FC2ブログ
2018-12-16

18.12.9 甲賀流忍術屋敷

15:30までに出発できたら、湖東三山の1つの
金剛輪寺の大黒天の特別公開に行きたかったのですが
(これも12/9まででした)
お薄いただいたりして、のんびりしてしまったので
15:40になってしまい、また次回ということに。
湖東三山では12月末まで金紙の御朱印がいただけるそうです。
(百済寺は12/11に予定枚数終了とHPに記載あり)

最後に甲賀流忍術屋敷(望月氏本家旧邸)に行きました。
またナビに裏側案内された
P160074.jpg
≪甲賀望月氏≫
長野県の武家の名族滋野氏(分流は、真田氏等)を源流とし
平安時代に滋賀県甲賀地方を治めた九曜星を家紋とする氏族。
戦国時代には、伊賀の「服部」、甲賀の「望月」と称され
鈎の陣に活躍した望月出雲守甲賀三郎伝説の起源とされる
望月三郎に代表される甲賀流忍者の家系。

それで真田十勇士猿飛佐助の解説パネルがあったんですね。
あと松尾芭蕉と石川五右衛門がありました。
撒菱などの展示品
P160086.jpg
P160085.jpg
押入れに見せかけた隠し階段
P160080.jpg
中二階は天井が非常に低くて
かがまないと身動きとれません。
敵が刀を容易に振り回せない構造になっているそうです。
見張り窓があって
敵が来たらこれを鳴らして知らせるそうです(名前忘れた)
P160077.jpg
格子窓の格子が1本外れるようになっていて
これをはずして一階へ逃れることも出来るそうです。
P160076.jpg
三階 というか屋根裏
P160079.jpg
縄梯子で一階まで逃げられるようになっています。
P160087.jpg
どんでん返しで逃げた後、追っ手にからくりに気付かれても
クルリとどんでん返っても そこは落とし穴っていう
P160075.jpg
金網戸と壁の間に紙一枚を差し込みスライドさせると開くからくり窓
写真撮り忘れちゃったけど
見た目は組み込まれた障子のように見えます。

甲賀で製薬業が発達したのは、忍者が持ち帰った知識に加え
伊吹山から甲賀まで昔から薬草の宝庫で、土壌や気候が適し
成分も富山や信州の薬草より高いし
それに都に近いので早くから薬の知識も文化も進んだためと考えられる。

P160083.jpg
望月家も明治の初めまで
伊勢の浅熊岳の明王院の神札と
万金丹などの薬を売り歩くことを生業としていた。
それが忍びの者の隠れ蓑になっていたのである。
現在も甲賀地方には薬関連の工場が数多く見られる。

P160081.jpg
アジカンチックなイラストが飾ってありました。
「これのクリアファイルあったら買う~!」
ってテンション上がったけど、無かったわ
P160088.jpg
トートバッグは¥648とお安いんだけど
カラーじゃないし、生地が薄い。
と言いつつ買う
友達が「マジックで塗りね」やって
P160097.jpg
甲賀、なかなかよかったわ。
友達も「面白かった」と言ってくれた
17:00出発→甲南IC→福井IC ¥3,060

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター