2016-03-16

3/13 真如寺

お次は真如寺さん
こちらは4/12から始まる禅寺一斉拝観でも公開されるので
また今度でもよかったのですが
春はいろいろ予定が立て込んでますので
妙心寺から近いし、近くのも空いていたので
この日に行ってきました。
P60541.jpg
金閣寺・銀閣寺と同じく相国寺の塔頭
だということを最近知りました
P60543.jpg
圓通殿
P60545.jpg
半僧坊大権現は5月第3日曜日(今年は5/15)に御開帳されるそうです。
P60546.jpg
室町時代「京都十刹」の一つに数えられた由緒ある禅寺。
法堂(仏殿)「大雄殿」は、中二階風の須弥壇があり
仙洞御所から寄進された宝冠釈迦如来像を安置している。
その奥に続く開山塔に勧請開山(かんじょうかいさん)・仏光国師(無学祖元)
勧請開基・無外如大尼像、事実上の開山・夢窓疎石像や
大檀那であった高師直の位牌などが祀られている。
高貴な客人を迎えた「上段の間」がある客殿には
江戸後期の原在中筆の襖絵「西湖図」「四季花卉図」「松に猿猴図」が残っている。

冬の旅サイトより
真如寺
法堂
P60548.jpg
中2階風の須弥壇に御本尊の宝冠釈迦如来像と
脇侍の迦葉尊者像と阿難尊者像がお祀りされています。
1階部分奥の開山塔に無学祖元像
その前に蛸の足のような形の香炉?があります。
両側のくぼんだ部分に龍の子供といわれるカメのような贔屓像があります。

無外如大は臨済宗で最初の尼さんで、とても美人だったそうで
他の僧が修行の妨げになると抗議したため
焼火箸で自分の頬を焼いてしまったそうです。
P60551.jpg
客殿は庭園だけ撮影OKでした。
右手前のずんぐりした塔は牛塔
昔は大事な働き手だったを大切にしていたそうです。
P60552.jpg
今回の冬の旅で原在中という人を知りましたが
狩野派や琳派とは違う落ち着いた雰囲気がまたいいですね
西湖図は今現在の西湖の景色とあまり変わっていないそうです。

1番奥の部屋は女性が通される部屋だからお花の絵四季花卉図だそうです。

書置きの御朱印をいただきました。
「この時間は書置き対応」と貼り紙があったので
タイミングが良ければ直書きでいただけるのかも。
P60589.jpg
参道横の池に杜若が咲くそうで
半僧坊大権現の御開帳の頃にちょうど見頃になるそうです。
勧修寺や大田神社と絡めて行けたらいいな~。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター