿宮(玉妃命)
総社宮(応神天皇)
P210182.jpg
東殿宮(日本武尊)
P210183.jpg
国宝の朝鮮鐘は宝物庫にあるようです。
慶長2年(1597年)敦賀城主・大谷吉継(吉隆)が
豊臣秀吉の命により奉納したと伝えられているが異説もある

P210176.jpg
宝物庫の手前にきれいな授与所がありまして
こちらでも寒いからと中に入れてくださいました
御朱印拝受しました。
奉拝はスタンプですが、達筆なんだから
ハンコがあっても遠慮せずに書いてちょうだっていいのに~
P210207.jpg
こちらは梅の名所のようですので、2月に再訪したいですね
立派な枝垂桜もありました。
P210181.jpg
写真撮れなかったけど
帰り道、敦賀湾に虹がかかってたよ


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター