FC2ブログ
2019-05-29

19.5.26 安倍文殊院

JR 畝傍14:28→14:35桜井
バスの本数少なすぎ
P180020.jpg
徒歩だと約20分。
うん、待ってる。
奈良交通バス 36系15:20→安倍文殊院15:27 ¥230
安倍文殊院 初訪
表山門
P180021.jpg
いつでもご参拝ができるように創建以来閉められたことはありません
P180023.jpg
金閣浮御堂霊宝館 春の寺宝展
秘仏十二天軸特別御開帳中
大和四寺巡礼の共通拝観券を持っていたので
P180063.jpg
霊宝館分+¥700のお納めかと思いきや
2ヵ所共通券と同じ拝観料+¥500にしてくださいました
まずは本堂へ。
P180024.jpg
本堂では説明もありました。
華厳宗 檀家を持たないお寺で
御祈祷で今日まで続いているそうです。
赤いお札は陰陽道の魔除け
還暦(人生最大の厄)の時に赤いものを身に着けるのも
厄除けだそうです。

御本尊は騎獅文殊菩薩像(きしもんじゅぼさつぞう)
鎌倉時代(1203年)に大仏師・快慶による造立。
渡海文殊と呼ばれ、民衆に智慧を授ける旅の様子が表されています。
獅子に乗り、右の手には魔を払うための剣を持ち
左の手には菩薩の慈愛と慈悲を表す蓮の花を持たれています。
四体の侍者は、右から優填王、善財童子、仏陀波利三蔵、最勝老人
(五像全てが国宝)
平安末期に平 重衡によって東大寺が焼き討ちされた後
大仏殿再興の法要の締めくくりとして
重源上人が厚く信仰していた文殊菩薩を
東大寺の別格本山である安倍文殊院に造立したものであった
ということが最近の調査で判明し
東大寺大仏殿にかかわる重要な文化財として国宝に指定されました。

撮影禁止でしたのでパネル画像
P180025.jpg
大きかった! そしてキレイ
下から見上げるとやさしい表情に見えました。
文殊菩薩様の端正な顔立ちと
獅子のユーモラスな表情とのバランスがなんともいえない
光背も高貴な感じ。
かなりのお気に入り
快慶展の時はパネル展示だったかな?
確かお出ましにはなってなかったと思う。

足元に小さなお厨子があったのが気になり
授与所でお聞きしたら仏舎利が入っているそうです。
多宝塔が焼失してしまったので、こちらに安置されているそうです。
P180026.jpg
右側のお部屋に干支の守り本尊がおられました。

五台閣でお薄をいただきました。
P180034.jpg
落雁ウマウマ
P180028.jpg
年賀状用にこの画を撮りたかったんだけど、結局来ずじまい。
12年後?
P180030.jpg
伊勢神宮への大道標
かつて当山の仁王門があったことで地名となった
仁王堂の辻の伊勢街道に置かれていた
花崗岩作りの見事な大石標で
石の頂辺には水鉢が彫りくぼめてある

P180031.jpg
釈迦堂
P180052.jpg
稲荷社
P180047.jpg
安倍晴明出生の秘話にまつわる「くずは稲荷」として祭られています。
特に金運のご利益があり霊験あらたかなことで有名です。

葛の葉とは安倍晴明のお母様だそうです。
P180050.jpg
なんかおっきい蝶が飛んでた
P180051.jpg
仲麻呂望郷しだれ桜
P180037.jpg
文殊院 西古墳(飛鳥時代)
古来より安倍寺の創建者である安倍倉梯麻呂の墓であると伝えられています。
国指定特別史跡としての古墳は、日本全国で7カ所のみ指定されており
この文殊院西古墳は最も美しい構造を持つ古墳の一つとされています。

P180039.jpg
古墳内部には弘法大師お手作りと伝う願掛け不動明王をお祀りしています。
P180041.jpg
金閣浮御堂(仲麻呂堂)
阿倍仲麻呂歌碑の左の石灯籠は
あの安倍さんの献灯碑なんだって。
P180042.jpg
受付で七参りの納め札と一緒にお守りもいただきました。
「お財布に入れてください」とのことでした。
P180065.jpg
七参りは願掛けをしながらお堂の回廊を七回まわります。
途中で気付いたんだけど
納め札に番号が振ってあって、7番からちぎってた
左利きだからね。
P180046.jpg
浮御堂を拝観しないと見れない景色
P180043.jpg
といっても、特に何もない
P180044.jpg
お願い事もこれといってないので、家内安全で
P180045.jpg
御本尊は開運弁財天像(室町時代)
厄災を払い多くの福を招来させる仏。
8本の腕を持ち15人の童子を使いとして従えているお姿

童子や牛車が可愛らしい
撮影禁止なので公式HPより
弁財天
安倍仲麻呂像(室町時代)
安倍仲麻呂公は当山にて出生され、遣唐使留学生として唐に渡り
唐の朝廷で大出世をした初の日本人です。

安倍晴明像(室町時代)
当山出身の安倍一族で陰陽道の祖として仰がれています。
土御門家より永久寄進と書かれていましたが、おおい町の?

秘仏十二天軸
春夏秋冬の寺宝展において3幅ずつ公開されていますが
すべての御軸が一同に公開されるのは弁財天大祭の期間だけです。
改元を記念して秘仏公開期間を今年は5/31まで延長します。
十二天とは方位を司る守護神で、災難を払うとされています。

チラシより
焔摩天の杖には人間の頭部が付いてました(人頭幢というそうです)
月天の月輪の中にはウサギが
十二天1
風天はヒョウ柄のブーツ履いてました
十二天2
鰐口や磐なども展示されていました。

金閣浮御堂より奥にまだ白山堂とか安倍晴明堂とかあったんですね。
完全に見逃してる

御朱印拝受しました。
大和十三佛の文殊大士と
P180060.jpg
大和四寺巡礼の智恵佛と、弁財天は直書きで。
P180061.jpg
十二天は書置きでした。
P180062.jpg
林天神社に寄った時点で時間足りないから諦めてたけど
春日大社の奉祝御朱印は
通常御朱印に奉祝って追加記入されるだけなのに
書置き対応だったのでスルー。

奈良交通バス 桜井駅南口行き最終の16:56に乗れました。 ¥230
JR 桜井17:23→17:53奈良17:57→18:48京都19:01→20:47新疋田
のはずが、また寝過ごして敦賀まで行っちゃった
割とすぐに戻る電車あったからよかったけど~
近江塩津までは起きてたのに、気付いたら20:50だったんだよね。
敦賀21:11→21:21新疋田

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター