FC2ブログ
2019-10-09

19.10.5 仁和寺

JRバス 高雄京北線 七条大宮12:37→13:03御室仁和寺 ¥230

まずは御室会館 梵へ。
こちらは外だけど喫煙所があるからありがたい
約1年振りの精進ニャンコカレー
P190614.jpg
黒猫のおしるしもいただきました。 ¥300
P190673.jpg
仁和寺
P190612.jpg
令和の看板を立てるだけでフォトジェニックになるもんやね
P190615.jpg
観音堂秋季特別内拝 ¥1,000
P190616.jpg
928(延長6)年頃に造営され、江戸初期(1640年頃)に再建された観音堂。
重要な儀式が行われる修行の場で、通常は非公開です。
約6年にわたる半解体修理がこのほど完了しました。
木村徳応らが再建時に描いた障壁画も鮮やかに残されています。
御本尊は千手観音菩薩で、脇侍として不動明王・降三世明王
その周りには二十八部衆、前に風神・雷神安置
柱や壁に極彩色で描かれた「三十三応現身図」や「六道図」なども
間近でご覧いただけます。

撮影NGなので、CANONのFBより
仁和寺観音堂
昨年3月トーハクでの仁和寺展以来ですね。
あの時は障壁画は複製だったはず。
お坊さんの説明で
寺名は創建時の元号からつけられた(今はつけられない)
オムロンの社名の由来
応仁の乱でことごとく焼失し
江戸初期に徳川家光より多額の援助を受けて再興
金堂は紫宸殿、御影堂は清涼殿を御所から移築
風神さまの手の指は4本(東・西・南・北)
雷神さまは3本(現在・過去・未来)
足の指はどちらも2本(天・地)
観音堂では朝晩のお勤めをしている
今後公開されることがあるか不明 最初で最後かも
などのお話がありました。
P190617.jpg
外陣に梵字の懸け仏が掛けられていました。
須弥壇の裏側
上段に六観音、下段に六道が描かれているのですが
六観音て六道それぞれを救ってくださる観音様なんですね。
その中に馬頭観音も。
産経NEWS

記念品の御守り・散華・ポストカード
散華2枚入ってたのは、ラッキーなやつだろうか?
P190671.jpg
観音堂特別公開記念御朱印を拝受しました。 ¥500X5
この書置きビミョーに大きいんだよな。
しかも仁和寺さんの御朱印帳小さいサイズだし
P190672.jpg
善の綱があり、角塔婆の下に御真言が書かれていたので
見ながら唱えてきました。
金堂・経蔵・御殿・霊宝館はスルー。
10/23・24に竜王戦が開催されるそうで
記念の御朱印帳を2色販売されていました。

嵐電の観音電車に乗って見たかったけど、機会は無いかな。
観音電車
観音電車千手


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター