FC2ブログ
2018-06-26

18.6.24 一念寺

6/24は月イチ仏像ガイドで京都へ。
10:00集合で、いつもの電車だと早く着きすぎてしまうので
珍しくサンダーバードで。 福井6:58→8:37京都 ¥4.010
G_7894.jpg
市バス81系8:50→9:25横大路車庫前 ¥230
集合場所の最寄りのバス停だと乗換が必要だったので
1つ手前だけど直通で行けるバスにしました。
均一料金外のエリアだから調べるの一苦労した

拝観のお寺さんに行く前に桂川に掛かる羽束師橋付近でお話。
鳥羽作道と南へ下ったこの辺りは草津港(鳥羽津)というそうで
津とは港のことで京の都から船で西国へ行く出発点だったそうです。
四国や厳島に配流された崇徳帝・高倉帝・法然上人も
ここから出発されたそうです。

「極小アイドル一寸法師はここから上陸したと
 御伽草子に書いてある。逆走や

一般の人は船で対岸に渡って柳谷観音へお参りに行ったそうです。
「講というサークルみたいなので連れだってお参りに行った。
 縁日の日は臨時便が出た。」
そうです。
やなぎ谷と彫られた石碑が残っています。
P140418.jpg
ちょっと分かりにくいけど
真ん中のこんもりした丘みたいなとこが柳谷観音
P140419.jpg
少し歩いて一念寺に到着~。
通常非公開のお寺さんです。
P140422.jpg
草津港から近いとのことで
法然上人が流罪で出航する際に立ち寄り
弟子たちと別れを惜しんだそうです。
その時に熊谷蓮生房に名残りの名号が残っているそうです。
4/29のがんそこう(元祖講?)の時に公開されるそうです。
P140436.jpg
元は674年道昭開山の法相宗、真阿が中興、浄土宗に改宗。
その際に阿弥陀仏坐像を東大寺念仏堂から迎えたと伝えられ
『鳥羽の大仏おおぼとけ』として知られる。

P140439.jpg
真阿の没後、遺言によってその遺骸は門前の鴨川に水葬され
その由来からそこが真阿ヶ淵と呼ばれるようになり
長く殺生禁断の地とされた。

P140423.jpg
安楽寺にお墓がある後鳥羽上皇の女房だった松虫と鈴虫は
安楽房の説法を聞くために彼らを上皇不在の御所に招き入れ
その日のうちに出家してしまったそうで
怒った上皇が念仏の停止(ちょうじ)と
住蓮房・安楽房を死罪、法然・親鸞らを流罪にしたそうです。
P140438.jpg
撮影OKでした
P140424.jpg
丈六の阿弥陀仏坐像(京都府文化財:鎌倉時代)
定朝様で、光背・台座も当初のものだそうです。
ガイドさんがどういう経緯でこちらに迎えられたのか質問したところ
「真阿上人が後亀山天皇の皇子だからお願いしていただいたのではないか。
私がお願いしてもダメだけど」みたいなことを仰ってました
P140425.jpg
岡倉天心の鑑査状
P140435.jpg
真阿上人像と法然上人像
P140434.jpg
善導大師像は下半身が金ピカなのが特徴だそうです。
P140433.jpg
彩色がキレイな地蔵菩薩像(年代不詳)
P140428.jpg
浄土宗最初の木魚も展示されていました。
P140432.jpg
P140431.jpg
こちらの石は法然上人が乗船した船を停泊させる為に使われたそうです。
P140437.jpg
御朱印いただきました(書置き)
P140458.jpg
Kさんからいただいた水ナスの糠漬け
水ナス大好き
P140460.jpg
の時間が迫っていたので
バタバタとお別れしてしまいました


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター