FC2ブログ
2020-01-29

20.1.4 若狭彦神社・姫神社・小濱神社・八幡神社

続いて小浜に移動して若狭彦神社へ。
P210418.jpg
こちらの雰囲気は格別だよね~
P210419.jpg
P210420.jpg
夫婦杉 幹しか写ってないけど
P210426.jpg
楼門(随神門)
P210421.jpg
御祭神は彦火火出見尊(山幸彦)
P210423.jpg
あ~もぅ、好き
P210422.jpg
若宮神社
P210424.jpg
それから若狭姫神社へ。
遠くに一の鳥居
P210427.jpg
こちらは参拝者多めで二の鳥居からの撮れなかった。
楼門(随神門)
P210438.jpg
遠敷神社の扁額
P210429.jpg
御祭神は豊玉姫命
P210431.jpg
神紋は宝珠に波
P210434.jpg
京都御所より拝受の招霊(おがたま)の木と
見切れてるけど能舞台
P210436.jpg
最後にもう一枚、千年杉込みで
P210437.jpg
御朱印拝受しました。
奥様?が対応してくださいました。
P210454.jpg
それから小濱神社へ。
P210439.jpg
16:00ごろ到着しましたが、もう薄暗くなってるしね。
お参りだけ
雲浜獅子はきっとみまた観に来ると思う
P210440.jpg
授与所閉まってましたが、ピンポンして
御朱印拝受できました。
P210455.jpg
最後に八幡神社へ。
P210441.jpg
今年こそは放生祭行きたいな
P210444.jpg
こちらもお参りだけ
P210442.jpg
授与所は開いてたけど
宮司さん不在で書置き対応でした。
書置きは以前いただいたのでスルーしちゃったのですが
この日は怖いぐらい全ての神社で御朱印拝受できたので
今思えばこちらでもいただいとけばよかったなと少し後悔

やっと年末年始の投稿終わったよ

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-28

20.1.4 闇見神社・須部神社

続いて闇見神社(くらみじんじゃ)へ。
道中から同じくらいの高さの山が連なってるのが見えたけど
右側のうねうねしてるところかな?
近江坂古道案内図
石段 苔むしてて滑るから気を付けて~
P210393.jpg
御神木かな?
P210399.jpg
拝殿
P210394.jpg
本殿
P210395.jpg
御祭神は沙本之大闇見戸賣命(室毘古王の母)
配祀 菅原道眞公・天照大神
P210396.jpg
こちらの例祭神事(4/5)でも王の舞があるそうです。
「今年は日曜になるから是非見に来てください」
とのことでした
P210397.jpg
授与所にいた『願い叶うし』
かなり古そうです。
P210398.jpg
御朱印拝受しました。
P210452.jpg
それから須部神社(すべじんじゃ)へ。
P210400.jpg
想像してたより大きな神社だし、1/4なのに参拝者多め。
にきれいながあった。
P210412.jpg
通称は西の神 恵比寿神社 (えべっさん)
P210402.jpg
朱の鳥居と割拝殿
P210403.jpg
三頭並んでて、どれも味がある。
P210405.jpg
ムチムチでかわえぇ
P210409.jpg
躰 唐草模様だし、横髪は生クリーム絞ったみたい
P210410.jpg
本殿
御祭神は蛭子大神
相殿 大国主大神・陶津耳之命
P210406.jpg
境内社がいくつか。
P210407.jpg
左側 『子供之象徴』って書いてあった。
ふ~ん、、、
P210411.jpg
御朱印拝受しました。
P210453.jpg
嶺南方面ここまで初訪の神社ばっかだったけど
まだまだ知らないところがたくさんあるね~。
そして図らずも王の舞の下見になった
P210404.jpg
次に向かう途中に諦應寺(銀杏観音)の看板があったので
チョットだけ寄り道。
P210414.jpg
どうやって彫ったんだろうね~。
P210413.jpg
お寺用の御朱印帳持ってきてなかったのでお参りだけ
こちらにも三角あったわ。
P210415.jpg
銀木犀
P210416.jpg
百体地蔵
実際には250体以上祀られているそうです。
P210417.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-27

20.1.4 晴明神社・彌美神社・宇波西神社

続いて敦賀へ移動しまして、晴明神社へ。
11:30ごろ到着。 初訪です。
お隣のは平日は企業に貸しているけれど
休日は参拝者が停めていいそうです。
あと角の商店街に面した
市営無料なので誰でも停めていいそうです。
P210363.jpg
情報によると閉まっていることが多いそうですが
この日は開いてました
御祭神は保食神・安倍晴明公・春玉稲荷
P210364.jpg
祭壇の下に陰陽道の研究に使ったという祈念石が祀られていて
祈念石の上にお賽銭が乗ると願いが叶うそうで
「跳ね返ってしまうから、なかなか難しい」そうですが
ノーコンの私はだいぶ手前に落ちちゃった
P210365.jpg
御朱印拝受しました。
P210449.jpg
総代さん?と新幹線のことや
海鮮丼のおいしいお店のお話などをしました

それから美浜町に移動して彌美神社(みみじんじゃ)へ。 12:30ごろ到着。
P210368.jpg
後から知りましたが
例大祭(5/1)で王の舞が奉納されるそうです。
室毘古王の墓とされる獅子塚古墳の前方部で
この舞を捧げたのかも知れないという説があるそうです。
P210369.jpg
瓊瓊杵尊宮殿の郷の石碑
「天孫降臨の地は美浜町日向」という説があるそうです。
P210370.jpg
樹齢700年以上と伝わる三又(さんさ)の杉
P210380.jpg
狛犬
P210372.jpg
愛らしい
P210373.jpg
この絵馬のイラストええわぁ
P210376.jpg
造営工事中で、拝殿は解体済
本殿も曳家(ひきや)で後ろに移動させているようです。
P210374.jpg
御祭神は室毘古王(むろびこのみこ:若狭耳別祖神)・二十八所大明神
現在は仮殿に御鎮座されています。
P210375.jpg
境内社がいくつか。
P210377.jpg
参道にある宮司さん宅で御朱印拝受しました。
P210450.jpg
不断桜?
玄関前のお庭の借景になってた
P210366.jpg
それから若狭町に移動して宇波西神社(うわせじんじゃ)へ。 13:15ごろ到着。
P210381.jpg
振り返ると道路を挟んで神橋があり
参道が向こうまで続いています。
P210392.jpg
こちらも王の舞やってるとこじゃん
P210382.jpg
鵜の手水
P210383.jpg
拝殿
P210384.jpg
後ろに回ったら本殿でお参りできました。
P210385.jpg
阿吽が逆だね。
P210386.jpg
御祭神は鵜草葺不合尊
鳳凰と龍
P210387.jpg
鈴が天秤のようになってて、片方鳴らすと、もう片方も鳴るの
P210388.jpg
左が小美多麻社(氏子出身御英霊)
右が八幡神社(諸々合祀)
P210389.jpg
こちらの例祭は毎年4/8
「王の舞を見に来た時はどこに停めるといいですか?」
とお聞きしたら
がいっぱいだったらその辺に… 田舎ですから」
と仰ってましたが、よいのかな?
P210391.jpg
御朱印拝受しました。
P210451.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-26

20.1.4 賀茂神社・大虫神社

1/4はまたまた県内をうろちょろしてきました
まずは賀茂神社へリベンジ。
P210133.jpg
9:30ごろ到着。
P210348.jpg
授与所開いてました~
P210134.jpg
御朱印拝受しました。
揮毫スタンプになっちゃったんだね。
今年から頒布始められた干支守護神のも。
12/31に御朱印いただいてたら
この日は参拝しなかっただろうから
ご縁があったね
P210447.jpg
自分の干支でいただいたけど
毎年その年の干支で年1貰って12種揃えるのもいいかもね。
賀茂神社
それから大虫神社へ。 初訪です。
P210351.jpg
鳥居前にレンガ造のアーチ橋があります。
P210349.jpg
国の登録有形文化財
P210353.jpg
拝殿
P210360.jpg
御祭神は天津日高日子穂々出見命
P210355.jpg
本殿の後ろに収蔵殿
P210358.jpg
こちらは博物館の企画展等でもお目にかかってないと思う。
P210361.jpg
いただいたリーフレットより
大虫神社
石神の湧水
P210356.jpg
水汲みの方が来ていました。
P210357.jpg
お隣の宮司宅に伺うと、こんな貼紙が。
P210362.jpg
總社大神宮に寄って御朱印拝受しました。
總社大神宮の御朱印は書置き対応だったけど
大虫神社のは用意していないとのことで
直書きでいただけました
P210448.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2020-01-25

20.1.3 雄山神社

続いて富山へ移動
道中、またがでてたよ。
色鮮やかでクッキリなダブルレインボーだった。
最近よく虹に遭遇するね。
そんだけ降ってるってことか。
G_9408.jpg
雄山神社前立社壇へ。 14:40ごろ到着。
住所、岩峅寺は「いわくらじ」と読むんですね。
「峅」と言う文字には「神様の降り立つ場所」の意味があるそうです。
磐座と同じような意味合いかな。

常願寺川の河川敷に停めました。
大きな熊手
P210322.jpg
表神門
この三角のは何ですかね?
大雪降った時の参道確保?
P210323.jpg
東神門
本殿の両脇に鳥居と神門があるのが前立社壇の特徴の1つらしい。
P210325.jpg
拝殿 中は結構近代的
御祭神は伊邪那岐神(立山大権現雄山神:本地 阿弥陀如来)と
天手力雄神(刀尾天神剱岳神:本地 不動明王)
P210326.jpg
寄り添ってる感じがすごくいいんだけど
女の子が小判を手放さんのよ
P210324.jpg
御朱印は1/7まで書置き対応でした。
P210346.jpg
それから中宮祈願殿へ。 15:20ごろ到着。
路駐しちゃった
こちらは芦峅寺 「あしくらじ」と読むそうです。
P210327.jpg
前立社壇とは雰囲気違いますね。
P210328.jpg
峰本社にも行ってみたいんだけど、行けるかな~
P210329.jpg
宝童社と神明社
P210330.jpg
こちらは説明書きがなかったんだけど
金太郎でよかろうか?
熊が亀っぽいの踏んづけながら笑ろてるし
金太郎(仮)の手が
P210342.jpg
な~んて現地では話してましたが
どうも開山の佐伯有頼と熊と白鷹っぽい 弓を引いてる?

立山大宮
P210340.jpg
樹齢約500年の杉木立が厳粛な雰囲気
P210333.jpg
大宮(伊邪那岐神)と、写真無いけど若宮(天手力雄神)が
本殿にあたるみたいです。
P210336.jpg
祈願殿(拝殿)
P210332.jpg
お賽銭箱に「祈祷・御朱印受付は15:30まで」の貼紙があり
時間確認したら15:29だったので慌てましたが
無事御朱印拝受できました
P210347.jpg
この時点で15:50
時間ギリギリになっちゃいそうなので
高瀬神社はまた次の機会に。
今思えば、時間余ったんなら
立山博物館に寄ってみてもよかったかな。
と思ったら12/29~1/4休館だった。

前立社壇の御朱印リベンジしたいし
博物館も覗いてみたいし
大野市歴史博物館で気になった布橋灌頂のことも知りたいし
この辺りは再訪したいですね

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-24

20.1.3 白山比咩神社・氣多大社

1/3は石川・富山の一ノ宮巡り
まずは白山比咩神社へ。
見たらトピックスの中に山家神社さん発見

表参道はバス・タクシー専用になっていて
北参道側も空き待ちで少し渋滞していました。
警備員さんの案内で臨時に駐車。
近くに停められてよかった
初めて南参道から境内に入りました。 10時過ぎかな。
1/3でも参拝者多いですね。
さすが一ノ宮。
P210303.jpg
窮屈そうな神馬健在
P210304.jpg
お母さん力持ち
P210305.jpg
白山奥宮遥拝所
境内から白山は見えないんだけどね
P210307.jpg
御朱印拝受しました。
書き手さん増員されてたのか
いつもと違う書き方でいただきました
P210344.jpg
出発したら空き待ちの渋滞がものすごいことになってて
到着がちょっと遅かったらと思うと
これに巻き込まれなくてよかったよ

それから氣多大社へ。
こちらも臨時 無料シャトルバスが出てました。
初訪です。 12:30ごろ到着。
P210308.jpg
すごい人出で行列できてます。
P210309.jpg
がお~
P210311.jpg
胸張りすぎ
P210310.jpg
神門(重文)でお祓いしてもらえました
P210312.jpg
拝殿
御祭神は大己貴命
P210314.jpg
拝殿と本殿と若宮神社(事代主命)3つとも重文
P210315.jpg
昨年12月の1ヶ月間、天皇陛下御即位記念で
入らずの森氣の葉祭特別参拝(初公開)があったそうです。
P210316.jpg
太玉神社
P210319.jpg
台座が変わってる
P210318.jpg
P210317.jpg
菅原神社
P210320.jpg
御朱印拝受しました。
P210345.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-23

20.1.2 豊国神社

最後にまだ間に合うんじゃないかってことで豊国神社へ。
P210290.jpg
例年、三が日は国宝唐門が開門されて
御垣内の本社前・貞照神社前で参拝できますが
今年は改元奉祝で1/5までに延長されたそうです。
P210287.jpg
写真では分からないけど
空がオレンジできれいだった
P210288.jpg
P210289.jpg
たけのこ男のバージョン
P210291.jpg
太閤さんの像、ネズミーランドの帽子被ってるみたいだから
今年ブレイクするんじゃ?
P210292.jpg
御朱印拝受しました。
5時過ぎちゃってたけど、対応していただけました
この書体、お初の書き手さんですね。
三が日は桐紋が金(こちらも今年は1/5までかな?)
豊国神社の御朱印帳じゃないからミミズ印は無し。
P210301.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-22

20.1.2 上賀茂神社・下鴨神社

続いて4系?賀茂別雷神社(上賀茂神社)へ。
移動に時間かかって14:15ごろ到着。
境内に入ると鼓の音色がしたので覗いてみると
馬場殿で新春能楽奉納をやってました。
P210274.jpg
般若かと思ったら龍神だった。
頭に龍乗ってたわ。
P210282.jpg
最後のほうチョット触りだけだけど
初めて能というものに触れて感動
どなたのか存じませんがYouTubeに動画あったので勝手に拝借
祝言 能「岩船」

神馬神山号というらしい。
参拝者多く、わんこそば状態で人参もろてたけど
おなか壊さんのやろか?
年の初めに白馬を見ると一年の邪気が祓われるらしいですよ~
P210276.jpg
細殿と立砂
P210278.jpg
普段は中門までですが
この日は本殿の前でお参りできました
P210281.jpg
特大の丹塗矢がありました。
神代の昔、賀茂川から流れてきた丹塗矢を持ち帰った賀茂玉依比売命が
床にこの矢を祀り休まれたところ
この矢の御神霊の力を享けお産まれになったのが賀茂別雷神である

P210280.jpg
本殿前にも授与所があってちょっとビックリ
通り抜けた出口が新宮神社だった。
ここ本殿と繋がってるのね、知らなんだ。
御朱印拝受しました。
P210298.jpg
なんとか守りが気になったけど(既に忘れてるけど
品切れでした。
厄よけ大根炊きを炊き出しされてたのでいただきました。 ¥500
回転が速くて炊くのが間に合わないらしく
あんまりしゅんでなかった
まぁ、こういうのは縁起物だしね。

帰り御園橋で待ちしてたら
9系が出発するのが見えてね
乗り損ねたなって次のバス待ちしてたんですが
渋滞で右折できずに、ずっとそこにいるの。
よっぽど「乗せて」って言いたかったけど
今はバス停以外では乗せてくれないんだよね。
(前からダメだけど昔は緩くて乗せてくれる時もあった)

それから賀茂御祖神社(下鴨神社)へ。 16:00ごろ到着。
P210286.jpg
こちらも混み混みでしたよ。
P210284.jpg
本殿よりも言社(干支のお社)のお参りのほうが並んだわ。
P210285.jpg
御朱印拝受しました。
10月から頒布されるようになった雑太社(さわたしゃ)の書置きと
P210299.jpg
干支の特別御朱印も。
P210300.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-21

20.1.2 元慶寺・革堂・下御霊神社

1/2は京都へ
少ないので、まとめて投稿

山科駅近くに停めて、地下鉄・バス一日券¥900で
地下鉄東西線で御陵駅下車
まずは元慶寺 11:30ごろ到着。 初訪です。
竜宮造りの鐘楼門
P210259.jpg
元慶寺の開基・僧正遍昭は桓武天皇の孫で、六歌仙の1人
P210260.jpg
小ぢんまりとしてますが
きれいにお手入れされていて心地よい境内です。
P210266.jpg
本堂 屋根瓦がいい感じ
御本尊は薬師瑠璃光如来
P210261.jpg
手水に山茶花?が一輪
P210262.jpg
これくらいが趣があっていいね
P210265.jpg
花山院法皇御落飾道場の石碑
花山法皇がここで出家し、2年の歳月を過ごしたお寺なので
西国の番外札所になっているそうです。
右側に藤棚があり
授与所に立派な枝垂れ藤の写真が飾られていました。
P210267.jpg
御朱印拝受しました。
P210294.jpg
この日京都用の御朱印帳と間違えて
その他諸々用のを持ってきちゃったのよ

続いて地下鉄御陵→市役所前やったか?
行願寺(革堂)へ。 13:00ごろ到着。
P210268.jpg
には出会えなかった
今度内陣拝観があったら再訪したいですね
P210269.jpg
御朱印拝受しました。
P210295.jpg
通りすがりの下御霊神社も参拝。 13:20ごろ到着。 初訪です。
P210270.jpg
垂加霊社
P210271.jpg
山崎闇斎先生
申し訳ないが存じ上げない
P210272.jpg
御朱印拝受しました。
P210296.jpg
落雁付き
神紋は「沢潟(おもだか)に水」というそうです。
垂加靈社の御朱印は11月から頒布されたようです。
G_9449.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2020-01-20

20.1.1 越前萬歳

やっと今年の投稿になりました
御朱印じゃないけど
お参りだけしたので、こちらのblogに。

1/1今年しょっぱなは味真野神社へ。
昨年2月に福井県立歴史博物館での企画展
越前萬歳の公演を拝見して
すごく興味深かったので現地でも観てみたかったんです。
毎年1/1に初舞があるので、それに行ってきました。
G_9404.jpg
悠長にお雑煮食べてたら
味真野神社での奉納初舞に間に合わなくて(10分程度だったみたい)
着いたらちょうど皆さん出てきたところだったので
味真野商工会館で開催される初舞を。
P210209.jpg
越前万歳は6世紀に在位した継体天皇の前で舞ったのが起源とされ
1500年前から伝わるといわれている新春の祝福芸で
国の重要無形文化財に指定されています。

検索だと
信長が勝家の見張り役として入府させた前田利家が
尾張万歳を越前へ伝えたと言われている
越前万歳は伝承の地名を取り、元は「野大坪万歳」と言われている
味真野地区での発祥は、いかにこの地区が栄えていたかを物語る

という説も出てきますね。

この日は元旦早々から万葉の里味真野苑に来られた
ツアー客の方々も見学されてました。

「よこいすか~(準備はいいですか)」、「よこいしょ(いいよ)」の掛声
1番演目は舞込み「お家万歳」
福が舞い込むという意味で、悪魔を追い払い
お家の繁盛を願うめでたい万歳
お正月に欠かせない演目
P210211.jpg
前半は太夫が幾人かで才蔵の小太鼓に合わせて舞い
後半は太夫が一人になって自由に舞います

2番演目「三番叟」(さんばそう)
味真野小学校越前萬歳クラブ
今年の五穀豊作を祈る万歳
才蔵は2個の太鼓を下に置き、座って2本のバチで囃したてる
太夫は蝶々薙刀帽子に五色のはちまき
大地を固めるように力強く床を踏んで踊るので
三番叟は「舞う」といわず「踏む」と呼んでいます
蝶々薙刀帽子は手作りで新調されたそうです。
P210213.jpg
3番演目「ことぶき」
上方漫才の原型となっている
別名「御寿命の万歳」「竹馬の万歳」ともいわれ
太鼓を用いず
太夫と才蔵が独特の節回しで掛け合いながら舞います
言祝い(ことほい)で呼ばれる
「鶴は千年、亀は万年、浦島太郎は8千年」?
P210221.jpg
才蔵は蝶々薙刀帽子を被り、赤いたすきに扇を持って舞う
途中から5色の布を付けたシテを持つ

2列目の真ん中を陣取ったのですが
1番前の人が三脚立てて固定されてたのが邪魔だったので
場所移動したのですが、今度は頭が邪魔だった
4番演目「福井旧町づくし」
P210223.jpg
福井の旧町名を色々と綴って1つのストーリーを構成しています
つくも町や呉服町など聞きなれた町名もでてきます

1番前の右端にまた移動。
5番演目「木遣り」
木を引く労働歌が漫才趣味に変わったもの
P210230.jpg
三条の呉服長者の娘が初めて北野天満宮に参るが
同時に京や堺の若衆も参ってきた
その間の様子を面白く唄っています
P210232.jpg
途中の掛け合いが漫才のルーツだなって感じがします。
P210233.jpg
舞の部分は早口で正直何を言ってるのか分からないのですが
掛け合いの部分は理解できます。

6番演目「おはや良作」
江戸時代の大事件、金沢藩の御用商人若旦那良作とその家の下女お早の
身分違いの悲恋の駆け落ちを万歳にしたもので
福井まで逃げ延びたことにしてあります
P210234.jpg
金沢から福井までの北国街道の地名を盛り込んでいる

7番演目「七福神」
味真野小学校越前萬歳クラブ
P210239.jpg
地区の昔の民謡から創作した万歳
新年を迎えて七福神が宝舟に乗ってやってきて
宴会を開き踊りだすという想定

8番演目「越前市名所づくし」
府中の町を唄ったものは2・3あったようですが
万歳の調子ではないようでした
そこで現在の町の様子を「名所づくし」として唄ってみました
完成品ではなく
名所ができると入れ込んでいくそうです。
P210244.jpg
途中、才蔵さんが名所の案内をして
太夫さんの合の手(というか助け舟)が入ります。
P210246.jpg
9番演目「才とり万歳(鳥刺し)」
侍鳥帽子を被った太夫は鳥刺し棒を自在に操りながら
小鳥を捕る仕草を演じます
P210254.jpg
「ひとつ、ヒヨドリ」から「十でトンビ」まで鳥の名をうたい込み
それぞれの鳥が面白い滑稽な文句でさえずるのですが
それを鳥刺しが「刺いてくりょう」と追い回します
P210255.jpg
鳥を擬人化してユ-モアを漂わせ
頭韻・擬声語・方言を所々に用いて変化に富んだ芸

サーカ、サーカ、サーカ、サーカ、サッ、サッ、サッ、サッ

12時半から2時近くまでたっぷり堪能しました
味真野神社でお参りだけ
継体天皇御宮跡と鞍谷御所跡の石碑
鞍谷氏とは
足利義光の次子義嗣が兄の義時に疑われて自殺
その子嗣俊が越前に逃れ、鞍谷の姓を名乗ったのが始まりで
3代150年続いたといわれています
天正元年(1573)信長によって朝倉氏とともに滅びました

P210257.jpg
聖観音菩薩坐像、公開されることあるんですかね?
P210256.jpg
福井の仏像展でお目にかかってます。
10P80265.jpg
こちら御朱印は検索しても出てこないので
『普段は無人なんだろうな』と想像はつくのですが
そもそも御朱印はあるのか
宮司宅を訪ねればいただけるのか(宮司宅どこ?)
など情報が得られればよかったのですが
この日宮司さんおられたけど
式典の真っ最中で聞けませんでした
祭事の時しかいないけどお忙しくて対応出来ないあるある
P210258.jpg
帰りに舟津神社へ再訪してみましたが
この日は御朱印対応していませんでした。
元旦で参拝者並んでたしね。
仕方ない。

theme : お祭り・イベント
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター