2014-11-12

11/9 京都 鳥獣戯画展

前回書きましたが、11/9(日)に京都行ってきました

お目当ては京都国立博物館の企画展

鳥獣戯画と高山寺

FBの書き込みでは、17:00過ぎに行けば10~20分待ちで入れて

入ってしまえば閉館時間18:00を過ぎても

見終わるまで追い出されることは無い

とのことで、最後に回ろうかとも考えたのですが

観覧するのにどれくらい時間かかるか分からないし

メインの目的が達成しないと気が気じゃないので

並ぶの覚悟で少しでも早く行こうと

早起きがんばってサンダーバードの始発で行きました。

6:20福井発7:51京都着

遊びに行くときはなぜか起きれる



一服してターミナルに行くと、ここから既に並んでる

1本目のバスは満タンで乗り切れず

2本目も乗れなそうだったのですが

前に並んでた6人グループが「6人乗れんわ~」と言ってる隙に

追い越して乗っちゃいました

おひとり様の強み



博物館前のバス停で降りると

智積院のところの交差点まで並んでて

『思ったより並んでるな~』と思いながら交差点を曲がると

最後尾が見えないくらい並んでるし

結局次のバス停(東山七条)まで並んでました

でも早く開門してくれたみたいで(敷地内に入れただけ)

少し進んで交差点までこれました。



通常9:30開館のところ前日の11/8から9:00開館になったので

9:00ごろにテントまでは着ました。



テントには前期で展示してあった作品のパネルが掛けてありました。





ここでも1列に5人ずつ並ぶので

2・2のグループに混ざらせてもらってワープしちゃった

8:20から並んで9:30に中に入れました。



そして今回、音声ガイドも借りました。¥520

中に入ってからも鳥獣人物戯画を見るために並ぶんです

その待ち時間に楽しめるように

佐々木蔵之介さん案内のボーナストラックが入ってるんです

鳥獣人物戯画は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻と4箇所に分かれているので

その度に時間つぶさないといけないですからね~。



鳥獣人物戯画はマンガの原点といわれていて

描かれている人物や擬人化された動物が楽しそうなんですよね。

追いかけっこしたり、相撲したり、世界観が平和だから

みんなに好かれて人気なんでしょうか



修復したからというのもありますが

平安時代の巻物がこんなきれいな状態で残ってるって

それだけでスゴイ



鳥獣人物戯画以外にも高山寺のお宝がたくさん展示されていて

私は特に舎利厨子と、神鹿と子犬の置物?が好きです



展示コーナーを抜けるとミュージアムショップがあり

企画展限定のグッズが売っています。

鳥獣戯画パッケージのお菓子や、クリアファイル

Tシャツ、トートバッグ、絵葉書、etc

私は図録と風呂敷とおたべを購入。



そして、70冊限定という御朱印帳を見つけちゃいました



こちらはALBUSさんというショップ製のもので

前期が始まった10/7から発売されていて

もう売り切れたと聞いていたので買うつもりなかったのですが

大好評とのことで、たぶん後期用にだと思うのですが

少しデザインを変えて70冊増刷されたそうです。

知らなかったので見つけたとき2度見しちゃいました

¥4,500とお高いのですが

職人さんが手作業で箔を押しているのと

代金の一部を高山寺様へ納めていると書いてありました。

よいことをしたと思うことにします

限定に弱い私

だって無いと思ってたのが売ってるんだもんっ





続く、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター