FC2ブログ
2020-03-31

20.3.15 射水神社・氣田神社

続いて高岡市に移動して射水神社へ。
高岡古城公園に入る道は一方通行なのですが
ナビに頼ると進入禁止の所に案内されて
グルグル迷うはめになり、ろくなことがない
今度から高岡大仏で設定しよっと。
16:30ごろ到着。
P220190.jpg
御神木の八重の紅梅 樹齢400年以上
幹の一部が空洞となっていて
その箇所がハート形に見えるそうですが、気づいてない
P220193.jpg
拝殿
御祭神は瓊瓊杵尊(二上神)
無いけど、御神紋は御鏡に稲穂
P220192.jpg
高岡銅器の吊燈籠
P220191.jpg
それにしても
越中国一宮はなんで4つもあるんですかね~。
加賀国一宮の白山比咩神社に伝わる『白山之記』(重文)では
こちらのことを「越中一宮」と記されているそうです。

御朱印拝受しました。
確か改元記念の御朱印から社号の揮毫が無くなったんですよね。
お花の印は月替わり。
7射水神社
今回も二上射水神社は参拝できなかったので
御朱印もまた今度。
高岡城跡の御城印は三の丸茶屋での取扱いだそうで
こちらもまた今度。

あんまり撮らなかったので2社纏めてってことで
最後に氣田神社へ。
P220195.jpg
社務所を通り過ぎたところにあります。
とやまの名水 気多神社の清泉
P220194.jpg
5時過ぎちゃったので先に社務所へ。
小窓を開けて
書置きの御朱印をセルフでいただくシステム。
まだ開いててよかったよ~
8氣多神社
雰囲気ある
P220196.jpg
P220198.jpg
P220199.jpg
拝殿
加賀藩3代藩主前田利常の祈願所であったため御神紋は梅鉢。
P220197.jpg
本殿(重文) 向拝長め
御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)と
奴奈加波比売命(ぬなかわひめのみこと)
P220201.jpg
空海筆と伝わる一宮の扁額は本殿に掲げられてるんですかね。
見たかったな。
鎌倉時代の作と言われる寄木造りの狛犬は
御輿堂にいるそうです。
狛犬の他に歴代の獅子頭も保管されている。
P220202.jpg
ちなみにこちらは
越中国内で一宮を称する4社のうちで唯一
所在地名に「一宮」と言う銘号が入っているそうです。

大伴神社(大伴家持)
P220203.jpg
こちらで北陸3県の一宮全部回れた
そんでもって元伊勢籠神社の御朱印帳表面が詰まった。
いつもは裏面は書置き貼るんだけど
良い紙だったから裏面にも書いてもらうか悩み中。

つか降らなかったね

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-30

20.3.15 高瀬神社

続いて南砺市へ移動して高瀬神社へ。 15:20ごろ到着。 初訪です。
降ってきちゃいました。
P220176.jpg
藤井秀直翁之像
氏子の方々に愛され尊敬される宮司さんだったんでしょうね。
P220189.jpg
何?と思ったら、逆立ちした獅子だった
P220178.jpg
手水舎は外宮からのお下がり。
水鉢は新潟県只見川上流から運ばれた自然石で造られていて
高瀬遺跡で発掘された1200年前の建物の柱が入っています。
P220179.jpg
拝殿前に小川が流れていました。
P220186.jpg
拝殿
P220180.jpg
御祭神は大国主命・天活玉命・五十猛命
大国主命が北陸地方の平定を終えて出雲に戻る際に
御霊を留め置かれたのが始まりだと言われています
伊勢神宮以外では笏が祀られることを許された数少ない神社

P220185.jpg
井波彫刻の意匠が見事です
P220181.jpg
なでうさぎ
P220183.jpg
鈴緒にも
P220182.jpg
ヘタうま
P220184.jpg
功霊殿
砺波地区から出征された護国の英霊と
当地方開拓の功労者あわせて6,400余柱をお祀りしています
功霊殿本殿は当神社の旧本殿で
天保7年に建立された井波彫刻の粋を尽したものです

P220187.jpg
御朱印2種拝受しました。
6高瀬神社
公式FB2/16祈年祭での投稿写真
巫女さんのお召し物が素敵
10高瀬神社祈年祭
参拝者の皆様へ
当社は田んぼに囲まれた自然豊かな神社です
駐車場から境内、お守り授与所に至るまで
人混みになる場所はございません
また各所に消毒液も用意してあります
どうぞ安心してお参りくださいませ

P220188.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-29

20.3.15 立山博物館・雄山神社祈願殿

続いて祈願殿のお隣にある立山博物館へ。 12:30ごろ到着。 ¥300
P220147.jpg
残念ながら撮影禁止でした。
3F第1展示室はブナの森や立山のジオラマなどがありました。
2F第2展示室は立山信仰に関する展示
剱岳山頂から出土した平安時代の錫杖頭や
開山縁起に関する玉殿窟(たまどののいわや)や
胸に矢を射られた穴がある阿弥陀如来像や
立山地獄の閻魔王像など。
立山曼荼羅には立山連峰、来迎阿弥陀、立山地獄、開山縁起
布橋灌頂会の様子などが描かれています。
リーフレットより
9立山曼荼羅
購入した冊子を読んでたら
『毎月の月水や出産時の出血によって大地の神や水の神を穢すと考えられた女性たちは
血の池地獄に堕ちると考えられていました』と。
女性に生まれただけで地獄行き
そして子供を産まなかったら産まなかったで
永遠に竹の根っこを掘らされ続けるという矛盾。
しかもロウソクの芯て
掘れるわけないじゃん! イライラさせるのが狙いか!
酷すぎる
10石女地獄
大野市歴史博物館でパネル展示を見てから気になっていた
女人救済の儀式布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)のジオラマ
現代的に復元された布橋灌頂会の模様が上映されていました。
布橋の下を流れるうば堂川を三途の川に見立て
布橋はこの世(此岸)とあの世(彼岸)の境界と考えられていた
女性たちは白装束をまとい、目隠しをして布橋を渡り
うば堂内で念仏を唱え、再び布橋へ

こちらのキャプションを読むまでは
『霊山は女人禁制だから儀式に参加すれば登拝と同じ徳を積んだことになる』
的なものかと思ってましたが
無事に渡り切ると死後男性に生まれ変われる的なことが書かれていました。
結局女性のままでは極楽浄土へ連れてってもらえないのね

こちらの展示で1番気になったのが、うば尊
(うばの字は変換出てこないけど女偏に田が3つ)
おんば様と呼ばれているそうです。
片膝を立ててるのが渡来っぽい。
地獄の入口にいるって設定なので奪衣婆なのかな?
5うばそん
エントランスにいた霊獣クタベ
いま話題のアマビエ的なUMA
お尻に顔があるようにしか見えない
P220145.jpg
ミュージアムショップで布橋灌頂会の白装束目隠し女性の
フェルトマスコットを売ってて、ちょっと迷った。
うば尊だったら即買いだったんだけど

そんでもって雄山神社祈願殿へ。
P220148.jpg
狛犬さんたち、正面向いてます。
P220149.jpg
P220150.jpg
釼嶽社(須佐之男命)
P220154.jpg
立山若宮(天手力雄神:太刀尾天神剱岳神:本地不動明王)
雪国だから仕方ないんだけど、シートがねぇ
P220153.jpg
立山大宮(伊邪那岐神:立山権現雄山神:本地阿弥陀如来)
P220151.jpg
神秘社(造化三神:天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神)
P220152.jpg
立山開山御廟
佐伯有頼公(出家して慈興と号す)が83歳で入定された地と伝えられる
P220169.jpg
祈願殿
P220170.jpg
年始の参拝時に御朱印拝受したので今回はお参りのみ
P220172.jpg
本殿(といっていいのか?)はよく見えず。
もしかして覆屋かな?
P220171.jpg
折角なので閻魔堂近辺も散策。
途中の宿坊らしきところの石仏。
どちらさまか分からないけど味がある。
P220155.jpg
閻魔堂
P220163.jpg
中に入ってお参りできます
P220157.jpg
セルフ販売形式で牛王や御朱印(印刷)が置いてありました。
右は御朱印が個装されていた紙ですが、絵柄がステキ
4閻魔堂
石仏がたくさん。
P220162.jpg
P220161.jpg
P220158.jpg
布橋までまさかのシート
P220166.jpg
遥望館辺りから立山を遥拝
P220168.jpg
まんだら遊苑は12/1~3/31冬期休苑中。
多分やっててもスルーしたと思うけど
情報だと案外面白そう(失礼)

帰り際の入口に乗りつけるがいて目がテン
富山県民ってラインとか気にしない県民性なの?


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-28

20.3.15 雄山神社前立社壇・多賀宮

続いて富山に移動しまして雄山神社前立社壇へ。 11:30ごろ到着。
前回1/3は御朱印書置き対応だったのでリベンジです。
P220141.jpg
前回はお賽銭用の白いシートが張ってあって拝殿に近づけませんでしたが
今回は中でお参り出来ました
御祭神は伊邪那岐神と天手力雄神(あめのたぢからおのかみ)
P220135.jpg
中に狛犬がいたよ。
P220130.jpg
ちょっと痛々しい。
P220131.jpg
本殿(重文)は雪除けシートで見えず。
P220142.jpg
木製の鬼瓦って珍しいですね。
P220136.jpg
左から八幡宮・刀尾社(たちおしゃ)・稲荷社
P220132.jpg
湯立の釜
P220134.jpg
水量豊富
P220137.jpg
御朱印拝受しました。
2雄山神社
お隣の立山多賀宮も参拝
P220138.jpg
ちょっと鬱蒼とした感もあるけど、雰囲気悪くない。
P220139.jpg
検索しても、あまり情報がない
通称お多賀さん
御祭神は伊邪那岐神・伊邪那美命・天手力雄神、他二柱
立山開山後に雄山神社・多賀大社を勧請した模様
P220140.jpg
宮司さん不在で、書置きを拝受しました。
3多賀宮
このあと祈願殿へ向かう途中にある
地元のコンビニ立山サンダーバードへ。
P220143.jpg
月曜から夜ふかしでも紹介されたこちらのお店
なにがってサンドイッチ・おにぎりの種類が豊富過ぎなのよ
変わり種の中から鹿肉おにぎりをチョイス
なんかね、コンビーフの佃煮みたいな感じ?
鹿肉って言われなきゃわかんないです。
味付けは濃いめ。おにぎりの塩味もちょい濃いめ。
美味しかったです
P220175.jpg
富山ブラックコロッケサンドイッチも食べたけど
こちらもソース濃いめでソースの味しかしなくて
コロッケに何が入ってるのか食べても分からなかった
イカスミで黒くしてるらしい。
濃い味なのは登山する人用なのかな?


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-27

20.3.15 水無神社

3/15は予定していたチワオフが予報のため延期になり
急遽一宮巡りに変更。

6:45ごろ出発 松岡IC→大野IC→R158→油坂峠IC→高山IC ¥890→R41
ほとんど無料区間なので安上がり
途中ひるがの高原SAで休憩。
標高日本一のSAだそうです。
左が大日ヶ岳、標識のちょい左が白山(多分)
予報の割に
P220103.jpg
まずは高山市の水無神社(みなしじんじゃ)へ。 9:20ごろ到着。
工事の車が
P220105.jpg
こちらの狛犬は狼(山犬?)型
P220107.jpg
あごひげが特徴的
P220108.jpg
絵馬殿(旧拝殿)
トラックのバックミラーが
P220109.jpg
P220110.jpg
拗の木
P220111.jpg
神馬舎
稲喰神馬(黒駒)と祈晴の神馬(白駒)がいて
黒駒のほうは左甚五郎作と伝わっているそうです。
ちゃんと見てくればよかった
P220112.jpg
白川神社
白川村大字長瀬と福島の両集落はダム湖底に沈むことになり
それぞれの集落にあった氏神白山神社を御遷座
両神社を合祀し白川神社として創建しました

P220114.jpg
神門
ここにも軽トラが
P220113.jpg
木造の狼像が祀られていました。
P220125.jpg
格子があるので全体像が撮れない
P220124.jpg
拝殿の前でお参りできました
P220117.jpg
氏子さん方が雪囲いのシートを外す作業をされていました。
情報によると、通常は神門から参拝のようなので
もしかしたら作業のために開いていたのかも。
P220121.jpg
主祭神は御歳大神(みとしのおおかみ)
水無神と呼ばれていて、八幡神とする説もある
(水無八幡宮と称していた時期あり)

P220123.jpg
こちらは神門の狼像を模して作られたそうです。
P220119.jpg
苔むしてます。
P220120.jpg
御神木の銀杏
P220118.jpg
Wikiに面白い情報が載ってました。
・島崎藤村の父で『夜明け前』の主人公・青山半蔵のモデルとなった
 島崎正樹が明治7~10年宮司を務めていた
・1945年(昭和20年)8/22~9/19
 熱田神宮の神体(天叢雲剣)が一時避難していた(疎開?)
・4/3飛騨生きびな祭りが有名で
 アニメ『氷菓』にも登場するそうです。
・水無の名は社前を流れる宮川(神通川の上流)が
 伏流水(地面の下を流れる地下水)の川であるためと言われ
 宮川姓の由来は当社だとされている
P220122.jpg
飛騨一宮稲荷神社
P220126.jpg
御朱印拝受しました。
こちらにも御朱印初穂料¥500の波が押し寄せてきてたよ
1水無神社
御朱印案内の貼紙に
「御朱印紙(金嶺紙)」と書かれていたので
何か特別な御朱印かと思って聞いてみたら
「御朱印帳を持っていない方に1枚ものの紙で渡すもの」
とのことだったので、通常の書置きみたいですが
金嶺紙をググってみたら
細かい金の紙片が漉きこまれた和紙みたいです。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-25

20.3.7 長浜盆梅展

最後に今回のお目当ての長浜盆梅展へ。
毎年開催されているのは知っていたのですが
FBでこんなイベントを見つけたので
今年初めて行ってみました。
期間が3/4~8と短いのよ
222544.jpg
盆栽のお世話って大変ですね
P220089.jpg
入ってスグの金屏風のとこで記念撮影
めっちゃ笑ろてたし、いい写真撮れたんじゃないかな
P220090.jpg
お庭の雪吊りも雰囲気ある
171722.jpg
不老(ふろう)八重紅色
樹齢400年と伝わる長浜盆梅展で1番の古木だそうです。
171747.jpg
水の盆といって床にリフレクションが映るのですが
全然上手く撮れんかった
172240.jpg
梅の館へ
P220097.jpg
172333.jpg
違い棚がかわいらしい
172519.jpg
春時雨(はるしぐれ)という枝垂れ梅は天井まで届きそうな大きさ
172645.jpg
P220100.jpg
「びわ湖のひな人形めぐり」にちなんだ盆梅雛
173541.jpg
1周して『キレイやったね~』って帰るとこやったけど
173722.jpg
いやいや、肝心の和傘灯りどこいった?
戻ってみてよかったよ。 本館2Fやった
174330.jpg
狭い空間にカメラ小僧&インスタ女子がみっちり
174553.jpg
確かにキレイや
174232.jpg
けど数枚撮ればおなかいっぱいやろ。
そない長居しなくても、何枚撮っても代り映えせんと思うけどな。
174604.jpg
帰ろうとして玄関を出たところで、入れ違いで戦国武将がやってきた。
目が合ったので「何さん?」と聞いたんだけど
聞こえなかったみたいで
「カバンかっこいいねぇ。手作り?」と会話が噛み合っていないので
結局誰か分からなかったんだけど
長浜だから石田三成?

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2020-03-24

20.3.7 長浜八幡宮・舎那院

続いて長浜に移動しまして長浜八幡宮へ。 16:20ごろ到着。
P220073.jpg
春季大祭(曳山祭)が有名ですが
秋季例大祭では薪能があるみたいですね。
どちらも興味あるな
コロナの影響で、手水も鈴も使えなくなってました。
P220074.jpg
御祭神は誉田別尊(応神天皇)・足仲彦尊(仲哀天皇)・息長足姫尊(神功皇后)
八幡様って何回聞いても覚えられんな
P220075.jpg
高良神社(こうらじんじゃ)
御祭神は武内宿禰(たけうちのすくね)
ボケ封じの宮だそうです
P220076.jpg
亀願石
願いを通して矢というのを、この石の穴にめがけて放つようです。
P220084.jpg
縁松(えにしまつ)
黒松と赤松が支えあうようにして生えていて
この松の間をくぐりながらお願いをすると
良い出会いや夫婦円満のご利益を授かることができる
といわれているそうです。
P220086.jpg
近の鳥居は正面じゃなかったみたいで
天満宮などの摂社諸々や御神水など
いろいろと見落としてるようです
御朱印拝受しました。
8長浜八幡宮
お隣の舎那院(しゃないん)も参拝
P220083.jpg
芙蓉の名所だそうです。
(画像は梅だけど
P220082.jpg
本堂
御朱印お願いした時に
「国会議事堂から移設された扉があるから
よかったら書いてる間に見てきてください」
とお勧めされて、中に入らせていただきました。
撮影禁止でしたが、モダンな扉がありましたよ。
どういうご縁で移設されたんですかね?
P220077.jpg
弘法大師の創建だそうです。
御本尊は木造愛染明王坐像(鎌倉)
P220078.jpg
御本尊と、阿弥陀如来坐像(平安)と、三月経曼荼羅図(鎌倉)が
国の重文だそうです。
御開帳することあるのかお聞きしたら
「秋の芙蓉の時期に気が向いたら開けることもある」
と仰ってました。
P220081.jpg
護摩堂
P220079.jpg
御朱印拝受しました。
墨が乾いていなくて挟み紙がくっついちゃったんだけど
これうまく剥がす方法ありますかね
9舎那院


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-23

20.3.7 安土城址

八幡城から安土城(の山)が見えて
『近いやん』ってことで行ってみました。 14:30ごろ到着 ¥700
P220039.jpg
こちらも混雑していました。
御城めぐり人気なんですね~。 跡しかないのに
今は石垣と礎石しか残っていませんが
本格的な天主の建築は安土城が始まりとされているそうです。
拝観していませんが、信長の館には
原寸大の復元安土城天主(5・6階)が展示されているそうです。
黒い漆塗りの窓が配された白壁の層や、青く塗られた層がある他
5階は八角形赤く塗られた層、最上階は金色
発掘された当時の瓦を焼きあげて再現した庇屋根
信長が狩野永徳を中心に描かせた金碧障壁画
金箔10万枚を使用した外壁、金の鯱をのせた大屋根など絢燗豪華

P220041.jpg
羽柴秀吉邸跡
P220042.jpg
大鐘は自由に撞いてよいそうです。
P220043.jpg
大手道の石材として使われた石仏
P220045.jpg
八幡山城はロープウェイでラクしちゃったから
この石段がキツイのなんの
P220046.jpg
織田信忠邸跡
P220047.jpg
織田信澄邸跡・森蘭丸邸跡
P220048.jpg
黒金門跡?
P220049.jpg
○○跡というのは、石碑を撮ってるだけで
正直何が何だか分かっちゃいない
P220060.jpg
仏足石
これもおそらく石垣の一部として使われたものと思われる
P220050.jpg
護国駄都場?
P220051.jpg
本丸跡
P220058.jpg
安土城の石垣は花崗岩の石仏等以外は安土山や近くの繖山をはじめ
湖東地方で産出される湖東流紋岩という石を用いている
石垣はほとんど加工せず自然石を巧みに使って積み上げられている

P220057.jpg
天主跡
P220055.jpg
摠見寺跡
P220061.jpg
摠見寺跡からの景色
P220064.jpg
三重塔(室町:重文)の屋根を正面から見れるアングル
P220063.jpg
カラーコーンがちょっと残念
P220065.jpg
二王門(楼門)
P220071.jpg
P220068.jpg
楼門と木造金剛二力士立像はともに国の重文(室町)
P220069.jpg
P220070.jpg
大手道に戻ってきました。
P220072.jpg
御朱印拝受しました。
安土城の御城印ではなく摠見寺の御朱印という見解で
お寺の御朱印帳に書いていただきました。
7安土城摠見寺
安土城の揮毫はこちらの御朱印帳を購入したら
1ページ目に書いていただけるそうです。
画像撮り忘れてますが
八幡山城も安土城も100名城スタンプいただいてます。

摠見寺特別拝観(不定期)には別途¥500が必要です(抹茶と菓子付)
とのことですが、どこにお堂あったんだろう?
見逃してる?
と思ってパンフ見返したら二の丸跡・信長公本廟も見落としてるな
城びと 安土城編


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-22

20.3.7 日牟禮八幡宮

お隣の日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)も参拝。
「ひむれ」読めないね
P210996.jpg
楼門内側の狛犬
P210999.jpg
かわえぇな~
P210998.jpg
翌週3/14・15に左義長祭りがあったそうです。
(コロナの影響で渡御は中止)
能舞台に左義長の山車に使われる馬揃えが展示されてるはずが
いない。
出番に備えてスタンバイしてるのかな?
P220002.jpg
神馬
P220003.jpg
拝殿
P220004.jpg
本殿
P220005.jpg
御祭神は誉田別尊(ほむたわけのみこと:応神天皇)
息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと:神功皇后)
比賣神(ひめがみ:宗像三女神)
御祭神三柱で八幡大神と奉称
P220013.jpg
鏡池
P220016.jpg
狭いけど本殿の裏に回れました。
屏風岩というそうです。
P220019.jpg
P220017.jpg
P220020.jpg
神鳩
日牟禮八幡宮神鳩
大島神社(大国主命・大鷦鷯命)
P220006.jpg
繁元稲荷神社(宇加之御魂神)
八坂神社(建速須佐之男命・少彦名命)
恵比須神社(事代主神・金山毘古神)
P220008.jpg
P220012.jpg
岩戸神社(橦賢木之御魂命・天疎向津姫命)
P220022.jpg
愛宕山大?
P220028.jpg
天満宮(菅原道真)
左は常盤神社(天照大神・豊受大神・熱田大神・津嶋大神)
右は宮比神社(天宇受売命)
P220027.jpg
御朱印拝受しました。
6日牟禮
の往来が多くて一の鳥居の写真が撮れない
P220029.jpg
八幡堀をチラ見。
るろうに剣心ほか、時代劇のロケ地になってるらしい。
P220031.jpg
水郷巡りの舟が来た。
P220038.jpg
小腹が空いたので千成亭 八幡掘店へ。
P220032.jpg
コロッケもあったけど
リッチにミンチカツにしてみた ¥330
ジューシー
134430.jpg
ちょっと食べ歩きのつもりが勢いついちゃって
近江屋 八幡堀店でもステーキ串を。 ¥594
P220037.jpg
ちょっとお高めだけど、もろステーキだし
注文してから焼いてくれるし
塩コショウが効いててめちゃウマ
串を伝う肉汁で手ベタベタにしながらがっついた
P220035.jpg
メンタームの近江兄弟社
P220033.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-03-21

20.3.7 瑞龍寺

本丸跡にある村雲御所瑞龍寺門跡 ¥300
P210985.jpg
山門
P210936.jpg
菊紋入りの手水
P210937.jpg
本堂
P210938.jpg
紅葉の押し花が施された手作り行灯がいい感じ
P210940.jpg
日蓮宗唯一の門跡寺院
秀次の菩提を弔うため彼の生母が創建したもの
昭和37年に京都の村雲からこの地に移されました

P210935.jpg
撮影OKでした。
P210943.jpg
今年は暖冬だけど綿帽子
P210944.jpg
拝謁の間
P210945.jpg
本堂から宮御殿に続く廊下に
日蓮聖人御一代絵巻がずらりと飾られていました。
P210948.jpg
奥に鬼瓦。
P210950.jpg
中庭は石で妙法となっているらしいけど
全然気付いてなかった
P210951.jpg
雲の間で開催されてるひな人形&和傘のイルミネーション
P210954.jpg
雲の襖絵もきれいなのよ。
狩野派筆で、金とプラチナで描かれているそうです。
P210956.jpg
八幡商人宅に伝わる雛人形だそうです。
124208.jpg
(毎回いうけど)私の撮影の腕はともかく
なかなか素敵でした
124837.jpg
これをほぼ貸切状態で見てるの、もったいない。
みんな来ればいいのに~。
3/29までやってます。
P210962.jpg
楓の間
今上(令和)天皇がご成婚された時に記念に頂かれたものだそうです。
P210968.jpg
御城印のデザインになっている関白豊臣秀次卿銅像原型
P210971.jpg
端午の節句の兜や、日本人形も飾られていました。
P210972.jpg
仏間
P210974.jpg
右のお厨子が妙見大菩薩、左が日蓮大聖人
センターは?
P210973.jpg
誓いの四つ葉だって
P210978.jpg
絵馬は木ではなく瓦
P210980.jpg
開山塔
P210939.jpg
瑞興殿
P210981.jpg
金生稲荷神社
P210983.jpg
御首題を拝受しました。
5瑞龍寺
村雲八神佛を巡って台紙(¥500)にセルフで印を押すのは
で見たことあったのですが
P210984.jpg
それ全部御朱印あった(書置き)
御城印も含め種類の多さにビックリ
でも不思議と商売っ気じゃなくて
『喜んでもらいたい』というサービス精神を感じる。
P210942.jpg
紅葉の押し花栞があり、菊紋効果で素敵な仕上がり
1つ1つ違うのでじっくり選んでいたら
奥から沢山出してきてくださいました
P220206.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター