FC2ブログ
2019-03-06

19.3.2 瓜割の滝・八百比丘尼入定洞

車内でお弁当を食べつつ
GP5830.jpg
瓜割の滝へ。
GP5849.jpg
お水が美味しいだけじゃなく
名勝としても素晴らしいと思います
昔は柵が無かったんだけど
を連れてきた人が水浴びさせちゃったんだって
うちも飼ってるけど
こういうマナーの悪い人の話を聞くと居た堪れないね~
GP5834.jpg
鳥居の奥からこんこんと湧いています。
GP5843.jpg
こちらの岩が赤いのも紅藻だそうです。
GP5838.jpg
水の流れる音でお話が聞き取れないほど水量が豊富。
GP5845.jpg
こちらでのガイドさんのお話
泰澄大師は天皇の勅使で唐に行ったけど
弘法大師は自費
丹で財を成したか? パトロンがいたか?

この時は聞き流しちゃってたけど
泰澄大師って遣唐使だった?
GP5841.jpg
天徳寺はスルーでした。
こちらの馬頭観音様まだ拝めてないのよ
御朱印も3種ともいただき済なのでスルー。

それから八百比丘尼入定洞へ。
ライオンズマークのバスが停まってました。
こちらもお水送りツアーだろうね。
GP5850.jpg
小山の麓にあります。
GP5858.jpg
普段は柵がしてありますが
自分で開けて見学していいそうです。
などで濡れている場合は不可)
GP5853.jpg
いただいたレジメより
高橋長者という裕福な庄屋があり、一人の娘がいた
長者たちはある日村に住みついたよそ者の老人に宴会に招待される
食卓には見たこともない山海の珍味が並ぶ
一人の長者がたまたま厨房を覗くと
上半身が人間の女の子で下半身が魚の
『人魚』が解体されていた
仲間に耳打ちし、誰も珍味に手を出さなかった
老人は土産として持たせるが
ほとんどの者は気味悪がって海に捨ててしまった
高橋長者だけが家まで持ち帰ったものの食べる気にはなれず
翌日捨てるつもりで無造作に厨房に置いた
それを娘がこっそり食べてしまう
この世のものとは思えぬ美味で、全部平らげてしまう
この日から娘は歳をとらなくなった

GP5860.jpg
人魚を食べて不老不死になったお話は聞いたことありますが
不老不死になりたくて自ら食べたんじゃなくて
知らずに食べちゃったんですね。
GP5856.jpg
丹波の山中まで繋がっていたと伝承がありますが
現在は落盤のため入口からすぐのところで塞がっています。
GP5855.jpg
娘は比丘尼となって諸国を行脚します。
全国各地に八百比丘尼伝説があるのは
同一人物ってことになるんですかね~。
お顔の部分をペロっとめくると顔出しパネルになる
GP5851.jpg
800歳になる前に若狭に戻ってきて、800歳で入定
その時に大好きな白椿を植えたそうです。
GP5854.jpg
不老不死のお話の一環で徐福もでてきました。
秦の始皇帝の命で不老不死の妙薬を求めてやってきた
丹後の伊根から上陸し
南下する途中で大和朝廷に召抱えられ渡来民「泰氏」となる
さらに南下した人々は熊野へ辿り着く

GP5862.jpg
徐福 初見でした。
熊野にもまたゆっくり行ってみたいですね
GP5861.jpg
空印寺もスルーだったんだけど、御朱印はいただきました。
本堂にセルフ形式で書置きが置いてあり
それをいただこうとしていたところに
御住職が書置きの補充に来られたので(ツアーが2つ重なったから?)
「御朱印帳に書いていただけますか?」とお聞きしたら
でした
P170014.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター