FC2ブログ
2019-12-03

19.11.23 玉置神社

酷道(国道)168号線を南下し、折立橋を左折してからは
すれ違いもままならない山道になって
『対向車来るなよ~』と念じながら進みました。
いたるところに落石注意の標識があり
ホントにゴロっとデカめの石が転がってます
途中からは濃霧だし
うち一人だったら心折れてるわ。
つか、一人だったらそもそも来ないか。
なんかつちのこんたな~のいるし
P200645.jpg
御朱印やスピリチュアル系の方々から
「神様に呼ばれた人しか行くことができない」
といわれている玉置神社
が満車になるほど来てるんですが
呼ばれすぎじゃない?
令和奉祝で大盤振る舞いですか?

雲海になってました
P200641.jpg
この中を走ってきたのね。
P200643.jpg
こちらから本殿まで20分ほど歩きます。
P200646.jpg
鳥居出発がちょうど13:00
P200647.jpg
遊歩道的な感じでキツくはないです
P200649.jpg
空の青さが映える
P200651.jpg
山之神
P200652.jpg
枕上溶岩
P200654.jpg
海底から1,000mも隆起するなんてすごいね。
P200653.jpg
参道表口
左のほうが緩やかみたいですが
私たちは右側の鳥居をくぐるほうから。
P200655.jpg
P200659.jpg
P200665.jpg
到着~
P200667.jpg
熊野三山の奥の院にあたるそうです。
P200669.jpg
かわえぇ
P200671.jpg
P200672.jpg
御祭神は
国常立尊・伊弉諾尊・伊弉冊尊・天照大御神・神日本磐余彦尊
P200680.jpg
本殿の前景撮り忘れてるな。
P200673.jpg
横からだけ
P200677.jpg
左が神武社(迦具土神・速玉男神・高倉下神)
右が若宮社(住吉大神・八幡大神・春日大神)
P200676.jpg
大日堂社と神輿殿
P200675.jpg
夫婦杉
P200678.jpg
神代杉
P200679.jpg
社務所と鐘楼(共に重文)
社務所は江戸末期
別当寺であった高牟婁院の主殿及び庫裏として建立されたもの。
銘のある鐘では全国で11番目に古いそうです。
P200682.jpg
御朱印拝受しました。
P200835.jpg
もう2度とこれないかもしれないから
悪魔退散のお守りも。
こちらは紙ので、木のもありました。
P200836.jpg
御朱印待ちの間に、書き手さんが
「今日は休みなのに少ないな」と話しているのが聞こえました。
これで少ないほうなの?
P200684.jpg
そして巫女さんが持つような幸運鈴(神楽鈴)が
バカ売れ毎度あり状態
神聖な場所と思ってた僻地の神社も
観光地化してしまうんでしょうかね?
三峯神社の二の舞にならないといいけど~
P200688.jpg
社務所の近くに喫煙所ありました。
ありがたや~ (喫煙所から
P200683.jpg
出雲大社玉置協会
P200685.jpg
大国主大神?
P200686.jpg
こちらから登ると玉石社(大巳貴命)があるみたいだけど
時間の都合でスルー。
お参りする場合は本殿より先に礼拝するのが習わしだそうです。
手前のお社が西真王水神かな?
P200687.jpg
三柱社
御祭神は倉稲魂神・天御柱神・国御柱神
P200689.jpg
いわれ杉(多分)からチラっと本殿が見える。
そうそう、境内に石楠花の木が多かったから
5月に参拝するといいかも。
P200691.jpg
常立杉(多分)からも。
P200692.jpg
白山社(乳岩)
P200693.jpg
帰りは緩やかなほうの参道に出てきました。
P200694.jpg
キツネ、来る時いて、帰りまだいて、悠長に耳かいてた
轢かれるなよ~。
G_9323.jpg
すごい良かったよ~
連れてきてくれてありがとう


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター