FC2ブログ
2019-05-29

19.5.26 安倍文殊院

JR 畝傍14:28→14:35桜井
バスの本数少なすぎ
P180020.jpg
徒歩だと約20分。
うん、待ってる。
奈良交通バス 36系15:20→安倍文殊院15:27 ¥230
安倍文殊院 初訪
表山門
P180021.jpg
いつでもご参拝ができるように創建以来閉められたことはありません
P180023.jpg
金閣浮御堂霊宝館 春の寺宝展
秘仏十二天軸特別御開帳中
大和四寺巡礼の共通拝観券を持っていたので
P180063.jpg
霊宝館分+¥700のお納めかと思いきや
2ヵ所共通券と同じ拝観料+¥500にしてくださいました
まずは本堂へ。
P180024.jpg
本堂では説明もありました。
華厳宗 檀家を持たないお寺で
御祈祷で今日まで続いているそうです。
赤いお札は陰陽道の魔除け
還暦(人生最大の厄)の時に赤いものを身に着けるのも
厄除けだそうです。

御本尊は騎獅文殊菩薩像(きしもんじゅぼさつぞう)
鎌倉時代(1203年)に大仏師・快慶による造立。
渡海文殊と呼ばれ、民衆に智慧を授ける旅の様子が表されています。
獅子に乗り、右の手には魔を払うための剣を持ち
左の手には菩薩の慈愛と慈悲を表す蓮の花を持たれています。
四体の侍者は、右から優填王、善財童子、仏陀波利三蔵、最勝老人
(五像全てが国宝)
平安末期に平 重衡によって東大寺が焼き討ちされた後
大仏殿再興の法要の締めくくりとして
重源上人が厚く信仰していた文殊菩薩を
東大寺の別格本山である安倍文殊院に造立したものであった
ということが最近の調査で判明し
東大寺大仏殿にかかわる重要な文化財として国宝に指定されました。

撮影禁止でしたのでパネル画像
P180025.jpg
大きかった! そしてキレイ
下から見上げるとやさしい表情に見えました。
文殊菩薩様の端正な顔立ちと
獅子のユーモラスな表情とのバランスがなんともいえない
光背も高貴な感じ。
かなりのお気に入り
快慶展の時はパネル展示だったかな?
確かお出ましにはなってなかったと思う。

足元に小さなお厨子があったのが気になり
授与所でお聞きしたら仏舎利が入っているそうです。
多宝塔が焼失してしまったので、こちらに安置されているそうです。
P180026.jpg
右側のお部屋に干支の守り本尊がおられました。

五台閣でお薄をいただきました。
P180034.jpg
落雁ウマウマ
P180028.jpg
年賀状用にこの画を撮りたかったんだけど、結局来ずじまい。
12年後?
P180030.jpg
伊勢神宮への大道標
かつて当山の仁王門があったことで地名となった
仁王堂の辻の伊勢街道に置かれていた
花崗岩作りの見事な大石標で
石の頂辺には水鉢が彫りくぼめてある

P180031.jpg
釈迦堂
P180052.jpg
稲荷社
P180047.jpg
安倍晴明出生の秘話にまつわる「くずは稲荷」として祭られています。
特に金運のご利益があり霊験あらたかなことで有名です。

葛の葉とは安倍晴明のお母様だそうです。
P180050.jpg
なんかおっきい蝶が飛んでた
P180051.jpg
仲麻呂望郷しだれ桜
P180037.jpg
文殊院 西古墳(飛鳥時代)
古来より安倍寺の創建者である安倍倉梯麻呂の墓であると伝えられています。
国指定特別史跡としての古墳は、日本全国で7カ所のみ指定されており
この文殊院西古墳は最も美しい構造を持つ古墳の一つとされています。

P180039.jpg
古墳内部には弘法大師お手作りと伝う願掛け不動明王をお祀りしています。
P180041.jpg
金閣浮御堂(仲麻呂堂)
阿倍仲麻呂歌碑の左の石灯籠は
あの安倍さんの献灯碑なんだって。
P180042.jpg
受付で七参りの納め札と一緒にお守りもいただきました。
「お財布に入れてください」とのことでした。
P180065.jpg
七参りは願掛けをしながらお堂の回廊を七回まわります。
途中で気付いたんだけど
納め札に番号が振ってあって、7番からちぎってた
左利きだからね。
P180046.jpg
浮御堂を拝観しないと見れない景色
P180043.jpg
といっても、特に何もない
P180044.jpg
お願い事もこれといってないので、家内安全で
P180045.jpg
御本尊は開運弁財天像(室町時代)
厄災を払い多くの福を招来させる仏。
8本の腕を持ち15人の童子を使いとして従えているお姿

童子や牛車が可愛らしい
撮影禁止なので公式HPより
弁財天
安倍仲麻呂像(室町時代)
安倍仲麻呂公は当山にて出生され、遣唐使留学生として唐に渡り
唐の朝廷で大出世をした初の日本人です。

安倍晴明像(室町時代)
当山出身の安倍一族で陰陽道の祖として仰がれています。
土御門家より永久寄進と書かれていましたが、おおい町の?

秘仏十二天軸
春夏秋冬の寺宝展において3幅ずつ公開されていますが
すべての御軸が一同に公開されるのは弁財天大祭の期間だけです。
改元を記念して秘仏公開期間を今年は5/31まで延長します。
十二天とは方位を司る守護神で、災難を払うとされています。

チラシより
焔摩天の杖には人間の頭部が付いてました(人頭幢というそうです)
月天の月輪の中にはウサギが
十二天1
風天はヒョウ柄のブーツ履いてました
十二天2
鰐口や磐なども展示されていました。

金閣浮御堂より奥にまだ白山堂とか安倍晴明堂とかあったんですね。
完全に見逃してる

御朱印拝受しました。
大和十三佛の文殊大士と
P180060.jpg
大和四寺巡礼の智恵佛と、弁財天は直書きで。
P180061.jpg
十二天は書置きでした。
P180062.jpg
林天神社に寄った時点で時間足りないから諦めてたけど
春日大社の奉祝御朱印は
通常御朱印に奉祝って追加記入されるだけなのに
書置き対応だったのでスルー。

奈良交通バス 桜井駅南口行き最終の16:56に乗れました。 ¥230
JR 桜井17:23→17:53奈良17:57→18:48京都19:01→20:47新疋田
のはずが、また寝過ごして敦賀まで行っちゃった
割とすぐに戻る電車あったからよかったけど~
近江塩津までは起きてたのに、気付いたら20:50だったんだよね。
敦賀21:11→21:21新疋田

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-28

19.5.26 おふさ観音

林天神社さんで早く対応していただけたので
予定より30分早い電車に乗れました。
JR 能登川10:03→10:43京都 近鉄11:12→12:20大和八木
奈良交通バス 53系12:41→12:53小房 ¥190
町名は「おうさ」と読むんですね。
徒歩5分程度でおふさ観音に到着 初訪
P170968.jpg
正式名称は高野山真言宗別格本山十無量山観音寺だそうです。
P180013.jpg
5/15~6/30 春のバラまつり開催中
門をくぐったら良い香りがしました
P170975.jpg
約3,800種類(約4,000株)のバラを育ててらっしゃるそうで
期間中見頃が続くそうです。
P170978.jpg
私も昔、鉢植えでイングリッシュローズを育てたことがあるのですが
剪定とか植え替えとか
花が咲いていない時期のお世話が結構大変なんですよね。
P170979.jpg
これだけの数を育てるのはご苦労なことだと思いますが
無料公開とはありがたいですね~
G_8775.jpg
P170972.jpg
P180003.jpg
P180010.jpg
本堂
御本尊の十一面観音様は毎年4/17・18に御開帳だそうです。
秘宝「生き人形」の特別公開中(¥300)でしたが
御祈祷中だったのでスルーしちゃいました。
P170982.jpg
御朱印拝受しました。
大和十三佛霊場の観世音
なかなかのアートな揮毫ですね
P180057.jpg
持参した用紙と御朱印が書かれた用紙を交換しました。
団体さんが多いので書いて用意されてるそうです。
この日も2時からバスが2台来るそうで
帰る頃には御朱印帳が山積みになってました。
私は並ばずに拝受できたのでタイミング良かったです

恵比須天は直書きで拝受しました。
P180058.jpg
バラまつり限定と、童心は書置きで。
絵はご住職の直筆だそうです。
P180059.jpg
子育観音
P180004.jpg
水子地蔵
P180005.jpg
お不動さん
P180006.jpg
東諸尊堂
P180008.jpg
百度石
P170973.jpg
鐘楼
P180009.jpg
西諸尊堂
P170981.jpg
三宝荒神堂
P170988.jpg
恵比寿尊社・金毘羅尊社
P170987.jpg
大師堂
P170989.jpg
P170990.jpg
クレマチスも。
もう少しつるが伸びたら緑のアーチになりますね。
P170993.jpg
本堂裏で大和十三佛霊場の御本尊の千手観音様をお参りできます
P180001.jpg
P170995.jpg
亀の池
G_8777.jpg
足ピーン!
P170999.jpg
円空庭 鯉の池
P180017.jpg
茶房おふさ
バラジュースが売切れで、代りにオススメされた
ローズヒップティ バラジャムを添えて ¥500
P180018.jpg
コースター可愛かったから持って帰ってきちゃった
P180019.jpg
風鈴まつりの時に再訪したいですね
P170984.jpg
駅に向かう道中
丸ポストって案外現役
G_8788.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-27

19.5.26 林天神社

春日大社の奉祝御朱印と、安倍文殊院の特別公開が
5月末までやっているとのことで
奈良行きを計画していたところ
5/26は滋賀・林天神社の授与日になっていたので
先にこちらへお参りすることにしました。
G_8768.jpg
関西1デイパス使用 ¥3,600
JR 新疋田7:58→8:38米原8:48→9:00能登川
能登川駅から徒歩5分程度の林中央公園
交差点に宗祇騎馬像がありました。
室町時代の連歌師、宗祇(そうぎ)法師の生誕地(諸説あり)
P170950.jpg
公園に隣接する林天神社 初訪です。
P170951.jpg
前日に境内に砂利を敷かれたそうです。
(今までは土そのままの地面だったようです)
P170953.jpg
確か手水舎も去年の12月に工事したばっかりじゃなかったかな。
(手水はあったけど水が引かれてなかったらしい)
P170952.jpg
これが御朱印効果なんだとしたら、成功例だよね。
こちらほど凝らなくても
月替わりの印が入っているだけでも違うと思うから
『整備したいのにお金が無いな』って寺社こそ
御朱印授与すればいいのにって思う。

こちら拝殿とのことですが
P170956.jpg
本殿前でお参りできます
御祭神は天常立命と菅原道真
繖山(きぬがさやま)の麓に創建された岩船神社が根源とされ
その後に菅原道真公が勅使として気比神社に向かう途中に
訪れられたのが所縁だそうです。
P170957.jpg
拝殿に四神の額が掛けられていました。
P170962.jpg
P170959.jpg
P170960.jpg
P170961.jpg
こちらは何かな?
P170955.jpg
神牛
P170954.jpg
境内に授与所は無く
神社から徒歩10分程度のところに自宅兼授与所があり
開所は不定期で月1~数回、公式Twitterで告知されます。
P170965.jpg
というところまでは下調べ済でしたが
駅に近づく方向に10分なのか、離れる方向に10分なのかが
分からなかったんですよね。
拝殿に案内が提示されていました。
離れる方向に10分だった。
P170964.jpg
神牛がいる方の鳥居から授与所に向いました。
案内が詳しく書かれているので迷わず行けました。
P170966.jpg
この日の開所は10:00~。
奈良に行くのに10:33の電車に乗りたかったので
駅に戻るのに15分かかるとすると10:15には授与所を出ないと。
宮司さんをせかすのは失礼だし、諦めることも想定して
様子見で、行くだけ行ってみたところ
9:35時点でもう開いていて、先客もおられました。
ありがたや~
P170967.jpg
通常御朱印と、干支の御朱印と
P180054.jpg
境内修繕奉賛の御朱印(¥1,000)を直書きで拝受しました。
P180055.jpg
5月の限定3種+大祓
それに以前の限定も残っていれば拝受できるとのことで
見本がたくさん並んでいましたが
初訪なので通常で。

お目当ての奉祝記念御朱印(書置き)
キラキラが入った紙に四神の印が押されています
この日の夜のツイートで「残り10体」とのことでした。
次回の授与日は6/5 10:00~16:00
P180056.jpg
いちごちゃんには会えませんでした
公式Twitterを遡って見ていたら
公園の横に汗かき地蔵なるものがあるそうです。
雨でもないのに水が流れ落ちるほど濡れることがあるそうで
そんなときは天災の前兆と言い伝えが…
扉が閉まっていたら自由に開けてお参りください(必ず閉めて下さい)

次回忘れてなければお参りしよう。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-20

19.5.12 小松お旅まつり

小松お旅まつり
お旅まつりチラシ
京町に戻ってきたのが19:30くらい。
電飾が付いた曳山はデコトラみたい
P170903.jpg
前のゴザ席はいっぱいで
イス席の真ん中くらいを陣取りました。
19:45過ぎに
「お化粧に時間が掛かっているのでもうしばらくお待ちください」と。
それは仕方ない。 お化粧大事
20:00になり、5人衆による口上
P170907.jpg
黒子がカンペを取り上げるも、裾からもう1枚出してくる
P170908.jpg
若連中の白浪五人男風の見得
P170916.jpg
本番の口上はプロの義太夫さんみたい
P170917.jpg
浄瑠璃と三味線もプロの方みたいです。
P170918.jpg
子供歌舞伎が始まったのは20:20頃でした。
恋飛脚大和往来 封印切の場
お旅まつりチラシ2
ほんまもんの歌舞伎と逆で
役者さんは全員女の子でした。
P170919.jpg
ご当地ネタもおり込んで笑える場面もあり
P170921.jpg
忠兵衛が金子の封印を切ってしまう見せ場
P170928.jpg
P170935.jpg
P170936.jpg
フィナーレ
P170940.jpg
指導・振付の市川団四郎さん
P170942.jpg
歌舞伎を初めて見たので、面白かったです
で見た色っぽい花魁さんは大文字町のほうやったかな。

朝パン食べてから何も食べてなかったので
お腹すきすぎて出てすぐにあった8番に直行
10時閉店で15分しかなくて入口まで来て帰ろうとしたら
店員さんがってしてくれた
G_8742.jpg

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2019-05-19

19.5.12 莵橋神社・本折日吉神社

5時過ぎましたが、この日はまだ続きがあります。
小松のお旅まつりに行ってきました
6時過ぎに到着。
無料が何ヵ所かあり、市役所に停めさせてもらいましたが
結構混んでました。
ちょうど出る車があったので停められましたが。
駅前全体が会場なので、電車でもいいかも。
お旅まつりチラシ1
今年の開催期間は5/10(金)~12(日)
最終日でした。
中日の曳山曳揃えが1番の見どころのようで
福井でも夕方のニュースで取り上げられていて
子供歌舞伎の花魁役の子がやたら色っぽかったんですよね~。
子供のくせに

今年の当番町は大文字町と京町。
京町の千秋楽が19:45~なので
それまでブラブラすることにしました。
諏訪参道がお祭りのメイン通りのようで
露店がたくさん出て賑わっていました。
通り沿いに莵橋神社(うはしじんじゃ)
P170878.jpg
御祭神は莵橋大神と諏訪大神
P170876.jpg
御神輿
P170877.jpg
6時過ぎてたし、授与所開いてると思ってなかったのですが
お祭り期間中は21:00まで開いていたようで
御朱印拝受できました
曳山の金印入りは5月限定(お旅まつりの期間中は書置き対応)
P170946.jpg
参道を挟んだ横の小松琴平神社の御朱印もありました。
P170882.jpg
中坊がたむろってても構わずお参り
P170880.jpg
御朱印いただけてホクホクになって
本折日吉神社にも行ってみました。
結構離れてる
途中大文字町の曳山の前を通りました。
P170884.jpg
P170885.jpg
カブッキー
P170886.jpg
20:00~の子供歌舞伎の準備をしていて
ちょうどライトが付いたところでした。
P170883.jpg
寺町の曳山
当番じゃない町も曳山は出てるようで
スタンプラリーをやってました。
P170887.jpg
7時過ぎ、薄暗くなってから本折日吉神社に到着。
御祭神は日吉大神(大山咋命)
P170888.jpg
こちらもシャリンシャリン系の鈴だ
P170891.jpg
こちらでも御朱印拝受できました
御朱印帳、の中に置いてきちゃったので書置きを。
三猿が可愛い
P170947.jpg
こちらの御神輿は大きいのと小さいのと2基ありましたが
小さいほうはシートかかってました。
P170892.jpg
松尾芭蕉が山王句会を催した場所だそうで
芭蕉句碑があったようですが、見逃してます。
お猿さんがいっぱい。
P170897.jpg
P170896.jpg
安産守護の母子猿
猿の惑星のジーラ博士みたい
P170895.jpg
魔除け三神猿
P170889.jpg
裏から入って来ちゃったので帰りは表へ。
こういうのを山王鳥居(破風鳥居)というんだそうです。
P170898.jpg
雰囲気あるね~
P170899.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-18

19.5.12 護国神社・金沢神社

この時点で16:40
以下ほとんど撮ってません

すぐ近くの石川護国神社へ。
近くまでは来てるのに、なぜか初訪。
P170870.jpg
お仲間は「護国神社らしい造りや」と言ってました。
私は護国神社をあまり参拝してないので
ピンと来てませんでしたが
確かに福井の護国神社も広くて小奇麗にされてますね。
P170871.jpg
御朱印拝受しました。
P170944.jpg
願掛けの五葉松の印が押されていました。
推定樹齢600年
P170872.jpg
それから金澤神社へ。
こちらは2回目だったかな?
P170873.jpg
御朱印拝受しました。
達筆や
P170945.jpg
黄菖蒲? 1輪だけ咲いてました。
蕾がたくさんあったので、今頃満開かな。
P170874.jpg
金城霊沢の周りを息を止めて3周できたら願いが叶う
というのを再チャレンジしましたが
2周であえなく撃沈
いま願い事無いからいいんだよ~


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-17

19.5.12 いしかわの神々展

それから石川県立歴史博物館
G_8741.jpg
赤レンガ倉庫 小洒落てるね~
もと金沢陸軍兵器倉庫だそうです(国重文)
G_8736.jpg
急に放水があったのでビックリしました
ちょうど3時になったようです。辰巳用水の噴水は毎時00分から。
G_8737.jpg
特別展いしかわの神々‐信仰と美の世界‐
常設展とセットで¥880
いしかわの神々チラシ
気になったものを羅列
襷がけ袈裟衣の女子(小松市埋蔵文化財センター)古墳時代
矢田野エジリ古墳出土埴輪
神聖な儀式をつかさどる巫女と考えられています。
両手を前に差し出す祈りの姿は、柏手を打つ
あるいは何かを捧げ持つポーズともいわれています。

小松市より
小松市襷掛け袈裟衣の女子
子持勾玉(石川県埋蔵文化センター)古墳時代
ナマコにしか見えない

如来及両脇侍像(能登町薬師寺)飛鳥時代 重文
伝薬師三尊像 銅造 私の好きな面長タイプ
展示は複製でした。
石川県より
薬師寺如来及両脇侍像
随神像(七尾市中島町宮前 久麻加夫都阿良加志比古神社)鎌倉
くまかぶとあらかしひこじんじゃ  長~い
玉眼の色がアンバー系
木目がいい感じに模様になってました(特に膝の辺り)
パネルになってます
随神像パネル
久麻加夫都阿良加志比古神坐像 平安後期 重文
ピンでチラシになっている、今回の企画展の目玉ですね。
平安後期に造られて以降、1000年近くにわたって門外不出とされてきました。
眉間にしわを寄せ、目をむいた怒りの形相で鎮座する
カヤ材の一木造の神像だ。
底部には2本の木が合体した相生(あいおい)の霊木であることを表す
二つの木心が確認され、霊木信仰を背景に造られたことがうかがえる。

忿怒相とのことですが、彩色が落ちているせいか
チラシの画像ほどキツい印象はなかったです。
石川県より
久麻加夫都阿良加志比古神坐像
福井からも、泰澄寺の僧形神坐像と
八坂神社の十一面女神像が出展されていました。
こうやって他の神像と見比べると
十一面女神像が仏像寄りなのがよくわかりますね。

白山三社神像(白山比咩神社)鎌倉 重文
実物展示は5/17まで、その後は複製
石川県より
白山三社神像
印鑰(いんにゃく)明神垂迹図(印鑰神社)室町
吉祥天のように描かれた印鑰神は公印と倉庫の鍵を神格化した女神。
眷属の四女神・四天王・三面六臂の忿怒相像が囲む賑やかな画面。

石川県より
印鑰明神垂迹図
鬼形像(古麻志比古神社)鎌倉
「よ~いドン!」のよ~い状態
歴博のTwitterより
鬼形像
狛犬(白山比咩神社)鎌倉 重文
白山さんの宝物館で拝見した時は『伝運慶作』と書いてありました。
阿形は巻き毛、吽形は流し毛で、耳の形や顔つきもちょっと違います
白山比咩神社狛犬
愛宕権現図(七尾美術館)室町
本地仏は勝軍地蔵
長谷川信春(等伯)ってこんなタッチの絵も描くんですね。
七尾美術館より
愛宕権現図
阿弥陀如来坐像(正覚院)平安 重文
元・気多神宮寺講堂の本尊で、今おられる正覚院は元・気多神社神宮寺。
石川県より
正覚院阿弥陀如来坐像
この日1番のお気に入りは
日輪懸仏・十一面観音立像懸仏(正覚院)安土桃山
1m超えの大きな懸仏で
蓮華座に日輪、その両脇に不動明王と
大巳貴命の本地・勝軍地蔵(愛宕権現)。
鳥居があって、狛犬がいて、仏像やよ
歴博のTwitterより
懸仏
なかなか興味深い展示でした
常設展もちら見
石川の歴史と文化をテーマに
城下町の街並み模型や兼六園のジオラマなどがありました。
大名行列の道中双六は
宿場と北陸新幹線の停車駅がカブっていて面白かったです。
そしてやはりお祭りコーナーが興味ありますね。
祭礼体感シアターでは
久麻加夫都阿良加志比古神社のお熊甲祭(9/20)が上映されてました。
久麻加夫都は熊甲の当て字なのかな。
G_8740.jpg
今気づきましたが
常設展は撮影OKだったんですね

敷地内で東京国立近代美術館工芸館の移転工事中でした。
なぜに金沢に?


続く、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2019-05-16

19.5.12 合掌造り

初五箇山だったので相倉合掌集落にも行ってみました
(保存協力金)¥500
P170837.jpg
全景撮影スポットまで登ってみました。
木が邪魔で
落葉してからのほうが撮りやすいかも。
寒いけど。
P170841.jpg
懐かしの丸ポスト
P170845.jpg
P170848.jpg
原始合掌造り
P170852.jpg
この地方では、小屋造り住居を「ナムアミダブツ建て」といっていた。
両手を合わせて合掌礼拝する形からであろうが
熱心な真宗信仰地帯らしい命名である。

P170850.jpg
なるほどね~
P170855.jpg
P170853.jpg
ささらが飾ってありました。
P170854.jpg
扉付近はお堂っぽいのに
屋根が合掌造りなのが不思議な感じ。
P170860.jpg
相念寺(そうねんじ) 真宗大谷派のお寺でした。
P170857.jpg
P170858.jpg
地主神社(じぬしじんじゃ)
9月に麦屋まつりが開催されるそうです。
P170861.jpg
石灯籠の彫り物は獅子・龍・虎・ウグイス
P170865.jpg
のお乳みたいのがぶら下がってる
P170868.jpg
皇太子殿下(現天皇陛下)の歌碑
『五箇山を おとずれし日の 夕昏時 森に響かふ こきりこの唄』
P170863.jpg
のどかないいところでした
今度Uチャンも連れてきてあげたいな。
P170830.jpg


続く、、、

theme : 世界遺産・遺跡・名所
genre : 旅行

2019-05-15

19.5.12 白山宮(五箇山)

5/12は五箇山に行ってきました
今回は珍しく連れがいるのよ
誘ってみるもんだね~。

お目当ては上梨集落にある白山宮の御開帳
P170813.jpg
午前中に獅子舞の奉納があったようですが
私が免許更新の予約を入れちゃってたので
10:30出発で12:15頃到着
P170814.jpg
宝船
P170816.jpg
地元の方は紋付や礼服など正装の方が多かったです。
P170818.jpg
地元の酒造 三笑楽
参拝後にブラブラしてたら
あちこちに酒樽が置いてあり、ご自由にお飲みください状態
P170825.jpg
狛犬
お子でも鞠でもなく、巻物?
P170823.jpg
かわえぇ
P170824.jpg
御朱印らしきもの(スタンプ)があったのですが
A4くらいのビッグサイズだったので
持参した御朱印帳に押させてもらいました。
奉拝と日付のスタンプもあったんだけど
入りきらないので神門と神社名印のみ。
榊も無料でいただき奉納させてもらいました。
菊理媛のお守りが可愛らしかったので拝受しました。
帰ってから袋を開けたら
オマケで交通安全ステッカーが入っていました。
至れり尽くせりです
P170943.jpg
鞘堂(国登録有形文化財)・本殿 (国指定重要文化財)
泰澄大師が人形山山頂に創建したものを
後に現在の場所に移したと伝えられる。
1502年(文亀2年)に創建された、富山県最古の木造建築。
一間社流造りの本殿は
1760年(宝暦10年)に建てられた権現堂造りの鞘堂に納められ
春秋の祭礼または33年毎の御開帳に本殿が一般公開されます。

鞘堂が開いて本殿が見れるという意味みたいです。
P170819.jpg
本殿の蟇股(一木:室町中期)がウリみたいですが
撮影禁止なのでスタンプでお楽しみください
P170948.jpg
白山菊理媛命を祭神とし、諏訪大明神、宇佐八幡、阿弥陀如来など
神仏習合の遺風が温存されており、十一面観世音菩薩を本尊とします。
祭礼では境内の舞殿にて神楽舞・こきりこ踊りが奉納されます。
毎年9月25・26日には境内周辺でこきりこ祭りが開催されます。

以前の御開帳時の画像を南砺市より拝借
白山宮本殿
では小さな仏像が並んでいるように見えますが
仏像は無く、直径30cmくらいの御正体が置かれていました。
遠目なのでよく分かりませんでしたが
鏡の形をしていますが、白い陶製っぽく見えました。
(光の反射でそう見えただけかも)
その中央に金の細長い何かしらがくっついていて
それが十一面観世音菩薩らしいです。
観音様の左右にも一回り小さい金の何かがあり
三社権現になっているのか、単に装飾なのかは不明。

奥は画像と同じく戸帳が閉じられた状態でした。
私が思うに、御正体とは別に
戸帳の中に御本尊がおられるのではないか?
御開帳だけど、お姿は拝見できなかったのかな
と思いました。

本殿に向かって右側の白いシートのところで
宝物が展示されていました。
P170821.jpg
白山曼荼羅図、地蔵菩薩坐像、懸仏、狛犬、銭塔額など。
懸仏は直径10cmくらいの小さなもので
劣化が激しく、何が彫られているかほとんど分からず。
狛犬 阿形は出目で愛嬌がありました。
受付に貼られていたパンフの画像
P170817.jpg
白山曼荼羅図
神仏と一緒に山麓までの景色が描かれているものは珍しいそうです。
上段に雪をいただいた白山連峰と、白山姫神と
その正体(本地仏)である十一面観音をはじめとする神仏が描かれている。
中央には阿弥陀如来が発する光明を受ける白衣の人物が描かれ
白山に対する浄土信仰がうかがえる。
下段には岐阜県郡上市から愛知県春日井市までの
美濃側の白山ゆかりの寺社や風景が描かれている。
裏書に長滝白山神社の隣にあった長滝寺の坊院の初代住職・良信の名が書かれ
寺に残る古文書から寺に代々受け継がれ
享保16(1731)年まで保存されてきたことが分かった。
例大祭に向けた宝物調査で昨年5月に見つかり
寄贈を受けた上梨区が京都の専門家に依頼して修復した。

北陸・信越観光ナビより
白山宮白山曼荼羅
舞殿に掛けられてた額
象形文字みたい。
P170822.jpg
御開帳に関しては『う~ん…』なところはあるけど
大祭の雰囲気や
地元の方のwelcomeな感じはとっても良かったです
P170820.jpg
奥の冠雪してる山が人形山かな~?
P170829.jpg
P170812.jpg
周辺をブラブラ
村上家は大祭準備で5/8~15臨時休業でした。
P170831.jpg
P170832.jpg
流刑小屋(県指定文化財)
加賀藩の政治犯が流罪・投獄された御縮(おしまり)小屋(牢屋)。
1963年(昭和38年)に大雪で倒壊した元の姿を
1965年(昭和40年)に場所を移して復元。
正面の食事差入れ口を設けた古い柱は旧材。

遠くから眺めただけ。
P170834.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-05-13

19.5.2・3 福井市内御朱印めぐり

京都でご一緒したお仲間にいろいろ情報いただいたので
5/2福井市内御朱印めぐりしてきました。
福井在住の私が県外の人に教えてもらうっていう
いつものこと
ほとんど再訪のところなので少なめ。

まずは佐佳枝廼社
春まつりの準備してました。
P170797.jpg
平成の限定御朱印を出されたので令和もあるだろってことで
予想通りあったのですが、令和って大きく書いてあるだけで
あんまり心惹かれなかったのでスルー。
毎月2日の元気御朱印は既に終了していました。
10:30なのに。 かなり数少ないのかな。

それから福井神社
P170798.jpg
こちらは新元号だからというわけじゃなくて
境内のお花・植物の季節限定のようです。
(金文字になってますけどね)
狛犬の右側にチラっと写ってるツツジが終わるまでだそうです。
4月はだったそうで
次は銀杏かな(緑→黄色)と仰ってました。
P170806.jpg
それから毛矢黒龍神社へ。
P170799.jpg
5/1に金文字の御朱印を出されたのですが
1日限定だったそうで
この日は通常御朱印だったのでスルー。
授与所で前にいた同年代と思われる3人組の女性の
お話されてるのが聞こえたのですが
初訪だったようで、エンボスに気付いておられなかったので
お節介にも教えてあげたら喜んでもらえました。

それから足羽神社
P170800.jpg
氏神様なので令和初ということで授与していただきましたが
安定の通常御朱印
ブレないね。
P170807.jpg
それから藤島神社
P170801.jpg
GW中は直書き不可で、こちらの書置きのみの対応でした。
佐佳枝廼社 と同じく令和って書いてあるだけなんだけど
お花に釣られていただいちゃった。
ALL印刷
P170809.jpg
それから金刀比羅神社
P170803.jpg
スタンプラリーに載っていた神社で
不動寺のすぐ近くなんだけど、存在知らなくて初訪。
P170802.jpg
P170804.jpg
ご自宅の玄関先が授与所になってました。
P170808.jpg
最後に木田神社にも寄りましたが
通常御朱印だったのでスルー。
5/1は神紋が金印の御朱印を出されていたそうです。
そして1枚も撮ってない

5/3は出雲大社福井分院へ。
公式Twitterで
切り絵御朱印をこの日急遽授与していただけると告知がありまして。
急遽の為、5月の水色台紙ではありませんでしたが
まぁいいか。
切り絵、3・4・5月と一緒ですね。
隔月でもないとなると、どういう基準なんだろ?
P170949.jpg
そしてこちらも1枚も撮ってない

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター