FC2ブログ
2018-12-28

18.12.24 京都水族館

すぐ近くの梅小路公園に行ってみました。
P160274.jpg
目的は達成したんだけど、この後どうしよっかな~て
市電カフェで豚まん食べながら思案 ¥380ナリ
お高いと思うでしょ?
これ顔くらいの大きさあるの
G_8299.jpg
検索すると12/23だったら
六道珍皇寺と千本ゑんま堂の小野篁忌とか
矢田寺のかぼちゃ供養とかあったのね。
完全に1日出遅れてる
てことで、水族館入ったことないから話のタネに行ってみました。 ¥2,050
P160275.jpg
入ってすぐにオオサンショウウオ
P160277.jpg
折り重なってウヨウヨいるけど、全く動かない。
夜行性なんだって。
P160282.jpg
かわえぇ~
P160281.jpg
かなりオオサンショウウオ推しです。
P160278.jpg
P160285.jpg
ミナミアメリカオットセイ タイミング悪い
P160290.jpg
#水族館の写真ヘタクソ選手権とかあるかな
P160292.jpg
赤ちゃんが意を決してダイブ
P160295.jpg
P160296.jpg
ゴマフアザラシ
P160298.jpg
P160301.jpg
京の海
金樽イワシのトルネードとホシエイ
P160308.jpg
ケープペンギン
P160303.jpg
ここのたちは通りの名前を付けてるらしい(しんまちとかおいけとか)
P160305.jpg
ごはんタイム
P160311.jpg
お兄さんに抱っこされて自慢げ
P160312.jpg
さんごたつ
P160317.jpg
ニモなど
P160318.jpg
くらげコーナー
アカクラゲ
G_8310.jpg
1番明るく光ってる時にいい感じに撮れない
G_8318.jpg
ミズクラゲ
G_8312.jpg
スパイダー ドリームキャッチャーみたい。
P160329.jpg
赤ちゃん
G_8315.jpg
P160330.jpg
最初あっち向いてたのに
P160338.jpg
こっち向いてくれるサービス精神旺盛なかいかむり
折角お膳立てしてくれたシャッターチャンスにピンボケ
P160339.jpg
チンアナゴの名前に由来は
『顔が狆に似てるから』と書いてあったけど
P160342.jpg
似てるか?
P160344.jpg
ちょうどイルカショーの時間になったので
折角だから見にいってみました。
既に前の席は埋まりかけてましたが
おひとりさまなので隙間に潜り込めます
P160347.jpg
USJのウォーターワールドみたいな演出
西城秀樹さんの「走れ正直者」に合わせて
キューキュー歌ってくれました
P160356.jpg
ジャンプしてすぐの縦になってるとこを撮りたいのに
タイミング遅くて空を泳いでるみたいになっちゃう
P160352.jpg
遠くに見えるのは東寺の五重塔だよね。
P160357.jpg
最後に3頭揃ってジャンプ
P160361.jpg
ショップにヤバいツリーがあった
G_8324.jpg
スマホ画面のスイーパーとポーチ買っちゃった
P160364.jpg
京都水族館は初めてで
水族館自体20数年ぶりだったわけだけど
14:15に入って、16:45まで2時間半もいたんやね。
どんだけ気に入ったんやって
市バス ¥230→JR京都17:31→18:37長浜18:41→19:12新疋田 ¥1,490
G_8327.jpg
この日の夜中、明石家サンタを見ながら
Xmasイブだったことに気付く。
どうりでカップルや家族連れだらけやったわけや。
その場で気付いてたら大怪我するとこやった
リア充なんか爆すればいい!

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2018-12-27

18.12.24 龍岸寺

12/21の夜中(というか22の明け方)検索してて
面白そうな展覧会を見つけたのね。
仏教と自然
会場になってる龍岸寺
超十夜祭の時にブックマークしてたのに
すっかり忘れてたとこやった。
仏教と自然チラシ
22は予定が入ってるし、先週も京都行ったのに
これだけの為にまた行くのもなぁ と思い
諦めるつもりだったのですが
23家でゴロゴロしてたら、なんかウズウズしちゃって
やっぱり24に行っちゃいました。
効率が悪い

ここだけなので遅起き
JR新疋田10:33→11:58京都 ¥1,490  市バス→七条大宮 ¥230
入場無料なので通りすがりの親子連れとかも入ってきます。
子供は興味あるやろね。
P160232.jpg
正面に『涅槃図に登場する動物たち』
P160273.jpg
涅槃図と骨格標本・剥製
G_8293.jpg
「あらゆるものが等しく」なのに
なんでペットと同じお墓には入れないんですかね?
P160238.jpg
「うぇ~~~い
P160237.jpg
日本庭園や日本建築、お墓などに欠かせない『石材』
P160235.jpg
「いらっしゃ~い
P160240.jpg
『動物の系統樹曼荼羅』
P160253.jpg
No ご先祖、No LIFE
P160250.jpg
生物の進化、顕微鏡でミクロの生物を覗きます。
P160254.jpg
真っ直ぐ辿ると、猛禽類からの鳥類
P160255.jpg
右に枝分かれすると哺乳類
P160256.jpg
左に枝分かれすると鋏角類・甲殻類・軟骨魚類など
P160247.jpg
『星座になった生き物』
P160242.jpg
『仏典に登場する動物』
P160246.jpg
苔テラリウム
P160245.jpg
P160243.jpg
江戸時代の天文暦学者・『渋川春海が見た宇宙』
日本最古の天球儀のプロジェクションマッピング
P160267.jpg
天球ってどういうことなんやろ?
昔の人は宇宙は丸いと思ってたんかな?
P160271.jpg
私でも知ってる星座があるかなって探してみたら
これはオリオン座ではなかろうか?
P160272.jpg
渋川春海という人は江戸期に大和暦(貞享暦)へ改暦した人で
(映画化された小説「天地明察」の主人公)
父親の安井算哲が龍岸寺の開基なんだそうです。
暦といえば
おおい町にある天社土御門神道本庁だと思ってましたが
貞享暦が新しくできたってことでしょうか?
P160269.jpg
欄間がカッコイイ
P160262.jpg
お参り
P160259.jpg
仏像や木造建築の材料となる植物の木材と押し葉標本
P160266.jpg
『仏教にゆかりの深い植物』
P160261.jpg
P160260.jpg
P160264.jpg
昆布の表装 『精進料理の素材』
P160263.jpg
お香の原料となる植物 木片のテイスティング
P160265.jpg
グッズもいろいろ売ってました。
ガチャ仏さまマシーンの上に彩色済みのやつがあったけど
中身は白いのだそうで
アクリル絵の具とかで塗れるらしいけど
自分不器用なもので
「もちろん寄ってくやろ?」
P160239.jpg
春海の星図を元にした限定御朱印
これが欲しかったんですよね~
星図の印なんて珍しいでしょ。
御本尊の御朱印も印がカワイイ
P160363.jpg
来年度8月下旬から9月にかけて
別会場で開催予定があるそうです。
ナムいお寺さんでした
よく分かってないけど使ってみたかっただけ


御朱印じゃないけど続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-25

18.12.16 若宮神社

東大寺を出たのが12:40頃。
に向いながら、このまま帰るか
もうちょっとだけ回るか迷っていたところ
P160214.jpg
春日荷茶屋まで350m』の看板が目に入り
お昼食べながら考えることにしました。
P160215.jpg
12月の万葉粥は長芋
12/16・17はおん祭限定でのっぺい付もできます。 ¥1,512
そういえば去年だったかKさんのblogに書いてあったね。
P160216.jpg
薬を塗るのにガーゼはがしてみたら
小さい穴が開いたみたいで
水ぶくれが半分くらいの大きさになってて
皮が引っ張られる痛みが治まってたので
若宮神社まで行くことにしました。
P160217.jpg
この日はおん祭前日の神事で
14:30頃から大和士宵宮詣(やまとざむらいよいみやもうで)があるというのを
下調べしてたのですが
13:40頃到着で、もう始まってました。
P160220.jpg
既に人だかりができてたので
背伸びしながら覗いてたら、斜め前にいた男性が
「前へどうぞ」と場所を譲ってくださったんですよね。
私背が高いほうだから
私が前へ行ったらその方が見えなくなっちゃうのに
こんなオバちゃんにもレディファーストしてくださったんでしょうね。
紳士やわぁ
P160221.jpg
御本殿拝礼の後
P160222.jpg
記念撮影
P160223.jpg
流鏑馬児(やぶさめのちご)を見て
居合わせたおばちゃん連中が「七五三か?」と。
年齢的に違うやろ
P160224.jpg
この後15:00頃~田楽座宵宮詣(田楽の奉納)
16:00頃~宵宮祭と続くのですが
待ってる元気がなかったので、これで帰ることにしました
の前にとかしてたら逃した

ぐるっとバス14:32→近鉄奈良15:12→16:03京都
JR 京都17:01→18:40新疋田
JRが16:01に出たとこなので、待ちが1時間もあったよ
P160225.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-24

18.12.16 東大寺2

それから開山堂へ。 ¥600
こちらも行列。 30分くらい並んだかな?
P160190.jpg
門をくぐってすぐに
修二会で使われたと思われる松明がありました。
P160201.jpg
開山良弁僧正の像を祀るため、良弁堂ともよばれる。
良弁が遷化した宝亀4年(773)年から246年後に
初めて御忌法要が行われたことから
この堂はその時に創建されたようである。

P160193.jpg
内陣中央に八角造の厨子がすえられ
国宝の僧正像が安置されている。
僧正像も良弁忌が始まった11世紀前半(平安中期)作と思われる。

P160194.jpg
ヒノキの一木造 内ぐり無し
手に持った如意は
寺伝では良弁が実際に使用していたものだそうです
良弁僧正
裏側には良弁の弟子で二月堂の開山の
実忠和尚像が安置されています(近世作)。
P160199.jpg
正直あんまり印象に残ってない
P160200.jpg
開山堂は御朱印無いらしい。
もしあったらレアなんですけどね。
P160192.jpg
今回二月堂はスルー
P160191.jpg
俊乗堂と大仏殿もスルーしちゃった
P160203.jpg
石仏
P160205.jpg
お友達からオススメされた戒壇堂へ。 ¥600
門は修理中
P160207.jpg
754年、聖武上皇は光明皇太后らとともに
唐から渡来した鑑真から戒を授かり
翌年、日本初の正式な授戒の場として戒壇院を建立した。

P160209.jpg
塑造の四天王像
こういうお顔をニヒルというらしい。
仰々しい甲冑ではなく、リアルで実在する人間みたい。
広目天が持っている筆が、ほんまもんの筆みたいでした。
四天王
中央の多宝塔には釈迦・多宝が並んでおられました。
こちらの像は複製で
銅製の本物は東大寺ミュージアムに収蔵されてるそうです。
(多分展示されてたやつ)
P160210.jpg
御朱印いただきました。
P160229.jpg
東大寺ミュージアムもお初 ¥600
P160211.jpg
八角燈籠の羽目板とか
花祭りで甘茶をかける釈迦誕生仏とか
快慶展で見たんだったか?の西大門の勅額とかが展示されていました。
印象に残ってるのは
塑造の日光・月光菩薩、弁財天、吉祥天
今気づいたけど元は法華堂に祀られてたんですね。
駒札に書いてあるの、ちゃんと読んでなかったわ
P160187.jpg


御朱印じゃないけど、ちょっとだけ続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-23

18.12.16 東大寺

先週、いつもお世話になっているブカツの方から
「12/16東大寺の御開帳行くの?数年ぶりの日曜やけど」
とLINEがきまして。
すっかり忘れてた
去年も忘れてて行けなかったんだった。
前日の15日も出かけたし、どうしよっかな~と迷ってまして。

金曜に皮膚科に行って
足にできたイボみたいなの(病名聞いたけど忘れた)を
液体窒素で焼いてもらったんですね。
あれするとジンジン痛いんですが
靴が擦れるから翌日の土曜もまだ痛くて
帰って靴下脱いだら、でっかい水ぶくれになってたの
痛くてあんまり歩けないから
今年も止めとこうかと思ったんですが
天気予報マークだったし
来年からは暫く平日になっちゃうから
東大寺だけピンポイントで行くことにしました。
P160188.jpg
冬の関西1デイパスは近鉄の奈良・西ノ京チケット付 ¥3,600
JR 新疋田6:12→7:35京都
京都駅、人が少なかった。 なんか気持ち悪い
近鉄 京都8:01→8:12丹波橋8:14→8:48西大寺9:05→9:11奈良
間違えて普通に乗っちゃってね、丹波橋で急行に乗換
奈良交通バスの奈良公園・西ノ京エリアの1日乗り放題も付いてるよ
P160180.jpg
南大門
P160181.jpg
金剛力士像の裏側の狛犬
P160213.jpg
簡素なデザインがギリシャ神像っぽい。
P160212.jpg
やっぱりいつもより人が少ない気がする。
陽が昇るのが遅いから
みんな行動しだすのが遅いのか?
P160179.jpg
と思ったら、法華堂は行列になってたわ
先に不動堂へ。
P160182.jpg
初参拝
P160183.jpg
P160184.jpg
御朱印いただきました。
P160226.jpg
それから法華堂へ。 ¥600
P160185.jpg
拝観始まったばっかなのに
御朱印の受付番号100番やった。
御朱印貰わない人もいるんだから
もう100人以上入ってるってことだよね。
P160186.jpg
靴を脱いで、すのこに上がってからも
ひとこっぱ並んでたので足が冷えたよ。
(余談ですが「すのこ」のことを「めざら」って言いません?)

法華堂に安置される仏像は、10体全て国宝だそうです。
最初に裏側の執金剛神像
塑造 良弁の念持仏
金剛杵を執って仏法を守護する神のことで
北方を守護する役目があるから
御本尊の裏側(北向き)に安置されてるそうです。
左手の血管が浮き出てました。
お立ち台があり、目線合わせて拝仏できます。
お立ち台に登ったら、なかなか降ろしてもらえません。
(人が次々来るから)
リーフレットより
執金剛神
金剛力士像は執金剛神を2体に分けたものなんだそうです。
っていうの、前にも聞いたことあるような…
執金剛神もどっかで見たことあるような???

御本尊の不空羂索観音菩薩
空振りなく誰一人漏らすことなく羂索(投網)で一挙に救いあげる
脱活乾漆造 天平時代を代表する手法
お顔は褐色ですが、衣とか金箔がよく残っていて
乾漆造とは思いませんでした。
不空羂索観音
検索してて、あまりにも素晴らしかったので
画像勝手に拝借しちゃったのですが
宝冠のゴージャスさがハンパない
宝冠
梵天、帝釈天、金剛力士(阿吽)、四天王も乾漆造
法華堂
法華堂の中に入ったの初めてだったんですが
うち結構好きかも
御朱印いただきました。
不空羂索観音の御朱印もまだいただいていなかったので
一緒に欲しかったのですが
この日は直書きは執金剛神だけで
他は書置き対応だったので、また今度に。
P160227.jpg
三昧堂は特別公開じゃないけど、ついでに。
御本尊が十一面観音さまに代わってから初
P160189.jpg
御朱印いただきました。
P160228.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-21

18.12.15 今宮神社・順正

それから今宮神社へ。
近くまでは来るんだけど、お参りしたことなかったの。
P160145.jpg
拝殿
P160146.jpg
本社
御祭神は大己貴命・事代主命・奇稲田姫命
P160148.jpg
松の神紋がステキ
P160150.jpg
疫社
御祭神は素盞鳴尊
境内社はスルーしてしまった
P160149.jpg
巨大スタンプがあったので押してきました。
やすらい祭や今宮祭は見てみたいですね
P160175.jpg
御朱印いただきました。
和歌の三面御朱印は御朱印帳を購入した時だけいただけます。
見本には専用台紙と書かれていますが御朱印帳のことです。
3色の中から白緋にしました。 ¥1,500
P160172.jpg
ホントは二面御朱印だけにしようと思ったのですが
神社用の御朱印帳を車の中に忘れちゃって
P160173.jpg
二面御朱印 ¥500
玉の輿ヽ(゚∀゚=゚∀゚)ノ キタ------!!!
P160174.jpg
これが欲しくてね。
書き手さんによって違うらしいからドキドキワクワクだったよ。
見本には「むらさきの」と書かれていました。
紫野って地名?
今生では無理だろうけど、来世では玉の輿狙います

あぶり餅もお初。
かざりやと一和 食べ比べしようと思って
1人前を2人でシェア。 ¥500
ですが、出てくるのが遅かったのと
待ってる間に夕食食べて帰ろうって話になり
お腹膨れちゃうから、かざりやさんだけにしました。
P160152.jpg
これくらいペロリンなんだけど
お店が5時までらしいので
おこげの部分が香ばしくて、甘め味噌で、美味しかったです
ちゃっかり1時間無料駐車券いただいたので¥400
P160153.jpg
でもって南禅寺順正へ。
寒い中店前に店員さんが常駐して案内してくださってます。
ありますか」とお聞きしたところ
8台分あるみたいです。
駐車許可証をもらって、見えるところに置いときます。
P160159.jpg
7年振りになるのかな?
確か御朱印巡りを始めた日、南禅寺の後に寄ったんだよね。
P160161.jpg
丹後屋・草々庵のほうに案内されました。
P160155.jpg
ゆどうふ(花) ¥3,090
自家製豆乳・ごま豆腐・焚合
豆乳が豆腐そのままの味で飲みやすかったです。
P160154.jpg
豆腐田楽・天ぷら・香物・御飯
P160157.jpg
湯豆腐(2人前の量です)
豆腐は絹ごしと木綿の間くらいの固さ
P160158.jpg
どれも美味しかったです
友達が「嵐山で食べたお店よりこっちのほうが美味しかった」
と言ってました
お昼もがっつりだったので、おなかいっぱい
帰りにお庭を拝見。
「お食事の後お庭もどうぞ」と言われるだけあるわ。
P160162.jpg
鯉がうようよいるんだけど
ちゃんとゴハンをもらってるらしく
口をパクパクさせて寄ってくる子はいなかった。
P160164.jpg
前回はこちら(涼庭閣)だった気がする~。
P160165.jpg
この日も1日よく遊びました
京都東IC → 福井IC \2,980

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-20

18.12.15 真珠庵

続いて大徳寺へ。
大徳寺は3ナンバー2時間¥1,000だったので
60分¥100以降30分¥100の今宮神社に停めました。
我ながらよく調べた

真珠庵特別公開 ¥1,200
P160137.jpg
とんちで有名な一休宗純禅師を開祖とする大徳寺の名刹、真珠庵。
曽我蛇足、長谷川等伯の方丈襖絵が寺宝としてありますが
修復へ入ることになり、約400年ぶりに方丈襖絵が新調されました。
新襖絵のコンセプトは一休さんゆかりの寺院だけに「なんでもあり」。
現在第一線で活躍するクリエーターらが作品を手がけました。

P160139.jpg
まず御朱印の受付をしていただきました。
御朱印帳の最初のページを見て受付の女性が
「10月にも来ていただいたんですね~」
と仰ったので
「それはクラウドファウンディングで送っていただいたやつです」
と答えると、隣にいらしたご住職が
「今回は違う雰囲気で書いておきますね」
と仰ってくださいました

撮影禁止でしたのでNippon.comから拾い画像
室中 北見けんいち 筆 『楽園』
鹿児島県与論島に魅せられた北見氏が島民と過ごした情景。
実在の人物や今は亡き人、漫画の登場人物など
北見氏の人生を彩った沢山の人々が描かれています。
描かれている人物は、皆満面の笑み。

北見さんの奥さまや、師匠の赤塚不二夫さん
真珠庵住職の姿も描かれています。
ご住職そっくりなので、すぐ見つけられます
襖絵と関係ないんだけど
ビーズの鳥かごのような天蓋?が可愛かったです。
北見けんいち筆『楽園』
襖が少し開いていて
暗いですが一休禅師像が見えました。
仏間 山口和也 筆 『空花』
野生の雁皮と山の湧水のみを使い、作者自ら紙を漉くところから始めた作品。
早朝の坐禅で感じた闇の粒子によって作品の方向性が決定します。
銀箔の星と松煙墨を交互に重ね
最後は特製花火によって画面全体に閃光を走らせ
刹那の痕跡によって永遠を描きました。

山口和也筆『空花』3
岡太神社・大瀧神社の1300年祭で
絵画点火式奉納をされた方です。
クラウドファウンディングの返礼品はこの方の御朱印帳にしました。
仏間は暗くて作品が見えないので
外されて衣鉢の間に展示されていました。
山口和也筆『空花』
檀那の間 山賀博之 筆 『かろうじて生きている』
山賀氏は新潟県出身。
能登生まれの長谷川等伯にシンパシーを感じ日本海を描きました。
長谷川等伯が線で石や松を描いたのに対し、点を重ね表現しました。
向かって左にはウミネコ、右に戦闘機
中心には己の心を映す円窓が描かれています。
「オネミアスの翼」の続編として発表されたが
制作チャンスが訪れないまま長年温め続けてきた
「蒼きウル」の世界観を体現するワンカット

右上に描かれた仏教都市が
上国料さんの作品に繋がっているそうです。
テトラポットが描かれている辺りが現代的ですよね。
能登の海。 私も見てるかもしれない。
山賀博之筆『かろうじて生きている』
衣鉢の間 濱地創宗 筆 『寒山拾得』
唐の時代の寒山、拾得という二人の禅僧。
二人は仲が良く、いつも子供のように遊び回っていました。
その様子があまりに風変りだったため、後世の人々によって特別視され
寒山は文殊菩薩、拾得は普賢菩薩の化身とする説が生まれました。

木の枝の葉はふわふわとした綿毛のようですが
落ちた葉を見て銀杏だと分かりました。
巻物と箒が描かれていたら寒山拾得を表しているんだそうです。
濱地創宗筆『寒山拾得』
大書院 伊野孝行 筆 『オトナの一休さん』
NHK Eテレにて放送された「オトナの一休さん」は
一休さんの破天荒なエピソードを一休さんの漢詩集(狂雲集)を基に
アニメ化されたものです。
アニメのテーマソングを気持ちよく歌う一休さんが描かれています。

トンガリ頭の小僧が持ってるのはドーナツ?
伊野孝行筆『オトナの一休さん』
一休さんが「骸骨になれば皆同じ」みたいなことを仰ったので
骸骨の絵が描かれているんだそうです。
そういえば昨年の6月に行った
これぞ暁斎!展の『地獄太夫と一休』でも骸骨が描かれていましたね。
地獄太夫と一休
礼の間 上国料勇 筆『Purus Terrae浄土』
観音世菩薩、風神、雷神、不動明王、荼枳尼天、吉祥天、龍王、弁財天が舞う。
描かれた神仏はモデルを使い、リアリティを表現。
色彩は何度も色を塗り重ね、納得いく色彩を追及。
幻の仏教都市と雲海のもとに広がる大地が完成しました。

上国料勇筆『Purus Terrae 浄土』
風神・雷神のモデルはEXILEの世界さんと佐藤大樹さん
観音菩薩は住職と一緒に行ったバーの美しい女性スタッフ
弁財天は上国料さんの奥様の若い頃
不動明王は真珠庵での合宿を共にした山賀さん
だそうです。
EXILE.jpg
1番右の襖に何を描くか随分と悩まれて
真珠庵の庭になったそうです。
長谷川等伯の襖絵に描かれた岩と似てるなと思いました。
長谷川等伯2
その他の公開は
書院「通僊院」(重要文化財)
狩野元信の水墨山水図・西湖図、土佐光起の金碧花鳥図
茶室「庭玉軒」
蹲踞や刀掛けを庇屋根で覆っているのが珍しいそうです。
京都春秋より
G_8273.jpg
伝村田珠光作「七五三の庭」
G_8274.jpg
御朱印の件「違う雰囲気で」というのは
『書体を変えてくれるのかな』くらいに思ってたのですが
絵を描いてくださってました
宇宙のイメージだそうです。 カワイイ
P160169.jpg
友達が「御朱印帳詰まったから買おうかな」と
上国料さんの御朱印帳を手に取ると、ご住職が
「今日来られた方はラッキーですよ。
上国料さんにサインしてもらえますからね。」と。
差された方を振り向くと、窓際のテーブルで
上国料さんが挿絵とサインを描いてらっしゃいました。
「そんなん言われたら私も欲しくなってまう~」
ということで
P160170.jpg
『takaさんへ』って入れてもろた。
P160171.jpg
興臨院も特別公開中でしたが
4時過ぎてしまったので断念。
に戻る時に
16:9でも見切れるぐらい半円まるっと見えたよ
P160142.jpg
根元のほうは濃くて鮮やかでした
P160143.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-19

18.12.15 仁和寺2

御殿にも入ってみました。 別途¥500
P160113.jpg
こちらは撮影OK
御室流華道 菊と松
P160114.jpg
山茶花かな?
P160115.jpg
宸殿は屋根の修復中
P160116.jpg
白書院
P160117.jpg
日本画でかもめ(多分)の絵って珍しくないですか?
P160118.jpg
勅使門
P160119.jpg
猿楽かな?
P160121.jpg
どこから見たお庭だったか?
くねくねと回って、どこにいるんだか迷子状態
P160122.jpg
宸殿は、とうらぶに出てくる本丸に似てるんだそうです。
P160124.jpg
霊明殿
P160132.jpg
P160131.jpg
トーハクの仁和寺展で人気だったお薬師様が祀られていましたが
複製だよね?
P160127.jpg
ちょうちょに見える
P160130.jpg
黒書院
P160134.jpg
うさぎと萩(多分)
P160135.jpg
建物に歪みが出ていて支柱で支えている場所があります。
P160125.jpg
花籠
P160136.jpg
落ち葉で埋め尽くされてるよ。 ふかふか
P160133.jpg
売店の前
P160120.jpg
前回いただき忘れた数珠巡礼のメノウ玉も忘れずに。
つか前回御殿には入らなかったから
いただけなかったのかな?
P160176.jpg
ランチ御室会館にある和食処梵
公開期間限定のにゃんこカレー(オリジナル精進カレー)を。
お味噌汁と香物が付いて¥980
素揚げした5種の野菜で五大明王を表現しているそうです。
P160112.jpg
こちらも公開期間限定の黒猫のおしるし ¥300
P160168.jpg
仁和寺公式twitter
マーカーが分かりやすかったので拝借
仁和寺おしるし


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-18

18.12.15 仁和寺

7月にスイーツビュッフェに誘われたチワ友さんから
「またどっか行こう」と誘われまして
2人の日程の合う日が12/15だったので
期間が長い特別公開をこの日まで残しておきました
福井駅待ち合わせ9:30→福井IC→京都南IC ¥3,240
12:00着 御室会館¥500
まずは仁和寺へ。
バス待ちの人が並んでたので
これ以上下がれず見切れてる
P160098.jpg
東門から入ろうと思ったら、の警備員さんに
「是非仁王門からどうぞ~」とオススメされました。
御自慢の一品だもんね。
P160100.jpg
P160099.jpg
五重塔
P160102.jpg
秋の特別拝観 ¥800
高校生以下は無料
次世代を担う子供たちへの文化支援として
本物を知っていただく機会を無償で提供いたします

子供の頃から文化財に親しんで
落書きとか悪戯する人がいなくなるといいね
(取り返しがつかないんだよ)
仁和寺チラシ表
例年の特別公開は霊宝館のみですが
今回は第51世門跡晋山記念で、金堂と経蔵も公開され
京都御所より移築されてからの372年間、非公開を貫いてきた
金堂裏堂の五大明王壁画は初公開だそうです。
産経新聞
仁和寺チラシ裏
金堂と経蔵は1月からの京の冬の旅でも公開されるようですが
五大明王壁画のことは記載がないので非公開じゃないかな?
P160105.jpg
御所の紫宸殿を移築した金堂(国宝)
P160109.jpg
壁に極彩色の浄土図が描かれた荘厳な堂内には
本尊の阿弥陀三尊像や四天王像、帝釈天像などが安置されています。

撮影禁止なのでじゃらんから拾い画像
仁和寺金堂
五大明王壁画は、こちらに金堂を移築した江戸時代の作だそうです。
向かって左から(パンフ画像では上から)
金剛薬叉明王・降三世明王・不動明王・軍荼利明王・大威徳明王
仁和寺五大明王
僧侶の方が1つ1つ解説してくださっていて
途中からだったので、もう1度最初から聞いたのですが
内容がちょっとずつ違ってたし
話し慣れてらっしゃるらしく声も通って聞きやすかったし
面白かったです

菊かな?
P160106.jpg
瓦には御本尊の阿弥陀如来様の梵字が表されていて
上に黄安(こうあん)仙人がいます。
仁和寺のよくある質問によると
この亀は3000~4000年に一度、水面に顔出すといわれ
黄安はその亀を3~4回見たそうで
永遠の象徴として安置されています

と書かれているのですが
『この亀は3000~4000年に一度水面に顔出す』ってどゆこと?
なんか特別な亀なの?
P160108.jpg
五大明王限定御朱印 @¥500
P160166.jpg
直書きは1種だけとのことで、勢至菩薩をいただきました。
P160167.jpg
経蔵(重文)
寛永18年(1641年)に再建された天海版一切経を納めるお堂で
中央に八角形の回転式輪蔵を備え
その細部や四方の壁画は今も美しい色彩を留めています。
(輪蔵を回転させることはできません)

P160110.jpg
どっか回転させてもらえるとこがあったと思うんだけど
どこやったっけ? 
仁和寺経蔵
この週末で公開終了だったので混雑してるかと思いましたが
比較的ゆっくり見れました。
P160103.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-12-16

18.12.9 甲賀流忍術屋敷

15:30までに出発できたら、湖東三山の1つの
金剛輪寺の大黒天の特別公開に行きたかったのですが
(これも12/9まででした)
お薄いただいたりして、のんびりしてしまったので
15:40になってしまい、また次回ということに。
湖東三山では12月末まで金紙の御朱印がいただけるそうです。
(百済寺は12/11に予定枚数終了とHPに記載あり)

最後に甲賀流忍術屋敷(望月氏本家旧邸)に行きました。
またナビに裏側案内された
P160074.jpg
≪甲賀望月氏≫
長野県の武家の名族滋野氏(分流は、真田氏等)を源流とし
平安時代に滋賀県甲賀地方を治めた九曜星を家紋とする氏族。
戦国時代には、伊賀の「服部」、甲賀の「望月」と称され
鈎の陣に活躍した望月出雲守甲賀三郎伝説の起源とされる
望月三郎に代表される甲賀流忍者の家系。

それで真田十勇士猿飛佐助の解説パネルがあったんですね。
あと松尾芭蕉と石川五右衛門がありました。
撒菱などの展示品
P160086.jpg
P160085.jpg
押入れに見せかけた隠し階段
P160080.jpg
中二階は天井が非常に低くて
かがまないと身動きとれません。
敵が刀を容易に振り回せない構造になっているそうです。
見張り窓があって
敵が来たらこれを鳴らして知らせるそうです(名前忘れた)
P160077.jpg
格子窓の格子が1本外れるようになっていて
これをはずして一階へ逃れることも出来るそうです。
P160076.jpg
三階 というか屋根裏
P160079.jpg
縄梯子で一階まで逃げられるようになっています。
P160087.jpg
どんでん返しで逃げた後、追っ手にからくりに気付かれても
クルリとどんでん返っても そこは落とし穴っていう
P160075.jpg
金網戸と壁の間に紙一枚を差し込みスライドさせると開くからくり窓
写真撮り忘れちゃったけど
見た目は組み込まれた障子のように見えます。

甲賀で製薬業が発達したのは、忍者が持ち帰った知識に加え
伊吹山から甲賀まで昔から薬草の宝庫で、土壌や気候が適し
成分も富山や信州の薬草より高いし
それに都に近いので早くから薬の知識も文化も進んだためと考えられる。

P160083.jpg
望月家も明治の初めまで
伊勢の浅熊岳の明王院の神札と
万金丹などの薬を売り歩くことを生業としていた。
それが忍びの者の隠れ蓑になっていたのである。
現在も甲賀地方には薬関連の工場が数多く見られる。

P160081.jpg
アジカンチックなイラストが飾ってありました。
「これのクリアファイルあったら買う~!」
ってテンション上がったけど、無かったわ
P160088.jpg
トートバッグは¥648とお安いんだけど
カラーじゃないし、生地が薄い。
と言いつつ買う
友達が「マジックで塗りね」やって
P160097.jpg
甲賀、なかなかよかったわ。
友達も「面白かった」と言ってくれた
17:00出発→甲南IC→福井IC ¥3,060

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター