2016-09-03

8/21 叡福寺

葛井寺の後は道明寺・野中寺という定番コースがあるのですが
3寺とも18日が御開帳とのことで
『今行ってもな~』ってことになり
ご一緒した部員さんが何ヵ所かピックアップしてくれた中から
叡福寺(えいふくじ)に連れてってもらいました。

太子は二十七歳の時この叡福寺の地を御廟の候補地とし
四十七歳の時、廟をお造りになられた。
太子没後、伯母にあたる推古天皇が土地建物を寄進し
墓守りの住む堂を建てたのが叡福寺の始まりとされている。

27歳でもうお墓の場所を決めてたなんて
計画的ですね~。
その後もっといいところと出会ったりしなかったのかな?
P70910.jpg
南大門の扁額には『内閣総理大臣 岸信介謹書』と書いてあります。
P70911.jpg
広い境内。
真っ直ぐ奥に見えるのが二天門。
P70913.jpg
門をくぐると聖徳太子御廟があります。
叡福寺は聖徳太子と
その二ヶ月前になくなられた太子の生母
穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)と
一日前(一説には同日)に亡くなられた太子夫人
膳部菩岐々美郎女(かしわでのほききみのいらつめ)を葬ってある。
いわゆる三骨一廟である。

可愛らしい建物
縦長でペッツみたい。
P70914.jpg
ちなみに聖徳太子のお父さんは用明天皇で
お母さんと共に蘇我氏の血を引いているそうです。
今更ですが聖徳太子って天皇の息子だったんですね~。
外人説も聞いたことあるけど。
大好物の懸仏がありました
P70915.jpg
天皇の御子息のお墓だから宮内庁の管轄。
P70916.jpg
夏の終わりの空
P70918.jpg
多宝塔 逆光
P70921.jpg
トリミングしたから画像荒いですが
邪鬼が踏ん張ってました
P70926.jpg
金堂 御本尊は如意輪観世音菩薩
バスツアーの方々が拝観されてました。
こちらを行程に組み込むツアー、やるねいや、やるね
P70922.jpg
聖霊殿の御本尊は聖徳太子十六歳の時の御尊像だそうです。
聖霊殿、完全に見逃してるな

授与所に飾られていた鬼瓦と
P70923.jpg
聖徳太子像
P70924.jpg
御朱印いただきました。
御廟の印の中に三骨一廟の文字。
いいですね~
墨書きで隠れちゃってるのが勿体ない。
P70936.jpg
休憩所に地図があったのですが
藤井寺市から南河内郡太子町まで結構離れてるんですね。
連れて来ていただいて感謝感謝
P70927.jpg



続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター