2014-06-25

6/22 京都 勝林寺

まずご住職の説明付での拝観。

内容は一昨年秋の特別拝観の時と同じでした。

座禅や写経などいろいろイベントを企画されていて

場数を踏んでいるからか話がお上手でした

サスガっすね (ご住職 海老蔵にちょっと似てるの



ムカデは毘沙門天様の使いだそうで

飾られてた提灯にはムカデの絵が書かれています。

百足と書くので、お足が多いということで

金運が上がるんですって

ムカデは殺生しちゃいけません



拝観後の休憩の時に

「去年の秋の特別拝観の時の1000枚限定の御朱印は

 さすがにもうないですよね」ってお聞きしたら

「来年の京の冬の旅で奥秘仏の御開帳を依頼されているので

 考えておきます」と仰っていました

もしかして、もしかすると

見逃した毘沙門天の体内仏を拝めるかも



それから調理実習

先生は矢尾治の御主人で

まず一通り先生が作るのを見てから作業に入ります。

20名弱の参加で男性はお1人(ご夫婦で)でした。



みんな熱心に取って、先生の作業を撮って

いろいろ質問して、ホントの料理教室のような感覚でした。

私たちはそんな本格的に習うつもりじゃなくて

あくまで体験、イベントとして参加したので

場違いというか、浮いちゃってました

メモ取ってないのも私たちだけで

『からしは親指くらい』とか『砂糖はスプーン山盛り2杯』とか

『醤油はちょろちょろで5秒』とか、そんな覚え方



「砂糖がダメな人は代わりになるものないですか?」

って質問してる人がいたんだけど

そんな人はもう食べることを諦めたほうがいいんじゃない



4班に分かれて

胡麻豆腐・胡瓜と揚げのからし味噌和え・牡丹湯葉を作りました。



精進料理だから出汁は昆布で取るそうです。



こういう話の時も

「昆布はどこのですか」 「お味噌はどこのですか」

「お麩はどこのですか」ってお店の名前まで聞いてて

みんな張り切りすぎじゃない

みんな京都の人なんかな

うちらお店聞いても京都まで買いに来るわけじゃないし



なんかね、実習の時にいろいろあって

『これが京都の人のいやらしいところかぁ』って思ったんですが

誰が見てるか分からないので伏せときます



味は先生が味見して直してくれてるのでバッチリです



赤だしのお味噌汁、揚げと生姜の炊込みご飯、香物、炊きものの計7品。



12:30終了予定が2時になっちゃいました。

私たちが帰る準備で騒がしい中

座禅体験の方が10名ほど座禅をされていました。



お部屋から見えるお庭もキレイでした





最後にもう1度外のお庭を拝見



今回のお気に入り







続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター