FC2ブログ
2019-08-30

19.8.25 丹生谷文化財フェスタ4

妙理川に架かる妙理橋
P190136.jpg
鮎の友釣り
P190172.jpg
六所神社
P190138.jpg
注連縄にニラっぽい植物が生えてた
P190171.jpg
お参り
P190139.jpg
可愛い
P190140.jpg
P190141.jpg
本殿
P190143.jpg
の隣に菅並観音堂(東林寺)があります。
いただいたチラシでは洞寿院観音堂となっていて
洞寿院の飛び地境内だそうです。
P190144.jpg
撮影OKでした
P190145.jpg
御本尊は聖観音菩薩立像(鎌倉前期:重文)
脇に二天がおられます。
P190161.jpg
P190162.jpg
ヒノキの一木造で、左手の甲以外は共木
衣の襞などの彫りは浅め。
なんだかちょっとエキゾチックな印象。
光背が細くてオレンジだからかな?
蓮華の大きさが像に対して小さいのは後補だから?
P190151.jpg
33年に1度の御開帳だそうで
前回の御開帳の年2016年には
びわ湖・長浜のホトケたちⅡ展に出展されていたそうです。
P190153.jpg
バックルがアニメのキャラクターみたい
P190155.jpg
左側に地蔵菩薩坐像(平安後期)
黒くていかつい感じなのに、飾りがおこちゃまチック
P190149.jpg
渡岸寺の国宝観音様を模してるのかな?
P190159.jpg
右側はお地蔵様など。
狛犬 阿形のお顔が崩れちゃってるけど、かなり古そう。
左から2番目の像は頭部が小さすぎてアンバランス
P190156.jpg
小さめお厨子が3つ。
P190157.jpg
P190158.jpg
P190164.jpg
新TV見仏記Twitterのアイコンにちょっと似てない?
P190166.jpg
御朱印拝受しました。 直書きだった
P190177.jpg
山之神はよく見かけるけど
P190169.jpg
野之神は初見
P190167.jpg
余呉、いいとこだった
今度は余呉湖に写真撮りに来たいな
P190173.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-08-29

19.8.25 丹生谷文化財フェスタ3

茶わん祭の館→妙理の里
P190110.jpg
妙理の里はダム建設により水没を余儀なくされた
上流山村集落のかけがえのない美しい古民家集落の景観に着目し
こうした貴重な地域資源の再生を図ることにより
この地域に伝わる文化の保存と伝承を目的として
集落形態を模して整備されました

P190111.jpg
13:20 こちらでお昼ゴハンにしました
奥の方に今年6/2にオープンした
cococafe-心風流-という日曜日のみ営業の
古民家(を模した)オサレcafeがあるのですが
混みこみだったので
フェスタの企画で出店されてたテントで焼き鯖寿司を購入。
写真も撮らずに完食しちゃった
休憩所で食べてたら、結構大きな音量で音楽が流れて
『有線でもつけたのかな』と思ってたら
曲が終わった時に周りの人が拍手をしたので顔を上げたら
エレクトーンの生演奏でした。
ちょうど柱の影で見えなかったし
挨拶とか無しでいきなり演奏したから生演奏だと思わなかったよ

ここから歩いて数分の洞寿院(とうじゅいん)へ。
参道の木陰が心地よかったです。
P190112.jpg
雰囲気いいね~。
P190116.jpg
山門
P190117.jpg
民話でお聞きした塩谷山
P190119.jpg
お稲荷さん
P190120.jpg
六地蔵尊+1
P190123.jpg
本堂
雨森家の寄進で建てられたそうで
欄間の彫刻がステキでした。
P190124.jpg
こちらも撮影禁止でした。
御本尊は釈迦三尊像 獅子・象に乗っていないタイプ
裏堂の入り口 左側に達磨像 右側に大権尊
フェスタでの見どころは大日如来坐像(鎌倉時代)のようです。
お隣にお厨子が2つ。 観音さまだったっけか?
上段に客仏が安置されていましたが、どこのだったか忘れた
ちゃんとメモっとけばよかったな。
P190125.jpg
涅槃図・十界図・羅漢書像も展示されていました。
涅槃図は刺繍だそうです(元禄時代)
いなかった。
歴代のご住職が使われた籠も2つありました。
P190126.jpg
御朱印拝受しました(書置き)
P190176.jpg
妙理の里バス停からの景色
以前は奥にも鷲見という集落があったのですが
ダム建設構想のために廃村となったそうです。
(その後ダム建設は中止に)
この集落は映画八墓村(渥美清主演)のロケ地だそうです。
P190129.jpg
妙理の里→菅並集会所
ちょうどバスが来たので乗りましたが、歩ける距離だった。
P190130.jpg
菅並集会所では
ながはま森林マッチングセンターの企画展示をチラ見。
菅並集会所
合掌造りの余呉型民家(江戸後期~明治)が約40棟建ち並ぶ菅並集落
P190131.jpg
長浜ローカルフォトの展示がありました。
P190134.jpg
P190133.jpg
それな!
P190135.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-08-28

19.8.25 丹生谷文化財フェスタ2

茶わん祭の館に戻ってきました。
P190066.jpg
滋賀県の無形民俗文化財に指定されている丹生茶わん祭
曳山山飾り公開・しゃぎり演奏・稚児の舞演舞が12:00~ありました。
なかなか良い場所を陣取れた
P190068.jpg
この場所から見て『こんな高いんだ』と思ってたのに
終わってから全体を見たらもっと高くて、10mあるそうです。
1番上に牛若丸がいたわ。
P190099.jpg
茶わん祭は3年ごとだったのが5年ごとに変更になり
今年が開催年なのですが
少子高齢化・財政難等で開催未定なんだそうです。
茶わん祭
稚児の舞は以前は上丹生の子どもだけで継承されていましたが
過疎化・少子化の影響で上丹生には小学生が4人しかいない。
現在は余呉小中学校のふるさと科の授業で練習をされるようになり
この日は14名での演舞だそうです。
P190105.jpg
囃子物は、ささらすり・鉦叩き・小太鼓・棒振り・鼓打ち
大人3人は道笛かな。

神子の舞

舞台の4辺のギリギリのところをグルっと回ってから
今度は斜めに進んでいき
四方を祓っているような感じ。
P190072.jpg
稚児舞の衣装が振袖というのは意外でした。
P190075.jpg
扇の舞
烏帽子のせいかな? 静御前っぽい。
P190078.jpg
足の運び方や手の動きが独特でした。
P190079.jpg
鈴の舞
P190082.jpg
上記の3つで三役の舞というようです。
P190083.jpg
中居指(なかいざし)の舞
P190086.jpg
この子は小学3年生だそうで
振付(お辞儀)のタイミングで道笛の方が合図するのを見てました
上手でしたよ
P190085.jpg
獅子の舞
P190089.jpg
なかなかアクロバティック
P190096.jpg
P190093.jpg
スッゴイ良かった! 面白かったです。
P190070.jpg
良いものを見せていただきました
P190104.jpg
お祭りの存続を祈ってます
P190106.jpg
しゃぎりの演奏は祇園囃子と、もう1曲なんやったかな?
陶器や人形をつなぐ技は
山作りにのみ伝わる秘伝だそうです。
サス(竹の棒)を外し、山飾りの人形がゆらゆら揺れて
やがてピタっと止まるのが祭のクライマックスだそうです。
P190108.jpg
「江戸時代から残る綴錦(つづりにしき)の見送り幕は本物」
と仰ってたので、他はレプリカなのかな?
P190103.jpg
大太鼓の装束と、花奴の花笠
P190101.jpg
このあと13:00~語り部の方による丹生谷の民話紹介がありました。
洞寿院のお話をお聞きしました(以下箇条書きで)
丹生谷の民話は史実に基づいたお話

600年前(室町前期)如仲(にょちゅう)禅師が越前から余呉へやってきて
丹生川沿いを歩いていると
妙理白山の仙人が「ついてまいれ」と言う
山に囲まれことぶき?の祠のような集落
道場を建てるのに相応しい

塩の華と龍の玉
雷鳴が起こり、崖が崩れ、谷から塩が出た
山里なので塩は貴重だった 山号「塩谷山」の由来
妙理川の夫妻滝に棲みついて、人々を苦しめていた龍を
如仲禅師が法力で龍を鎮めると
ある夜龍が枕元に現れ寺院の守護となる証に玉を置いていった

詳しく書かれたブログがあったので勝手にご紹介
彦根市民の飲み水を守る会

他のお話もあったのですが、時間の都合でここで退席。


続く、、、

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2019-08-27

19.8.25 丹生谷文化財フェスタ

8/25は滋賀県長浜市余呉町の
丹生谷(にゅうだに)文化財フェスタに行ってきました。
余呉ってで通り過ぎるだけで、訪れるのは初めて。
福井IC→木之本IC ¥1,480

その前にちょっとだけ高月駅に用があって寄り道の途中に
木之本地蔵盆の看板が出てて
めっちゃ後ろ髪引かれた~。

自分の車で回るか巡回バスを利用するか迷ったのですが
中途半端な時間になっちゃったので
各所のは混んでるかなと思いにしました。
も巡回バスも無料なのです
お寺・お堂の拝観料は、それぞれ¥300でした。

ウッディパル余呉10:30→5分程度で茶わん祭の館に到着。
ちょっと早いけど、そのまま上丹生薬師堂へ。
11:00~11:30と、13:15~13:45の、30分ずつ2回のみの御開帳でした。
P190053.jpg
元々は八幡神社の神宮寺と伝えられていますが
現在は源昌寺の飛地境内で
管理は自治会でされているそうです。
P190057.jpg
お堂は江戸中期に建てられたそうで、奥行きがあります。
P190054.jpg
御開帳時間が近づくにつれ、どんどん人が集まって
受付の机が徐々に後ずさりしてました。
撮影禁止だったので観音の里長浜FBより
堂々と写真撮ってる人がいたけど
仏像が写らなければOKやったんやろか?
上丹生薬師堂
扉にいろいろぶら下がっているのは、石とか竹串とかで
丹生の河原で穴の開いた石を拾ってきて病気祈願
竹串は歯痛の時に持ち帰って
直ったら新しいものを奉納したんだそうです。

御本尊 木造薬師如来立像(鎌倉初期:重文)
背中に建保年間の銘があるそうです。
台座は当初のもので、光背・薬壷は江戸期。
光背の赤い模様が可愛らしかったです。
目と口の彩色がよく残っているのは後補だろうとのことでした。
本当なら50年に1度の御開帳で、前回は35年前だそうです。
いただいたチラシより
上丹生薬師堂御本尊
日光・月光菩薩像(平安後期)は
お顔が白くてクールビューティー。
持國・多聞の二天像と十二神将像なども安置されていました。
大好物の懸仏も2つありました。
P190056.jpg
小さな僧形坐像(鎌倉?)は
寺伝ではお地蔵様と伝わっていて、前掛けをされていました
上丹生薬師堂僧形坐像
聖観音坐像(平安末~鎌倉初期)は
びわ湖長浜KANNON HOUSEにご出張のため梱包中でした
上野ではきっと撮影だろうね。
上丹生薬師堂木造聖観音坐像
御前立の薬師如来坐像(平安後期)は5月から修復のためお留守
上丹生薬師堂御前立
御朱印は無いそうで、スタンプを押させてもらいました。
長福寺というのは八幡神社の神宮寺だった頃の寺名と思われます。
P190174.jpg
八幡神社もお参り
P190058.jpg
路地をくねくね
P190059.jpg
越前町とか、今庄とかと雰囲気似てるかな。
P190060.jpg
無料休憩所がありました。
P190061.jpg
しそジュースに惹かれたけど、休憩するにはまだ早い。
P190062.jpg
源昌寺に到着~。
P190063.jpg
一見お寺とは思えない建物。
P190064.jpg
こちらも撮影禁止でして
いただいたチラシは白黒で写真部分が黒潰れしてたので画像無し。
P190065.jpg
ですがここにも写真撮ってる人がいてね。
しかも仏像の。
人が見てるのに悪びれもせず
いけしゃあしゃあと写真を撮る神経の図太さ。
「C国人?日本語分からんの?」と言いたいとこだけど
マークは分かるよね

周辺の小寺が経営難から廃寺となり
源昌庵(現在の源昌寺)に統合され仏像が移されたので
異なる宗派のいろいろな仏像が安置されているそうです。

源昌寺の御本尊は釈迦三尊のようですが
どちらかというと見どころは
中林寺(伊香西国28番)の御本尊の聖観音菩薩立像のようです。
御本尊は秘仏でお厨子は閉まっていて、御前立がおられました。
御前立の前に御本尊の写真が飾ってあり、そっくりでした。
お顔は御本尊のほうが男顔かな。

隣に小さめの御厨子に入った半跏思惟像があり
小谷如意輪観世音と書かれていたのですが
小谷寺の?(あちらは金銅仏だよね)

七々頭ヶ岳山頂にある西林寺(伊香西国29番)が台風でお堂が壊れて
聖観音さまがこちらに移ってこられたそうです。

中林寺と西林寺の御朱印を拝受しました(コピーかな)
P190175.jpg
奥様のおだやかな雰囲気が印象的でした。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-08-22

19.8.18 白山比咩神社

8/18お盆休み最終日は家族サービスデー
おっかと連れてランチの後白山比咩神社へ。
こちらはNGなので、母と交代で参拝のため
今回は北参道から。
P190038.jpg
白山霊水
P190039.jpg
飲むのは煮沸してから。
P190040.jpg
う~ん… どう楽しめばいいのか分からん。
P190041.jpg
手水舎
P190042.jpg
神門は工事中
P190043.jpg
相変わらず窮屈そうな神馬
P190044.jpg
創建は紀元前91年だって。
壮大な歴史もスゴイけど
それが記録に残ってるってこともスゴイよね。
P190045.jpg
胸板厚い系
P190046.jpg
ムキムキやん
P190047.jpg
令和の霊水は備え付けのコップで飲むことができました。
P190048.jpg
奥宮の次のページに御朱印拝受しました。
白山開山1300年の時でさえ通常御朱印だったのに
改元奉祝の金印が押されてる(奥宮と同じの)
P190050.jpg
宝物館も開館してる時間帯でしたが
おっかとが待ってるので拝観できず。
の下に河濯尊(かはすそん)大権現堂がありました。
P190034.jpg
検索によると瀬織津姫(せおりつひめ:神道の大祓詞に登場する神)だそう。
P190035.jpg
伝 泰澄大師作とあるけど
P190033.jpg
この女神と思われる石仏のこと?
P190036.jpg
今度来た時は鶴来の街並み散策もしてみたい。
天狗ハムやさんのコロッケ食べたい

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-08-21

19.8.17 鎮宅霊符神社・御霊神社

近鉄 長谷寺13:01→13:07桜井 JR13:25→13:58奈良
ここで私のONE PIECEレーダーがイラストを感知
なになに? タッチラリーですと
タッチラリーチラシ
全10ヵ所あるタッチポイント駅のうち3ヵ所でログを貯めると
ゴールのエキマルシェ大阪でクリアファイルがもらえると。
うちは関西1デイパス使用だから運賃掛からない。
奈良でGETしたから→京都→新大阪→大阪ゴールで無駄のない動き
しかも期間が翌日8/18までだし
これは乗っかるでしょ

でも折角奈良まで来たのでちょっとだけ。
以前御朱印だけいただいてお参り忘れちゃった鎮宅霊符神社(ちんたくれいふじんじゃ)
P190012.jpg
アゴ外れたんかってくらい笑ろてる
P190015.jpg
P190016.jpg
御祭神は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
P190014.jpg
P190017.jpg
それから御霊神社へ。
P190019.jpg
左奥、コスプレ撮影してた。
P190020.jpg
ならまち遊歩というイベントの期間限定と
8月限定の御朱印を拝受しました(書置き)
P190024.jpg
ならまち遊歩は夜のイベントだけど
御朱印拝受できるのは10時~16時なのでご注意を。
P190018.jpg
駅に戻る途中、ぐるっとバスのバス停があり
14:50発だったので5分ほど待って乗りました。 ¥100
歩かなくてすんでラッキー

JR 奈良15:23→16:12京都
タッチラリー受付時間が17:00までなんですよね。
新大阪に向かうのに快速だと16:58着
ギリギリセーフで3ログ貯めたとしても
ゴールの大阪に間に合わない。
それじゃあ意味がないのよ。
翌日までだから続きは次回にもできないし
ってことで新幹線利用
ケチケチ旅行のくせに何やってんだか
JR 京都16:33→16:46新大阪 ¥1,420
G_9127.jpg
JR 新大阪16:53→16:57大阪
数分過ぎちゃったけど受付けてもらえて
無事クリアファイルGET
P190026.jpg
このあと北野天満宮
御本殿石の間通り抜け神事に行く予定だったけど
なんか面倒くさくなっちゃって、そのまま帰りました。
JR 大阪17:30→19:42新疋田

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-08-20

19.8.17 長谷寺・法起院

8/17は西国月参りで長谷寺へ。

JR 新疋田6:12→7:35京都
近鉄 京都8:06→9:11大和八木9:30→9:41長谷寺 1デイパス¥3,600
駅から20分ほど歩くのが結構しんどいんだよね。
10:00ごろ到着。
P180982.jpg
の手水
P180985.jpg
仁王門
P180984.jpg
これは龍なのかな? トビウオに見える
P180986.jpg
後から法話で聞いたお話によると
登廊は399段あるらしい。
P180988.jpg
P180989.jpg
そんなに並んでなかったので、先に御朱印を拝受。
登ってきてスグだったから
待ってる間に汗が噴き出てポタポタ落ちてたよ
授与所にも案内役の僧侶の方がついてくださっていて
他の人に説明してるのを聞き耳たててたら
御詠歌の説明で
「何度来ても初めて来たような感動が味わえる」
と解説してらっしゃいました。
月参りのと
P190021.jpg
大黒天と愛染明王を拝受しました。
そして、後から参拝しようと思ってて忘れた
P190022.jpg
はさみ紙の雪洞 シンプルだけどかわいい
P190027.jpg
このアングルの雪洞が無くなってた
P180991.jpg
法要は11:00~で、内舞台で参座できました。
P180994.jpg
部員さん数名と久々にお会いできました。
先達さんのFBよりいただき画像
後頭部しか写ってないけど、この中に私がいるよ~。
月参り法要
法話後、額等の撮影はOKと確認しています
P180996.jpg
法要は太鼓をドンドコ叩くタイプかと思ったら違った。
御導師様は根岸寺のお坊さんだそうです。
理趣経というお経だっだそうで
私が持ってる西国三十三所の経典には載ってないやつで
口パクすらできなかった。
P180999.jpg
以下、法話でのお話
内舞台(本堂)は家光の寄進で400年前に再建された国宝
度々大火に見舞われ
現在の御本尊は室町時代の再興仏で8代目
頂仏面は飛んで逃げられたと伝わり、当時のもの
化仏は阿弥陀如来
観音様が成仏した姿(成仏した???)
錫杖を持ち、右足前に出ている。
錫杖は音で毒虫(厄)を除ける
巡錫(じゅんしゃく)私たちの近くを歩かれる
大磐石(だいばんじゃく)蓮台に乗っていない
賽銭箱の前に行けば御本尊がよく見えるようになっている
ちなみに長谷寺には61個の賽銭箱があるとか
P190001.jpg
脇侍の雨宝童子と難陀龍王はトーハクへ出張中
雨宝童子は天照大神(伊勢神宮)
難陀龍王は春日神(春日大社)
長谷寺は一度にお参りできてお得
御本尊の周りには観音應化三十三身板絵
P190002.jpg
この観音さまが気になった。
位牌の上に乗ってるみたい。
P190004.jpg
法話の後12:00になり、法螺貝タイム
P190007.jpg
部員さんとお別れして、法起院へ。
P190009.jpg
P190010.jpg
P190011.jpg
徳道上人と
御詠歌木版画の御朱印(書置き)を拝受しました。
紙のサイズがビミョーに大きくて御朱印帳に貼れない。
P190023.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-08-18

19.8.16 福井城址

8/16は簸川神社へ再訪したついでに福井城址へ。
県庁の地下は訪問課の印が必要なんですが
100名城スタンプのみの用件でも1F受付で押してもらえます。
30分ほど散策しましたが無料でした
P180976.jpg
P180981.jpg
県庁に滅多に来ないから
結城秀康の像があるの知らなかったよ。
なんか垂れ目
P180958.jpg
大手門(瓦御門)跡
P180959.jpg
この段々も雁木という見どころらしい。
P180957.jpg
このクソ暑い日にわざわざ日向ぼっこする
P180955.jpg
復元された御廊下橋
遠目で見てるだけで、中を通るのは初めてじゃないかな。
P180960.jpg
P180961.jpg
山里口御門
P180963.jpg
枡形門になってます。
P180964.jpg
櫓門の上はちょっとした展示スペース
まだ木のいい匂いがしましたよ。
P180965.jpg
休日でも対応していただけるんですね
P180966.jpg
福井の地名の由来になったといわれている福の井
P180968.jpg
福井地震で崩れたそうです。
P180975.jpg
天守跡
P180974.jpg
こちらはの名所
目の前に花がくるから映えるよ
R10333.jpg
蔵出し画像の日付確認したら2009年4月。
天守台に登るの10年振りやった。
R10334.jpg
蓮池あるの知らんかった。
P180977.jpg
P180978.jpg
本丸御殿の小座敷・御座之間は
萩の寺として知られる瑞源寺に本堂・書院として移築されています。
P180973.jpg
出口から道路に出るのに、敷地内で迷子
看板通りに進んだはずなのに行き止まりなんやもん

あ、福井城址は御城印無いのに御朱印blogのほうに投稿しちゃった。
まぁいっか。

theme : 名所・旧跡
genre : 地域情報

2019-08-17

19.8.13 福の神めぐり

の前に8/3に拝受した
出雲大社福井分院の8月の切り絵御朱印の画像だけ
墨が乾く前にあて紙をされたらしく
はがれた紙が墨にくっついてしまった
P180867.jpg
8/13は前日にお仲間から
福井縣護国神社でみたま祭の御朱印やってるよ」
と教えていただき参拝
P180934.jpg
P180935.jpg
みたま祭限定御朱印は8/11~15の授与だったようです。
15日だったら満月の御朱印もいただけましたね。
P180950.jpg
今FBを拝見したら14日には伊勢大神楽の奉納があったんですね。
しかも毎年恒例なんだとか。
これ見たかった

にはステキな絵の行灯が。
「令和」を見てから「平和」を見ると
一瞬「平成」と見間違う
P180936.jpg
お決まりになってきた孔雀チェック
この日は羽広げてなかった。
P180932.jpg
こちらも孔雀(メス)なのかな?
普通メスのほうが地味だから、孔雀じゃなくて違う鳥?
P180931.jpg
それから福の神めぐりの続きで簸川神社(ひかわじんじゃ)へ。
P180937.jpg
赤馬って珍しくない?
P180938.jpg
Google先生また横に案内したらしく、こちらが正面でした。
P180939.jpg
まぁ、正面には駐車スペースがなかったので良しとしよう
P180940.jpg
拝殿
P180941.jpg
中に入ってお参りできる旨貼紙がありました
スタンプも拝殿の中にありました。
P180943.jpg
御祭神は素盞嗚尊
P180942.jpg
お稲荷さん
P180944.jpg
の前の石灯籠だと思ってたものが祠だったらしく
如意輪さんらしき石仏が。
祠と石仏のサイズが合ってないし
前にたて掛けられてるっていうイレギュラーっぷり
P180945.jpg
この日は宮司さんがお留守だったので
後日8/16に再訪して御朱印拝受しました。
福井城下表鬼門除だって
裏鬼門とかもあるの?
P180979.jpg
用のシールお守りとタオルもいただいちゃいました
P180980.jpg
それから神明神社へ。
P180947.jpg
隣接する公園に幕末の偉人中根雪江の像があった。
P180948.jpg
参拝は2年半振りかな
P180949.jpg
御朱印拝受しました。
「御朱印の初穂料はいただいておりません」とのことで御賽銭箱へ。
前からそうだったっけ?
何も言わなかったので墨書きは神社名ですが
天照皇大神は今もいただけるのかな?
P180951.jpg
こちらで福の神めぐりスタンプラリー満願(満願っていうのか?)
23社ですが、5社は現地にスタンプ無く印刷済みなので
実際に参拝したのは18社です。
P180952.jpg
記念品の手ぬぐいをいただきました。
P180953.jpg
勿体なくて開封してないので拾い画像
25社の神紋がデザインされてます。
色が変わったのかな。
手ぬぐい

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2019-08-16

19.8.12 須波阿湏疑神社など

8/12はドライブがてらの神社巡り。
浜地海水浴場から松島水族館を通り過ぎ
まずは私のリクエストで雄島へ。
ここまでは来たことあるけど、橋を渡るのは初めて。
霊的な噂がいろいろあるところだからね
来る時に観音様のトンネルも通ったよ。
P180887.jpg
雄島自体が大湊神社の境内で神域です。
P180888.jpg
無人販売形式の授与所がありました。
書置きの御朱印があるとよかったんですが
それはありませんでした。
雄島の神様が安島に来られる時
ノタ(波)に乗せていってくれと頼んだが「いやだ」と断られてしまいました
そこで今度は鯨に頼んでみると、鯨は引き受けてくれ
雄島の神様は安島まで乗せて来て貰ったといわれています

P180889.jpg
前日の登山の影響で体中筋肉痛の身には
この階段はこたえる
P180890.jpg
珍しい丸い手水があったけど、使用不可でした。
P180891.jpg
拝殿正面の鳥居からは海が見えました。
P180894.jpg
御祭神は三保大明神
P180893.jpg
里宮はスルーしてしまった。
宮司さんがおられれば御朱印拝受できますが
聞くところによると兼務社が多くお忙しいそうで、お留守がちのもよう。

それから東尋坊~サンセットビーチ~鷹巣~鮎川~越廼~厨~河野
と越前海岸をドライブし
越前・河野しおかぜライン(無料になったらしい)の手前からR8に出て
御誕生寺前を通り過ぎ、しばらく走ったところで
『継体天皇ゆかりの地 五皇神社 子安観音』
という看板が目に入り寄り道。
「文室ってなに?」と話していたのですが
地名(越前市文室町)みたいです。
P180896.jpg
男大迹皇子(継体天皇)が味真野に住んでいたころに
学問所があったところで
応神天皇・稚野毛二派皇子・太郎子・汗斯王・彦主人大公(継体天皇の父)
の五神が祀られているそうです。
P180897.jpg
苔むした石段がいい感じ
P180911.jpg
楼門 随神様がおられました。
P180899.jpg
鞠にちゃんと模様が彫られてたよ。
P180900.jpg
楼門の右手にお宅っぽい建物があったけど
人が住んでる気配がなく…
でも手水のタオルはきれいなものが掛けられてたんだよね。
P180901.jpg
お参り
P180903.jpg
鶴が足で巻物を掴んでるように見えるんだけど、なんだろう?
P180906.jpg
本殿は完全に覆われていました。
P180909.jpg
拝殿左側に神輿殿
P180905.jpg
小高いところにもう1つお社がありましたが
どこから登るのかわかりませんでした。
下に大洗磯前神社・神明神社・木留神社と書かれた石碑がありました。
P180904.jpg
拝殿の軒下に箒が沢山掛けられてるのを見つけ
「氏子さんがご奉仕する時のマイほうきかな?」
なんて話してたのですが、帰り際見つけちゃった
P180912.jpg
4/18ほうき祭りだって!
ほうきで石段や境内を掃き清めて参拝すると腹痛が治るという言い伝えがあります
それってやっぱりご奉仕じゃ?
寄り道大成功のなかなか良い神社でした。
鼻が利いたね

それから池田町の須波阿湏疑神社(すわあづぎじんじゃ)へ。
P180914.jpg
見切れちゃったけど国宝本殿の石碑がありました(現在は重文)
神社建築では福井県内最古だそうです。
P180913.jpg
こちらでの能の奉納は現在はされなくなったそうですが
毎年2/6に能面まつりが行われるそうです。
(池田町水海の鵜甘神社では現在でも毎年2/15に田楽能舞が奉納されているそうです)
決まり日だし、の時期だねぇ。
能楽の里歴史館は休館中でした。
P180916.jpg
神門 こちらの随神様は彩色無しでした。
P180915.jpg
2013.6.9に稲荷大神鎮座1300年の記念式典があったようです。
P180919.jpg
二の鳥居と拝殿
P180917.jpg
御祭神は
倉稲魂命(お稲荷さん)・建御名方命(すわの神)・大野手比貢命(あずきの神)
P180920.jpg
能面が掛けられていました。
P180921.jpg
裏側に重文の本殿
P180922.jpg
一向一揆で本殿以外全ての建物は焼失したそうです。
P180923.jpg
檜皮葺の向拝の流れが美しい
P180924.jpg
本殿の左手、1段低いところに秋葉神社・祖霊社・市杵島姫神社
手前は土俵かな?
P180929.jpg
おとの池
P180925.jpg
咲いてたお花がバイガモっぽいんだけど
正直あんまりキレイな水に見えなかったので(失礼)
バイガモではないか。
P180928.jpg
上に行くと稲荷の大杉があるのですが、スルーしちゃった
社務所(宮司宅)で御朱印拝受しました。
神紋は稲束三束
P180930.jpg

美山~永平寺~運動公園と回って帰り
この日1日で嶺北をぐるぐる
人の車に乗せてもらうこと自体珍しく
ドライブなんて滅多にしないので新鮮でした。
楽しかったよ~

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター