FC2ブログ
2018-12-12

18.12.9 櫟野寺

続いて、この日のメインイベント櫟野寺へ。 特別拝観¥800
櫟の漢字は『いちい』で変換出てきます。
櫟野寺チラシ
33年に1度の大開帳とのことですが
HPの拝観の御案内に御本尊特別拝観日として
春と、千日詣りと、秋の特別拝観と書かれているのは
どういうことなんだろう?
P160008.jpg
ガラス張りで景色が写りこんじゃって
仁王像は撮れず。
五色幕と同じ配色の旗、初めて見ました。
P160012.jpg
滋賀県甲賀市に位置する天台宗の古刹、櫟野寺は
延暦11年(792)に最澄が延暦寺の建立に際して良材を求めて当地を訪れ
櫟(いちい)の霊木に観音像を刻んだことがその始まりと伝えられます。
鈴鹿山脈に連なる油日岳の山麓に位置し
すぐ近くを琵琶湖に注ぐ杣川(そまがわ)が流れるという立地は
世俗を離れ比叡山中で修行した最澄が
良材を求めた場所としてふさわしく感じられます。
802年には征夷大将軍の坂上田村麻呂が
山賊討伐を祈願し、伽藍を整備したと伝わる。
また白州正子氏が「かくれ里」とも呼んだこの櫟野(いちの)の地には
櫟野寺を拠点として数多くの天台寺院が建立され
豊かな仏教文化が花開いたのでした。

P160013.jpg
なかなかの人手で、も満車に近い状態でした。
私と同じようなギリギリ星人がたくさん
P160014.jpg
14:00~の結願法要での護摩供の準備がされてました。
山伏姿の方もおられました。
奥は土俵。
P160015.jpg
本堂と後ろの宝物殿は繋がっていて、中央に御本尊のお厨子があるので
本堂でお参りするとお厨子が見えるようになっています。
秘仏本尊の十一面観音菩薩坐像はその制作が10世紀後半に遡るため
その頃には櫟野寺が甲賀における仏教文化の中心であったことが知られますが
本尊含め重要文化財に指定される平安仏は20体にも及びます。

P160022.jpg
十一面観音菩薩坐像(平安時代・10世紀:重文)
像高3mを超す大観音で
重要文化財に指定された十一面観音菩薩坐像では日本最大です。
頭と体は一本の大木から彫り出されます。
木の重さが伝わってくるような重厚な姿ですが
美しく整った顔を仰ぎ見ると心が癒されます。
迫力と穏やかさがともにみられる表現は、10世紀の仏像の特徴です。

トーハク櫟野寺展HPより
キャプションはトーハクで使われたものかな?
トーハク十一面観音
僧侶の方が説明をしてくださってました。
真下から見上げると目が合うようになっているそうです。
見る人によって表情が違うように見えるのは
見る人の心が表れるからと。
なるほど、いいこと言うね~
泣いている様に見えるという人もおられるそうですが
私も右目から涙を流されてるように見えました。
重厚な存在感と静寂が共存した感じ。
美しい日本の仏像2
甲賀三大佛薬の仏様は薬師如来坐像(平安時代・12世紀:重文)
東方瑠璃光浄土の教主で医薬を司る仏であり、医王仏とも呼ばれています。
手には薬つぼを持ち
現世(この世)において心身の病を除き安楽を与えてくださる仏さまです。
本尊よりは小さいものの、仏像に求められる理想的な大きさである
周丈六(しゅうじょうろく)を基準に表された像高2.22mの大作で
その穏やかな表現は、都の大仏師、定朝の作風を模範とする定朝様に倣います。
最澄が開創した延暦寺根本中堂の本尊は薬師如来であり
いかにも天台宗の古刹、櫟野寺にふさわしいみほとけといえます。
寄木造りで、当時の作である二重円光の光背も残る本格的なものです。

櫟野寺薬師如来
また、宝仏殿に安置されている仏像群は
この地域の天台文化の繁栄を物語る優品であり、まさに平安仏の宝です。

地蔵菩薩坐像(平安時代・文治3年(1187):重文)
本像は像内の銘文から、文治3年(1187)に造られたことがわかります。
仏師運慶らによって写実的な仏像が造られるようになった頃ですが
櫟野寺周辺ではまだこのように、平安風で穏やかな姿の像が造られていました。

木の光背が素敵です
こちらと、↑の薬師如来と、釈迦如来は
末寺から移されたものだそうです。
トーハク地蔵菩薩
毘沙門天立像(平安時代・10~11世紀:重文)
平安初期に坂上田村麻呂が鈴鹿山の山賊の追討を櫟野寺で祈願し
それが叶うと毘沙門天像を造って安置したといいます。
この像は10~11世紀頃に造られたものですが
目をつり上げ、口をへの字に歪める表情にはどこか親しみをおぼえます。
腹部に表された奇妙な顔にも注目してください。

毘沙門天と吉祥天は
今まで拝仏した仏像と比べてどっしりしてました。
櫟野寺毘沙門天
御朱印いただきました。
大悲閣と薬師如来の直書きと、御開帳記念の書置き。
P160091.jpg
授与所が満杯になるほど並んでましたが
書き手さんサラサラっと書かれて
1人当たりに掛かる時間が短いので
30分ほどでいただけました。
御朱印帳は観音様の手のみをクローズアップした斬新なデザインで
めっちゃ悩んだけどガマンしたよ。

撮影禁止だったので
絵はがきとか図録的なものが欲しかったんだけど
売ってなくて
大開帳のチラシすら手に入らなかった

奥書院の庭園も見てきました。
P160019.jpg
P160018.jpg
P160016.jpg
P160017.jpg
イベント広場にお食事処ブースがあったので
昼食ここで済ませちゃいました。
時間短縮できた
P160020.jpg
虎鉄そばセット ¥1,000
P160023.jpg
縁結びの神様も念入りにお参りしてきました
P160025.jpg
帰る前に物産展のテントにも寄って
甘酒をいただきました。 ¥300
あったかい甘酒が冷えた体に染み渡ったよ~
おっかへのお土産に購入 ¥1,000
P160096.jpg
に向かう通りすがり
おじさんが記念撮影してたんだけど
最初顔出しパネルだって分からないくらい
ぴったりフィットだったの
櫟野寺忍者
なんかスゴイいい拝仏できました~。
間に合ってよかったよ
P160024.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター