FC2ブログ
2018-09-29

18.9.17 須須神社・須受八幡宮・羽黒神社

それから須須神社へ。
いかにも『海の安全を守ってますよ』ってな立地です。
P150355.jpg
二の鳥居の横に村上元三句碑があります。
義経は雪に消えたり須々の笛
「源義経」のテレビドラマ化の際
原作者の歴史小説家・村上元三氏が
義経伝説の残る須須神社を訪れて詠んだ句の記念碑です。

P150357.jpg
木々が生い茂り、神々しい雰囲気ありあり
P150359.jpg
いただいたパンフレットに
『鬼門の守護神』と書いてありました。
例えば山家神社さんなら上田城の鬼門 とか
○○の鬼門の守護神なら分かるけど
『こちらはどこの鬼門か書いてないな』と思ったら
日本全体を守護してくれてるんだそうです
スケールが大きすぎる。
P150362.jpg
脚太狛犬ちゃん カワユス
P150363.jpg
検索したら、こちらは高座宮で
近くにある金分宮と合わせて須須神社と呼ぶそうです。
寄ればよかったな
P150361.jpg
御祭神は高座宮が天津日高彦穂瓊瓊杵尊
金分宮が木花咲耶姫命
奥宮が美穂須須美命  ということみたいです。
P150364.jpg
本殿
P150365.jpg
秘宝めぐりで宝物殿を拝観させていただきました(館内撮影禁止)
予約した時は年配の男性(宮司さん?)だったのですが
当日対応してくださったのは20代と思われる若い女性でして
説明も上手で、よく勉強してらっしゃるなと感心しました
(なに目線
P150366.jpg
社伝では第10代崇神天皇の治世(紀元前97年~29年)に創建
天平勝宝年間(749年~756年)現地に移転したとされる。

今の場所に遷座してから1200年以上経ってるんですね~。

中央に一列に並んでらっしゃるのが
木造男神坐像5躯(鎌倉後期:重文)
持物・膝部の矧木は全て欠失
1体だけ髭の無い男神さまはお若いのではないか
とのことでした。
すず観光ナビネットより
須須神社男神像
蝉折れの笛と弁慶の守刀
文治3年(1187年)源義経が兄頼朝に追われ奥州平泉へ下向の際
須須岬沖合で時化に会い、無事難をのがれた御礼として
平家の名宝とも伝えられる義経愛用の笛と
弁慶が寄進した「左」銘入り の守刀です。

須須神社笛・守刀
法華経八巻
文明12年(1480年)蓮如上人の奥方真如院(幼名蓮能)が16歳の時
父の七回忌を祈念し納経されたものです。

神仏習合という言葉でピピっときて
「仏像なんかもあったんですか?」とお聞きしたら
別当寺にあったが今は無いとのことでした。
でも検索によると高勝寺(現在は翠雲寺)が須須神社の別当寺で
弥勒菩薩・阿弥陀仏・延命地蔵が残ってるらしいです。
(拝観できるかは不明)

翁面(古珠洲焼)
素焼きで手のひらサイズの小さな面でした。

絵図で、常夜灯があった場所に禄剛埼灯台ができたこと
空中展望台に向かう道の反対側に奥宮の登り口があること
などを教えていただきました。
「奥宮はで行けますか?」とお聞きしたら
はムリですね。で1時間くらい」
とのことでした。
1時間はキツいな
けど石川県神社庁HPには標高172mって書いてあるんだよね。

御朱印もこの女性が書いてくださいました。
字もキレイ
P150411.jpg
この後、もう1ヶ所くらい寄れそうだけど
禄剛埼灯台か須受(すず)八幡宮かどっちにする?ってなって
須受八幡宮に行ってみました。
(灯台は登りの歩きがキツいから
P150393.jpg
境内広々としていて、立派な拝殿が建っています。
御祭神は、品陀和気命・息長帯比売命・比売大神 外五神
P150394.jpg
扁額ではなく、山号のようなものが掛けられていました。
P150395.jpg
見にくいですが、こちらが本殿
P150397.jpg
こちらに伺った3日前になる9/14・15に
正院キリコ祭と奴振が開催されたそうです。
P150396.jpg
この時点で16:45
社務所が閉まっていたので
境内をお掃除されてた女性に(奥様かな?と思って)
御朱印いただけるかお聞きして
すぐ目の前の宮司さんのお宅を教えていただきました。
待ってる間に町内放送で七つの子が聞こえていて
「5時なったし、これで終了やね~」と話してました。
P150412.jpg
無事御朱印いただき
先ほどの女性に「ありがとうございました」とお声かけしたところ
「これからどこか行かれるんですか?」と聞かれたので
「もう5時になっちゃったし時間切れですね」と答えたところ
「この道を真っ直ぐ行ったところに羽黒神社があって
宮司は兼務社のお祭でいないけど
印を預かってるから御朱印書けますよ」と教えてくださり
近くだということで、そのまま歩いて行ってきました。
途中、廃線になった線路の跡と思われる場所があり。
ノスタルジー
P150398.jpg
すれ違うおばさま方と挨拶を交わすことはままありますが
男子高校生3人組に「こんにちは」と声を掛けられたのは
なんか新鮮でした
いい子に育って、おばちゃん嬉しいよ

突き当たりに羽黒神社
P150399.jpg
御祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
今年三神合祭殿再建200年で特別公開をやっている
羽黒山出羽神社からの御勧請だそうです。
山形へは行けなかったけど
こちらでお参りできたのもご縁ですね
P150400.jpg
お隣は授与所ではなく斎館(集会場?)
P150401.jpg
貼紙がしてありました。
御朱印めぐりのパンフに
「授与所(多分宮司宅)は離れたところにあります」
と書いてありましたが
須受八幡宮の宮司宅のお隣のようです。
P150402.jpg
須受八幡宮に戻り
先ほどの女性に「どうぞおあがりください」と案内されたお宅は
須受八幡宮の宮司宅と並びの別のお宅でした。
須受八幡宮の奥様じゃなかったのね
しかも玄関先じゃなくてお部屋にあげていただき
お茶とお菓子まで用意してくださってました
絵入り御朱印をいただく際は
時間が掛かるからお部屋に上げていただくこともありますが
神社で御接待していただくのは初めてじゃないかな?

お茶をいただきながら
奥様とお母様と暫し歓談。

こちらは羽黒神社の禰宜さんのお宅だそうです。
うんと、羽黒神社の禰宜さんの奥様が
須受八幡宮のお掃除をされてたってことになるのかな?

柳田大祭が雨で中止になったことをお話すると
今日○○(どこか忘れちゃった)でキリコ出ると教えてくださったのですが
キリコ祭は夜遅いからね。
それ見てたら帰れなくなっちゃう

この日スルーしてしまった塩田はお母様のご実家で
皇太子さまが何度も訪れているとか
奴振当日取材が来ていたが
ニュースじゃなくて天気予報のバックで流れてたとか
キリコ祭は地元の方だけでは担ぎ手が足りなくて
大学生とかに担ぎ手を募集するんだけど
夜のお祭だから宿泊場所を用意するのが大変とか
いろいろと面白いお話をお聞きすることができ
能登旅行最後に良い思い出ができました

由緒書き付の書置き御朱印をいただきました。
P150416.jpg
食べきれなかったお菓子も
お持ち帰りでいただいたのですが
帰って食べたらすごい美味しくて
どこのかチェックしちゃったよ。
シュークルグラス 能登大納言焼

能登の皆さんは優しくてフレンドリーで
ファンになっちゃいました。
今回行けなかった所もたくさんあるし
友達と「また来ようね」と話してました。
お昼のビーフシチューが思いのほかお腹にたまって
夜あまりお腹が空いてなかったので
ノンストップで帰ったら3時間で帰ってこれました。
長野よりは近いとわかった

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-28

18.9.17 キリコ会館など

続いて輪島キリコ会館へ。 ¥620
キリコとは切子燈籠(きりことうろう)の略だそうです。
P150349.jpg
入ってすぐにズラリと並んだキリコは
輪島大祭で実際に使われているキリコだそうです。
電線などの関係で小型化しているそう。
総輪島塗
P150323.jpg
まれキリコは土屋太鳳ちゃんのサイン入り。
P150348.jpg
奥の展示は昔のキリコ。
1番左の不退転と書かれたキリコは
ドラマ内で太鳳ちゃんが担いだキリコだそうです。
『何事にもめげない不屈の精神』という意味
P150326.jpg
1番大きなキリコは輪島市指定文化財の中島屋大切籠で
全高12.3m
屋根に鯱が乗っていて、内側は鳳凰の絵
吉祥文字で蒙福徳と書かれていて
『人徳ある人柄が幸せをいただける』という意味だそうです。
お隣の大キリコは全高12mで
徳恩聖は人徳・恩義・清らかな心を表し
能登最古(江戸後期)のキリコだそうです。
P150338.jpg
こちらのキリコは飾りが神事っぽくて好み
P150342.jpg
2Fは吹き抜けで、スロープの空中回廊になってます。
キリコは後ろ美人といわれていて、裏側も注目
左のお不動さんみたいな絵
お股のところにキツネっぽい顔があるの
私が「どこに描いてあるんやろうの」と言ったら
友達が
「野暮なこと言ったらアカン。あそこには魔物が住んでるんやで。」
やって
P150331.jpg
3Fは展望ロビー
大松明が突き抜けてます。
P150346.jpg
おっきいね~
P150347.jpg
『山車(キリコ)はお祭で見てなんぼ』と思ってましたが
結構楽しめました

それから道の駅千枚田ポケットパークへ。
千枚田で採れたコシヒカリを使ったおにぎりが美味しいらしい。
白米千枚田
『はくまい』じゃなくて『しろよね』
P150277.jpg
晴天ではないけど、まずまず
土屋太鳳ちゃん・山崎賢人くん・小泉進次郎さんなど
有名人のオーナー田があるらしい。
P150276.jpg
稲刈りするのか
おんちゃんたちが上の方に軽トラ乗り付けてました。
こちらは夕日スポットだし
冬季はLEDであぜ道を彩る『あぜのきらめき』があるので
やはり夕方以降がオススメ。
P150281.jpg
すず塩田村を素通りし
しお・CAFEへ。
(テラス席にお客さんがいたので看板だけ)
P150350.jpg
海の真ん前です。
バス停も目の前にあるので
公共の乗り物でもアクセス良(でも1日3便らしい)
P150351.jpg
ランチは無かったけど
奮発して能登牛ビーフシチューを注文 ¥2,808
スプーンで千切れるくらいお肉が柔らかくて
めちゃウマでした
いしかわ地サイダー4種の中からしおサイダーを注文 ¥324
瓶で出てきたので飲み切れなかった分お持ち帰り。
P150353.jpg
しおゼリー付
中の白い動物は杏仁豆腐かな?
P150354.jpg
こちらのスタッフのお兄さんね
めっちゃイケメン
窓とか開けっぱなしのオープンなカフェなので
虫が入ってくるのは仕方ないんだけど
自分の席に飛んでくるとやっぱ『うぇ~』ってなっちゃうよね。
そしたらすっとティッシュで採ってくれたのよ。
男の人でも虫嫌いな人いると思うけど
一緒になって「嫌ぁ~」とか言ってる人はダメで
採ってくれたら惚れてまう
って友達に言ったら
「あんた理想低すぎ」と言われてしまった
あ、虫採ってくれたからだけじゃなくて
見た目もマジのイケメンでしたよ

それから能登半島最先端といわれる
禄剛崎(ろっこうざき)灯台もスルーして
空中展望台スカイバードと青の洞窟へ。
泊まりじゃないと奥能登まで来れないもんね~。
共通券¥1,500となかなかのお値段ですが
もう2度と来れないかもしれないから(大袈裟
折角なので体験してきました。
P150369.jpg
の形した橋が崖からせり出してます。
結構揺れるし、ビビるよ
P150372.jpg
下は洞窟露天風呂が人気のランプの宿です。
(顔隠してないけど画像小さいから見えないよね?)
P150370.jpg
洞窟入る時でいいのに前のめりでヘルメット被ってる
友達が立ってる辺りが
能登半島最先端『聖域の岬』
P150377.jpg
案内板にそう書いてあるのよ。
禄剛崎じゃないの? 同じくらいの位置?
P150391.jpg
ヘルメットを被り急な坂道を下ると、青の洞窟の入口
P150381.jpg
日光の差し具合によっては実際に青く見えるようですが
今は青色LEDに照らされて
P150382.jpg
いつでも青く映ります。
(肉眼ではここまで青くはなかった)
P150385.jpg
青くなくたってパワースポットには変わりないんですけどね。
約500万年かかって出来たと言われているパワーホールが点在し
長野県(分杭峠)、山梨県(富士山)と並ぶ日本三大パワースポットの1つです。
ここには地球規模のサイクルで岬に集まる『大地の気流』と
南からの海流(対馬暖流)、北からの海流(リマン寒流)が
波状的に集結して交わる“自然界のパワー”が集中する場所であり
世界的にも珍しい地形と言われています。

国引き神話が由来じゃないのね。
この洞窟、船隠しの洞窟という別名もあります。
源義経一行が強風にあい、たどり着いたのがこの洞窟で
中で波が静まるのを祈り、全員無事に就航することが出来たそう。


入口の券売機のところでスタッフの方に
「波打ち際の白い石を願い事をしながら1つ拾うと願いが叶う」
と教えてもらったので、ちゃんと拾ってきました。
で、戻ってきたら別のスタッフさんから私が持ってる石を見て
「バッチリです」と声を掛けられました。
こちらのスタッフさんは皆さんフレンドリー
『日本三大パワースポットって言ってもこんなもんか』
という感想を持つ人も多いでしょうが
スタッフさんの好印象で私の評価はUP
P150392.jpg


続く、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2018-09-27

18.9.17 重蔵神社など

2日目は朝一で朝市(ダジャレ
P150287.jpg
小学生くらいの時に親に連れられて来たような気がしますが
全く記憶にございません
P150298.jpg
まずは重蔵神社産屋
輪島大祭(キリコ祭)の御仮屋(仮宮)だった場所だそうです。
P150289.jpg
由緒に書かれた鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)ですが
お父さんは山幸彦で、お母さんは豊玉姫じゃないの?

御柱(みはしら)が立っていて、一人の場合は
自分の干支を右手を触れて右回りに1周と願いが叶うそうです。
P150290.jpg
鵜の羽を模してるのかな?
P150291.jpg
御朱印2種いただきました。
左は能登地震の復興奉賛です。
こちらもまだ完全に復興はされてないんですね
P150409.jpg
見開きサイズの書置きはスルーしちゃったけど
もしかして夏祭り限定のヤツだったかな。
キリシマツツジの御朱印帳がめっちゃ好みで
随分迷ったけど、今溜まりすぎてるから今回はガマン。
友達はご購入。
ハーバリウムの花守も可愛かったです。
スタッフさんがすごい親切でした
P150288.jpg
えがらまんじゅうを食べ歩き
P150292.jpg
永井豪記念館へ。 ¥510
P150293.jpg
最初の部屋だけ撮影OK
P150295.jpg
幼稚園の時キューティーハニーが好きだったな。
(あと魔女っ娘メグちゃん)
P150296.jpg
奥の2部屋には原画や等身大デビルマンなどが展示されていました。
ショップで売ってたキューティーハニーのグッズが
タッチが全然違って萌えキャラになってて
『コレじゃない…』ってなった。

うち、干物とか焼き魚があまり好きじゃないから
朝市らしいものは何も買わなかったんだけど
la revesで輪島プリンなるものを買ってみた。
プレーンとゆずぐると @¥380
おいしゅうございました
夏季限定の能登すいかもあったよ(塩で味変するんだって)
G_8067.jpg
こちらは中浦屋の系列店だそうで
偶然入ったわいち本店さんで
「プリンも御購入いただいたんですね~」と声かけられました。
P150300.jpg
柚餅子(ゆべし)というのは
柚子の中身をくり抜いて
明かりが透けるくらい薄い外皮だけの入れ物にして
餅だねを詰めて蒸して半年自然乾燥させるという
手間隙掛けた和菓子です。
和菓子なんだけど、薄くスライスして
チーズやサラダと一緒に食べてもよいとパンフに書いてあった。
柚子まるまる1個の丸柚餅子はなかなか高価ですが
柚餅子アイスは¥432
味は干し柿に似てるかな。
食感はグミっぽいんだけど
なんかこんなの食べたことあるんだけど、思い出せない
P150299.jpg
総持寺祖院の辺りでは○のマークを見かけましたが
こちらは○に一でした。
だから『わいち』か
P150285.jpg
それから重蔵神社へ。
P150301.jpg
P150302.jpg
お参り
P150303.jpg
ベロちろと
P150305.jpg
垂れ耳
P150304.jpg
拝殿と本殿は離れてるタイプ
P150315.jpg
福うさぎはお餅みたい
P150309.jpg
要石はなまずじゃないのね
P150310.jpg
御朱印いただきました。
P150410.jpg
月替わりの花御札 長月は菊ですが
葉月の撫子もまだ少し残っているとのことで
両方いただきました。
P150415.jpg
八社巡り御朱印もありましたが今回はスルー。
P150306.jpg
小学生が太鼓の練習をしていました。
お祭りがあるのかな?
小さい体で迫力ある音出てましたよ(女の子も)
P150320.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-26

18.9.16 柳田大祭

宿に向かってる途中にまた降ってきちゃいました。
今回のお宿はセミナーハウス山びこさん。
P150257.jpg
ランチがだけだったのでお腹ペコペコで
早速夜ご飯いただきました。
能登牛ロースト鉄火丼or猿鬼丼を選べたので
猿鬼丼にしました(能登牛は他でも食べれそうなので)
G_8055.jpg
そんでもって温泉に浸かってまったり
浴室のシャワーは3つしかないので
他の人が入ってこなくてよかったよ。

時間まで部屋でくつろいでいたのですが
上の階の家族連れがドスンドスンと
天井が抜けるんじゃないかと思うくらい大暴れしていて
私が「安い宿には安い客しか来んのやわ」と言ったら
友達が「それにしても!」と怒ってました

22:00ごろ白山神社へ。 止まず。
P150260.jpg
柳田大祭は能登に数あるキリコ祭の発祥とされているそうです。
P150263.jpg
拝殿は夜祭神事で関係者が沢山詰めていて
お参りもままならず。
P150269.jpg
翌日午後からは御神輿が出動
P150268.jpg
22:30頃からこの細い道を通って御旅所へ向かうそうですが
P150271.jpg
「今年は動かん。こんで終わりや。」
との話し声が聞こえてきました。
で、帰ろうとしたら太鼓の音が聞こえてきたので慌てて戻り。
運行は中止だけどお囃子はお披露目してくれたみたい
[広告] VPS

今度こそ帰ろうと歩き出したら花火が
あまりの近さと迫力にビックリ
P150403.jpg
御旅所辺りから打ち上げてるようですが
住宅に火の粉がかかってるんじゃないかな?
それにこんな遅い時間(22:30頃)に花火して
文句が出ないあたりが『お祭り騒ぎが大好きで』ってヤツですね
尺も大きいし、何発も打ちあがって見事でした
今年初、まともに花火見たわ。
血が騒いで寝られんくなってまうって

翌日、前を通ったので改めて参拝し
P150275.jpg
社務所で御朱印いただけるかお聞きしたところ
やってないとのことでした。


続く、、、

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2018-09-25

18.9.16 地福院・穴水大宮

それから地福院へ。
P150230.jpg
こちらも要予約なのですが
「今から伺ってもよろしいですか」としてOKいただきました。
P150237.jpg
小高いところにあり、中居湾が一望できます。
P150232.jpg
キリシマツツジの季節にオープンガーデンをされているようです。
町指定天然記念物の羅漢樹
P150236.jpg
撮影OKでした。
P150231.jpg
高野山真言宗瑞鳳山。御本尊は弥勒菩薩。
P150235.jpg
秘宝めぐりの特別公開は両頭愛染明王像
不動明王と愛染明王の2つの顔があります。
珍しいですね
P150234.jpg
御朱印いただきました。
待っている間にお茶とお菓子をいただきました
P150407.jpg
この辺りは鋳物で栄えたそうで
さとりの道沿いにお寺が密集していますが
突然参拝するには入りにくい雰囲気だったのでスルー。
P150239.jpg
P150240.jpg
神杉伊豆牟比咩神社(かみすぎいずむひめじんじゃ)はお参りだけ
P150241.jpg
地福院さんはこちらの別当寺だったそうです。
P150242.jpg
御祭神は伊豆牟比咩命・大名持命・三穗津比咩命
P150243.jpg
かつては六所宮と呼ばれていたそうです。
左は遷座一千年由緒之碑
P150244.jpg
情報(丸々コピペで申し訳ありません
数年前に前宮司がお亡くなりになってから
次女が継いだそうだが現在不在がちということで
珠洲の須受八幡宮に嫁いだ長女に対応いただいた。
当社は境内に幼稚園を経営しており
そちらの手伝いもあるので電話してから訪問した方が確実です。

せずに伺ったので、お留守は止む無し。
翌日須受八幡宮に参拝したので
神杉神社の御朱印もいただけるか確認したところ
「印が無いので」と丁重にお断りされました
P150245.jpg
それから穴水大宮へ。
16:15ごろ到着。
P150248.jpg
西行法師の歌碑がありました。
立ちかえり 辺津の入江に舟とめて いくたびも見む 能登の島山
なぜにこちらに西行法師?
P150247.jpg
正式名称は辺津比咩神社(へつひめじんじゃ)というそうです。
P150249.jpg
本殿は覆い屋の中
P150253.jpg
パワースポットって書いてあったけど、どれが?何の?
こちらの能登ひめ鏡がそうみたいです。
P150252.jpg
御朱印いただきました。
字のバランスが特徴ありますね~。
P150408.jpg
ナビがまた神社の裏に案内したので
停めさせてもらった道の駅あなみず
道の駅というか、隣にほんまもんの駅があります。
P150255.jpg
遠藤関はこちらの出身だそうで
パネルが展示されていました。
P150256.jpg
地福院さんで中居湾を見下ろした時に
『何かあるな』くらいでスルーしてたのですが
化粧まわしや道の駅のスタンプにデザインされてるこちら
ボラ待ちやぐらというそうです。
手前の浮は牡蠣棚みたいです。
P150232-2.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-24

18.9.16 来迎寺

それから穴水町の来迎寺(らいこうじ)へ。
P150205.jpg
15:00で予約していたのですが
龍護寺に行けなかったのでまいてしまい
14:00に変更してもらいました(それよりも早く13:45に到着)
山門
P150206.jpg
長谷部信連お手植えと伝わる樹齢600年超えの来迎寺菊桜
花弁の数が多いものだと300枚を超えるといわれているそうです。
P150229.jpg
P150207.jpg
真言宗の古刹で、嵯峨天皇の勅願により814年創建
当初の寺名は勅定山青竜寺
平安末期、平家物語に登場する武将・長谷部信連の祈願寺となり
江戸時代に宇留地関寺の阿弥陀如来を本尊として迎え
寺号を来迎寺と改めました。

P150208.jpg
P150228.jpg
撮影OKでした。
P150218.jpg
御本尊の阿弥陀如来は定印の坐像です(平安末期)
P150220.jpg
P150221.jpg
P150222.jpg
左が円山応挙が描いたとされる幽霊図
家族に気味悪がられて、お寺に預けられたそうな。
乳飲み子を残して亡くなった母親の幽霊だそうで
胸に手を当てる仕草でそれを表しているそうです。
右は古物商がこの絵を手に入れてから
商売が上手くいかなくなったので供養を頼んだところ
上手くいくようになったので
そのままお寺に置いて行ったそうな。
P150215.jpg
嵯峨天皇御親筆勅額
P150217.jpg
本堂右横に護摩堂があり
秘宝めぐりの企画で内陣拝観できました。
青龍寺時代の御本尊の不動明王立像
P150210.jpg
特別公開の延命普賢菩薩もこちらにおられました。
P150209.jpg
閻魔像なども祀られていましたがピンボケ
P150211.jpg
心字池
池の形が心になっていて、中の島が亀
池の外側に立つ白い石を鶴に見立てているそうです。
回廊から続く観音堂
信連が高倉天皇から賜った観世音菩薩像は
33年に1度の御開帳だそうです(前回は平成10年)
P150213.jpg
庫裏に繋がるお部屋に花嫁のれんが掛けられていました。
紫で鶴の柄はお婿さんに行く時に持って行くものだそうで
正確には花婿のれん?(いただき物だそうです)
P150223.jpg
キリコの模型や
P150227.jpg
手毬が飾られていました。
P150225.jpg
加賀手毬を飾っていたら
佐渡や滋賀からの参拝の方が持ってこられたそうです。
絹糸で色が鮮やかなのが加賀手毬だそうです。
P150224.jpg
御朱印いただきました。
P150406.jpg
「どちらから?」「福井です」のお決まりの話題から
若狭のお寺の話になり
高浜町の中山寺の先代のご住職は
こちらのお寺のご出身なんだそうです。
そして中山寺の先代ご住職と馬居寺のご住職はいとこ。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-23

18.9.16 総持寺祖院

総持寺祖院 拝観料¥400
(公式サイトはメニューバーが崩れてるっぽい)
お堂内も全て撮影OKでした
三松関
P150162.jpg
本山が横浜に移ったのは明治31年の火災の後(明治44年)なんですね。
もっと昔かと思ってた。
P150165.jpg
えっと、どちらさま?
P150163.jpg
経蔵
P150167.jpg

P150169.jpg
山門は来年まで修復中。
平成19年の能登半島地震の影響がまだ残ってるんですね
P150170.jpg
白山妙理大権現
分かりやすくパワースポットと書かれた駒札がありました。
P150171.jpg
鐘鼓楼
P150172.jpg
僧堂
P150173.jpg
伝燈院
経蔵と伝燈院は大火を免れた江戸時代の建物
登り龍降り龍が見えますね。
P150175.jpg
放光堂
天井画が見事です。
P150178.jpg
法堂(大祖堂) 瑩山禅師(けいざんぜんじ)
P150192.jpg
こちらも彫刻が素晴らしいです。
P150185.jpg
シンメトリー
P150183.jpg
P150181.jpg
寺紋は菊桐紋でした。
P150182.jpg
P150184.jpg
仏殿 御本尊は釈迦牟尼仏
P150193.jpg
山岡鉄舟書の襖
P150188.jpg
大きなしゃもじと
P150190.jpg
すりこぎ
P150191.jpg
仏殿の中は拝観はできませんでしたが
中に売店があり、そちらで御朱印いただきました。
外人のお坊さんが書いてくださいました。
墨書きは太祖常済大師
記念印は桐紋の中に能登半島
P150405.jpg
拝観ルートのに慈雲閣や香積台などが入ってなかったので
拝観しませんでしたが
拝観経路図を見ると工事中にはなっていないので
もしかしたら拝観できたのかも。
P150195.jpg
P150197.jpg
境内の芳春院に『御朱印あります』の貼紙があり参拝。
芳春院とは前田利家公の正室まつのことです。
P150196.jpg
無人販売形式の書置きでした。
P150413.jpg
境内の持寺珈琲でランチ
門前味噌バーガー ¥350
ランチというか、おやつ感覚の小ささ。
値段を見ればそりゃそうだろなんですが
写真ではフツーの大きさのに見えたのよ
P150199.jpg
余談
中国語の口コミのGoogle翻訳
大本山總持寺祖院ビッグマウンテン総持寺寺は先祖代々の家
笑かさんといて!


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-22

18.9.16 櫛比神社など

それから観光的なこともしてみようと
増穂浦海岸道の駅とぎ海街道へ。
P150159.jpg
世界一長いベンチだって(1998年ギネス認定当時)
夕日スポットだし、ライトアップをする期間もあるので
夕方以降のほうがオススメ。
雨も上がっていい景色
P150149.jpg
桜貝だと思って拾いましたが違ったみたい。
道の駅で売ってた桜貝はもっと全体的に濃いピンクだった。
P150158.jpg
岸壁の母の石碑がありました。
モデルとなった端野いせさんが志賀町の生まれだそうです。
P150148.jpg
この後、秘宝めぐりに載っていた龍護寺に行きたかったのですが
要予約でして
何度かしたのですが、お留守のようで繋がらず
当日やっと繋がったら
「午前中は法事でいないので午後からなら」とのことで
この時点では午後に戻れるか分からなかったので
「行けそうだったらまたします」と言ったのですが
午後にかけ直したらまた繋がらず結局伺えませんでした

通りすがりのトトロ岩(立岩の権現さん)を眺めつつ
P150160.jpg
11:20ごろ輪島市の総持寺祖院に到着。
があるのか不明だったのですが
下調べで目の前の門前総合支所に停めたとの情報があり
私もそちらに停めさせていただきましたが
ホントに無断で停めて良かったのか不明。

blogの尺の都合で後から行った櫛比神社を先に投稿。
P150201.jpg
御祭神は大己貴命と少名彦命
注連縄がカラフル
P150204.jpg
御朱印は無人販売形式の書置きでした。
万歳楽土という豊作を祈願する神事が2月に行われるそうです。
P150414.jpg
鳥居の右横に社務所の看板が掛かったお宅があったので
ピンポンしたらもしかすると直書きでいただけたかも?
P150200.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-21

18.9.16 妙成寺

9/16・17は友達と3人で能登へ行ってきました。
今年は能登立国1300年ということで
秘宝・御朱印めぐりの企画があり
折角なのでキリコ祭も見たいなということで1泊してきました。
今回行くところは全て初訪なので
何ヶ月も前から楽しみにしていました
福井IC 7:00→金沢東IC→のと里山海道白尾IC→柳田IC
高速は金沢東までなので¥1,660ですみました
9:00に羽咋市の妙成寺(みょうじょうじ)に到着 拝観料¥500
降ってきちゃいました。
P150101.jpg
妙成寺さんの縁起については
創建と中興の祖・寿福院に分かりやすく書かれています。
なかなか興味深いお話。
浄行堂(じょうぎょうどう)の趣のある手水
P150104.jpg
浄行菩薩は、水があかや穢れを清めるように
人間の煩悩の汚れを取り除いてくれます。
開山日像上人は浄行菩薩の化身と言われます。

P150105.jpg
二王門(重文)
P150102.jpg
江戸時代の加賀藩の書家・佐々木志津麿の揮毫による『金榮山』の山号額
P150107.jpg
P150106.jpg
肥後阿闍梨日像菩薩
P150110.jpg
五重塔(重文)
建立されてから今年で400年だそうです。
北陸唯一の五重塔は高さ34.18m
加賀藩3代藩主前田利常の母・寿福院が願主となり
越前北庄の大工・坂上嘉紹らによって建てられたと伝わります

P150109.jpg
扉3面にこのような彫刻が施されていました。
(後ろ1面は後補された扉のようでした)
P150116.jpg
開山堂
P150112.jpg
経堂(重文)
P150113.jpg
浩妙院の墓
3代藩主利常と珠姫との間に生まれた長女
P150119.jpg
寿福院の墓
加賀藩祖前田利家の側室で、3代藩主利常の母
P150122.jpg
丈六堂
P150124.jpg
迦如来立像 ちょっと窮屈そう
言い伝えによると、羽咋市柴垣の海岸に頭だけが流れ着き
これに合わせて胴体が造られたそうです。
P150125.jpg
閻魔堂
P150128.jpg
なんか笑えるくらいキノコ生えてたわ
P150120.jpg
P150131.jpg
三十番神堂(重文)
加賀藩3代藩主利常が大坂冬の陣に出陣する際
戦勝祈願のために建てられたと伝わります。
毎日交代して国を守る日本の神30体(三十番神)を祀ってあります。

P150137.jpg
三光堂(重文)
P150132.jpg
太陽を表す『日天』月を表す『月天』星を表す『明星天』を安置
P150134.jpg
本堂(重文) 杮葺入母屋造
P150138.jpg
本尊は一塔両尊(お題目が書かれた塔と釈迦如来と多宝如来)四天王四菩薩
P150139.jpg
祖師堂(重文)
宗祖日蓮聖人坐像の左右に
開山日像上人と日像上人の師である日朗上人の坐像を祀っています。

P150141.jpg
迦陵頻伽(かりょうびんが)の欄間
P150142.jpg
本堂を真ん中に、向かって右に祖師堂、左に三光堂という
3つの御堂が横一線に並んでいて(三堂横並びの配置)
近世以前、各地の日蓮宗(法華宗)寺院で見られたようですが
今でも建立当時の姿を残しているのは全国では妙成寺だけです。

仁王門から見ると右側に縦並びですね。
書院(重文)
P150143.jpg
書院庭園からの五重塔
P150144.jpg
鐘楼と庫裏も重文みたいですが、撮り忘れ
秘宝めぐりの企画で
鬼子母神十羅刹女像の掛軸が公開されてたのですが
すっかり見落としてました
どこにあったんだろ?
御朱印(御首題)いただきました。
五重塔と二王門が描かれた能登立国千三百年の丸印が押されています。
P150404.jpg
続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-09-09

18.9.1 服部神社秋祭

9/1は所用で出かけたついでに
またまた山代温泉に行ってきました。
毎年9/1は八朔祭(はっさくまつり)の日です。

獅子舞が町内を練り歩くのですが
こちらの獅子舞はちょっと変わっていて
胴体部分が木枠に布を被せていて大きいんです。
情報だと7:00~21:00ごろまでとのことだったので
時間内に行けばどこかしらで見られるかと思い再訪しました。
前回服部神社さんの御朱印いただけなかったので
出発と到着の時間を外せば宮司さんおられるんじゃないかと。
16:30ごろに到着。
鳥居前の道路が通行止めになっていたので正面から撮れました
P150081.jpg
拝殿に近づくと雅楽の音色が聞こえてきて
式典の最中でした。
P150083.jpg
服部神社の秋祭の中の獅子舞が7:00~21:00で
八朔祭が16:00~ということだったみたいです。
P150084.jpg
『これは御朱印いただけないくさい』と思いましたが
社務所に人影が見えたので、奥様?らしき女性の方に
「御朱印いただけますか?」とお聞きしたところ
「スタンプでもよければ」とのことだったので
それでいただきました。
「普段は墨書きでいただけますか?」とお聞きしたら
「宮司がいる時は」とのことだったので
やっぱり常駐されてるわけじゃないみたいです。
P150098.jpg
前回は売切れで閉店してた惣八の六方焼を購入。
甘すぎなくてシンプルな美味しさ
P150097.jpg
はづちを楽堂に貼ってあったポスター
G_8023.jpg
巡行ルートが書いてありました。
こういう情報がで全然記載されてないんですよね
G_8024.jpg
加賀市文化会館から加茂道交差点辺りをウロウロしてみましたが
見つけられなかったので
九谷広場停めて歩いて探そうと思ったら
そこで休憩してました
1日中練り歩いてるんじゃなくて
時間になったらその場所へ移動するみたいです。
そりゃそうやな、獅子頭の重さは8kgもあるそうで
1日中やってたらぶっ倒れるわ
P150085.jpg
この時点で17:20
出発まで40分あるし、もう帰ろうかな~とも考えたのですが
折角来たのでからあげくんチキンラーメン味を食べながら待ってました
からあげくん
18:00になり、服部神社へ向けて出発~。
拍子木を鳴らして、お題目の看板を掲げます。
紙芝居が始まるっぽい
P150092.jpg
祇園祭の棒振りのようなヅラを被った男性が
獅子に向かって剣や長刀を振り回してます。
P150088.jpg
獅子を退治する設定なのかな?
[広告] VPS

大人→中学生→小学生と立て続けに演舞されてました。
P150091.jpg
縁起担ぎのこの獅子に頭を噛んでもらうと
無病息災で過ごせるとのことで
お子たちが親御さんに抱っこされて噛んでもらってました
[広告] VPS

歩くと20分くらい?の道のりを3時間かけて演舞しながら練り歩きます。
服部神社での奉納がクライマックスなんでしょうが
チラ見できたので帰りました。
G_8026.jpg

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター