2015-05-21

5/5 奈良オフ 福智院・不空院

続いて福智院へ。

向かう道中に酒蔵がありました。

こちらにもシカが







がお出迎え



奈良の県花 八重桜



御朱印を書いていただいている間に説明してくださいました。

ご本尊は地蔵菩薩坐像で

大仏のお地蔵様は珍しいそうです。



宣字座(せんじざ)に座っている、千仏光背を用いてること

袈裟を身につけていることで

より位の高い如来様に近い菩薩様だということを表しているそうです。



光背の6体の地蔵菩薩様は分身で

六道という地獄・飢餓・畜生・修羅・人間・天上全てに

私たちを救いに来てくださるそうです。



町で見かけるお地蔵様が立っているのは

スグに私たちを救いに行けるようにだそうです。



福智院さんのHPより

光背の化仏は560体、六地蔵と本尊を入れると全部で567体であり

釈迦滅後、56億7千万年の後に下生すると云う弥勒の信仰に付合し

私達に大きなロマンを与えてくださいます。




御朱印いただきました。

年に3回秘仏宝冠十一面観音菩薩立像の御開帳があり

期間中は観音様の御朱印をいただけるそうです。



それから不空院へ。

こちらは普段予約しないと拝観できませんが

春と秋の年2回特別拝観の時は予約なしで拝観できます。



『福井の大師』って気になるフレーズでしょ

昔の地名が福井だったらしいです。

しかも今の地名は高畑(読み方はたかばたけ)



こちらでも説明していただきました。

ご本尊は不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)で

春日大社の武甕槌命(タケミカヅチ)と同体とされていて

側にシカがいます(パンフ



不空院さんのHPより

数少なく珍しい観音様で、東大寺三月堂本尊の立像、興福寺南円堂本尊の座像と

あわせて「三不空羂索観音」と呼ばれます。

お顔は一つ、眼が三つ、手は八本の「一面三目八臂」の像で

額中央に縦にある第三の目は、「音を観ずる事」の重要性を示しているといわれます。

「不空」は「空しからず、人々をもれなく救済する」ことを

「羂索」は「鳥獣魚を捕らえる縄網」を意味し

煩悩の野山をさまよい、輪廻の苦海に沈む衆生をひとり残らず救済することを象徴する

力強く有難いお名前を持つ仏様です。




縁切りさんと縁結びさん



ポンポコ



こちらの御朱印帳が欲しくて

オフ会じゃなくても来るつもりだったので

予定に組み込んでもらえてメッチャうれしかった

4種類あったようですが

木蓮と睡蓮の2種類しか残ってなくて木蓮にしました。

奈良晒(ならざらし)という麻生地を用いていて

絵は手書きです。¥1,800



御朱印3種類いただきました。







続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター