FC2ブログ
2019-12-02

19.11.23 天河大辨財天社・谷瀬の吊り橋

6:00 お仲間にまで迎えに来てもらって、熊野へGO
と言いつつ、先に向かったのは奈良県吉野郡
いろいろと行程を練ってくれました
私が誘ったのに、スケジュール丸投げ

確か御所南ICを下りたんじゃなかったかな?
あとはひたすら下道で
丹生川上神社下社(ここも行きたいとこ)の近くを通って
まずは吉野郡天川村の
天河大辨財天社(てんかわべんざいてんしゃ)へ。

道中ずっと川沿いを走ってたので
「この川が天川なのか?」とか
「それとも(星の)天の川のことなのか?」とか
テキトーなことを言ってみる
川は大きめの石がゴロっとしてて、源流って感じでした。

10:00ごろ到着で、満車状態。
うそやろ
こんな辺鄙なとこ(失礼)ガラガラやと思ってたわ。

最初に目に入ったのは
お向かいにある来迎院の坪内の大銀杏
樹齢約800年で
天河弁財天社を詣でた弘法大師のお手植とされています。
手前の枝垂桜も立派なもんです。
P200602.jpg
「天川開山ハ役行者-マエ立チノ天女ハ高野大清層都コレヲ作ラシメ給フ」
天河大辨財天社の草創は、飛鳥時代
龍、水分(みくまり)の信仰で代表され古代民族信仰の発祥地とされる
霊山大峯の開山が役行者によってなされた
その折、大峯蔵王権現に先立って勧請され
最高峰弥山の鎮守として祀られたのが天河大辨財天の創まりです
「高野大清層都」とは弘法大師のことで
高野山の開山に先立って大峯で修行されていた

P200603.jpg
円空上人も大峯で修行されていて
傑作とされる大黒天像が奉納されているそうです。
P200604.jpg
御祭神は
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)  
熊野坐大神
吉野坐大神
南朝四代天皇の御霊
神代天之御中主神より百柱の神
P200621.jpg
厳島、竹生島と並ぶ日本三大弁財天のひとつ
P200607.jpg
本殿に祀られている弁財天像は
7/16・17の例大祭で御開帳されるそうです。
本殿右扉の中に安置されている日輪弁才天像は60年に1度。
拝殿の中に能舞台がありました。
P200608.jpg
五十鈴(いすず)は天河大辨財天に古来より伝わる独自の神器で
天照大御神が天岩屋戸にこもられた時
天宇受売命が、ちまきの矛(神代鈴をつけた矛)を持って舞を舞われ
神の御神力と御稜威をこい願われたことによって岩屋戸が開かれ
天地とともに明るく照りかがやいたという伝承に登場する
天宇受売命が使用した神代鈴と同様のものであると伝えられています
五十鈴の特徴的な三つの球形の鈴は、それぞれ
「いくむすび」 「たるむすび」 「たまめむすび」という
魂の進化にとって重要な三つの魂の状態(みむすびの精神)を
あらわしています
この五十鈴の清流のような妙なる音の響きによって
心身は深く清められ、魂が調和し本来あるべき状態に戻り
新たな活力が湧いてきます

鳴らすのにコツがあり
鈴緒を円を描くように回すのですが
私は鈴緒がきしむ音しかしなかったわ
P200611.jpg
拝殿右手の階段を下りて
P200612.jpg
行者堂
P200614.jpg
変わった形&柄の鰐口
P200613.jpg
本殿は木に隠れてよく見えませんでした。
P200616.jpg
五社殿
P200615.jpg
P200618.jpg
天石(磐座:天から降った石)隕石かい
P200618-2.jpg
P200617.jpg
2つ目は二の鳥居の近く
P200619.jpg
3つ目は先に行った行者堂の横の榊の下だそうですが
見逃しました。
斎灯殿も見逃してるね
小祠が3つ安置されていて
センターが大弁財天、右が不動明王、左が神変大菩薩
内陣には千年の間消えることなく燃え続けている
「千年の灯」があるそうです(ブルーのランプ)
P200622.jpg
御朱印拝受しました。
個性的な字だし、印もステキ
P200834.jpg
今HP見てたら、この日11:00~新嘗祭だったんですね。
それで混んでたのか?
天河大弁財天社から車で30分程の弥山の山頂に
奥宮となる弥山神社があるそうです。

それから、すずかけの道を約1時間
道幅が広くなったり狭くなったりを繰り返しながら
十津川村の谷瀬の吊り橋へ。 ¥500
で見たことありましたが
まさかここに来れるとは思ってなかったよ
P200625.jpg
長さ297m、高さ54mの生活用としては日本一長い吊り橋
P200629.jpg
情報によると現在は茨城県の竜神大吊橋が日本一らしい。
だから何が日本一なのか書いてないのかな
P200628.jpg
「1度に20人以上は渡れません」と書いてあるのに
誰も数えていないというスリル
(監視員の方がいるんですが、数えてる気配がない)
P200632.jpg
高さは平気なんですが、揺れるのと
足場板がぐりってたわむのがヒヤっとします。
渡ってる時は下ばっか見てて、景色もへったくれもない。
G_9315.jpg
下のキャンプ場にも車がいっぱい停まってました。
P200635.jpg
渡りきったところの看板。
神社や展望台まで行ってみるのもいいかもね。
P200636.jpg
ここにカップルで来たら、吊り橋効果絶大やろね
P200637.jpg
近くのお店で串こんにゃくを食べながら吊り橋を見てたら
抱っこひもで赤ちゃんを抱えたお母さんが渡ってて
『赤ちゃん連れでよ~渡るわ』と思ってたら
その赤ちゃんが手足をバタバタさせて、めっちゃ喜んでた
うちもかなり面白かった
いい天気だし、サイコー
P200639.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター