FC2ブログ
2018-10-31

18.10.28 UFO博・豊財院

この時点で13:40 時間配分が全く読めない
また時間変更のするのも申し訳ないので
待ってもいいからとりあえず向かっていると
途中でコスモアイル羽咋の看板を見つけて寄ってみました。
展示室のみは¥400
3Fにコスモシアター(プラネタリウム型映画館)もありますが
時間の都合でスルー。
P150646.jpg
ここにも砂像あった。
P150645.jpg
受付で
「ちょっと変わったエレベーターがあるので乗ってみてください」
と言われ
P150649.jpg
まぁ想像通り照明が落ちて宇宙空間になるんですが
2Fまでなのですぐ着いちゃう
P150650.jpg
撮影OKでした。
ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(旧ソ連)
実際に宇宙から帰還した本物だそうです
P150651.jpg
アポロ司令船CM(アメリカ) 銀色のシールドは本物
と、ビッグOMEGA
P150652.jpg
アポロ月面着陸船LM(アメリカ) 実物大模型
P150654.jpg
モルニア1号通信衛星(旧ソ連) 実物のバックアップ機
P150653.jpg
羽咋はUFOの目撃情報が多いと聞いたことがあったので
そういう眉唾もんの展示かと思いきや
NASA特別協賛のほんまもんの宇宙科学展示でした。
P150655.jpg
外にあったマーキュリー・レッドストーン・ロケット(アメリカ製)も
1段目・2段目は実物のロケット胴体だそうです。
P150656.jpg
それから豊財院(ぶざいいん)へ。 14:40ごろ到着。
P150657.jpg
石川県羽咋市にある別名「般若寺」とも呼ばれているお寺です。
14世紀、豊財院の開祖・瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)により
能登で初めて開かれた曹洞宗の道場で
弟子の明峯素哲が1312年(正和元年)にこの寺を創建しました。

豊財院→永光寺→總持寺祖院ってことか?
P150658.jpg
こちらは御朱印めぐりのパンフで
能登七福神霊場で載っていたのですが
要予約だし
7ヵ所は回れないからスルーするつもりだったのですが
検索してみたら
大般若経の600巻におよぶ般若経の血書や
檜材一木造の馬頭観音立像、聖観音立像、十一面観音立像
3体の国重要文化財が安置されています。
歴代の住職には名僧が多いことで知られており
特に自らの血をもって大般若経を書写した
月澗義光は中興の祖とされています。

って、観音さま拝みたいじゃないですか~
なので事前にTELしときました。
行程途中の予約って時間が読めないから苦手。
P150659.jpg
収蔵庫へ案内していただきました。
等身大の檜一木造(藤原時代)
空海作と伝わるそうですが、地方色も見られるので
空海がこちらに来られた時に一緒に作ったのではないか
とのことでした。
三尊は1度も離れたことがなくずっと一緒なんだそうです。
撮影禁止だったので曹洞宗石川県宗務所より
豊財院
馬頭観音様は大宰府観世音寺の像と並び
日本最古と言われているそうです。
頭にちょこんとあごのせしてる感じが可愛らしい。
忿怒の顔ですが、そんなに恐い表情ではなかったです。

聖観音様は伏目がちというか
居眠りされてるように見えました(失礼
十一面観音様は静かに佇んでらっしゃる感じ。

3体とも厚みがあり重厚感。
下あごがぷっくりしてます。
羽咋市観光協会HPより
豊財院2
両脇に四天王のうちの増長天と広目天がおられました(鎌倉期)
何度か火災にあわれていて、二天は助け出されたそうです。
腕や足に焦げた跡がありました。
足元には西国三十三所の小像が並んでました。

壁両面に箪笥のような引き出しがあり
血書大般若波羅密多経が300巻ずつ計600巻入っているそうです。
ショーケースに一部展示されていました。
色は薄くなっていますが、茶色い字で
墨ではない、血で書かれたんだなと。
豊財院3
御朱印いただきました。
P150707.jpg
良いものを見せていただけました
こちら拝観できてよかったです


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター