2017-06-23

17.6.18 豊國神社・知恩院

6/18は西国月参りメインで京都へ。
JR新疋田6:12→7:35京都 ¥1,490
市バス1日乗車券¥500を購入して、まずは豊國神社へ。
鳥居一部工事中
P100763.jpg
P100764.jpg
骨董市みたいなのの準備中でした。
P100770.jpg
早く来すぎたので方広寺のほうへ。
P100769.jpg
梵鐘は東大寺・知恩院と合わせて
日本三大名鐘とされているそうです。
P100765.jpg
白く囲ってあるところは
『国家安康』『君臣豊樂』と書かれているそうです。
この銘文を作られた清韓長老は救世の悲願を込めたのですが
崇伝らによって故意に曲解して読み取られ
徳川家への呪いを込めた文章であるとして豊臣氏討滅への口実に利用され
大坂冬の陣がおこされました。

P100766.jpg
鐘楼の天井画
P100767.jpg
お参り
P100771.jpg
情報だと授与所9:00~ですが
もう開いていたので御朱印いただきました。
18日なので金印です。
今回もミミズ印あり。
やっぱり御朱印帳購入した時だけじゃなくて
豊國神社の御朱印帳ならいつでもミミズ印ありなのかも。
書き手さん何人かおられるようですが
なかなか違う人に当たりませんね。
1番最初と同じ書き手さんだった。
P100841.jpg
市バス206系8:41→知恩院前
知恩院へ。
P100772.jpg
バス停から知恩院へ向かう道の街路樹がクチナシで
いい匂いが漂ってました
P100773.jpg
何度も来てるのに三門くぐるの初めてです。
今まではもう1つの門から入ったり
マイクロバスに乗せてもらったり。
P100774.jpg
こちらの階段も写真は撮ったことあるけど、登るのは初めてです。
P100776.jpg
5/16~11/25に
濡髪大明神の御朱印がいただけるようになったので
お参りしに来ました。
P100778.jpg
P100789.jpg
御廟では写経をされていました。
P100779.jpg
勢至堂の右側を通り抜け
墓地の奥にある千姫(天樹院)のお墓
P100788.jpg
の裏側にありました。
P100785.jpg
寛永の大火のおり御影堂が焼失。
御影堂再建に尽力した霊巌上人の枕元に
濡れ姿でしくしくと泣く童子が現れた。
御影堂ができたために住みかを追われた白狐だと悟った霊巌上人は
代わりのねぐらとして濡神大明神を建ててやった。
喜んだキツネは「知恩院を火災から守る」と約束し傘を置いていった。
それがいまも知恩院にある傘で「知恩院の七不思議」の一つ。
でも後に『濡髪』という言葉が男女の情事と結びつけられ
やがて縁結び祈願の祠となったそうです。

P100786.jpg
紫雲水
法然上人ご入滅の時、聖衆が来迎し紫雲が水面に現れ
芳香が漂ったという言い伝えが残っています。
P100781.jpg
鍾乳石っぽくなってない?
P100782.jpg
影向石はどれのことか分からなかった
P100783.jpg
P100791.jpg
御朱印いただきました。
P100842.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター