2017-07-26

17.7.18 東大寺俊乗堂ほか

市バス清水道→京都駅
近鉄11:00→11:43大和西大寺11:46→11:52奈良→奈良交通バス
最初ぐるっとバスのバス停で待ってたんだけど
土日祝しか運行してないのね。
この日平日で有給取ってたの忘れてて日曜のつもりやった
P100928.jpg
東大寺
P100929.jpg
ちょこっと関西歴史たびの企画で
通常は7/5と12/16の年2回しか公開されない
俊乗堂(しゅんじょうどう)が7月いっぱい公開されています。
東大寺チラシ
猫段を登って鐘楼ヶ丘の俊乗堂へ。
P100937.jpg
中央に国宝の重源上人坐像が安置されています。
重源上人の名前が俊乗房重源だから俊乗堂なのね。
年配だからか、質素な生活だからか
痩せこけて、首だけ前に出た老人特有の姿勢の像でした。
写実的
NGなので拾い画像
重源上人坐像
左側は平安時代作の愛染明王坐像
6本の手のうち左上の1本だけ持ち物を持っていないのは
名前をぎゅっと握りしめていて
「願いが叶え~」と右手の蓮で叩くんだそうです。
だから蓮がしおれてるんですって。
画像では写ってませんが、蓮華座の下が壺になっていて
「古今東西壺は金銀財宝を表す」だそうな。
説明してくれたお堂の管理人さんはくだけた感じで
ホントにこんな風に仰ってました
愛染明王像
右側は快慶展に出展された阿弥陀如来立像
快慶初期の作ですね(覚えてますよ
雁金は像が完成してから約5年後に施されたそうです。
阿弥陀如来
この像には『釘打ちの弥陀』という愛称があります。
この仏像を快慶に造らせたのは親鸞であり、高野山にこの阿弥陀像を祀っていました。
ある日阿弥陀像が金色に光り輝きだし、親鸞の旧友であった東大寺の寛顕という僧侶が
たまたま詣でていた東大寺にて臨終を迎えていることを告げたのです。
驚いた親鸞は急いで東大寺に赴き
臨終の床にいた寛顕に阿弥陀像のお告げのことを話したのです。
寛顕は阿弥陀像の霊験に深い感慨をいだきながら
その夜に往生を果たしたのです。
このようなことがあって阿弥陀如来像は寛顕の追善のために
東大寺の浄土堂に移されて祀られるようになりました。
しかし、ある日、この像が親鸞上人の元に戻りたいと声をしきりに上げだしたのです。
一人の僧が『阿弥陀像が一人で歩いて親鸞のところへ帰ってしまうかも知れない』
と危惧し、阿弥陀像が動けなくなるように、像の足に釘を打ちつけたのです。
すると釘を打ちつけた穴から血が流れ出て
さらに釘を打った僧は仏罰を受けて盲目になってしまったと言います。
阿弥陀像の左足の甲には、この奇譚を裏付けるかのように釘穴が開けられています。

それから大湯屋へ。
P100933.jpg
撮影可
P100934.jpg
こちらで火を焚いて沸かすのではなく、沸かしたお湯を入れるそうです。
2tも入るそうですが、いったいどうやって入れてたんでしょうね?
バケツリレー?
いっぱいになる頃には最初のお湯冷めてそう
P100936.jpg
この中に浸かったのではなく
床にすのこを敷いてかけ湯したそうです。
上下2つのものをつなげて作ったそうです。
P100935.jpg
俊乗堂の御朱印3種いただきました。
P110006.jpg
見本に行基堂と念仏堂の御朱印もあったので
「お参りはできないですか?」とお聞きしたら
「行基堂は隙間から覗くくらいだけど、念仏堂は開けますよ」
とのことで、お参りさせてもらいました。
授与所にお声掛けすればいつでも開けてもらえるようです。
P100940.jpg
錣葺(しころぶき)屋根というのが珍しいそうで
国の重要文化財に指定されています。
P100941.jpg
御本尊は地蔵菩薩坐像(鎌倉時代作)
南都焼討で先陣を勤めた阿波重能らの罪を救うため
重源の発願で造立されたもので、こちらも重文。
NGのため拾い画像
念仏堂
「行基堂は全然開くことは無いんですか?」とお聞きしたら
「開けないんですけど… 掃除しましょか」と仰って
床の拭き掃除をしている間、開扉してくださって
お参りできました
検索によると12/16の良弁忌には公開されてるようです)
P100938.jpg
行基は百済の帰化人の子孫といわれ
当時禁じられていた民衆への仏教の布教や社会事業に貢献した人物で
日本各地を伝道してまわり多くの寺院を建てている。
そのため朝廷からはよく思われず弾圧を加えられていたというが
聖武天皇は行基の民衆からの信望に期待し
東大寺の大仏造立の勧進に起用したといわれている。

P100939.jpg
行基菩薩坐像(江戸時代作)が安置されています。
青っぽくて、目力の強い仏像でした。
対応してくださった女性は俊乗堂管理人さんの娘さんだそうで
ちょうど出てきた管理人さんを呼び止めてくださり
こちらでもちょっとだけお話聞けました。
蓮華座や須弥座に座っていることが多いですが
こちらはエンペラーの椅子(と仰ってました)に座っていて
手に持っているのは孫悟空でお馴染みの如意だそうです。
如意は4人しか持てないそうで
行基・鑑真・理源(空海の弟子)と、もう1人誰だったっけ?
NGのため拾い画像
行基堂
念仏堂と行基堂の御朱印も追加でいただきました。
P110007.jpg
こちらで篠原ともえさんデザインの御朱印帳が売ってましたよ。
なんとなくスルー
篠原ともえ
続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター