FC2ブログ
2020-04-08

20.3.21 丹生川上神社(中社)

続いて丹生川上神社(中社)へ。 11:50ごろ到着。
途中の道の駅 宇陀路大宇陀休憩含めて
1時間20分ほどかかってますね。
遠いし、山の中なイメージでしたが
道は案外広くて走りやすかったです。
P220346.jpg
石灯籠は鎌倉時代の名工伊行吉作だそうです(重文)
駒札の横の灯籠かと思ったら瑞垣内(東殿前?)らしい。
P220344.jpg
主祭神は罔象女神(みずはのめかみ)
伊邪那美神病み臥しまして、尿(ゆまり)に成りませる神
P220348.jpg
拝殿
P220350.jpg
本殿は石段の上にあるようです。
P220357.jpg
ほとんど見えず。
P220352.jpg
丹生の真名井
P220351.jpg
叶えの大杉 樹齢約1000年
P220355.jpg
なで梟
P220353.jpg
降雨を祈願する場合は黒毛馬
雨が止むことを祈願する場合は白毛馬又は赤毛馬を奉納したそう
P220354.jpg
木霊神社(五十猛命)と、丹生龍王大神社(高龗神・闇龗神)
お参りしてないな
P220356.jpg
御朱印拝受しました。
3丹生川上中社
吉野和紙でいただく三社御朱印巡りも興味はあったのですが
A4サイズだったので見開き御朱印ファイルにも入らないし
片付っぱなしになりそうなのでやめときました。
次回があれば

話が長いのでだいぶ端折りますが
神武天皇が東征の際に敵陣の土を使い
平瓮(ひらか)と呼ばれる皿と、厳瓮(いつべ)と呼ばれる壷を作り
丹生川の夢淵で戦勝祈願を行い
『厳瓮を丹生川に沈めて大小の魚が浮き上がったら勝てる』と呪いを行うと
木の葉のごとく魚が浮き上がって来た(魚編に占うと書く鮎)

こちらには天皇陛下の即位の儀に用いられる
萬歳旛(ばんざいばん)と対のものがあり
厳瓮、川の水面と鮎が刺繍されている。
これが御朱印の右上の印のデザインなんですね。
こちらの御朱印帳の表紙にもなっています(拾い画像
丹生川上神社御朱印帳
近くに龍神の滝(東の瀧)があると貼紙があったので
行ってみました。
その前に、左が東照宮神社(徳川家康)
右が水神社(土地の水神様)
P220368.jpg
ツルマンリョウ自生地
P220367.jpg
高見川 エメラルドグリーン
太鼓橋の辺り(夢淵というらしい)に龍神の滝があります。
P220360.jpg
蟻通橋を渡ったところに丹生神社(本宮)
P220361.jpg
御祭神は弥都波能売命(みつはのめのかみ:=罔象女神)
P220362.jpg
夢橋という吊り橋を渡ります。
P220364.jpg
東の瀧(ひむかしのたき)
雄瀧と雌瀧が交わる双龍の瀧
右上に、木に隠れていますが
小さなお社があり、不動明王が祀られています。
古くは滝壺を御神体とする高龗神をお祀りする社があり
現在は丹生龍王大神社としてお祀りされているそうです。
P220366.jpg
検索してて見つけた源流探検部が行く31
こちらに詳しく書かれていました。
祈りの回廊での宮司さんの特別講話
神像がたくさんあるらしい。
公開することないのかな?

次に向かう道中、東吉野村役場の近くに
ニホンオオカミの像
P220370.jpg
東吉野村で捕らえられた
日本最大のニホンオオカミがモデルの等身大ブロンズ像
明治38年東吉野村で捕獲された幼体のニホンオオカミが
日本で最後の捕獲の記録
P220369.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター