2017-07-28

17.7.18 談山神社

バス→JR奈良14:08→14:42桜井 バス15:05→談山神社
バスの本数が少ないので時間配分が厳しかったですが
なんとか来れました
P100954.jpg
こちらもまだ紫陽花咲いてました。
P100956.jpg
まだ15:30なのに閉店ガラガラ~
つか、平日はやってないのかな?
P100955.jpg
蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていた頃
中臣鎌足は国家の正しいあり方を考えていました。
たまたま法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会があった時
中大兄皇子(後の天智天皇)と会うことができ
645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って
『大化改新』の談合を行いました。
後にこの山を『談い山(かたらいやま)』『談所ヶ森』と呼び
談山神社の社号の起こりとなりました。

P100957.jpg
天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いことを知った天智天皇は
みずから病床を見舞い、 大織冠(たいしょくかん)を授けて内大臣に任じ
藤原の姓を賜りました。 藤原の姓はここに始まります。

P100958.jpg
鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国
父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立しました。
大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。

P100959.jpg
水を貯めないタイプは初めてやな。
P100960.jpg
十三重塔
P100963.jpg
紅葉の時に来ましたが、青もみじもいいよね~
P100965.jpg
2013年11月の紅葉がこちら
GP1777.jpg
拝殿には多武峯縁起絵巻や多武峯曼荼羅などのお宝が展示されています。
本殿
P100964.jpg
座ってお参りするから、お寺と勘違いしちゃう
神仏分離以前は多武峯妙楽寺というお寺で
建物は寺院建築をそのまま使用しているそうです。
P100967.jpg
P100969.jpg
7月いっぱい神廟拝所で談峯如意輪観音像が御開帳です。
P100971.jpg
こちらも撮影OKでした。
P100973.jpg
P100981.jpg
脚に膿がたまり歩けなかった子供が、仏像に祈るとたちどころに治り
仏像の同じ箇所がえぐれていたという伝承が残っているそうです。
P100982.jpg
帳でほぼ見えない鎌足公御神像
脇侍左が鎌足の次男の藤原不比等で、右は勝軍地蔵
勇ましい兜姿ではないですが
鎌足の化身と言われているそうなので、結局鎌足像
P100975.jpg
狛犬(鎌倉時代)伝・運慶作
獅子と狛犬で胸毛の感じが違うよ~
P100974.jpg
P100978.jpg
障壁画は神仏分離の時に消そうとしたけど消えなくて
漆喰で塗り固めたのですが
のちに漆喰を剥がした時にまだ残っていたそうです。
P100980.jpg
福禄寿が祀られている総社拝殿
P100984.jpg
P100985.jpg
愛だの恋だのもういいんだけどさ、ついでなので参拝
P100988.jpg
摂社東殿(恋神社)
P100989.jpg
P100990.jpg
P100992.jpg
御朱印いただきました。
前のページが天之宮さんの七夕御朱印で
受付の方がびっくりされて
「よいものを見せていただきました」と仰ってました
今度来た時は多武峯って書いてもらえないかな~。
P110010.jpg
前の男性が御祭神のと十三重塔のをお願いされてたので
「如意輪観音さん限定ですよ」と
おせっかいな助言をしてしまいました
だって折角この時期に来たのに勿体ないじゃ~ん
私、御朱印にハマる前に
参拝してたのにいただかなかった限定御朱印
未だに惜しいことしたと思うもん。
そういえば昔、十三重塔の御朱印は秋のみと聞いたのですが
今は通年いただけるんですかね?

バス16:37→近鉄桜井17:09→17:13大和八木17:16→18:18京都
JR京都19:01→20:47新疋田

ちょっと不便な場所に行けたのも、お泊りだからこそ
満喫した~

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター