FC2ブログ
2018-05-11

18.5.4 1300年大祭 例大祭

またまた来ました 5/4は9:30~例大祭
P140111.jpg
式典では『こんなに並べられるんかい?』ってくらいの
海の幸山の幸の供物が奉納されます。
GP5010.jpg
1番最後に年の始めに漉かれた手漉き和紙を奉納。
GP5012.jpg
浦安の舞
G_7786.jpg
GP5016.jpg
またピントがズレた
GP5020.jpg
紙能舞は川上御前が里の川上に出でまして、衣を竿頭にかけ
紙漉きを伝授された所作を女の子1人で演じる無言舞です。
GP5031.jpg
村人がそれを見ています。
GP5034.jpg
紙神楽は伝授された技を紙漉き唄を歌いながら演じます。
GP5045.jpg
[広告] VPS

この日の主役 川上御前役の女の子。
とっても可愛らしかったです
GP5055.jpg
玉串奉奠(たまぐしほうてん)ではアノ方も
GP5052.jpg
宝物殿が公開されていました。
川上御前の像以外は撮影OKでした。
GP5056.jpg
GP5057.jpg
2Fには3月に県の文化財に指定された
板地著色大瀧児大権現祭礼図絵馬が展示されていました。
田原町の中村理太夫という人物により描かれ、石川氏により奉納されたことが
絵馬の表裏両面の墨書からわかります。

GP5059.jpg
こちらで4名くらいのグループの方に声を掛けられたのですが
話をしているうちに分かったのですが
御朱印帳づくりバスツアーに参加していた方でした。
GP5058.jpg
「ツアーの時に来年50年に1度の御開帳だと聞いて大阪から来たんだけど
どこで公開されてるの?」と聞かれました。
「御開帳?
観音堂と宝物殿は開いてるけど毎年のことだし。
紙の文化博物館で展示されてる虚空菩薩のことかな?」
と答えました。
GP5060.jpg
私が知らないだけで何か御開帳されてるのかもと思い
帰ってから検索してみたのですが
昔、大滝寺が大祭を取り仕切っていた頃は
33年に1度の式年大祭を御開帳
50年に1度の御神忌を中開帳と呼んでいたそうで
神仏分離で大滝寺が無くなって岡本講が取り仕切るようになってから
式年大祭・御神忌と呼ぶようになりましたが
今でも御開帳・中開帳という言い方もするそうです。
GP5061.jpg
見仏好きの方が御開帳と聞くと
秘仏の仏像を拝めると思うのも分かりますが
普段閉まっている社殿の扉が開いているってだけで
昇殿できないし、仏像が拝めるわけでもないんですよね。

でもって「聖観音もおられるはずなんやけど」と
コピー用紙を見せられたんですが
粟田部のほうの岡太神社でした。
同じ漢字だしね、県外の人はごっちゃになるか。
つか、粟田部の岡太神社に聖観音さまがおられるって知らなかったよ。

野点をやってました。 ¥500
GP5068.jpg
小学6年生の男の子にお茶を点てていただきました。 カッケー
結構なお手前でした
GP5065.jpg
隣に座ってた上品なおばあさんは茶の心得があるようで
「今日のお菓子は何? お軸は何?」と
知った風に質問していましたが
『小学生の野点でそんなん聞かなくてよくね』と思ってしまった
お付の大人の人が答えてましたけどね。
お菓子は唐衣
GP5064.jpg
お軸はしんごうてんちにあまねし(神業普天地?)
GP5067.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター