FC2ブログ
2019-02-23

19.2.23 御誕生寺

今日は御誕生寺に行ってきました。
の日は昨日だったけど
『にゃんにゃんみぃ~』で今日も猫の日と勝手に命名
新しいにゃんこハウス?を建設中
P160915.jpg
寺務所空いてたので先に御朱印いただきました。
P160952.jpg
自分から寄ってきてくれたのはこの子だけ。
撫でさせてくれたよ
ちょっとだけご寄付したからサービスかな
P160916.jpg
アンディ去年来た時より大きくなってるような?
P160920.jpg
奥にもいた
P160919.jpg
出てきた
P160922.jpg
P160923.jpg
P160932.jpg
P160933.jpg
P160935.jpg
P160936.jpg
そうこうしてる間にごはんタイム
P160931.jpg
みんなが食べ終わってからソロリとやってくる子と
P160937.jpg
まだ食べてる子
この子はガッツかないで1粒ずつつまんで食べるから
時間かかるみたい
P160939.jpg
この子達はなんでここにいるんですかねぇ
野良猫? 捨て猫?
みんなかわいいのに…
P160941.jpg
ついでに岡太神社・大瀧神社へ
P160944.jpg
こちらの狛犬、こんな胸板厚い系だったっけ?
P160951.jpg
阿吽というか、あい~
P160950.jpg
「雪囲いは3/3まで」と境内にいた方が教えてくださいました。
P160947.jpg
なんでもない日に来ても
誰かしらがいて、お声掛けしてくださってる気がします。
P160945.jpg
外人のカップルが参拝されてました。
私が英語しゃべれたら
「脱いだらすごいんです」と教えてあげるんですけどね
P160946.jpg
苔がいい感じの色でした。
P160948.jpg
帰りに寄ったパピルス館の売店に
ゆるい川上御前がおられました
P160943.jpg

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2019-02-22

19.2.17 芳養八幡神社・泉養寺

それから芳養八幡神社(はやはちまんじんじゃ)へ。
上にいるのは龍かな?
P160881.jpg
11/3の例祭では鳥居の下の旧参道で
流鏑馬や駆け馬をされるそうです
P160880.jpg
船石みたいな手水
暗いけど、奥に龍もいるよ。
P160878.jpg
神馬が2頭いるのも珍しいけど
白い神馬に度肝抜いた
黒い(というか緑)のほうが願馬
P160879.jpg
白いほうが神馬と書かれていました。
どちらも背中に鳩が乗っています。
P160882.jpg
拝殿
御祭神は誉田別尊・息長足姫命・玉依姫命・海津命
昔は石清水八幡宮の荘園だったそうです。
P160883.jpg
本殿の右側に高良神社(武内宿弥命)・大神宮神社(大日霊女貴命)
稲荷神社(宇賀魂命)・須賀神社(素盞鳴命)
宝物庫らしき建物もありました。
P160889.jpg
左側に琴平神社(金山彦命)・嚴島神社(市杵島姫命)・八島神社(八島土奴美命)
P160884.jpg   
ユーモラスな狛犬がいました。
木製かな?
P160895.jpg
本殿のほうはちょっとだけ立派に見える。
P160896.jpg
小綺麗にされていて、気持ちがいいです。
龍神社
P160894.jpg
授与所と社務所が別にありましたが
どちらも閉まっていました。
この日は熊野曼陀羅霊場の札所を回っていて
次の札所にした時に
こちらの宮司さんのお宅を教えていただき
御朱印いただけました。
「うちは印に墨書が乗らないようにしている」
と仰っていました。
P160911.jpg
それから泉養寺へ(紹介サイト見つけられなかった)
P160897.jpg
鐘楼は台風の被害があり、つっかえ棒で支えています
P160899.jpg
庫裏で御朱印をお願いすると
「どうそ本堂でお参りください」と。
やったね
P160898.jpg
西山浄土宗で、御本尊は阿弥陀如来立像

曼陀羅と涅槃図が飾られていました。
「涅槃絵も終わったし今日にも片付けるところだった」と。
江戸期作だったかな?
どちらも彩色がよく残っていましたが
破れなどがあり、表装し直したそうです。
阿弥陀様は必ずお迎えに来てくれるけど
九品それぞれ連れて行かれる場所が違って
曼陀羅の下の方にそれぞれの場面が描かれていました。

なんと裏堂にも案内してくださいました
防火扉の付いた収蔵庫になっていました。
阿弥陀三尊像
先に行った芳養八幡神社の本地仏でしたが
明治元年神仏分離令によってこちらの客物となったそうです。

本堂を新しくする時に
博物館に預けて調査をしてもらったのですが
今まで修復したことがなく
隙間もなくてファイバースコープを入れることが出来ず
X線をかける予算も無くて
詳しいことは分からなかったんだそうです。
玉眼であることや、衣紋の彫の深さなどから
鎌倉後期の作で
阿弥陀如来→勢至菩薩→観音菩薩の順に
造られたのではないかと推測されるそうです。

光背や台座は後補(江戸)と思われます。
台座に小さい仏像がおられまして
4体ずつX3で12体なので(観音様台座の4体は欠損)
十二神将かと思いきや
唐人風の人や女性もおられたので謎な感じです。

阿弥陀様の螺髪のところに
白毫と同じような石?が付いていました。
菩薩様の宝冠の細工が細かくて素敵でした

薬師如来と十二神将が祀られた小さいお厨子もありました。
布教で回る時に背負われていたものじゃないか
とのことでした。
お薬師さまは坐像で、両手で薬壷を持っているように見えました。

撮ってもいいですか?」とお聞きできなかった。
なんかこの和やかな雰囲気を台無しにしちゃいそうで
遠慮しちゃったのよ~
でも素敵な仏像だったので記録しておきたかったな。
画像を載せているblogを発見
熊野三山と熊野別当,そして世界遺産・環境問題

お隣の位牌堂には前の御本尊が安置されていました。
本堂を新しくする時に檀家の梅農家さんが揃って寄進されたそうで
そのお礼をお位牌としたそうです。
本堂の窓から見た梅林
P160900.jpg
御朱印いただきました。 散華も
P160912.jpg
こちらよかった
つか田辺市いいね。 また来たい。
P160901.jpg
南部梅林目当てにこっち方向に来たのですが
やっぱ寺社巡り優先しちゃうよね~
でも道中もあちこちに梅林があって充分観賞できました
P160904.jpg
P160903.jpg
P160905.jpg
和歌山18:54→19:59天王寺20:07→20:24大阪20:30→22:10長浜22:18→22:49新疋田
行きは乗換少なかったけど、帰りは多い
待ち時間はほぼ無く、も出来なかったよ。
今回は車乗せてもらったので田辺市まで行けたけど
日帰りするには和歌山市内が限度かな。


-------

1/27に大雄院さんにお願いしていた御朱印が届きましたので
1/31の投稿に追記しました

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-02-21

19.2.17 蟻通神社・海蔵寺

一の鳥居の横にある街なかポケットパークで
近くのあがら丼(田辺らしい丼)を提供しているお店を
教えてもらいました。
宝来寿司
太刀魚天丼 ¥972
ふわふわで美味しかったです
お吸い物に入っている海草は
「ひろめ」という田辺の名物だそうです。
梅も入ってた
P160861.jpg
それからすぐ近くの蟻通神社(ありとおし)へ。
P160862.jpg
御神輿を新調したので前のを展示しているようです。
P160864.jpg
神馬
P160863.jpg
楠木社
安政の大火の時に水を噴いて町を守ったという
伝説が残っているそうです。
P160865.jpg
狛犬がいて、牛がいて、鹿がいて、賑やかです
P160871.jpg
蟻通しの由来(端折ってます)
外国の使者がやってきて
「法螺貝に一本の糸を通すことができなければ
日本国を属国にしてしまう」と言います。
ひとりの若い神様が貝の口から蜜を流し込むと
貝の中の複雑な穴を通り抜けて貝尻の穴へと流れ出しました。
そして糸を結びつけた蟻を貝の穴から追い込みました。
蟻は甘い蜜を追って複雑な貝の穴を苦もなく通り抜けました。
今では知恵の神とあがめられています。

で、その方はどちらさま?
Wikiによると御祭神は天児屋命(春日権現)
だから鹿?
P160870.jpg
弁天宮
P160868.jpg
西宮大神宮
P160866.jpg
いい笑顔
P160867.jpg
お稲荷さんだよね?
P160869.jpg
授与所閉まっていました。
井戸端会議中のご近所の方に伺ったところ
宮司さんが去年亡くなられて
次の宮司さんが決まっていなく
奥様も入院中なんだそうです

それから海蔵寺へ(紹介サイトを見つけられなかった)
山門
花壇があって明るい雰囲気
P160872.jpg
竜宮城風の鐘楼
P160874.jpg
本堂
P160877.jpg
観音堂(写真撮り忘れ)
こちらの観音様(鎌倉後期作)は弁慶観音と呼ばれているそうです。
県指定有形文化財での名称は木造菩薩形座像。
闘鶏神社の神宮寺だった覚方寺(廃寺)からこちらに移されたそうです。
勘増が壇ノ浦の戦いの時にこの観音様を軍船に奉安し
戦勝したと伝えられているそうです。
毎年5/18が御開帳
P160876.jpg
近西国三十三箇所と熊野曼陀羅三十三箇所の
御朱印2種いただきました。
P160908.jpg
玄関にいろいろと飾りが置いてあって可愛らしかったです
P160875.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-02-20

19.2.17 闘鶏神社

紀三井寺の後、お友達と、そのまたお友達に
いろいろと連れて行ってもらいました
田辺市まで移動しまして、まずは闘鶏神社へ。
正式には鬪雞と書くみたいです。
P160831.jpg
「前に来た時は境内に停めれたのに有料のになってる」と。
創建1600年の幟がズラリと並んでました。
P160830.jpg
社伝によると允恭天皇8年(419年)
(紀伊続風土記によると熊野別当18代湛快の時)
熊野坐神社より勧請
白河法皇の頃、熊野路に強盗多く行幸を悩ますため
熊野三所権現をこの地に勧請し、三山参詣に替えたという伝承がある

拝殿
P160838.jpg
拝殿の後ろに本殿(伊邪那美命)があり
その左側に西御殿(速玉之男命・事解之男神)
P160846.jpg
本殿の右側に上御殿(伊邪那岐命・天照皇大神・宇賀御魂命)
中御殿(瓊々杵尊命・鵜草葺不合命・火々出見尊・天之忍穂耳命)
下御殿(火産霊命・弥都波能売命・稚産霊命・埴山比売命)
八百萬殿(手力男命・八百万神)
P160834.jpg
社殿の配列は明治22年の水害以前の熊野本宮大社と
全く同じになっているそうです。

弁慶社(武蔵坊弁慶)
P160857.jpg
樹齢1,200年と伝わる御神木の大楠
歯病平癒の御利益があるとされ
楠の葉を患部に付け祈願すると平癒するとか。
コレやってこなあかんかったやつ
P160856.jpg
藤巖神社(とうがんじんじゃ)
御祭神は安藤直次
紀州徳川家の附家老で
田辺周辺に梅の栽培を奨励した人物だそうです。
P160854.jpg
湛増・弁慶の像
弁慶は湛増の子だと伝えられているそうです。
P160852.jpg
源平合戦(壇の浦の戦い)の時
湛増が平氏に味方するか源氏に味方するかを
紅白の鶏合せによって源氏に味方すると決めたそうです。
P160835.jpg
神馬
P160839.jpg
雞姫弁財天社(市杵島姫命)
P160841.jpg
鶴はつくりもの
P160840.jpg
戎大黒神社(えびす・大黒)
P160842.jpg
玉置神社(手置帆負命)
P160844.jpg
創建1600年記念の金紙御朱印と
藤巖神社の安藤直次入国400年記念御朱印をいただきました。
神紋は雞合印(とりあわせいん)というそうです。
P160907.jpg
このポスター、熊野本宮大社の御朱印帳みたい
闘鶏神社チラシ
去年の10/17に放送された世界の何だコレ!?ミステリー
義経の笛が保管されていると紹介された神社でした。
の中でもそうじゃないかと話をしてたのですが
『弁慶誕生之地』の石碑が無いし
もっと小さい神社やったと記憶してたので
ここじゃなかったという話で終わったのですが
検索してみたらやっぱ闘鶏神社だった。
石碑があるのは境内じゃなくて
鳥居の外(の横)にある大福院だったみたい。
G_8581.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-02-19

19.2.17 紀三井寺2

大師堂
P160794.jpg
幸福観音と鐘楼(国の重文:安土桃山時代)
P160795.jpg
樟樹
P160796.jpg
六角堂
西国三十三所の御本尊が祀られているそうです。
P160800.jpg
新仏殿
P160801.jpg
松本明慶工房作の大千手十一面観世音菩薩像。
12mあるそうです。
P160812.jpg
徒歩巡礼の写真展をやっていました。
こちらの御法灯を持って巡礼されたそうです。
P160813.jpg
水仙がたくさん咲いてました。
P160802.jpg
境内にある塔頭の宝蔵院(厄除十一面観音菩薩・一願不動明王)
P160814.jpg
松樹院(身代り大師)
P160815.jpg
なぜか蓮華の造花が。
ここだけ華やか
P160816.jpg
お留守のようで書置きが置いてありましたが
身代り大師は売切れで、御詠歌だけいただきました。
P160909.jpg
白瀧大明神
応同樹は為光上人が龍王から授かった木だそうです。
写ってないけど
P160817.jpg
龍本院(波切不動明王)
P160818.jpg
書き手さん不在で書置きをいただきました。
P160910.jpg
清浄水だけ撮ってた。
為光上人が開創された頃、上人の前に忽然と出現した美女が
身を投じて龍に化身したと伝えられているそうです。
検索によると
波切不動でスルーしてしまった御詠歌が
清浄水の御朱印だったようです
P160819.jpg
穀屋寺(地蔵菩薩・聖徳太子)
P160822.jpg
普門院(七鈴観音)
P160821.jpg
結縁坂 231段あるそうです。
ここを速駈けで登ったのね
P160820.jpg
文左衛門が母を背負って紀三井寺にお参りの途中
草履の鼻緒が切れて困っているところ
鼻緒を取り換えてくれたのが玉津島神社の宮司の娘おかよ
これがきっかけで2人は結ばれ
宮司の出資金を元にミカンと材木の商いで大出世したと言われています
それ以来「結縁坂」と呼ばれ
開運・商売繁盛・良縁成就の坂となったそうです
P160825.jpg
仁王像
P160823.jpg
P160824.jpg
楼門
P160826.jpg
きのかわ六社寺四季巡りの案内が貼ってあったんだけど
まだやってるのかな?
全部回れないだろうからスルーしちゃったんだけど
聞いてみればよかったな。
P160827.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-02-18

19.2.17 紀三井寺

2/17は西国月参りで紀三井寺へ。
JR関西1デイパス ¥3,600
新疋田6:12→8:06大阪8:09→9:38和歌山9:50→9:56紀三井寺 ¥190
きのくに線は1デイパスの中に入らないみたい。

初訪なので道が分からず
交差点で覗いたら門が見えたのでそこで曲がったら
裏門のほうへ来ちゃった。
P160828.jpg
そのままこちらから入りました。
P160829.jpg
本堂
P160779.jpg
10:00~の法要には間に合わず
P160804.jpg
この後も数回ありましたが、次を優先しました。
P160810.jpg
清浄水・楊柳水・吉祥水の三つの井戸があることから
紀三井寺と呼ばれるようになったそうで
正式名称は紀三井山金剛宝寺護国院というそうです。
寺紋も井戸が3つ。
P160806.jpg
御本尊は十一面観世音菩薩
P160807.jpg
御朱印をいただきました。
救世殿と書かれています。
山内・県下あわせて十六ヶ寺の末寺を擁する救世観音宗の総本山
救世観音宗ってのがあるんですね。
P160906.jpg
フェンスがあり見にくいですが、鳥除けなのかな?
角はえてる。
P160811.jpg
シッポで飛んでるみたい
P160780.jpg
境内散策
お地蔵さまの後ろに役行者
P160789.jpg
開山堂
P160784.jpg
開基の為光上人は奈良時代に唐から来た渡来人だそうです。
P160785.jpg
P160787.jpg
多宝塔(国の重文:室町時代)
P160786.jpg
春子稲荷と三社権現
P160782.jpg
P160783.jpg
P160781.jpg
開山堂から見た本堂
屋根が複雑
1回目の法要はいつものベテラン先達さん方が参加されているので
読経の良い声がここまで聞こえてました
P160788.jpg
如意輪様かな?
P160790.jpg
入口間違えたのでね、今頃正面の写真
P160791.jpg
仏足石と、右側は何かな?
宝珠の形の穴の下に龍の彫刻
P160792.jpg
水子供養の観音像と弘法大師
P160793.jpg
和歌浦湾を一望
日本遺産絶景の宝庫 和歌の浦
P160797.jpg
甘酒のご接待をいただきました


沢山写真撮ったので続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-02-12

19.2.11 加多志波神社

蓬莱祀のあと
鯖江市川島町の加多志波神社(かたしば)に行ってきました。
毎年2/11におこない(餅まき)が行われるのですが
同日に聖観音様とお面様の御開帳があります。
P160739.jpg
この石標のところにおられた方に
「神社にありますか?」とお聞きしたところ
無いとのことで
「大きい通りの営農組合に停めても
なも言われんと思うけど、どうかな…」
と教えていただいたので向かっていたら
途中で公民館を見つけたので
そちらに停めさせていただきました。
P160740.jpg
は無いですが
鳥居をくぐって右側、観音堂に向かう道の
路肩が広い部分に数台は停められそうですが
この日は神事があるので既に停められていました。
P160742.jpg
P160741.jpg
P160743.jpg
三里山の登山口になっています。
どつって何?
P160744.jpg
P160745.jpg
雰囲気いいね~
P160750.jpg
年季入ってる。
P160747.jpg
旧八幡神社鳥居台石
P160748.jpg
鳥居の木造部分が失われ台石だけが残ったもの
P160749.jpg
顔に血管浮き出てる神馬
P160759.jpg
奉の字(多分)が素敵
P160754.jpg
阿吽が逆じゃね?
P160755.jpg
栗の外皮だけが沢山落ちてました。
誰が食べた?
P160772.jpg
お参り
P160756.jpg
神事の真っ最中
P160757.jpg
これは御朱印あるか確認できないパターン
P160758.jpg
本殿の板の雪囲いは1年中囲ってあるのかな?
P160770.jpg
P160771.jpg
二宮金次郎さんがおられました。
P160762.jpg
おこないの櫓が建ってました。
P160763.jpg
観音堂
P160766.jpg
撮影禁止ですが、入口からだけOKいただきました。
中が宝物庫になっています。
P160769.jpg
聖観音菩薩立像は福井の仏像展でお目にかかっています。
平安中期作 1mくらいかな。
ずんぐりとした体形で小人っぽい(失礼)
3P80296.jpg
追儺面(ついなめん) 鎌倉後期作
裏面に銘があり、かつてこの地にあった
蓮華寺の修正会に用いられていたことがわかるそうです。
大正12年の大干ばつの時に雨ごいをしたところ
慈雨に恵まれたことから
以来御神体として崇敬されるようになったと伝えられています。
福井の文化財サイトより
父鬼
追儺面父鬼
母鬼
追儺面母鬼
子鬼
追儺面子鬼
そういわれると
それぞれ父・母・子っぽく見える

室町時代の鼻高もありました。
鯖江市文化財のサイトより
鼻高
端っこに無造作に積んであった鬼面箱
説明書きが付いていて
墨書によって八幡神社の鳥居台石であることが分かるそうです。

御開帳は午後からで
おこないの始まる16:00には閉められるそうなので
ほんの数時間だけの御開帳ですね。
貴重な物を見せていただきました

もう1度拝殿に寄ってみましたが、まだ神事中でした。
社務所的なものも無いし、多分普段は無人だと思うので
御朱印はないんじゃないかな。
この時点で14:40
おこないまで待つには時間がありすぎるので
またの機会に。

帰り道、立派な蔵がありました。
P160773.jpg
P160774.jpg
P160775.jpg

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2019-02-11

19.2.10・11 岡太神社

2/10(9日の夜中と言ったほうがいいかな)
粟田部のほうの岡太神社
徳日参り(聖観音立像御開帳)に行ってきました。
P160698.jpg
毎年2/10の午前0時~7時と決まっています。
なぜ夜中から早朝の時間帯なんでしょうね。
徳日参りの起源は不明なんだそうです。
P160709.jpg
拝殿内に入れる機会も滅多にありません。
P160708.jpg
到着した時、もう神事が始まってました。
(神事の後撮影OKの確認とりました)
神職が祝詞を上げ、お祓い、玉串奉奠しからの~仏像御開帳
という、THE神仏習合
P160702.jpg
夜中ですが、氏子さんと思われる方々を中心に
40名くらいの方が集まっていました。
小学生の男の子も親御さんと一緒に参列してました
P160703.jpg
宮司さんのお話では
大野郡の篠座神社より神仏分離の難を逃れてこちらにこられた
とのことでした。
(泰澄大師が仏像2体を勧請したうちの1体という説もあり)
P160699.jpg
神仏分離でお寺に匿われるのはよく聞きますが
こちらも神社なのに影響は無かったんでしょうかね?
P160700.jpg
随身さんだと思うけど、こちらにも玉串奉奠
P160701.jpg
でも右側の随身さんはなし
P160707.jpg
お厨子に飾り物がなかったので
後頭部以外は比較的明るい状態でよく見えました
1mちょいくらいかな。
平安後期作だそうです。
P160705.jpg
丸みのあるお顔立ちです。
眼がね、光ってるように見えたんだけど
平安後期ってことは彫眼なのかな?
P160704.jpg
桃をかたどった縁起物の押紋菓子をいただきました。
「ご家族の分もどうぞ」と。
ありがたいですね
P160711.jpg
前日の9日には市祭り(小判買い)があります。
こちらも午前0時~7時。
お休みだったんだし、こちらも伺えばよかったな。

御朱印は以前いただいたのでスルー。
宮司さんずっと拝殿にいらしたので
多分このタイミングではいただけないと思います。

行きはちらつく程度だった
帰りは本降りになってました。
『朝起きたら積もってるかも』と思いましたが
積もってなかった。
けど地震で目が覚めた

日をまたぎまして、2/11蓬莱祀(おらいし)。
佐山姫公園の停めさせてもらいました。
GP5700.jpg
こちらも毎年2/11と決まっていて
昨年の豪雪の時も巡行は縮小したものの
中止にはならなかったそうです。
ちょっと出遅れて、13:15に到着したら
出発しちゃってたよ
GP5699.jpg
進むスピードが意外と速い。
小走りじゃないと追いつかなかったよ。
(今回はお顔の修正なしで
GP5702.jpg
囃子台車はフォークリフトが引っ張ってた
GP5706.jpg
女の子が多いね。
GP5707.jpg
国の無形民俗文化財に指定されています。
継体天皇が樟葉宮で即位されたことを祝う神事(諸説あり)
音頭取りが山車の上で木遣り歌を歌います。
GP5708.jpg

台は修羅という木ぞりになっています。
タイヤも付いていて、雪道でもアスファルトでもOK
GP5715.jpg
幣竹(にぎたけ)継体天皇を勧請した御幣を奉る。
鏡竹(かがみたけ)岡太神社の尊神を勧請した鏡餅を挟む。
串の餅 青竹に丸餅を挿したもので、莱祀祭で堂年寄りに配られる。
まゆ玉・餅花 養蚕や稲作の豊穣な実りを願う。神から授かったものとされ各家の神棚などに飾られます。
鳥居 前側に岡太神社の鳥居、後側に玉穂宮の鳥居。
GP5720.jpg
途中に巨大な岩とポンプの水汲み場がありました。
駒札は字が完全に消えていて由緒は不明。
GP5713.jpg
このあと5時ごろまで山車巡行が続くようですが
雰囲気だけ味わえたので最初の御宿で帰りました。
GP5721.jpg
戻ったらがらんとしてたので
このタイミングだったら御朱印いただけるかも?
(確認はしてません)
GP5722.jpg

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2019-02-07

19.2.3 山家神社節分祭

前置きが長くなりましたが
JR福井6:33→8:05金沢 ¥1,320
G_8556.jpg
金沢はくたか556号8:23→9:50長野 ¥8,060
この写真じゃ伝わんないけど
妙高~飯山辺りはやっぱ雪が多いね。
G_8558.jpg
しなの鉄道 長野10:17→10:58上田 ¥770
上田バス12:10→12:40真田 ¥300

上田バス分かりにくい
11:15に乗りたかったんだけど、このバス停じゃなかった。
G_8559.jpg
( )表記なのはアレっ?と思ったけど
季節運行だからかなと。
だってこのバス停から出ないバスの
時刻が記載されてるなんて思わないじゃないですか~
それでも念のためスマホで
上田バスのHPを確認しようとしてたのですが
隣に座ってた変なおんさんが話しかけてきて
「上田市で振り込め詐欺が流行っているらしい」とか
「誰も信用出来んと人から言われた」とか
どうでもいい話を聞いてるうちに
目の前をバスが通り過ぎて行っちゃったんですよね
まぁ、豆まきは13:30~なので間に合うんだけど。
P160650.jpg
降りる真田のバス停も思ってた道と違ったので
運転手さんに
「帰りの上田駅行きのバス停もここですか?」とお聞きしたら
「3ヵ所あって時間によって違うんです」と。
16:10は同じとこで、17:00は下の道やって。
もう1ヵ所は聞かなかったけど
今度バスで来る時はホント気を付けなあかん。

てことで、山家神社やっと到着~
G_8561.jpg
まずは手作り工房 結さんで
予約していた節分祭ゆきたん限定御朱印付き御朱印帳を受け取り
P160693.jpg
今年のゆきたんは猪に乗ってる。
これが欲しいがために新幹線で日帰り
P160694.jpg
真田神社
P160651.jpg
かつて白山寺があった場所
P160652.jpg
今年から矢銭奉納者は真田家臣団に入団できます。
宮司さんいろいろ考えてらっしゃる。
P160657.jpg
拝殿では神事の真っ最中
P160653.jpg
のはずなのに鬼がうろちょろ
P160656.jpg
真田の鬼は自由奔放
途中で鬼さんだけ櫓に出てきて、お菓子をポイポイ撒き
P160660.jpg
「まだ撒かんといて~」と連れ戻されるの巻
P160661.jpg
翁と一緒に「天下泰平」と唱和。
鬼も一緒に唱和
翁のお祓いを受け、いよいよスタート
P160664.jpg
宮司さんの挨拶中に
P160669.jpg
鬼が降りてきて
お子達に「おぉ~!」と言って脅かしてます。
P160665.jpg
このあと私にも「おぉ~!」って言ってきました。
そして「酒臭い?」と

大河ドラマ真田丸に出演されてた役者さん
長野里美さん・栗原英雄さん・高木渉さん・大野泰広さん・小栗さくらさん
が豆まきに御出陣
(ドラマ見てなかったのでどなたが誰か分からず)
豆まきの練習にサインボールを投げられました。
「草刈正雄と書いてあります」と仰って笑いを誘ってました
P160670.jpg
P160672.jpg
P160673.jpg
P160675.jpg
P160676.jpg
1本目の破魔矢を取った人は
宮司さん揮毫の御神号軸をいただけるそうです。
P160677.jpg
おこうさんは
破魔矢の矢尻のほうを弓に掛けるという天然っぷり
P160678.jpg
コートの方は時代考証を担当された平山優先生
P160682.jpg
撒く量がスゴイのよ。
みんなご奉納なのかな?
P160683.jpg
うまい棒など軽いものは
なかなか後ろまで飛んでこないけど
2つは自力で取れました。
こちらのお豆は落花生なのね。
福物(拭くもの:トイレットペーパーね)は
後ろにいた方が譲ってくださったもの。
のし紙は何て書いてあるんだろう?
P160696.jpg
この後スグに真田神社前でも豆まきがありました。
P160684.jpg
どんだけ撒くねんっ
P160688.jpg
ゆきたん
ゆきたんは入団第1号の足軽大将
頭に福物がHITしてた
P160685.jpg
このあと櫓に戻り
俳優の方々と巫女さんで『雁金をどり』のPV撮影。
東信ジャーナルblog版
P160690.jpg

その間に授与所に並んでいる方がいたので
私も順番つきました。
御朱印の受付は15:30~17:00と告知があったし
後日でも書いていただけるのですが
次いつ来れるか分からないしね。
無事当日に書いていただけました
P160695.jpg
宮司さんの前日のツイート
焦っていたらそっとしておいてください…
とてもお話できる状況ではありませんでしたので
お礼だけ言って失礼しました。
ゆきたん御朱印も次回。

上田市行政チャンネル 山家神社 節分厄除大祭2019
ゆきたんに福物がHITするとこも映ってた

真剣斬りをやってましたが
間に合わず終わっちゃった。
P160692.jpg
帰りは真田16:10発のバスに乗るつもりでしたが
今回こちらで初対面した部員さんが駅まで送ってくださったのです
ありがたや~
しなの鉄道上田15:48→16:25長野 ¥770
思いがけず時間ができたので
前回御朱印いただけなかった
武井神社に再訪しようかと思いましたが
御朱印帳持ってきてないんだった

お昼抜きだったので
昼ごはんだか夜ごはんだか分かんない食事を。
草笛長野駅店
くるみ蕎麦ってのが有名らしいで
野菜天ぷら蕎麦¥1,390に、くるみだれ¥370を追加
G_8563.jpg
くるみだれにお好みでつゆを入れてつけだれにします。
うち濃いめが好みやで、つゆをあんまり入れなかったら
途中でなくなった(普通のつゆで食べました)
美味しかった~
そして多かった

JR長野はくたか571号18:12→19:38金沢 ¥8,060 6分遅れ
金沢20:00→21:20福井 ¥1,320

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2019-02-06

19.2.3 長野移動下調べ

2/3は山家神社の節分祭へ。
2/2も休みなので1泊してもよかったのですが
そうすると他にもいろいろ回りたくなるじゃないですか。
1月にも行ったし、2月車検だし、めっちゃ金欠なので
あえて山家神社1つに絞って日帰りにしました。
交通費が勿体ない気もするけど
御朱印帳持参しなくていいから荷物減るしね。

なんとか安上がりに行けないものかと検索したんだけど
前日の夜行バスで東京行ってから早朝の高速バスで長野入りとか
JR・IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道・えちごトキめき鉄道・しなの鉄道
と私鉄を乗り継いで9時間とか
あんまり現実的じゃないんで
素直に新幹線にして、さらに検索。

新幹線て、金沢→上田だと、eきっぷで¥9,520だけど
金沢→長野にすると
eきっぷで¥8,440と、WEB早特1で¥8,060が選べるんですね。
多分かがやきを使うか、はくたかを使うかの違いだと思う。
前回福井→長野が¥10,430だったから
福井→金沢の特急が乗り継ぎ割で¥2,370だったってことで
その分を普通列車の¥1,320にしたから
差額の¥1,050が割安 往復で¥2,100
けど前回は家から福井駅までバスで往復¥400だったのが
時間が早すぎてバスがなく車移動にしたので
駐車場代が1日¥1,200 ¥800余分に使ってる
こんだけ時間かけて調べて¥1,300しか安くならないのね

いつもの駅裏の、1日最大¥1,000だったのが
いつの間にか値上がりして¥1,200になってた
アオッサは今でも¥1,000みたいだけど7:30~23:30だし
他に近くで安いとこ探さないとな。

theme : 旅の情報・準備
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター