FC2ブログ
2018-10-31

18.10.28 UFO博・豊財院

この時点で13:40 時間配分が全く読めない
また時間変更のするのも申し訳ないので
待ってもいいからとりあえず向かっていると
途中でコスモアイル羽咋の看板を見つけて寄ってみました。
展示室のみは¥400
3Fにコスモシアター(プラネタリウム型映画館)もありますが
時間の都合でスルー。
P150646.jpg
ここにも砂像あった。
P150645.jpg
受付で
「ちょっと変わったエレベーターがあるので乗ってみてください」
と言われ
P150649.jpg
まぁ想像通り照明が落ちて宇宙空間になるんですが
2Fまでなのですぐ着いちゃう
P150650.jpg
撮影OKでした。
ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(旧ソ連)
実際に宇宙から帰還した本物だそうです
P150651.jpg
アポロ司令船CM(アメリカ) 銀色のシールドは本物
と、ビッグOMEGA
P150652.jpg
アポロ月面着陸船LM(アメリカ) 実物大模型
P150654.jpg
モルニア1号通信衛星(旧ソ連) 実物のバックアップ機
P150653.jpg
羽咋はUFOの目撃情報が多いと聞いたことがあったので
そういう眉唾もんの展示かと思いきや
NASA特別協賛のほんまもんの宇宙科学展示でした。
P150655.jpg
外にあったマーキュリー・レッドストーン・ロケット(アメリカ製)も
1段目・2段目は実物のロケット胴体だそうです。
P150656.jpg
それから豊財院(ぶざいいん)へ。 14:40ごろ到着。
P150657.jpg
石川県羽咋市にある別名「般若寺」とも呼ばれているお寺です。
14世紀、豊財院の開祖・瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)により
能登で初めて開かれた曹洞宗の道場で
弟子の明峯素哲が1312年(正和元年)にこの寺を創建しました。

豊財院→永光寺→總持寺祖院ってことか?
P150658.jpg
こちらは御朱印めぐりのパンフで
能登七福神霊場で載っていたのですが
要予約だし
7ヵ所は回れないからスルーするつもりだったのですが
検索してみたら
大般若経の600巻におよぶ般若経の血書や
檜材一木造の馬頭観音立像、聖観音立像、十一面観音立像
3体の国重要文化財が安置されています。
歴代の住職には名僧が多いことで知られており
特に自らの血をもって大般若経を書写した
月澗義光は中興の祖とされています。

って、観音さま拝みたいじゃないですか~
なので事前にTELしときました。
行程途中の予約って時間が読めないから苦手。
P150659.jpg
収蔵庫へ案内していただきました。
等身大の檜一木造(藤原時代)
空海作と伝わるそうですが、地方色も見られるので
空海がこちらに来られた時に一緒に作ったのではないか
とのことでした。
三尊は1度も離れたことがなくずっと一緒なんだそうです。
撮影禁止だったので曹洞宗石川県宗務所より
豊財院
馬頭観音様は大宰府観世音寺の像と並び
日本最古と言われているそうです。
頭にちょこんとあごのせしてる感じが可愛らしい。
忿怒の顔ですが、そんなに恐い表情ではなかったです。

聖観音様は伏目がちというか
居眠りされてるように見えました(失礼
十一面観音様は静かに佇んでらっしゃる感じ。

3体とも厚みがあり重厚感。
下あごがぷっくりしてます。
羽咋市観光協会HPより
豊財院2
両脇に四天王のうちの増長天と広目天がおられました(鎌倉期)
何度か火災にあわれていて、二天は助け出されたそうです。
腕や足に焦げた跡がありました。
足元には西国三十三所の小像が並んでました。

壁両面に箪笥のような引き出しがあり
血書大般若波羅密多経が300巻ずつ計600巻入っているそうです。
ショーケースに一部展示されていました。
色は薄くなっていますが、茶色い字で
墨ではない、血で書かれたんだなと。
豊財院3
御朱印いただきました。
P150707.jpg
良いものを見せていただけました
こちら拝観できてよかったです


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-30

18.10.28 千里浜神社・羽咋神社

続いて千里浜神社へ。
P150626.jpg
鳥居から真っ直ぐじゃなくてジグザグ
屋根の造りが素敵
P150627.jpg
御祭神は天照大御神・豊受大神
P150628.jpg
お参り
P150629.jpg
こちらは無人でして
宮司宅(高井歯科医院)へ事前に連絡とのことでした。
宮司さんが在宅の場合は御朱印帳に直書きで頂けますが
不在の場合は書置き対応
ということはサイトにも記載されていましたが
私がしたところ
「平日は誰かいると思いますが休日は誰もいない場合がある」
とのことでした。
なのでおられたらラッキーくらいの気持ちで
とりあえず伺ってみたところ
玄関にクリアファイルが貼り付けられていて
「留守にしますので書置きをお持ち帰りください ¥300」
と書かれていました。
してあったから用意してくださったんでしょうね。
でもね、1枚しか入ってなかったの
友達は「いいよ」と私に譲ってくれました
私より先に誰か来て持ってっちゃうかもしれないし
欲を言うならば
何枚か用意してくれてたら、なお良かったな。
P150709.jpg
それから羽咋神社へ。
P150631.jpg
御祭神は磐衝別命(垂仁天皇の皇子)
磐城別王命(磐衝別命の息子)
弟苅羽田刀弁命(垂仁天皇の妃で磐衝別命の母)
道反大神(明治に合祀)
P150632.jpg
お参り
P150633.jpg
大きな絵馬が掛けられていたので撮らせてもらいました。
P150635.jpg
P150637.jpg
P150636.jpg
社務所ピンポンしたんですが、お留守のようで
御朱印いただけませんでした

前の御陵山の水
P150641.jpg
台は前方後円墳をイメージしたデザインだそうです。
P150639.jpg
境内に垂仁天皇皇子磐衝別命墓と
P150644.jpg
垂仁天皇孫磐城別王墓がありました。
P150643.jpg
御陵はだいたいこんな感じ


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-29

18.10.28 倶利伽羅不動寺・道の駅千里浜

10/28は能登御朱印めぐりの続きで
羽咋とか比較的金沢寄りのほうへ。
この前一緒だった友達2人を誘ってみたけど
1人は予定あって来れなかったので今回は2人で。
7:30出発→福井北IC 8:00→金沢東IC→ 9:00 ¥1,540

まずは倶利伽羅不動寺鳳凰殿
P150609.jpg
紅葉しかかってました
P150611.jpg
開山1300年春のご開帳の時は
山頂本堂で奥之院御本尊のご開帳でしたが
秋は鳳凰殿でのご開帳だそうです。
ですが春同様帳(ベール)が掛けられていてシルエットのみなので
今回はスルーで。
P150612.jpg
特別御朱印をいただきました。
P150705.jpg
それから山頂本堂へ。
伝空海奉安 倶利伽羅さんで2番目に古いと伝わる秘仏
山頂本堂御本尊のご開帳でした(帳無し)
今までに一般公開したことが無いそうです。
(少なくとも過去100年記録がない)
倶利伽羅不動寺チラシ
ご開帳は10:00~とのことで9:45頃に到着したのですが
駐車スペースがいっぱいで
本堂も150人強いたんじゃないかな?
座れないくらい満員御礼でした。
P150613.jpg
法要の後に御開帳とのことで参座したのですが
長い 11:20までありました。
こんなこと言ったらバチ当たるけど、飽きちゃったよ
途中で気付いたんですが、28日はお不動様のご縁日だから
大般若法要という特別な法要で、参拝者が多かったみたいです。

法要の後、内陣の裏側に案内していただき
御本尊を拝しましたが
お札を納めて、お参りして、退場という流れで
あとから次々来られるので、ゆっくり見ることはできませんが
お不動様はおられなくて
剣に巻き付いた龍のみの像でした。
山頂本堂も鳳凰殿も11/11までの公開です。
記念品として護身刀守とお饅頭をいただきました。
特別御朱印も。
P150706.jpg
奥之院
P150614.jpg
五重之塔
P150621.jpg
和光塔
P150618.jpg
ちょっと晴れ間が見えたんですが立山は拝めず
P150617.jpg
手向神社石堂神殿は笏谷石製でした
P150619.jpg
続いて千里浜なぎさドライブウェイへ向かったのですが
途中の電光掲示板で「走行できません」と。
止んでるのに何で!?』と思ってたところ
海が見えてきたら波がザッバ~ンとなってて
『あ、これはダメか』となりました

道の駅のと千里浜に着いたのが12:40
P150624.jpg
13:00に予約していた豊財院さんにして15:00に変更してもらい
べーカリーでお昼ゴハンの調達
のとしし肉を使ったカレーパンなどを買いましたが
運転しながら食べちゃったので道の駅HPより
のとししパン
のとしし大作戦と銘打って
捕獲したイノシシを廃棄するのではなく
ジビエとして提供しています
オヤツにいがらまんじゅうも。
輪島朝市ではえがらまんじゅうと言っていたけど
『輪島は訛ってる』んだとか
G_8156.jpg
こちらの道の駅はお土産品の種類が豊富だし
ちゃんとした食事がとれるレストランもあるし
イタリア・パレルモで開催されたシャーベット・フェスティバルで
優勝したマルガージェラートもありました。
今回は利用する機会がなかったけど
なぎさドライブウェイを走行した後に足回りを洗浄するための
タイヤシャワーもあります(なんと無料
車中泊専用の有料宿泊エリア(¥2,000)なんてのもあるんですが
普通の駐車エリアで車中泊したらダメなんですかね?
砂像の奥には足湯も。
P150622.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-21

18.10.14 観音フェス6

続いて木之本のちょっと離れたところを
何ヵ所か回りたくて
時間逆算したら帰りの最終バスに乗れないかも?
となって移動にしました。
まずは伊香具坂神社(いかぐざか)へ。
階段キツい
P150575.jpg
途中で階段が分かれて
北布施観音堂(伝塔寺)があります。
P150577.jpg
撮影OKでした。
伝教大師(最澄)が創立され
神仏習合で元は己高山にあった伊香具坂神社の
神宮寺であったと伝えられている。
昭和30年頃に焼失したため、その灰を集め
その後写真等を参考に造られた
現在の観音像の体内に収められている。

右から阿弥陀如来、御本尊の聖観音菩薩、聖小菩薩
お三方ともちょっと下膨れで(失礼)よく似たお顔立ち。
P150576.jpg
御朱印いただきました(念持仏カードは未制作)
P150598.jpg
それから大音千手堂(明音寺)へ
お堂より先の道路は車両通行止めになっていました
こちらも台風の影響かな?
P150578.jpg
撮影OKでした。
弘法大師がここに住む竜を退治し
十一面観音像を刻み、竜の魂を封じ込めた。
天正11年、賤ヶ岳の合戦の兵火により御堂は焼失したが
観音像は里人の手により難を逃れ
夢のお告げにより仁王門後に御堂を建て
焼け焦げた仁王像と共に安置されています。

となっていますが、テープの説明では
若狭からお迎えした像だと言ってたような。
P150579.jpg
情報
兵火を逃れる為に本尊を川に沈めたが行方知れずとなる。
その後夢のお告げで一宇を造営するため仁王門跡を掘ったところ
仁王像2体が出てきた(現在資料館で展示)
本尊不在であったため
若狭から現在の本尊である千手観音像を購入し本尊とした。
そして行方知れずであった旧本尊は
今は川道にある千手院の秘仏本尊(2012年11月ご開帳)と伝わる。

弘法大師作というのは前の御本尊? 今の?
威厳あるよいお顔立ちで
ちょっと遠いんだけど来る価値ありです
P150580.jpg
御朱印いただきました(念持仏カードは未制作)
P150599.jpg
それから黒田大澤寺
通称高観音さん
ゼェゼィになって登って来るのは私だけじゃないよ~。
「観音まつりの中で1番印象に残るやろ」と
世話役さんが仰ってました
P110984.jpg
撮影OKでした。
御本尊の千手観音像は平安初期作で行基菩薩が自刻したと伝わる
化仏が無いことや、十八臂であることから
准胝観音と見ることもできる
賤ヶ岳の合戦の戦火により堂宇は焼失したが
観音像は村人の手により余呉町坂口の菅山寺に移され難を逃れた

P150582.jpg
宝冠がゴージャス。 手は小さめ。
P150581.jpg
御朱印いただきました(念持仏カードは未制作)
墨書きでした
P150600.jpg
世話役さんから
「今日は沢山回れましたか?」と聞かれ
「はい、10ヶ所ほど」と答えると
「(巡回バスだと拝観料込だから)それは元とったね」と言われました

このあと柏原阿弥陀堂へ向かっていたのですが
途中で16:30になり時間切れ。また今度。
渡岸寺観音堂の門前市で
スタンプラリーの景品の念持仏カードをいただきました。
竹蓮寺パンフの表紙バージョン
P150601.jpg
来年の観音まつりは10/20と書いてありました。
もう決まってるんですね。
今回は巡回バスにしたから時間ロスがあるかと思ったけど
ほぼほぼ順調に乗れたし、初訪のところに行けたし
お昼ごはんにもありつけたし、めっちゃ楽しかったです
感謝感謝

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-20

18.10.14 観音フェス5

続いて東阿閉(ひがしあつじ)へ
ヤンマー創始者の生誕地だそうです。
ドイツ・ゴシック様式のキャッスルが建っています。
ヤンマー会館(現在は公民館のようです)
P150562.jpg
乃伎多神社(のぎたじんじゃ)
P150563.jpg
野北八幡宮と薬師堂が並んで建っています。
P150564.jpg
撮影OKでした。
P150567.jpg
8/24の薬師如来燈明祭のみ御開帳ですが
今回特別に観音まつりにて御開帳

P150569.jpg
薬師如来立像・聖観音立像・毘沙門天立像2体
4体とも平安期の作のようですが
江戸後期の補修彩色でビックリ顔になっちゃってます
左は兜を被った兜跋毘沙門天
ですが下に地天女はいませんでした。
P150565.jpg
御朱印はありませんでしたがスタンプを押していただけました。
念持仏カードも。
P150592.jpg
バス待ちで一服してたら
P150572.jpg
私のことは完全無視で何かにじゃれついてました
P150571.jpg
バス待ちの人が結構いて、こちらのバス停からは全員乗れましたが
次の冷水寺では定員オーバーで
ガイドさんが「次のバスに乗ってください」と仰ってましたが
次って30分後なんだよね

写真撮り忘れちゃいましたが
このあと高月駅東口のすぐ近くにある
坊主bar一休さんででお蕎麦食べてきました
十割蕎麦がウリで
丸抜き粉使用の白いお蕎麦と
玄挽きミックスの田舎蕎麦があり
私は十割二種盛りを注文 ¥1,000
超極細で、のど越しのよいお蕎麦でした
最初は何もつけずに
次に岩塩で、つゆを付けて、薬味を入れて と
十割蕎麦の風味を楽しむための指導がありますよ。
坊主bar一休さんのFBよりいただき画像
十割蕎麦
十割蕎麦を注文するといただける法語印
(「法語印ください」とリクエストしてください)
月替わりだそうです。
P150593.jpg
それから高月観音の里歴史民俗資料館
P150573.jpg
横山神社の馬頭観音様と
浄光寺の十一面観音様・阿弥陀如来様・薬師如来様は
お堂が台風の被害を受けたので資料館での公開になりました。
御朱印は前回いただいたので念持仏カードだけ。
P150596.jpg
その他、日吉神社の(円満寺)の日吉山王二十一社本地仏
高月観音堂(大圓寺)の釈迦苦行像 などが展示されていて
なかでも私のお気に入りは
十一面観音不動毘沙門懸仏
ちゃぶ台におままごとセット広げた感と
レゴみたいな表情がたまらんっ
よく見ると天秤みたいなのに三尊繋がってるタイプ。
前回気付かなかったのですが
懸仏のポストカード売ってました
懸仏
スタンプも押してきた
P150602.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-19

18.10.14 観音フェス4

続いて田部観音堂(西光寺)
P150557.jpg
たき火をされてたので煙がね。
P150549.jpg
撮影OKでした。
御本尊の十一面観音は伝教大師作と伝わる
こちらの脇侍も不動明王と毘沙門天
P150550.jpg
ちょっと見えにくかったのでね
あまり印象に残っていない
P150552.jpg
木の幹のようなお厨子に入ったお地蔵様
P150551.jpg
お隣の薬師堂も公開されていました。
P150553.jpg
左下の、見えるかな?
P150555.jpg
もお参りに来てました
顔を上げてお堂のほうを見ててね
敬虔な信者の生まれ変わりかと思いましたよ。
いや、マジで。
P150554.jpg
天台の高僧・源信がこの地を訪れた時に
苦患に苦しむ里人に「これを御本尊として祀るように」と
背負っていた笈の中から薬師瑠璃光如来を出された

薬師如来、十二神将ともに金剛仏でした。
お厨子が閉まっていたので御前立かも?
P150556.jpg
書置きの御朱印いただきました(念持仏カードは未作成)
P150595.jpg
それからバスを乗り継いで西阿閉(にしあつじ)の竹蓮寺
P150558.jpg
撮影OKでした。
お堂が狭いのでね、満員御礼でした。
P150559.jpg
今年のパンフの表紙を飾っておられます。
余呉川を流れてきた流転の観音様
聖観音と伝わっていますが
螺髪や両肩に衣を着ていることから
宝冠阿弥陀如来坐像と考えられる

指長っ
両膝・両腕・持物・白毫・銅製宝冠・瓔珞・台座・光背は後補
写真で見るよりもお顔の彫は薄いように感じました。
やっぱブロマイドは増し増しによく撮れてるから
P150560.jpg
御朱印は昨年いただいたので念持仏カードだけ。
P150591.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-18

18.10.14 観音フェス3

続いて雨森の己高山観音寺
P150537.jpg
撮影OKでした。
この村の氏神『天川命(建速産霊神)』が降臨した地
『雨が降りる里(天降里:あまもりのさと)』と称し
のちに『雨森』の字をあてた

P150540.jpg
御本尊は清水寺式の千手観世音菩薩立像でした。
脇侍の毘沙門天・不動明王と三尊で天台宗の古制
明治12年に火災にあい、翌年比叡山より勧請

別名『袋掛け観音』といわれるそうですが
謂れはお聞きしませんでした。
P150538.jpg
上に挙げた手に阿弥陀如来がおられますが、見切れた
P150539.jpg
不動明王
P150541.jpg
毘沙門天はお顔がゴツゴツしててちょっとコワイ。
胴体ともアンバランスだし、後からくっつけてるのかな?
P150543.jpg
お厨子の彫刻の鹿が美しい
P150542.jpg
そのほか薬師如来立像、伝弁財天坐像などが祀られていました。
御朱印と念持仏カードをいただきました。
墨書きでした
P150589.jpg
それから保延寺(ほうえんじ)阿弥陀堂へ
P150544.jpg
隣接する白山神社の神宮寺だったと考えられています
P150545.jpg
撮影OKでした。
白鳳時代の寺の屋根瓦や古銭などが大量に発見され
早くから仏教文化が根付いていたことが確認されています
3体の阿弥陀如来坐像を安置
最澄が己高山(こだかみやま)を再興する際自彫した像?
中尊と向かって右の像は定印 室町時代作
左は来迎印 江戸時代作 とみられる

P150548.jpg
御朱印いただきました。
念持仏カードは作成されてない(次回かな?)
P150597.jpg
保延寺観音堂は台風の被害を受け
御本尊の千手観音菩薩様は阿弥陀堂での公開になりました。
小谷城落城の折、戦死した武士の菩提を弔うために建立
浅井氏ゆかりの像 大和国の長谷寺より移されたと伝わる

こう言っちゃなんですが
ちっちゃくて、ちんちくりんで、愛嬌ある
今回参拝した中で1番印象に残ったかも
10/23~びわ湖長浜KANNON HOUSEへご出張のようです。
P150546.jpg
FBでちょっと質問してみました。
合掌してらっしゃる手の下の
黒くて平べったい持ち物は宝鉢(ほうはつ)というんだそうです。
しかもその手は合掌手・宝鉢手というそうな。
今までいろんな千手観音さまをお参りしてたのに
何を見てたんだか

御朱印と念持仏カードをいただきました。
P150590.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-17

18.10.14 観音フェス2

続いて巡回バスに乗り込んで、井口の理覚院
P150517.jpg
理覚院はこの地を治めた豪族・井口氏の菩提寺です
観音堂には御本尊の聖観音立像と十一面観音立像
百体観音像(西国・坂東・秩父のうつし霊場)が安置されています

撮影OKでした。
P150524.jpg
小さめの聖観音様 眼力強め
P150522.jpg
十一面観音様見逃したかも
西国のうつし霊場はよく見かけますが
坂東・秩父はこの辺ではあまり見かけないかな。
後ろ向きに観音様がおられました。 板東17番万願寺
P150518.jpg
こちらは舟に乗ってる。 板東8番星谷寺
P150520.jpg
こちらは踊ってらっしゃる。 板東11番長楽寺(今の札所寺院とは違うよう)
P150521.jpg
御朱印と念持仏カードをいただきました。
何観世音?
P150585.jpg
お隣の本堂も公開されていました。
植木鉢っぽくないゴージャスな宝冠の大日如来さま。
P150525.jpg
涅槃図が掛けられていました。
P150526.jpg
ナマケモノっぽいのがいる。
P150527.jpg
その他、不動明王や愛染明王などもおられ
曼荼羅や十王図も掛けられていましたが
他の参拝者さんが写ってしまうので撮影できず。
小堀遠州作と伝わる庭園があるそうですが見逃した

それから日吉神社へ
P150529.jpg
境内に円満寺があります。
P150535.jpg
日吉神社阿弥陀堂とも称されているそうです。
P150533.jpg
御本尊の阿弥陀如来
P150532.jpg
左側に十一面観音と
P150531.jpg
地蔵菩薩
P150534.jpg
右側には歴史民俗資料館に展示されている
日吉山王二十一社本地仏のパネルが展示されていました。
御朱印と念持仏カードをいただきました。
墨書きでした
P150586.jpg
道を挟んだ向かいにある鐘楼は
滋賀県内で最も古い鐘だそうです。
P150530.jpg
のベンチ
P150528.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-16

18.10.14 観音フェス1

10/14は高月観音の里ふるさとまつりでした。
もう34回も続いてるんですね。
私は今年3回目の参加。
今年もRさんにご一緒していただきました
チラシ
今回初めて巡回バスを利用しました。
1日乗り放題で¥1,500(各お堂の拝観料込み)
を申し込んだ時にいただいたパンフの中に
各お堂の簡単な紹介が書かれた用紙が入っていたので
ここから抜粋してblog書きます。

まずは近くなので徒歩で高月観音堂(大圓寺)へ。
P150511.jpg
撮影OKでした。
P150512.jpg
御本尊は室町時代作で
兵火から逃れて岩の上に立たれたとされ
火除けの観音さまとして広く信仰されています

P150513.jpg
世話役さんが
「左から見ると女性的な優しい顔に見える」と仰ってました。
確かに正面からとは違った表情に見えますね。
P150516.jpg
御腹籠観音さま
昨年も気になって写真撮ったんだけど
ブレてたので再度
肩にしがみついてるのが愛嬌ある
P150515.jpg
不動明王、毘沙門天、弁財天なども祀られていました。
御朱印は昨年いただいたのでスルー。
今年から新たに
念持仏カードなるものを作られたそうです(1枚¥200)
表面は仏像の写真
裏面には仏像のいわれや周辺の歴史などが書かれています。
念持仏カード
こういうの、すぐ乗っちゃうタイプ
売上はお堂の維持管理に使われるそうなので
『目指せコンプリート!』でじゃんじゃん協力しましょう
P150584.jpg
朝一でこちらに伺ったのには理由がありまして
ふるさとまつりのことを検索していて
地域おこし協力隊つっしーさんのblogに辿り着き
こちらで紹介されてたお堂型フォトフレームが気になりまして
『実物を見てみたい』と。
20個しかないとのことだったので朝一に行ってみました。
実物見たら即決ですよ ¥3,500
P150583.jpg
御開帳~ 写真付きでいただきました。
P150603.jpg
屋根の前方が微妙に長いとことか、芸が細かい
P150605.jpg
沢山入れられるので
今までに貯まりに貯まったポストカードの
保存箱として利用できるのが購入の決め手。
P150604.jpg
その前に、ちょっと遊びで阿修羅さまを入れてみた
飾り気がなさ過ぎて殺風景やね。
P150606.jpg
とりあえず
あっちこっちに散らばってるポストカードをかき集めて
写真立を置く場所を作らないと。
いい買い物ができて朝から大満足


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-10-12

18.10.8 神峯山寺

地下鉄 今出川12:09→12:19京都 ¥260
JR 京都12:30→12:42高槻
市バス53系(原大橋行)12:51→13:15神峰山口(かぶさんぐち) ¥220

月イチ仏像ガイド神峯山寺(かぶさんじ) ¥4,500
バス停の前にある案内板で少しお話を聞きました。
根本山神峯山寺・北山本山寺・南山安岡寺の3つのお寺で
北摂三山というそうです。
神峯山寺の寺伝では
本山寺は神峯山寺の奥の院ということになっているそうですが
本山寺のほうは元から別のお寺だと否定しているそうです。
(霊雲院という寺名がある)
P150476.jpg
ここから20分ほど徒歩。
道中、稲刈り・はざ掛けの景色
能登でも見かけましたが
今でもこうやって乾燥するところがあるんですね~。
それに稲刈り遅い。
P150477.jpg
こんな参道を登りまして(車ルートもあり)
P150478.jpg
勧請掛(かんじょうがけ)
長岳寺(奈良)で聞いたお話のおさらい
聖地との境界、掛け物が12本、ドーマン(格子状)、樒(しきみ)
七五三という数は何の数だったか? しきみ?
12/25頃に新しいものを掛ける
年始初寅の日に垂れ下り具合で吉凶を占う
石碑 鴻池善右衛門(こうのいけぜんえもん)寄進
P150479.jpg
金毘羅飯綱大権現(こんぴらいずな)
金毘羅=水の神、飯綱(天狗)=山の神 両方をドッキング
金毘羅童子が4体の毘沙門天を役行者にプレゼント
諸天魚山、鞍馬寺、信貴寺(朝護孫寺)、本山寺の本尊となった
P150481.jpg
台風21号の影響で倒木が多く
当時は通行止め、停電もしていたそうですが
今は車も通行できます。
後でお聞きした話によると
「今までは災害が免れてきたけど
新しい高速が出来て風の流れが変わったのではないか?」
と仰ってました。
人もお堂も目立った被害は無かったそうです。
G_8117.jpg
役行者 笈掛石
七高山と呼ばれた近畿の霊場の1つ
神峰山の他は比叡山・伊吹山・比良山・葛城山・金峰山・愛宕山
七高山阿闍梨 国家安泰祈願
P150482.jpg
日本最初毘沙門天と書かれています。
P150503.jpg
神仏習合で狛犬がおられます。
P150485.jpg
P150484.jpg
仁王門
吽形は修復中でお留守
P150486.jpg
舟みたいな形のお浄水
P150487.jpg
もみじの参道 素敵です
P150500.jpg
化城院(護摩堂)はスルー
P150488.jpg
私が知らなかっただけですが
想像してたより大きなお寺さんでした。
役行者が開山、開成皇子が創建
P150489.jpg
本坊
P150491.jpg
仏様の前できちんと掌を合わせ願い事をするということで
拝観ではなく『拝仏』と言っているそうです。
事前予約をすれば普段から拝仏できるようです。
P150490.jpg
本堂に移動して祈願法要。 撮影禁止
妙鉢っていうんでしたっけ? シンバルみたいなの。
それをデュルルンって震わせるのがめっちゃ上手って思いました

事前に名前をお伝えしてあり
名前を読み上げて守護符を御祈祷してくださいました。
指パッチンしたり、金剛杵を振ったり
最後には真剣でエイっとやってくださいました。
私のためにお祈りしてくださってる感があり
とてもありがたかったです
P150507.jpg
副住職の声明が美声と参加者さんが絶賛してました。
私も分からないながらも
お堂に響き渡る美声に聞き惚れてました
「念彼観音力」しか聞き取れてないけどね
「しょてんやざん」とメモしてましたが
「諸天 魚山」かな?

今回の仏像ガイドは30名参加ですが
本堂には15名ほどしか入れないため2グループに分かれます。
私は後の方で、本坊でお菓子をいただきながら待機。
入れ替わりで拝仏。

本堂には横ではなく縦に3体の毘沙門天が祀られています。
内陣に在家の神様として信仰されてきた毘沙門天
中内陣に僧侶が自身の修行のためご本尊として祈る双身毘沙門天
内内陣に国を護る神として武将より手厚く信仰されてきた兜跋毘沙門天
勝利の神として楠木正成・足利義満らが信仰
この3体すべてが神峯山寺のご本尊だそうです。
ご本尊の3体の毘沙門天は秘仏のため
お目にかかることはできませんでしたが
兜跋毘沙門天像は年に1度、11月にご開帳されます(今年は11/23)

内内陣は土壁(蔵のような作り)なので
もし火事にあっても燃えないと仰ってました。
中央のお厨子に入っておられるのは兜跋毘沙門天像
左に阿弥陀如来坐像(重文)
がっしりしていなくてスマート 天台系の元々のスタイル
でもお腹がぷっくりしてる
病魔を退散さる御利益があるそうです。
右に聖観世音菩薩(2体:重文)
観音様の横のお厨子には手をクロスして胸に当てている開成皇子像

内陣厨子の裏側には小さめの千手観音菩薩坐像
内陣には如意輪観音様や、宇賀神(厨子内)などが祀られていました。
今HPの画像見てたら剣の護法がめっちゃ可愛いんだけど
こんなんいたっけか? 見逃した

御朱印は5種あるそうです。
御本尊でいただきました。 達筆
P150506.jpg
本堂
P150492.jpg
P150493.jpg
曲芸
P150494.jpg
開山堂はスルー
P150495.jpg
釈迦堂
お釈迦様には珍しく指を輪っかにする印相(説法印だっけ?)
P150496.jpg
上の方に九頭龍神堂があり、下が滝行をする九頭龍滝
水流れてないっぽい。
神聖な場所なので立入禁止
P150498.jpg
バスの時間になったのでこれで終了でしたが
北摂三山でまた伺いたいなと思いました。
G_8119.jpg
市バス 神峰山口 16:26→16:50 ¥220
帰りに多賀大社のライトアップに寄るつもりだったんです。
彦根でJRから近江鉄道に乗換え
7分あるはずがJR6分遅れ
『近江鉄道初めて乗るのに1分で乗換え出来るのか?
これを逃すと30分待ちだし』
と考えたら行く気が失せちゃって
彦根で降りずにそのまま帰りました。
JR 高槻17:17→18:37長浜18:41→19:12新疋田

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター