2016-06-22

6/18 長谷寺

近鉄西ノ京9:57→10:15大和八木10:22→10:39長谷寺 ¥490
駅の前にあるボロっちいコインロッカーに荷物入れてるとき
一緒になった女性が
「こんなんでも¥300取るんや」って仰って
「観光地価格ですね~」なんて話しました
ここから15分ほど歩きです
18日は観音様の日なんですね。
GP3577.jpg
軒先にわらしべ長者の暖簾が掛けられてましたが
わらしべ長者のお話に出てくる観音様が長谷寺のご本尊なのかな?
GP3574.jpg
GP3575.jpg
GP3578.jpg
GP3657.jpg
GP3581.jpg
西国三十三所巡礼第8番札所 長谷寺
GP3583.jpg
GP3582.jpg
仁王門は保存修理中
GP3585.jpg
手水は亀?
GP3586.jpg
入山料は¥500、本尊大観音尊像春季特別拝観は別途¥1,000
共通入山券¥1,300があります。
特別公開が6/30までなので6月中に奈良に来たかったんです

この登廊が有名なんですよね。
牡丹と登廊の写真をよく見かけます。
丸い灯籠は長谷型といわれているそうです。
この柱の真横まで工事のシートが来てるので
斜めアングルでは撮れませんでした。
GP3589.jpg
宗宝蔵も公開中(無料)
不動明王や地蔵菩薩などの仏像
お軸、蒔絵経箱、大絵馬などが展示されていました。
六文銭が描かれた箱に入った経典もありました。
銅造十一面観世音菩薩立像は光背の透かしがすばらしかったです
もしかしたらハルカス美術館の長谷寺展でお会いしてるかな?
GP3590.jpg
長谷寺といえば牡丹ですが、紫陽花もステキらしい。
つか、も良くて、1年中楽しめます
GP3649.jpg
一応登廊も入れてみた。
GP3592.jpg
GP3648.jpg
本堂(国宝)
GP3619.jpg
GP3620.jpg
GP3621.jpg
まずは御本尊にご挨拶。
このパネルのように御本尊のお御足に直接触ってお参りできます
GP3594.jpg
入口で塗香でお清めをして
結縁の五色線を左手に付けていただきます。
P70314.jpg
十一面観世音菩薩立像(室町時代)
像高1,018.0cm 日本で最も大きな木造の仏さま
右手に錫杖、左手に水瓶を持って方形の大盤石という台座に立つ
いわゆる長谷寺式十一面観世音菩薩です
観音像は何度も火災にあい、その都度再建されてきましたが
焼け残った部分を像の体内に納めることで霊験は伝え続けられています

長谷寺の観音様は大きな四角い岩の上に立っています
古来、日本には岩の上に神が舞い降りるとされ、その岩を磐座(いわくら)と呼びますが
長谷寺の本尊が立つ岩もまた磐座とされたのではないか
この地域では、天照大神が訪れたところと信じられており
本尊は天照大神の本地仏(もとの仏の姿の意)としてつくられた
との伝承も残されています。

顔を真上に上げないとお顔が拝見できないくらい
大きな観音様です。
おでこの中央の仏様が下向きになっているので
見上げるとこちらを見てくださってます

壁には四天王像や十二天像などが描かれていました。
十二天像は新しいもののようです。
御本尊の裏側には懸仏が掛けられていました。
観音様のおられる部屋は厨子のようになっていて
外側ぐるりも拝見できます。
二十五菩薩聖衆來迎図が描かれていて
裏観音様がおられました。

特別拝観の受付でハルカス美術館長谷寺展の半券を提示すると
散華がいただけるとのことで、忘れずに持ってきました
P70297.jpg
入口で作業されてたお坊さんの草履
なぜ写真を撮ったかというと…
真ん中に注目
GP3596.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター