2015-10-02

9/27 みほとけの里2

続いて今回のお目当ての加茂神社為星寺(かもじんじゃいしょうじ)へ



神社なんだかお寺なんだかって名前ですが

昔山の上にあったお寺の本堂だけを移したようです。



blog書くのに検索して出てきた小浜市のHP

拝観料1万円って書いてあるんですが、マジですか



これも鳥居なのかな





階段を登ったところに本堂があります。

左側は田んぼになっていて稲刈り真っ最中でした。

友達は稲刈りするところを見るの初めてだそうで

カッターで切られた藁がコンバインの後ろから出るところや

グレンから稲が出るところを見入っていました



本堂



本堂の後ろに収蔵庫があります。



お堂の外からは撮影OKでした。

お堂の中に入って間近で拝見できます



千手観音菩薩立像

1mくらいの思ったより小さな仏像でした。

沢山ある手1つ1つ何か持ってます。

ドクロもありました。昔風に言うとシャレコウベ



通常は33年に1度の御開帳だそうで

みほとけの里特別公開のためのホントに特別な公開です



拝観受付で御朱印もお願いしたのですが

ご近所の常徳寺さんで書いてくださるそうで

多分お手伝いの地域の方が御朱印帳を持って

行ったり来たりしてくださっていたようでした。

常徳寺さんも拝観予定だったから、そちらでお願いすればよかったな。

常徳寺さんはお堂じゃなくて

集落センターの和室に祀られていました(撮影不可)

阿弥陀如来坐像

体に密着するように薄手に表された衣の表現が魅力的な仏像です。



いただいた御朱印 達筆です

順番がバラバラですが

左が加茂神社、中が常徳寺、右が為星寺ですね。

上の宮オイケモノとは豊作を占う神事のことだそうです。



この時点で3時前。

まだ行けると明通寺



こちらは本堂と三重塔が国宝に指定されています。



山門



趣のある手水



坂上田村麻呂の創建と伝えられています。

学校で習ったね



紅葉したら見事でしょうね~。



本堂

薬師如来坐像、降三世明王立像、深沙大将立像が祀られています。



三重塔内陣の特別公開がされていました。

中に入れるわけではなくアクリル板越しです。



江戸時代に描かれた障壁画は

色鮮やかに残っていて綺麗でした



三重塔から見た本堂

檜皮葺の屋根がキレイです。



客殿に祀られている不動明王立像



客殿前中庭 枯山水



樹齢500年のかやの木



御朱印いただきました。



ブカツで教えていただいたのですが

通常は『醫王殿』か『薬師如来』と書かれるそうですが

今回『抜苦与楽(ばっくよらく)』と書いていただけました。

ちょっとレアかな

仏や菩薩が苦しみを抜いて福楽を与える という意味だそうです。

本堂で説明を受けた時に

薬師様は病気だけじゃなくて心の苦しみも取り払ってくださる

とお聞きしたので

この墨書きはそういう意味なんだろうと思います



木簡の特典でいただいた絵葉書



2日で御朱印いっぱいになってしまい表側にも押されています。



若狭の秘仏堪能しました

仏像マニアじゃないけど、ちょっとハマりそう

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター