2015-12-17

11/1 高野山2

それから金剛峯寺(こんごうぶじ)へ。¥500
G_4509.jpg
P50517.jpg
P50519.jpg
P50520.jpg
P50523.jpg
回向柱がまだありました。
G_4510.jpg
P50526.jpg
こちらは5月に参拝させていただいたので
ささっと拝観で御朱印も今回はいただかず。
まいろう。めぐろう。スタンプラリーのために来たようなものです
高野山駅で1つ目のスタンプを押してきて、金剛峯寺で2つ目を押して
宿坊教会へ持っていくと散華(2枚入り)をいただけます
Kさんが私の分も用意してくださっていたので
自分で押してきたのと2セットいただけました
P60076.jpg
この他にも2つのスタンプラリーをスタンプ押した状態でいただきました。
Kさんたらホント至れり尽くせり
蟠龍庭(ばんりゅうてい)
P50533.jpg
蟠龍とは天に昇らずに地上でとぐろを巻き潜んでいる龍のこと。
雲海の中雌雄1対の龍が向かい合い
奥殿を守っているように表現されています。
G_4511.jpg
下門の彫刻はさんでした~
G_4512.jpg
それから成福院 摩尼宝塔(じょうふくいん まにほうとう)へ。
塔内をグルっと1周できます。
ミャンマー系の仏像や絵が祀られていました。
G_4513.jpg
御朱印いただきました。
魔尼宝塔
それからこちらも拝観予約してくださっていた三寶院(さんぼういん)へ。
G_4514.jpg
P50544.jpg
ですが前の予約の団体さんが
道路混雑のため到着が遅れていて時間をずらしてほしいとのことで
先に刈萱堂(かるかやどう)へ。
P50550.jpg
苅萱道心(かるかやどうしん)と石道丸(いしどうまる)の話は
悲話として広く知られています。
このお堂は苅萱道心が出家し
実の子である石道丸とともに父子を名乗ることなく
仏道修行に明けくれたと伝えられています。
御朱印いただきました。
苅萱堂
それから先ほどの三寶院に戻るところですが
「金剛三昧院とどっちがいい」と聞かれ
多宝塔が見たかったので
三寶院はキャンセルして金剛三昧院へ向かいました。¥500
P50551.jpg
精進料理のランチ
こちらにも問い合わせてくださっていたのですが
お料理のみの提供はされていないようです(宿泊者のみ)
表門
G_4515.jpg
本坊の襖絵
P50557.jpg
本堂
左側のもさっとした木が全て石楠花だそうです。
古いものは樹齢450年だそうで天然記念物です。
5月の満開の時に来たいですね。
G_4516.jpg
多宝塔
高野山内で現存する最も古い建立物で国宝です。
P50560.jpg
情報だと多宝塔御開帳は10/31までだったのですが
行ってみたら開いてました
『あと1日金剛峯寺と合わせてくれればいいのに』
と思ってたのですが、合わせてくれたんですね
塔内撮影禁止ですが
遠くから塔を撮るフリして望遠で撮りました。
G_4517.jpg
御朱印いただきました。
金剛三昧院
伽藍に戻ってきました。
G_4518.jpg
この日は特別公開の最終日だったので
16:30から金堂で閉扉の法会があり
中に入って見学させてもらいました。
P50575.jpg
沢山のお坊さんがお経を唱える中、御本尊の扉が閉められ
生きてるうちにこんな機会はもうないかもと
今年2回高野山に来られた事に感謝し、感慨深かったです。
今回はKさんにお世話になりっぱなしで
5月に時間がなくて行けなかった所に連れて行っていただいて
ホントに楽しくて充実した1日でした

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター