2014-01-23

1/21 京都 東寺

1月末で抹消される代休が1日残っていたので

休みもらってまた京都へ行ってきました。

今回もお一人様なのでです。

3日前までの予約でサンダーバード指定席が

片道¥3,900なのです

平日で1人だと高速料金とほぼ同じです。



8:02福井発で9:34京都着。

出発した途端がポツポツ。

鯖江ではみぞれになりましたが

滋賀に入ったらもう止んでました。

なのに奥の山の方だけ

神様が降りてきたみたいに光ってた







観光案内所へ寄ったり、一服したりで

10:10ので今回のお目当ての東寺へ。



毎月21日の弘法市です。

1月の弘法市は『初弘法』と言って

普段よりいっそう賑わうそうです。



手づくり市とはちょっと違った雰囲気で

1/4はお祭りの屋台っぽいたこ焼きやたい焼きなど

その場で食べ歩きするようなお店。

1/4はちりめん山椒や漬物などお持ち帰りの食べ物。

でも手づくり市にあったような

クッキーやパンやさんはありませんでした。

手づくりのポーチやアクセサリーのお店が少しと

多かったのが骨董や、古着の着物や、着物生地のハギレでした。



東門から入ってスグのところに

表紙の柄が豊富でカワイイあぶら取り紙が売っていて

作っている人が直接販売しているとのことで

安かったのでの女の子のお土産にしました。



一筋曲がった食堂横でかわいいピアスを発見¥800

無料で樹脂のフックに取り替えてくれました。

うれしそうにその場で付けました

お向かいのお店でつまみ細工のパッチン留め¥800



それからまた巾着でも作ろうかと思って

正絹のハギレを買いました。

赤の派手な柄のほうが¥500、無地っぽいほうが¥300



これはこれで気に入ってるからいいんだけど

他にもハギレ扱ってるお店がたくさんあったから

もっと見て回ってから買えばよかったかなってのと

古着の着物が¥1,000で売ってたりして(正絹ではないと思うけど)

着物買って切ったほうがお得だったかも。

金色の西陣織?は別のお店で買い足し ¥800



正絹なのに¥200という破格のシュシュは

南門出たとこのお店で。



そんでもって、とうとう苔玉と骨董のお皿に手を出してしまいました



(お皿の話は後になります)

苔玉は管理が簡単だって聞くし

苔なんて勝手に生えてくるくらいだから

うちでも育てられるかなって。

『シンジュの木』という名前で

「毎年咲く」とお店のおばちゃんが言っていたので

がんばって枯らさないように育ててみます



で、これの受け皿用に古風な小皿があるといいな~って

探しながら市を隅から隅までず~っと回ってみました。

ハギレもいっぱいあるから

さっきのよりいいのあるかも~って1枚1枚めくったり

このお皿ちょうどいい大きさって裏返したら

3万って書いてあったり 値札付いてなかったり

(冷やかしになるので聞きませんでしたが高いんだろう)

『いいな』って思うと高いのは

うちって意外と目利きなんかな



そんな中で気になったのが、さっきのお皿。

受け皿にするには大きいんだけど、絵が気に入ったの。

お揃いの柄違いで撫子もあって

『どっちがいいかな~。2枚とも買っちゃおうかな~。

 いやいや、うちが探してるのは受け皿やし

ってことで、ひとまず退散。



このお店が1番奥(瓢箪池横)になり

食堂前の拝観受付まで戻ることになります。





続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター