FC2ブログ
2019-01-05

18.12.31 清水寺

この後どうしようかなと
観光案内所へ行ってみることにして
に着いたところで
拝観予約のしていたお寺さんが
折り返し掛けてくださったのです
「近くにいるので伺ってもよろしいですか?」
とお聞きしていただけました

清水寺(せいすいじ) 13:20着 ¥500
P160395.jpg
大掃除をしていたのでに気付かなかったとのことでした。
大晦日のお忙しい時に申し訳ない
P160396.jpg
803年、寛空上人の開山
坂上田村麻呂が東北に遠征に向かった際に
戦勝祈願が為に建立
当時は大規模な伽藍を有した寺院でしたが
しばしば火難に遇い
難を逃れた仏像を現在地に仮堂を建立し移転したそうです。
P160397.jpg
収蔵庫(本堂?)内は撮影禁止でしたが
写真付のリーフレットをいただきました
センターは御本尊の千手観音立像(平安初期:重文)
製作は九世紀の頃で信州における現存最古の木造であり
一木造りの仏像では東日本で最も古いほとけさまです

千手観音
持物がちょっと変わってるなと思いました。
特に変わってるのが
お面のような顔が描かれた土鈴?
HPより画像拝借
持物
チラっと写ってますが
初めからなのか、はげたのか分かりませんが
金箔が全体にではなく細かく切ったものが貼られていて
蛇のうろこみたいでした(3体とも)

右側は聖観音立像(平安初期:重文)
他2体より100年ほど古いようです。
男性的なお顔立ちで
耳の上で髪をカタツムリの貝のようにクルクル巻かれています。
胸の辺りはキュっと締まっているのですが
お腹がぽっこり出ていて
右足がかなり前に踏み出していて
動きのあるとても特徴的な聖観音さまでした
聖観音
左側は地蔵菩薩立像(平安初期:重文)
まん丸お顔ではなく
こめかみの辺りが少し絞ってあるように見えました。
右手に錫杖を持ったお姿が造像当時からであれば
このお姿の地蔵菩薩として日本最古の像といわれているそうです。
地蔵菩薩
その他の仏像はリーフレットには載っていませんが
ちょっとあごを引いたような薬師如来立像(平安初期)や
ありがちな後補の彩色がされた四天王立像や
毘沙門天などが祀られていました。
お賓頭盧さまもおられました。
弘法大師坐像は秘仏で
お正月と厄除大祭の時に御開帳だそうです。
1日早かったね

でも、こちらに拝観できて
素敵な仏像を拝仏できてホントに良かったです
折り返してくださった奥様に感謝

御朱印いただきました。
直書き3種と
魅力菩薩のポストカードに印を押してくださったもの。
ずくがでるほとけさまのお守りもいただきました。
「ずく」とは長野の方言で
ものごとに立ち向かう気力や活力のことだそうです。
P160473.jpg
尻尾わっさ~のがいたけど
相手してもらえませんでした
P160398.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター