FC2ブログ
2020-04-12

20.3.22 高野山奥之院・金剛三昧院

3/22は高野山へ。
2015年の開創1200年の時に2度参拝して以来3度目です。
南海 難波9:00→10:28極楽橋10:34→10:39高野山
¥2,180なんだけど
金券ショップで株主優待の乗車券¥750でGETできたので¥1,540
特急こうや初めて乗ったと思ってたのに
自分のblog見返したら前回乗ってたわ。
うちの記憶ってなんなん
車両が思ってたのと違ったんですが(ラッピング車両っていうの?)
前回は開創1200年特別仕様の黒こうや(多分)やったみたい。
P220424.jpg
そんでもってケーブルカー昨年3月に新しくなったんですね。
P220461.jpg
高野山内バスで一気に奥之院 10:45→11:05
1日フリー乗車券 ¥840
P220425.jpg
こうやくん、おひさ~
P220426.jpg
しろあり やすらかにねむれ
P220427.jpg
L.カゼイ・シロタ株 やすらかにねむれ
P220441.jpg
キリン
P220428.jpg
お化粧地蔵
お化粧したら色白になるはずやに、赤ら顔
P220429.jpg
杉木立の中に約20万基の供養塔
P220430.jpg
法然上人御廟所
P220432.jpg
豊臣家墓所
P220433.jpg
今回の目的、御供所の大黒天さま
P220434.jpg
大黒天の御朱印をいただける甲子の日が休日にあたるのが
今年は3/22だけだったんです。
なので、この3連休のおでかけになったんですね~。
P220436.jpg
こちらの大黒様はこんなんだ。
頭上の宝珠?がメロンに見える
P220437.jpg
御朱印拝受しました。
今年いっぱい弘法大師諡号1100年記念特別印あり。
1奥之院
ちょっと気になったので、書き手さんに質問したんですが
弘法大師の諡(おくりな)を醍醐天皇より賜ったのは
入定(にゅうじょう)後だそうです。
四国八十八ヶ所霊場会のサイトによると延喜21(921)年10月27日
入定されたのは承和2(835)年3月21日午前4時(参拝した日の前日だ)
ちなみに大師は生きてる設定なので、入滅じゃなくて入定なのね。

水向地蔵
P220439.jpg
御廟橋から奥は撮影禁止
P220440.jpg
燈籠堂、弘法大師御廟をお参り
燈籠堂の地下、燈籠がたくさん奉納されているところの奥に
大きな数珠と五鈷杵が置かれた祭壇があり
そこにモニターがあったんです。
もしかして自分が奉納した燈籠が映し出されるのかな?
ハイテク

それから千手院橋まで移動して金剛三昧院へ。 12:35ごろ到着。
P220442.jpg
搭頭寺院として唯一世界遺産に選ばれた寺院
こうやくんの顔に貼紙が
P220444.jpg
拝観料は¥300(特別拝観期は¥500)、御朱印料は¥300
千円札を出しても「細かいのありませんか?」と言われるので
小銭の準備を
宿坊利用しないと拝観できないと思ってたんですが
特別拝観期というのがあるんですね。
P220445.jpg
そうだ、こちらは石楠花のお寺だった。
P220446.jpg
御本尊は愛染明王
源頼朝の等身大の念持仏で伝運慶作だそうです。
宿泊すると拝観できるらしい。
P220449.jpg
P220448.jpg
経蔵(重文)
P220447.jpg
四所明神社と天満大自在天神社(ともじ重文)
一宮 丹生明神(胎蔵界大日如来)
二宮 高野明神(金剛界大日如来)
三宮 気比明神(千手観音)
四宮 丹生御息(文殊菩薩)
P220451.jpg
この上に毘張尊師社があったんだけど、スルーしちゃった
木の幹と石碑が苔で繋がってた
P220453.jpg
多宝塔(国宝)
多宝塔として石山寺に次いで2番目に古いそうです。
内部には五智如来(伝運慶作:重文)が安置されています。
多宝塔ってベランダの手摺りみたいなのがあるんですね。
P220454.jpg
六本立ちの天狗杉(別名毘張杉) 樹齢約500年
P220457.jpg
御朱印拝受しました。
2金剛三昧院
高野山に来たのに金剛峯寺も壇上伽藍もスルー
P220459.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-11

20.3.21 廣瀬大社・龍田大社

続いて廣瀬大社へ。  15:50ごろ到着。
『いいのかな?』と思いつつ
一の鳥居をでくぐってに行ったのですが
道路からも入れたわ。
長い参道
P220397.jpg
途中の稲荷社と
P220398.jpg
日吉社
P220400.jpg
日露戦争の戦利品のロシア陸軍の野砲と砲弾
P220407.jpg
延喜式神名帳では廣瀬坐和加宇加乃売命神社
P220401.jpg
なにかしらが栽培されてました。
花菖蒲?
P220404.jpg
主祭神は若宇加能売命(わかうかのめのみこと)
P220399.jpg
別名を廣瀬大忌神(ひろせおおいみのかみ)とも呼ばれ
伊勢神宮外宮の豊宇気比売大神、伏見稲荷大社の宇加之御魂神と同神

とのことですが、そうなの
龍田の風神・広瀬の水神と並び称されたそうです。
P220403.jpg
本殿
向拝の付きかたがちょっと変わってる。
P220402.jpg
神馬舎
P220406.jpg
橘(多分) 実が成るのってこの時期だっけ?
P220405.jpg
検索してたら、奈良の奇祭3というツイートがあった。
・金峯山寺-蓮華会 蛙飛び行事(毎年7/7)
・飛鳥坐神社-おんだ祭(毎年2月の第1日曜)
・廣瀬大社-砂かけ祭(毎年2/11)
かける量が想像とゼンゼン違う (拾い画像
それに御田植祭を2月にやるの珍しいですね。
廣瀬大社砂かけ祭
御朱印拝受しました。
6廣瀬大社
あんまり撮らなかったので2社纏めてってことで
最後に龍田神社へ。 16:40ごろ到着。
P220408.jpg
桜咲いてました
P220409.jpg
コロナ対策の手水は竹筒からちょろちょろ出てる水で直接洗うタイプ。
これはこれでいい感じ
P220410.jpg
笑ろてる
P220412.jpg
P220413.jpg
龍田大社は「風の神様」として古くから多くの方に親しまれており
天地宇宙の万物生成の中心となる「気」でお守護りくださる幅広いお力のある神様です
今から約2100年前、第10代崇神天皇の時代
国内が凶作や疫病の流行に騒然としていたさなか
天皇の御夢に現れた大神様のお告げ通りにお社を造営されると
作物は豊作に、疫病は退散したと伝えられており、それが当社の創建とされています
また陰陽五行では「風の神様」は木気にあたることを示しており
「木」偏に「風」と書く【楓】で四方八方を風の神様の清々しい「気」が行きわたる様にと
【八重の楓】をご神紋として用いております

P220411.jpg
柱に縄がグルグル巻き付いていて龍になっています。
P220414.jpg
御祭神は天御柱大神(あめのみはしらのおおかみ:志那都比古神)
国御柱大神(くにのみはしらのおおかみ:志那都比売神)
コの字型に左から、龍田比古命、龍田比売命
天御柱大神、国御柱大神
天照大御神・住吉大神の相殿、枚岡大神・春日大神の相殿、高望王のお妃
P220416.jpg
龍田神社だから、こっちのほうが水神と勘違いする
P220415.jpg
白龍神社
P220417.jpg
龍田恵美須神社
P220418.jpg
三室稲荷神社
P220419.jpg
下照神社
P220423.jpg
鳥居の左側
虹のみちという庭園のようになってました。
P220421.jpg
P220422.jpg
御朱印拝受しました。
水神と風神が見開きになったよ
7龍田大社
レンタカー返却に奈良に戻って
近鉄 奈良→難波 ¥570


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-10

20.3.21 丹生川上神社下社

続いて丹生川上神社下社へ。 14:10ごろ到着。 
上社から下社まで約1時間。
間違えてお隣のカフェのに停めるとこだった
鳥居横は満車で
通り過ぎた振興センターの所に無料の看板出てました。
P220383.jpg
目の前が丹生川
P220382.jpg
検索で
丹生山山頂に鎮まる本殿という書き込みがあったんですが
こちら山なんですかね~?
P220384.jpg
御祭神は闇龗神(くらおかみのかみ)
創建は不詳ですが、土地の古老の伝えに
丹生社の鳥居が洪水によって流されてきたので
それを拾って神体として祀ったのが創祀だとされています。
また、丹生の川上は日本書紀に八百万の神を祀った
日本で最初の場所として記されているそうです。
P220386.jpg
本殿へ続く75段の屋根付き階(きざはし)
なんとも神々しい造りになっております
階の改修工事の際、踏板の下から古い石段が出てきたそう。
6/1の例祭には
一般参拝者もこの階を登って本殿で参拝できるそうです。
P220389.jpg
本殿をチラ見
P220392.jpg
神社オリジナルのお酒なんでしょうか?
P220390.jpg
いのちの水 丹生の御食の井
P220387.jpg
こちらは何かな?
P220385.jpg
産霊石(むすび石)
魂を奮い立たせる働き(生命力の象徴)があるといわれています
P220393.jpg
御神木の欅
P220388.jpg
平成24年に奉納された神馬
黒馬もいるそうですが
この日は白馬しかいませんでした。
P220395.jpg
朝廷より雨を祈り黒馬、晴を祈り白馬が献上されました
名神祭の度に馬を献上することが難しくなり
板に馬の絵を描いた「絵馬」が誕生し全国へ広まったとされています

P220394.jpg
てことで、日本最古の絵馬の複製がありました。
P220391.jpg
厩舎を覗いてみたけどやっぱり黒馬はいなくて
かわりに鶏がいたよ
P220396.jpg
御朱印拝受しました。
こちらは印が掠れてるんですよね。
朱肉が薄いんじゃなくて
代々受け継いだ印で、印自体が摩耗してるのかも。
5丹生川上下社
いつか行きたいと思いつつ
ずっと行けなかった丹生川上神社三社めぐり
きっかけ作ってくれてありがとう


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-09

20.3.21 丹生川上神社上社

続いて丹生川上神社上社へ。 13:00ごろ到着。
中社から約40分ですね。
側から入ったので鳥居の無し。
黄色い幟がずらり。
P220372.jpg
神馬が2頭
御祭神は高龗大神(たかおかみのおおかみ)
上社・中社・下社で比定されていることもあり
由緒はほぼ一緒ですね。
P220373.jpg
神雨霑灑(しんうてんさい)と書かれているそうです。
神の雨が潤し注ぎ恩恵を施す
P220374.jpg
元宮遥拝所
P220378.jpg
正面の三角のお山を遥拝するのかと思ったら
大滝ダム建設に伴い水没した元宮を遥拝するんだって。
P220379.jpg
遥拝すると湖上に8角形の桟橋のようなものがあり
そこが元宮の目安で、山に向かって岸に磐座があり
その延長線上に神奈備山・白屋岳があります

半分木に隠れてるけど、これが桟橋かな?
P220379-2.jpg
平成10年に現在地に遷座
だから境内全体が新しいんですね。
で、遷座に先立ち境内の欅の根を抜く作業をしている時に
欅の根元から多数の縄文土器が発見され
この場所に縄文時代の遺跡の存在が判明した
宮の平遺跡(みやのたいらいせき)
本殿基壇の直下から数期にわたる神社関連遺構が検出され
奈良時代後半から平安時代前期頃に祭場として意識され
平安末期から鎌倉初頭には社殿が建立され
その後造替を繰り返して現代までに奉祭され続けてきた
ことが明らかにされました

旧境内に立っていた樹齢600年になる杉の御神木
P220375.jpg
元宮から発掘された平安時代の奉場跡(復元)
P220376.jpg
平成26年11月に天皇皇后両陛下が御臨席された
アマゴの稚魚と親アユをおおたき龍神湖に放流した時に使われた
放流台が保存されていました。
P220381.jpg
境内社ひとつもお参りしてないな
P220377.jpg
御朱印拝受しました。
4丹生川上上社
吉野杉の御朱印帳があり
幾何学的な模様になっていて素敵だったんですが
ガマンガマン。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-08

20.3.21 丹生川上神社(中社)

続いて丹生川上神社(中社)へ。 11:50ごろ到着。
途中の道の駅 宇陀路大宇陀休憩含めて
1時間20分ほどかかってますね。
遠いし、山の中なイメージでしたが
道は案外広くて走りやすかったです。
P220346.jpg
石灯籠は鎌倉時代の名工伊行吉作だそうです(重文)
駒札の横の灯籠かと思ったら瑞垣内(東殿前?)らしい。
P220344.jpg
主祭神は罔象女神(みずはのめかみ)
伊邪那美神病み臥しまして、尿(ゆまり)に成りませる神
P220348.jpg
拝殿
P220350.jpg
本殿は石段の上にあるようです。
P220357.jpg
ほとんど見えず。
P220352.jpg
丹生の真名井
P220351.jpg
叶えの大杉 樹齢約1000年
P220355.jpg
なで梟
P220353.jpg
降雨を祈願する場合は黒毛馬
雨が止むことを祈願する場合は白毛馬又は赤毛馬を奉納したそう
P220354.jpg
木霊神社(五十猛命)と、丹生龍王大神社(高龗神・闇龗神)
お参りしてないな
P220356.jpg
御朱印拝受しました。
3丹生川上中社
吉野和紙でいただく三社御朱印巡りも興味はあったのですが
A4サイズだったので見開き御朱印ファイルにも入らないし
片付っぱなしになりそうなのでやめときました。
次回があれば

話が長いのでだいぶ端折りますが
神武天皇が東征の際に敵陣の土を使い
平瓮(ひらか)と呼ばれる皿と、厳瓮(いつべ)と呼ばれる壷を作り
丹生川の夢淵で戦勝祈願を行い
『厳瓮を丹生川に沈めて大小の魚が浮き上がったら勝てる』と呪いを行うと
木の葉のごとく魚が浮き上がって来た(魚編に占うと書く鮎)

こちらには天皇陛下の即位の儀に用いられる
萬歳旛(ばんざいばん)と対のものがあり
厳瓮、川の水面と鮎が刺繍されている。
これが御朱印の右上の印のデザインなんですね。
こちらの御朱印帳の表紙にもなっています(拾い画像
丹生川上神社御朱印帳
近くに龍神の滝(東の瀧)があると貼紙があったので
行ってみました。
その前に、左が東照宮神社(徳川家康)
右が水神社(土地の水神様)
P220368.jpg
ツルマンリョウ自生地
P220367.jpg
高見川 エメラルドグリーン
太鼓橋の辺り(夢淵というらしい)に龍神の滝があります。
P220360.jpg
蟻通橋を渡ったところに丹生神社(本宮)
P220361.jpg
御祭神は弥都波能売命(みつはのめのかみ:=罔象女神)
P220362.jpg
夢橋という吊り橋を渡ります。
P220364.jpg
東の瀧(ひむかしのたき)
雄瀧と雌瀧が交わる双龍の瀧
右上に、木に隠れていますが
小さなお社があり、不動明王が祀られています。
古くは滝壺を御神体とする高龗神をお祀りする社があり
現在は丹生龍王大神社としてお祀りされているそうです。
P220366.jpg
検索してて見つけた源流探検部が行く31
こちらに詳しく書かれていました。
祈りの回廊での宮司さんの特別講話
神像がたくさんあるらしい。
公開することないのかな?

次に向かう道中、東吉野村役場の近くに
ニホンオオカミの像
P220370.jpg
東吉野村で捕らえられた
日本最大のニホンオオカミがモデルの等身大ブロンズ像
明治38年東吉野村で捕獲された幼体のニホンオオカミが
日本で最後の捕獲の記録
P220369.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-07

20.3.21 大和神社

続いて大和神社(おおやまとじんじゃ)へ。 10:10ごろ到着。
P220326.jpg
日本最古の神社だそうです。
延喜式神名帳には大和坐大国魂神社と記されています
P220328.jpg
増御子神社(ますみこじんじゃ)
御祭神は猿田彦大神・天鈿女命
P220330.jpg
手水は使用禁止になってました
P220332.jpg
御祭神は日本大國魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)
八千戈大神(やちほこのおおかみ)
御年大神(みとしのおおかみ)
P220327.jpg
日本大國魂大神は大巳貴神(おおなむちのかみ:大国主命の別名)の荒魂で
大地主神(おおとこぬしのかみ)とも言い
大和国を造り治める国つ神・地主神を意味する
大国魂大神と八千戈大神はともに
大已貴神の異名同神
御年大神は素戔男尊の御子である大年神の御子
古事記では大国魂大神も大年神の御子となっているので
大国魂大神と御年大神は異母兄弟
ややこしや~。 知恵熱出るわ
P220334.jpg
日本大国魂大神は宮中内に天照大神と同殿共床で奉斎されたが
第十代崇神天皇六年に天皇が神威をおそれ
天照大神を皇女豊鋤入姫命をして倭の笠縫邑に移されたとき
皇女淳名城入姫命(ぬなきいりひめ)に勅して
市磯邑(大和郷)に移されたのが当神社の創建であると伝えられている

P220335.jpg
倭笠縫邑(やまとかさぬいのむら)が大神神社摂社の桧原神社で
市磯邑(いちしのむら)が大和神社ということですかね。
なんかスゴイ由緒ですね。
国の名前が付けられてるだけあるわ
P220336.jpg
高龗神社(たかおかみじんじゃ)
御祭神は高龗神 (龗は雨冠の下に口3つ、その下に龍)
P220338.jpg
高龗神とは伊邪那美逝去の因となった火の神・迦具土神を
怒った伊邪那岐が三段に斬った時
雷神・大山祇神とともに生まれた水神
祈雨を祈る水神社の総本社で
丹生川上神社は当社の祭神を勧請した別宮

(でも中社の主祭神は罔象女神だから上社?)
P220337.jpg
貴船神社(本宮)の御祭神も高龗神(淤加美神)なんだけど
こちらが総本社なの?
同類の水神として闇龗神があるが、同神という説もあり
高=山、闇=谷 らしい。
P220329.jpg
左から厳島神社(市杵島姫命)・事代主神社(事代主大神)・朝日神社(朝日豊明姫命)
P220339.jpg
唐遣使が出発の際こちらに参詣して交通安全を祈願されたそうです。
また「戦艦大和」の守護神として艦内に分霊が祀られていました。
沖縄沖で沈没し、亡くなった2736名の英霊などが
末社・祖霊社(大国主命)に合祀されたそうです。
P220333.jpg
戦艦大和展示館を見学。
P220342.jpg
P220343.jpg
戦艦大和の艦長室に堂本印象の軸装が掲げられていて
それを焼印とした絵馬
P220340.jpg
御朱印拝受しました。
2大和神社
由緒が書かれた挟み紙が栞になってました
高龗神社と増御子神社の御朱印もあったので
また次回


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-06

20.3.21 石上神宮

3/21、この日参拝したところは全て初訪でした
レンタカー借りて、まずは石上神宮へ。 9:20ごろ到着。
「いそのかみ」と読むんですね。
「いしのかみ」だと思ってました
P220298.jpg
古典には「石上振神宮(いそのかみふるじんぐう)」
「石上坐布都御魂神社(いそのかみにますふつのみたまじんじゃ)」
等と記され、この他「石上社」「布留社」とも呼ばれていました

でたよ○○坐神社
P220299.jpg
扁額には布都御魂大神と書いてありました。
P220301.jpg
そういえばこちらには鶏がいるんだった
着いた時から鳴き声が聞こえてたよ。
P220306.jpg
長鳴鶏の一種の東天紅、烏骨鶏、採卵用種のレグホン・ミノルカなど
P220305.jpg
ツヤツヤ
P220303.jpg
ほんまもんがいるのに飾りもんも
P220307.jpg
鶏舎の方向が山の辺の道に続いてるらしい。
P220310.jpg
鏡池という割には濁ってて
ワタカという魚が生息しているそうですが
全く見えず。
P220325.jpg
水抜きの栓があるの珍しいね。
P220308.jpg
朱色の廻廊と、素地の楼門の組み合わせ
P220309.jpg
楼門(重文)
扁額には萬古猶新(ばんこゆうしん)と書いてあるそうです。
P220315.jpg
出雲建雄神社の拝殿は国宝
P220313.jpg
お社撮り忘れてるな。
八岐大蛇の尻尾から出てきた草薙剣が祀られているそうですが
それは熱田神宮じゃなかったっけ?

天神社と七座社
P220316.jpg
拝殿(国宝)
P220322.jpg
主祭神は
布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)
  韴霊(ふつのみたま)の剣に宿られる御霊威
  国譲りの神話に登場する武甕雷神が持っていた剣
布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)
  天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)に宿られる御霊威
  饒速日命が天津神から授けられた
布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)
  素戔嗚尊が八岐大蛇を退治されるのに用いられた
  天十握剣(あめのとつかのつるぎ)に宿られる御霊威
P220321.jpg
当神宮にはかつては本殿がなく
拝殿後方の禁足地を御本地と称し
その中央に主祭神が埋斎され
諸神は拝殿に配祀されていました
明治7年菅政友大宮司により禁足地が発掘され、御神体の出御を仰ぎ
大正2年御本殿が造営されました
禁足地は現在も「布留社」と刻まれた剣先状石瑞垣で囲まれ
昔の佇まいを残しています

本当にあるか確かめるって、チャレンジャーやね
P220323.jpg
なにかしらの萌えキャラ どちらさま?
後ろは前方後円墳か?
情報によると
こっふんさま・わにひこくん、ふるっぴー というらしい)
P220320.jpg
御朱印拝受しました。
二十二社の御朱印帳しか持ってきてなかったので
七支刀の御朱印は次回
1石上神宮
こちらはね、また来たいなと思ったところなんだけど
検索してたら風属性スポットだったよ。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-05

20.3.20 下鴨神社

市バス 梅宮大社前→出町柳駅前(多分3系15:22→16:12) ¥230
この日最後は下鴨神社へ。 16:40ごろ到着。
P220287.jpg
お正月も来たよね。
てことで、も投稿も手抜き
P220288.jpg
井上社
御手洗祭りはまた参加してみたいです
今年はコロナの影響で葵祭中止になったそうですね
P220289.jpg
御朱印拝受しました。
こちらの朱印はいつもべっとり濃い~よね。
薄いよりいいけど。
10下鴨神社
枝垂桜が咲いてるのが見えたので
社務所側に行ってみた。
P220293.jpg
P220294.jpg
P220291.jpg
したら馬場のほうに新しいお社が建ってて
雑太社(さわたしゃ)だった。
P220295.jpg
前回御朱印いただいたのにお参りしてなかったわ
P220296.jpg
お賽銭箱はラグビーボール
P220297.jpg
お隣に歴代斎王社と
別にもう1社建設中だった。
また御朱印増えるんですかねぇ

市バス 新葵橋→京都駅前(多分205系17:17→17:46) ¥230
Porta内のとんかつKYKで夜ごはん食べて
近鉄 京都→奈良 ¥640
222235.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-04

20.3.20 松尾大社・梅宮大社

京阪 石清水八幡宮13:34→13:43中書島13:47→13:58祇園四条¥310→
阪急 河原町14:10→14:17桂14:30→14:34松尾大社¥230
松尾大社(まつのおたいしゃ)へ。
P220266.jpg
2017年12月以来、2度目の参拝。
P220267.jpg
推し
P220268.jpg
前回より酒樽が多いな。
P220273.jpg
拝殿と、回廊と、ちらっと本殿
御祭神は大山咋神(おおやまぐいのかみ)・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
P220272.jpg
の藁細工
P220274.jpg
今HP見てて気付いたんですが、庭園内に神像館があるんですね。
次回忘れずに
御朱印拝受しました。
8松尾大社
それから近くの梅宮大社
P220275.jpg
初訪です。
P220276.jpg
梅宮日本第一酒造之祖神・安産守護神
P220277.jpg
御祭神は酒解神(さかとけのかみ:大山祇神)
酒解子神(さかとけこのかみ:木花咲耶姫命)
大若子神(おおわくこのかみ:瓊々杵尊)
小若子神(こわくこのかみ:彦火火出見尊)
独特な呼称ですね。
P220280.jpg
いろんなお花が咲いてました
P220284.jpg
P220285.jpg
P220286.jpg
授与所横にいたよ。
P220282.jpg
ベッドがあるのにダンボールの上
P220283.jpg
御朱印拝受しました。
9梅宮大社


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-04-03

20.3.20 石清水八幡宮

京阪 伏見稲荷11:53→12:17石清水八幡宮¥310
→参道ケーブル八幡宮口12:30→12:33八幡宮山上¥200
P220248.jpg
石清水八幡宮へ。
文化財特別公開の時にでもと思いつつ
なんとなく後回しになってて初訪です。
P220249.jpg
9時から春季皇霊祭遥拝があったようです。
南総門から見ると、なんか斜めってますね。
P220250.jpg
国宝だけあってカッコいいですね。
現在の社殿は徳川三代将軍家光の造替によるもので
日本三大八幡宮の一社であり伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟
現存する八幡造の本殿の中で最古かつ最大規模です

P220251.jpg
御祭神は中御前 応神天皇(誉田別尊)
西御前 比咩大神 (宗像三女神)
東御前 神功皇后(息長帯比賣命)
後ろから
鬼門封じで角が切り取られた石垣(人がジャマ
P220253.jpg
左手前から若宮社・若宮殿社・気比社・水若宮社
P220254.jpg
西門
P220256.jpg
玄武かな?
P220255.jpg
築地塀
通称「信長塀」とも呼ばれ、瓦と土を重ねていて
織田信長公が好んで採用した様式といわれています

P220257.jpg
楠木正成公必勝祈願参拝の際奉納の大楠
P220258.jpg
三ノ鳥居側 参道
P220260.jpg
随分前におっかがお土産で買ってきてくれた
神宮の御朱印帳が手元にあったので
二十二社巡り専用にしました。
書いていただくページを社格順にしようかとも考えたのですが
私のことだから、どっかで間違いそうな気がして
内宮・外宮の2ページだけ空けて
あとは参拝順にいただくことにしました。
1神宮御朱印帳
通常の御朱印と
刺繍御朱印の桜と蝶を拝受しました。
忘れずに「鳩さんで」と伝えました
部員さんのブログによると
日付の方はもう鳩文字は書いていただけないそうです。
まぁこんだけ御朱印勢が増えたら対応しきれないのかも。
もう8日狙いで行く必要ないですね。
7石清水八幡宮
武内社・石清水社・高良神社の御朱印もいただけるのですが
二十二社用の御朱印帳しか持ってきてなかったので
また今度

帰りはこがね
P220262.jpg
子供を差し置いて、最前列を陣取り
P220263.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター