FC2ブログ
2020-02-29

20.2.22 山宮浅間神社

続いて山宮浅間神社(やまみやせんげんじんじゃ)へ。 12:15ごろ到着。
GP6396.jpg
県道180号沿いに案内所兼社務所があります。
世界文化遺産の構成資産だから整備されてるのかな。
GP6399.jpg
扁額も溶岩なのかな? カッコイイ
富士山本宮浅間大社の元宮だそうです。
山宮の創建は日本武尊で
里宮の創建は坂上田村麿だそうな。
有名どころ
GP6398.jpg
奥に見えるのは、随身門ではなく籠屋というらしい。
祭儀を執り行った大宮司以下の神職や社僧が一夜参籠した所
GP6397.jpg
社務所は土日祝 (10時~15時) のみの開所ですが
御朱印帳は郵送していただけるようです。
注文書が添えられていました
GP6400.jpg
「この石はなんだろね?」と話していたのですが
富士山本宮浅間大社にあったのと同じ鉾立石だそうです。
かつて春と秋に浅間大社と山宮浅間神社を往復する
山宮御神幸が行われていて
その時に神の宿った鉾を休めるための石だそうです。
GP6401.jpg
石段を登ると遥拝所があります。
約2000年前の噴火で流れ出た青沢溶岩流がここで止まったという地点だそうです。
GP6402.jpg
1900年以上の歴史があり
社殿が無く、富士山を直接遥拝し
祭儀を行うことを目的として築造されたと推定される施設

GP6405.jpg
南北約15m、東西約8mの長方形で
30~40cm程の溶岩を用いた石列によって組まれている

GP6404.jpg
富士山を拝む方向に祭壇が位置し
祭壇に向かって左側に祭儀を行う際の大宮司席、公文・案主席、献饌所が
向かって右側に別当・社僧席が設けられている

GP6408.jpg
お天気が良ければこんな感じに遥拝できるのですが
GP6403.jpg
この日は全く見れず
GP6406.jpg
案内所にいたガイドさんが
11月に撮った写真をくださいました。
もし富士山がキレイに見れてたら
今回参拝した神社の中で1番印象に残ったかも。

御朱印拝受しました。
5山宮


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-28

20.2.22 白糸ノ滝

続いて白糸ノ滝へ。 11:10ごろ到着。
民営に停めました。 ¥200
GP6391.jpg
お鬢水の案内があったので降りてみました。
GP6371.jpg
この画像では伝わらないだろうけど
エメラルドグリーンでした
ここスルーしなくてよかったわぁ。
GP6373.jpg
苔むした岩が雰囲気ありあり
GP6374.jpg
なんたら亀磐八大龍王
あとは角行なんたらと、食行なんたら霊
GP6375.jpg
帯の眞奈井という神水だそうです。
木之花竜神・真之御柱竜神・磐長竜神
GP6376.jpg
お天気が良ければ、こんな風に見えるようですが
GP6377.jpg
ってきてしまい、かろうじて裾野が見える程度。
でも滝自体が絶景だから
112133.jpg
やっぱGalaxyで撮るとコントラストが強めな気がする。
ドラマチック感が
112422.jpg
食行身禄の碑というのは
GP6383.jpg
これのことみたい。
GP6384.jpg
岩場まで降りてみました。
GP6386.jpg
富士山の雪解け水が、上部の水を通す地層である新富士火山層と
下部の水を通さない地層である古富士火山層の境の絶壁から湧き出しています
高さ20m・幅150mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちています

GP6390.jpg
カラーコーンも
GP6392.jpg
音止の滝は工事中で見学できず
GP6395.jpg
滝の上展望台から覗いてみた。
うん、滝の上だね
GP6393.jpg


続く、、、

theme : 国内、史跡・名勝巡り
genre : 旅行

2020-02-27

20.2.22 富士山本宮浅間大社

続いて富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)へ。
10:20ごろ到着。
三之鳥居近くのに停めました。
30分以内無料・1時間¥200
5/4~6に流鏑馬祭があるそうです。
GP6343.jpg
「せんげん」と読むのか、「あさま」と読むのか
どこで線引きしてるんでしょうね。
神社(日本古来の神:訓読み) お寺(渡来仏:音読み)と聞いたことありますが
なんか違うっぽい。
GP6369.jpg
楼門は工事中
GP6345.jpg
鉾立石
明治初年まで行われていた山宮御神幸の際、神鉾を休た所
ちょっとよくわかりません
GP6346.jpg
浅間大社は富士山の噴火を鎮めた御神徳により崇敬を集め
全国に祀られた1300余の浅間神社の総本宮と称されるようになりました

拝殿
GP6347.jpg
結婚式をしていました
GP6352.jpg
本殿(重文)は二階建ての楼閣造
珍しいですね。
GP6350.jpg
主祭神は木花之佐久夜毘売命(浅間大神)
相殿神は瓊々杵尊(夫)・大山祇神(父)
GP6351.jpg
左が火山弾で、右が南極の石
GP6348.jpg
湧玉池
GP6354.jpg
藤棚があり、奥に水屋神社があります。
GP6358.jpg
ジャバジャバでてます
GP6355.jpg
透明度がすごい
GP6356.jpg
カモがいっぱいいたよ。
ミドリの頭がつやつや
GP6362.jpg
左が稲荷神社で、右が厳島神社
GP6368.jpg
御朱印拝受しました。
駿河国一之宮なので、一之宮用の御朱印帳と迷いましたが
今回は浅間神社用にいただきました。
4富士山本宮
山頂の奥宮登拝は私にはムリだろうな。
こんな時こそドラえもんの出番だろ
GP6370.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-26

20.2.22 富知六所浅間神社

2/22~24の3連休
もう何年もあたためてた浅間神社めぐりに行ってきました
カテゴリに静岡と山梨が追加される日がとうとう来ましたよ
静岡・山梨は小学校の修学旅行以来なので
めっちゃ楽しみにしてたんですよね。

今年に入ってから福井より山梨のほうが降ってたので
お天気心配していましたが
2/22は予報で、あと2日は予報。
2月にが降ってないだけよしとしよう。
なんて思ってましたが
午前中はてくれてました
上のほうだけ冠雪してて、絵に描いたような富士山
しかも笠雲付き
富士山をまともに見るのはほぼ初めてなので
テンション上がった~
090303.jpg
まず最初は富知六所浅間神社へ。
4:40に出発して休憩挟んで9:30頃到着、
GP6325.jpg
通称 三日市浅間神社
主祭神は大山祇命(おおやまずみのみこと)で
相殿に木花之佐久夜昆売命などを含む六柱の神々
古くから富士山南麓を守護する岳南鎮守として崇敬され
第52代嵯峨天皇の中宮ご安産祈祷を奉仕以来
特に安産の神として慕われています

GP6342.jpg
注連飾りがワンポイント
GP6327.jpg
拝殿の右側に富士山の上のほうだけ見えますが
空と同化しちゃってますね。
GP6328.jpg
近づくと見えないんだ。
GP6331.jpg
蟇股に富士山の意匠
GP6330.jpg
なぜかドラえもん 出身地ではないよね?
GP6329.jpg
なんちゃってピカチューも
GP6332.jpg
これは河津桜なのかな?
GP6336.jpg
来る途中もいっぱい咲いてた。 見ごろ
GP6338.jpg
なんて撮ってたら鳥さん
GP6334.jpg
何て鳥だろう?
GP6341.jpg
浅間神社めぐりが、まだ空想だったころ
の御朱印帳で回りたいなと思ってたんですよね。
小室帳面
でもこの御朱印帳を授与している小室浅間神社が山梨側で
1番最初に参拝となると効率が悪いので
ほかに良さげな御朱印帳がないか検索して
こちらにしました
蟇股の富士山じゃないかな?
1富知六所御朱印帳
御朱印帳を拝受するといただける富士山の印が入った御朱印
神紋は棕櫚葉之紋(しゅろはのもん)というらしい。
富士大宮司家の家紋だそうです。
ググってみたら
神霊の宿る葉として昔から尊ばれ
駿河の浅間社では神紋としている

となってました。
秋葉系天狗の羽団扇とは関係ないようです。
2富知六所1
2月の月参り御朱印と、紀元祭の御朱印も。
2/11紀元祭当日は紀元祭と揮毫があったようです。
3富知六所2
2/24は御蔭祭があったようです。
祭事と日程をカブせるのは、なかなか難しいね。
121131.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-18

20.2.2 吉田神社

最後に吉田神社へ。 初訪。
P210806.jpg
京都である節分祭の中でもこちらは大規模なもので
約800店の屋台露店が立ち並び
例年約50万人の参拝者が訪れるそうです。
福井市の人口の約2倍
P210807.jpg
順正も出店してたよ。
立春大吉とうふ(京白みそ仕立て)¥500
うまうま
P210808.jpg
18:00~追儺式(鬼やらい神事)が行われるとのことで
既に場所取りが始まってました。
大きな籠のようなものは火炉(かろ)というそうです。
P210811.jpg
859年藤原氏の氏神として春日大社四座の神を勧請したのが起源
その後平安京の守護神になったとも言われています
987年に吉田祭が公祭になり
991年には二十二社の前身である十九社奉幣に加列されました
その後応仁の乱で本殿が焼失
文明年間に現在の場所に移り
吉田兼倶が吉田神道を創始し斎場所太元宮を造営

P210819.jpg
追儺ノ矢を受けると神楽で祈願してくれるみたい。
P210813.jpg
P210818.jpg
御朱印拝受しました。
P210870.jpg
こちらにも神鹿
P210821.jpg
菓祖神社もお参りしようと向かいましたが
こんな状態だったのでスルー。
P210823.jpg
大元宮に向かう坂にも露店ずらり。
節分祭では大元宮内院の特別参拝ができます。
こちらも行列だった。
P210824.jpg
御祭神は天神地祇八百萬神(あまつかみくにつかみやおよろづのかみ)
P210827.jpg
縄を巻き付けた柱のようなものは厄塚というそうです。
厄塚(やくづか)は節分祭の期間中、大元宮正面に立ち
参拝者の厄を負するという節分信仰の中心をなすものです
厄神や心に潜む鬼を塚に封じ込め、社殿と繋がった注連縄により
八百万の神との感応を願って一年の健康を祈るものであります

P210829.jpg
東西諸神社 式内神3132座
P210831.jpg
P210832.jpg
東神明社(天照皇大神)
P210835.jpg
西神明社(豊宇氣比売神)
P210833.jpg
折角なので追儺式が始まるのを30分ほど待ちました。
木が植わってる斜面のとこまで見物客がいっぱい
下手くそすぎる
150210.jpg
追儺式(鬼やらい神事)
黄金四つ目の仮面を被った方相氏(ほうそうし)が
松明を持った童子とともに現れ
P210844.jpg
赤鬼・青鬼・黄鬼を追い詰め
悪鬼を追い払う呪力を持つ桃弓(もものゆみ)から
葦矢(あしのや)を放って鬼を払います
150242.jpg
150433.jpg
150523.jpg
あんまり見えなかったけど
こういうのはライブ感が大事だから
183042.jpg
2日間よく遊びました
JR 京都20:01→21:12長浜21:16→21:45新疋田 ¥1,520

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-17

20.2.2 梛神社・壬生寺・須賀神社

ほとんど撮ってないのでダイジェストで。

続いて梛神社へ。
こちらも混雑してました。
P210791.jpg
お参りだけして
P210792.jpg
2/2・3節分祭の特別御朱印を拝受しました。
干支の4面見開きも可愛かったんだけど
貼るの大変だからスルー。
P210867.jpg
それから壬生寺へ。
P210793.jpg
こちらでは炮烙を奉納して厄除祈願するようです。
「大念仏厄除」と書かれた素焼きの炮烙に厄除祈願を記して奉納すると
4月の壬生大念仏会の中の狂言「ほうらく割り」で
舞台からその炮烙が落とされ割られます。
炮烙が割れることで厄が落ち、開運が得られるといわれています。

大護摩の煙がすごいことになってる
P210794.jpg
こちらも2/2・3節分会で
壬生狂言が公開されてたはずなんだけど
どこでやってたんだろう?
P210795.jpg
池大雅作「恵美子・大黒天」朱印(木版画)を拝受しました。
前回平成元年・元号が変わった年から32年ぶりの授与だそうです。
山王大権現(猿)の御朱印は行列になってたのでスルー。
確か前回いただいているはず。
P210868.jpg
それから須賀神社へ。 初訪。
P210798.jpg
こちらの節分祭では懸想文売り(けそうぶみうり)が行われます。
P210805.jpg
烏帽子・水干(すいかん)に白い布で顔を隠した懸想文売りが
梅の枝に文を付けた懸想文(恋文)を売り歩きます
懸想文売りは平安時代に貴族が顔を隠し
懸想文の代筆をしたのが起源とされています
懸想文は鏡台や箪笥に入れて置くと容姿端麗になり
良縁に恵まれ、衣装も増えるご利益があるとも言われています

P210799.jpg
『へぇ~』と初耳のように聞いていましたが
保存画像の中にちゃっかり入ってたわ
G_5482.jpg
御祭神は夫婦神の須佐之男神・櫛稲田比賣神
交通神社の御祭神は夫婦神の
八衢比古神(ヤチマタヒコノカミ)・八衢比賣神(ヤチマタヒメノカミ)
と、道案内の神様の久那斗之神(クナトノカミ)
P210800.jpg
御朱印拝受しました。
懸想文売りの書置きも。
創祀当時は西天王ともよばれていたそうです。
(東天王は岡﨑神社)
P210869.jpg
聖護院では門前で鬼がファンサで記念撮影に応じてました
P210804.jpg
チラ見してきたけど節分限定の御朱印はありませんでした。
福豆を購入したり護摩木を奉納すると
山伏さんが御祈祷してくれます。
P210802.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-16

20.2.2 八坂神社

近鉄 枚岡→京都 ¥770
地下鉄 京都→四条 地下鉄・バス1日券 ¥900

前日に京都・奈良神社用の御朱印帳が詰まっちゃって
家に待機御朱印帳いっぱいあるのに
荷物になるから持ってきてなくて
急遽調達するにもやっぱ気に入ったのがいいから
確か八坂神社の御朱印帳良さげやったなと思い
最初に八坂神社へ。
いつも混雑の西楼門前、やはり人少なかったです。

2/2・3は節分祭で
13:00~先斗町歌舞会舞踊奉納があるので
舞殿は既に人だかり。
P210777.jpg
出遅れてるから先に御朱印拝受しました。
歳徳神の書置きも。
P210866.jpg
通常の御朱印帳の白を考えていたのですが
昨年頒布された祇園祭1150年記念の木の御朱印帳がまだあって
中の紙はこの御朱印帳が1番良いものを使っているとのことだったので
こちらにしました。
P210865.jpg
御朱印いただいて、チラっと舞妓さん見れたけど
写真は全滅
P210779.jpg
豆撒きは前3列くらいしか届いてないですね
P210783.jpg
まぁこういうのは参加することに意義があるからね
P210785.jpg
舞妓さん退場~
P210786.jpg
ちょうどいい時間帯に参拝できて
チラっとでも観れたのでラッキーでした
P210787.jpg



続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-15

20.2.2 枚岡神社

続いて、一之宮巡りで枚岡神社(ひらおかじんじゃ)へ。
近鉄 奈良→枚岡 ¥410
駅の目の前が参道なの、アクセス良すぎ
春日大社の御祭神は枚岡神社からの分祀だから
元春日だそう。
P210753.jpg
神事宗源(しんじそうげん)はじめてお祭りを行い、祝詞を奏上された
天孫輔弼(てんそんほひつ)皇孫を助け護るようにとの神勅を果たす

P210754.jpg
神鹿の手水
巻物から出た水を竹で受けてる
P210755.jpg
縄鳥居
あげまき結びといって
通常の注連縄についている紙垂や〆の子を
全て縄で表現しているそうです。
P210756.jpg
12/23には注連縄を新しく掛けかえる「注連縄掛(しめかけ)神事」があり
宮司の先導で参拝者たちも一緒に大声で笑うことから
「お笑い神事」とも呼ばれているそう。
P210761.jpg
なで鹿
P210760.jpg
作風が違う
P210757.jpg
神紋は下がり藤
P210759.jpg
拝殿
P210762.jpg
干支の絵馬が2種類
P210765.jpg
こっちかわいぃ ハタネズミだっけか?
P210764.jpg
中門・透き塀
P210766.jpg
本殿は修復工事中
9月に正遷座祭・奉祝祭があるそうです。
P210773.jpg
第1殿 天児屋根命(あめのこやねのみこと)
第2殿 比売御神(ひめみかみ:后神)
第3殿 経津主命(ふつぬしのみこと:香取神宮)
第4殿 武甕槌命(たけみかづちのみこと:鹿島神宮)
P210774.jpg
神津嶽(かみつだけ)にある本宮の遥拝所
神嘗祭や紀元祭など祭事の時には
こちらから宮中や神宮を遥拝するそう。
P210768.jpg
若宮社
御祭神は天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)
P210772.jpg
天神地祇社(てんしんちぎしゃ)
天津神・国津神 諸々合祀
P210771.jpg
禊場
滝行ができるようになってます。
P210775.jpg
御朱印2種拝受しました。
神氣は書置き
(限定と書いてありましたが、何の限定か不明)
P210863.jpg
こちらの木の御朱印帳好みやった。
なで鹿のおみくじもあったよ。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-14

20.2.2 率川神社

2/2はまず最初に率川神社(いさがわじんじゃ)へ。
P210742.jpg
本殿は三棟になっていて
中殿は御祭神の媛蹈韛五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと:神武天皇の皇后)
左殿は父神の狭井大神(さいのおおかみ:大物主大神)
右殿は母神の玉櫛姫命(たまくしひめのみこと)
P210743.jpg
延喜式では率川坐大神御子大神社と記載
両親が寄り添っておられるから『子守明神』といわれているそうです。
P210747.jpg
赤い実がたくさんなってる木は、とりもちの木だそうです。
P210745.jpg
率川阿波神社
御祭神は事代主神
事代主神は大物主大神の御子神なんだから
媛蹈韛五十鈴姫命と兄弟ってこと?
P210750.jpg
奈良市最古の神社なんだって。
きれいな絵の絵馬
左は三枝祭(さいくさのまつり・ゆりまつり)の神楽
右は三輪明神縁起絵巻の神武天皇と五十鈴姫
P210751.jpg
万葉歌碑
はねかづら 今する妹をうら若み いざ率川の 音の清けさ
P210752.jpg
大神神社遥拝所
陶板画は平山郁夫作の「神の山 三輪山の月」
P210748.jpg
蛙石
P210749.jpg
御朱印拝受しました。
P210862.jpg
6/16~18の三枝祭は観てみたいですね


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-02-13

20.2.1 久延彦神社・大神教本院・三輪恵比須神社

続いて久延彦神社(くえひこじんじゃ)へ。
御祭神は久延毘古命
世の中の事をことごとく知っている智恵の神様だそうで
合格祈願のお守りや絵馬がいろいろありました。
こじんまりした境内なのでこれだけ。
P210715.jpg
御朱印拝受しました。
P210858.jpg
展望台からの眺め。
大鳥居が見えます。
右寄りの三角の山が二上山らしい。
P210716.jpg
正面参道を出て
P210718.jpg
大直禰子神社(おおたたねこじんじゃ:若宮社)へ。
御祭神は大物主大神のご子孫である大直禰子命
大神神社にあった3つの神宮寺(平等寺・大御輪寺・浄願寺)のうちの1つ
大神寺(後に大御輪寺)で
若宮神と十一面観音像(国宝:現在聖林寺奉安)が併せて祀られていたそうです。
(脇侍の不動明王は玄賓庵に)
P210719.jpg
情報によると、こちらでも御朱印いただけるようですが
ピンポンしたけどお留守のようでした。

でもって、名物の三輪そうめんを
そうめん處 森正
近松門左衛門の「冥土の飛脚」に登場する門
丁寧に継がれて使用されている奈良麻の暖簾

P210720.jpg
門から庭園までのエントランスにテーブルを並べた感じ
撮影禁止の貼紙を見落として1枚だけ撮っちゃった
P210723.jpg
にゅうめんサイコー 柿の葉寿司サイコー
P210724.jpg
それから大神教本院へ。
明治5年、大教院制度が公布され、大神神社に小教院を付設したことに始まり
神仏分離令により大教院制度の廃止と、神職の宗教活動が一切禁止され分離独立

P210725.jpg
こちらにも三柱鳥居があるんですね~。
宇宙の元霊神の三つの神理に参入する特殊な鳥居であります
我が国の神典・古事記の冒頭に天地の初發の時
高天原に成り坐せる神の御名は天之御中主神
次に高御産巣日神、次に神産巣日神と書かれ
この三柱の神はみな独神成りまして身を隠し給ひきとあります
この三柱の神は造化の三神とたたえる大神さまであり
この神格の三位一体の深遠なる神理を感得し
尊いご神縁に結ばれるのがこの鳥居であります

左が稲荷大神、右が三宝荒神
P210726.jpg
大神教と書かれた額は割竹形木棺の蓋だそうです。
P210727.jpg
御朱印拝受しました。
P210860.jpg
大神教本院の鳥居かと思ったら、大神神社の一の鳥居だった。
P210728.jpg
大鳥居の近くまで来てるようなので、折角だから下まで行ってみることに。
途中にあった綱越神社
おんぱら祭(夏越の祓)が行われることろだそうです。
P210729.jpg
で、大鳥居
P210731.jpg
真下にある和菓子屋さん白玉屋榮壽
みむろって最中が気になる~。
次回は寄ってみよう
三輪駅に戻ったら、ちょうど出たところで
次まで30分ほど時間あるから三輪恵比須神社へ。
境内がの停留所になってました。
P210732.jpg
御祭神は八重事代主命(やえことしろぬしのみこと:大物主大神の御子神)
八尋熊鰐命(やひろくまわにのみこと)・加夜奈流美命(かやなるみのみこと)
P210733.jpg
賑やか
P210734.jpg
琴比羅神社
御祭神は大物主大神
P210735.jpg
御神木の欅
P210736.jpg
P210740.jpg
三輪の初えびすは2/5~7
P210741.jpg
日本最初の市場、海石榴市(つばいち)の守護神
P210737.jpg
夏の名残がしぶとくしがみついてた
P210739.jpg
御朱印拝受しました。
坐になってる~。
近くの志貴御縣坐神社の御朱印もいただけるので次回。
P210861.jpg
JR 三輪15:46→16:13奈良 ¥330
時間があれば石上神社か御霊神社へも行きたかったのですが
間に合わなそうだったのでで休憩
この日は大きいくくりでいうと長谷寺と大神神社の2ヵ所だけでしたが
大神神社の摂社までがっつりまわれて良かった

18:00ごろにぷらぷらと奈良博の仏像館へ。 レイト割引で¥410
仏像館に入るのは2016年のリニューアルオープン以来なんだよね。
じっくりたっぷり堪能しました

南円堂の納経所は夜でもやってると聞いたことがあったので
ホントにやってるのかチラ見してきたら、電気ついてたよ
200138.jpg
真っ暗な中、中門跡に人だかりがあってビビった
三脚で設置してたけど、何かあったのかな?
中金堂なめの流星群とか?
この日は星がキレイだったんだよね
195709.jpg
Galaxy星まで写るんだ
195750.jpg
天丼食べて、この日は終了~。
202208.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター