2014-03-24

3/16 京都 報恩寺

で京都駅に戻りましてSIZUYAPAN



こちらは京都では有名な志津屋ってパン屋さんのあんパン専門店で

佐々木酒造(佐々木蔵之介さんの実家)の酒粕が

生地に入っていると雑誌に載ってたんです。

この日は時間が無くてランチする時間も削ったので

あんパン買って食べ歩きしようと思ったのと

パッケージもこ洒落てるのでお土産に買いました。



酒粕が入ってるのは上段左のシナモンと抹茶小倉

上段右のゴマは期間限定(これが1番好きかも)

下段は左から和栗・紫芋・安納芋

生地に抹茶が入ってる物とかあって

餡の種類との組み合わせで10種類以上ありました。



それから中央口へ出て、案内所で市バス1日乗車券¥500を購入。

そこにコインロッカーがあったので

あんパンを持ち歩くの邪魔なのでロッカーに入れました。

そしてバス停に向かったら乗車券が無い



入れた覚えはないけどポケットや財布を確認しても無い。

パンフレットの中に紛れ込んだかと見ても無い。

『もしかしてロッカーに入れちゃった』と

開けてみても無い。

『今買ったばっかやのになんで無いんやって~

って心の中で自分にツッコんで

はぁ~とため息まじりにふと見上げると

ロッカーの上にちょこんと置いてあるし



1日乗車券で¥380お得になっても

ロッカー2回目閉めるのに¥300使ってたら意味ないじゃん

やっぱりなにかしらやらかす



無事に乗りこみまして

1月に行けなかった京の冬の旅初公開の報恩寺へ。





スマートな狐さん



別棟のお堂はなくて

畳のお部屋に御本尊の阿弥陀三尊像や

大河ドラマ主人公・黒田官兵衛と息子の長政の位牌が安置されています。

部屋の後ろには豊臣秀吉・織田信長の肖像画が掛けられ

別室に鳴虎図(複製)が掛けられています。



京の冬の旅のHPから



こちらでもガイドさんが説明してくださいました。

・黒田長政の宿舎となった寺院で

 持病(胃がんといわれている)でこのお寺で亡くなった

・織田信長の肖像画は頭が大きく描かれている

・豊臣秀吉の肖像画はあご髭が描かれている

・鳴虎図は秀吉が持ち帰ったら夜虎が鳴いて眠れず

 寺に返したという逸話から鳴虎図と呼ばれるようになった

・右から見るとスマートに見えて

 左から見るとずんぐりむっくりに見える など



鳴虎図は中国の人(四明陶佾)が描かれたんですね~。

言われてみれば虎の顔のマンガチックなところが中国っぽい。

今回は複製での公開でしたが

本物は12年に1度 寅年の正月3が日だけ見られるそうです。



お庭も拝見





撞かずの鐘



御朱印いただきました







続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター