FC2ブログ
2018-08-31

18.8.15 進雄神社

玉村八幡宮で見開き御朱印をいただくために
1ページ飛ばしてしまったので
もう1ヶ所参拝したくて進雄神社へ。
P140872.jpg
雰囲気いいです
P140875.jpg
これは何だろ? 側面は鹿だよね?
P140876.jpg
シンプルで洗練された手水
P140877.jpg
太鼓橋は神様用なので渡れません。
P140878.jpg
神馬の蹄が
P140882.jpg
水天宮
P140879.jpg
この岩、右側がオオサンショウウオで
左が洞穴から顔を出す獅子に見えない?
P140880.jpg
鴨と鯉がいたよ
P140881.jpg
綺麗にされてて気持ちのいい境内です
P140891.jpg
本坪鈴ではなく神楽鈴が置かれていました。
こんなの初めて~
P140884.jpg
巫女さん気取りで
手首のスナップ利かせてシャリンって鳴らしましたよ
P140885.jpg
立派な本殿
P140888.jpg
右側に天王稲荷神社
P140887.jpg
狛狐たくさんと狛犬1対
P140890.jpg
胴体がボコボコしてて鱗みたい。
P140889.jpg
御朱印いただきました。
真ん中の印はヤマタノオロチを退治する場面ですかね。
P140996.jpg
御朱印待ちの間に
「よろしければ中でお待ちください」と入れていただいた
控室に祀られていた神棚
蘇民将来子孫家門の木札がいいね~
P140892.jpg
神苑をスルーしちゃったんだけど、白い孔雀がいるらしい
そして神社でもあるらしい。
失敗した~ なんでスルーしちゃったんだろ

進雄神社HPで御朱印についてふれられていて
主に宮司が書かせていただいておりますが
留守などの時には他の者が書いており
権禰宜は元は左利きで、筆字だけ右手で書いており
一生懸命書いておりますが、ぎこちないところが有ります。
何卒ご寛容ください。
 と書かれていました。
判ります
私なんて自分の名前練習してて
1画目の点と2画目の横棒だけで1時間費やして
結局挫折したもん
左利きの人が筆で字が書けるだけで尊敬だよ


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-30

18.8.15 玉村八幡宮

於菊稲荷さんで思いのほか早く御朱印いただけたので
まだ時間があるから玉村八幡宮へ。
立派な随神門
P140847.jpg
随神門の天井画
P140848.jpg
裏側はお神輿でした。
P140868.jpg
こちらは戌亥八幡とも呼ばれていて
戌・亥年生れの守り神なんだそうです。
亥年の私がお参りしないでなんとする
でもなんでこちらが戌・亥年生れの守り神なんですかね?
P140849.jpg
見どころ満載のパラダイス神社でしたよ
学校のイメージがある二宮金次郎像
P140850.jpg
玉の里の子育て八幡
P140851.jpg
三猿の後ろに淡嶋神社(人形神社)と猿田彦神社(加恵瑠神社)
P140852.jpg
御神木の楠木
P140866.jpg
御神水
P140855.jpg
拝殿は修復中なのか雨除けなのかシートで覆われていました。
P140865.jpg
お参りしようと思ったら「ピヤァー」って音がして
警報器が鳴ったのかとアセったらおみくじやった
P140858.jpg
柱がカッコイイ
P140859.jpg
御祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと:応神天皇)
気長足比売命(おきながたらしひめのみこと:応神天皇の母の神功皇后)
比咩神(ひめのかみ)
P140860.jpg
亥推しなの嬉しいね
P140861.jpg
左から稲荷神社、猿田彦大神の石碑、古峯神社、国魂神社
P140863.jpg
御朱印いただきました。
こちらの見開きは戌・亥の日限定なのですが
今年は戌年なので通年いただけるそうです(多分来年亥年も)
P140995.jpg
飴ちゃんもいただきました
P150012.jpg
北側にパワースポットがあるとのことで見てきました。
昇龍・勝運の松
P140869.jpg
なるほど、ってるわ
P140870.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-29

18.8.15 於菊稲荷神社

続いて今回の群馬入りのメイン於菊稲荷神社
P140834.jpg
P140835.jpg
赤い鳥居がズラズラっと連なるところは
P140837.jpg
公園っぽくなっていて
P140830.jpg
雷電神社がありました。
P140833.jpg
道路を挟んでまた鳥居
P140838.jpg
手水の下に獅子
P140839.jpg
狛犬と狛狐
P140841.jpg
P140840.jpg
拝殿撮り忘れた
P140845.jpg
白狐社
P140842.jpg
太子堂
P140846.jpg
太々神楽?
P140843.jpg
の絵馬とのベンチ
連れ参拝の方もおられました
P140844.jpg
拝殿の天井画プロジェクトで
絵の御朱印を出されている寺社や画家さんから格天井の絵が奉納されていました。
私が見たときは13枚(確か)
宝徳寺・崇禅寺・小松寺・龍渕寺・西明寺様など。
天之宮神社さんも出来上がった旨つぶやいてらっしゃいましたが
8/19にお披露目だったみたいで
この日は拝見できませんでした。
於菊稲荷さんのTwitterより
於菊稲荷天井画
大雄院も天井画プロジェクトに参加されていて
コラボ御朱印を先般いただいたので
於菊稲荷さんの面を今回いただきました。
コラボ御朱印いただくの初めて
P140993.jpg
通常の御朱印2種もいただきました。
P140991.jpg
境内社の白狐社も。
今回花火の絵ですが季節によって変わるようです。
P140992.jpg
限定御朱印がある日は混雑するようですが
この日は20分ほどでいただけました。
授与所には絵馬や歌舞伎の額などが展示されていて
待ち時間も楽しめました


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-28

18.8.15 小幡八幡宮

が降ってきちゃいました。
続いて小幡八幡宮です。
『ここで入っていいのかな?』ってちょっと戸惑いましたが
奥の鳥居まで進むと広いがありました。
P140815.jpg
女学生風前髪の狛犬
P140828.jpg
可愛えのぉ~
P140829.jpg
こちらは通常日曜日しか神主さんがおられないので
事前の予定では行程に入ってなかったのですが
直前の下調べてお盆の間開頭されていると知り
参拝することが出来ました
P140817.jpg
岩から蛇口が出てる
P140816.jpg
拝殿
P140818.jpg
狩野探雲筆の龍と三十六歌仙の天井画
P140819.jpg
本殿は覆い屋の中
P140821.jpg
故事?の彫刻がされてました。
P140822.jpg
本殿右手のお社
P140820.jpg
階段降りて右側に鳥居が見えたので行ってみました。
P140824.jpg
弁天様でした
P140825.jpg
社務所は狛犬の右側にありました。
通常の直書き御朱印は社名の角印のと狛犬のがあり
狛犬のほうをいただきました。
龍の御朱印は自分で塗り絵する黒バージョンと
そのままいただく赤バージョンがあり
赤のほうをいただきました。
P140989.jpg
こちらでは季節ごとに書置きの限定御朱印を出されていて
7・8月は金魚と朝顔でした。
それが無くなってしまった柄が増えてきたからと
8/12追加で花火と蛍を出されました
で、この日は金魚がなくて、クレマチスがありました。
P140990.jpg
狛犬(愛称困ったちゃん)推しなので
御朱印にも随所におられます
蛍のは葉っぱから覗いててカワイイの

近隣三社の御朱印もいただけるのですが
お参りしてないので今回はいただきませんでした。

神主さん気さくな方で
御朱印たくさんでしたが丁寧に対応してくださいました

そして近くにこんにゃくパークがあったのね。
下調べ不足
うわさのこんにゃく料理の無料バイキング興味あったな。
また次回


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-27

18.8.15 中之嶽神社

群馬県に突入、まずは中之嶽神社
(Googleマップでは中之嶽ですがカーナビでは中之岳と表記されてました)
妙義公園に停めます。
中国の水墨画みたいな景色
P140782.jpg
道路の反対側へ渡るための地下道がありました。
なんか大っきいのいる
P140786.jpg
そうきたか
P140795.jpg
手水のお不動さん
P140796.jpg
だいぶ風化してるけど、愛嬌あるね~
P140797.jpg
これくらいの階段でも途中休まないと登れない
年々体力の衰えを感じるわ
P140798.jpg
岩のくぼみに社殿が建ってます。
P140802.jpg
横から見るとこんな感じ
P140806.jpg
1番近い轟岩に行ってみることにしました。
P140811.jpg
社殿の左側
ここだけフェンスで囲ってあるのはなんでしょね?
P140800.jpg
そのお隣には小さい祠
P140804.jpg
これ以上先は崩れる恐れがあると看板がありましたので
進みませんでした。
HP見てみたら
中之嶽神社は轟岩を御神体としていますので
拝殿・幣殿のみで本殿を持たない珍しい様式となっています

となっているので
この大きな岩自体が轟岩みたいです。
社殿右側の見晴台に向かってみました。
P140808.jpg
大昔は海の底だったんですね。
P140809.jpg
見晴台の記載がないので
なんかハマりそうな気がしてここで引き返しました。
P140810.jpg
大国神社
P140794.jpg
右側の剣を持ってるほうが厄除大国大神で
左の小槌を持ったほうが開運大国大神だそうです。
P140813.jpg
P140812.jpg
御朱印いただきました。
通常の直書き御朱印
P140987.jpg
上は夏の限定御朱印、下は百年続く古印朱印
P140988.jpg
御朱印をいただくと
こちらのミニだいこく様をプレゼントしていただけます。
「ご家族でお持ちください」と3つもくださいました
P150011.jpg
日本一の大国様、正面から撮るの忘れた
帰り道見晴らしの良いところがあり
駐車できるスペースがあったので降りてみました。
P140814.jpg
パラグライダー体験の横幕があり
もたくさん停まっていましたが
初体験でここから飛ぶ勇気はないわ


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-26

18.8.15 諏訪神社・しなの鉄道神社

帰りも旧軽井沢商店街を通るようにナビされまして
今度は前にがいたのでついて行ってみました。
(11:00~一通になるので要注意)
旧軽井沢森裏に停めまして
すぐ近くの諏訪神社へ。
P140763.jpg
なんか張り付けられてるみたい
P140764.jpg
御神木かな?
P140765.jpg
お参り
P140766.jpg
P140767.jpg
社殿の左手にこんな貼紙が
P140769.jpg
これは昨日終う時に貼ったんだよね?
朝10時で既に終了ってことないよね?
心配になって部員さんにLINEでお聞きしたら
「お盆中は開くと思う」とのお返事だったので
少し待つことにしました。
しばらくすると人が来て社殿の扉が開いたので
P140771.jpg
『やった、書いてもらえる』と思ったら、奥に引っ込んじゃいました。
10分くらいして出てこられましたが
窓を開けたり荷物を片したりしています。
『書き手さんは別の人なのかな?』と待っていると
さらに10分ほど経ってからお守りを並べる机を出しながら
「お盆は忙しいからね。休もうと思ったんだけど。」
なんて仰るではありませんか
夏詣HPで8/1~20は御朱印いただけると記載されてるの
当てにして来てるんだから急に休むとか言わないで~
(法事とかご病気とかアクシデントは別ですよ)

その後も「あげる。数が少ないからあるだけ。」と
祭と書かれた団扇を出してきたり
「峠の熊野神社行ってきた?書く人何人いた?」と質問されたり。
その方が「書いてほしい?」と仰るので
うんうんと深く頷いたのですが
ゴメンなさい、ちょっと暴言吐きますよ
『結局おまえなんか~い!
私以外にも5人くらい並んでたんですが
待ってる人がいても全く動じない
めっちゃマイペースな方でした
10:40ごろに無事いただけました
P140986.jpg
御神木は7つあるんだって。
P140772.jpg
この後もすれ違いがやっとの道を進むんですが
通行人のおんちゃんにいちゃもんつけられて
めっちゃ腹立ったけど話すと長くなるので割愛。
向かった先はしなの鉄道の軽井沢駅
P140774.jpg
構内にある森の子リスキッズステーション
P140775.jpg
本来なら駅入場券大人¥190が必要なのですが
入場無料期間中でした
P140777.jpg
茶室があった
P140781.jpg
小リスのマルシェを通り過ぎると
P140779.jpg
しなの鉄道神社があります。 可愛えぇ
熊野皇大神社のご分霊を受けてるんだって。
P140776.jpg
ちゃんと手水もあったよ。
16:00から夏祭りで巫女舞の奉納があったそうです。
P140778.jpg
コリスケ商店で御朱印をいただきました。
横須賀色・しなの鉄道色・初代長野色・湘南色・新長野色
数枚は友達へのお土産
P140997.jpg
軽井沢に来て神社しか寄らないっていう


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-25

18.8.15 熊野神社・熊野皇大神社

8/15は軽井沢からの~群馬です
ナビでは旧軽井沢商店街を通れと案内するんですが
狭いし人通り多いし『ここ通っていいんかい?』と思い
通り過ぎたらリルートされて
人は少ないけどもっと道幅が狭い道を通ることになった
なんとか到着~。
P140709.jpg
見晴台のは奥に入ってみないと
空いているか分からないのが難点。でも無料。
P140758.jpg
こちらは長野県と群馬県の県境に位置してまして
1つの神社でありながら宗教法人が2つに分かれているんだそうです。
長野県側が熊野皇大神社
群馬県側が(碓氷権現)熊野神社になります。
P140757.jpg
オオサンショウウオ的な胴長狛犬(室町中期)
P140711.jpg
和むわぁ~
P140710.jpg
石の風車(江戸時代)
石段を築造した佐藤家の家紋(源氏車)を刻み奉納した物だそうです。
P140745.jpg
随神門
P140713.jpg
中央の本宮殿は県境に位置してますので
両方の神社のお社でお賽銭箱も2つあります。
御祭神は伊邪那美命・日本武尊
古事記・日本書紀によると、日本武尊が碓氷嶺に登った際
急に濃霧で進めなくなった。
そのとき一羽の八咫烏が現れ、紀州熊野の梛木の葉をくわえ
落としながら先導し、それについて行き山頂まで登ることが出来た。
日本武尊はこの八咫烏の導きを熊野神霊の御加護によると考え
ここに熊野三社を祀った。

P140714.jpg
左側の那智殿は熊野皇大神社で御祭神は事解男命
P140725.jpg
右側の新宮殿は(碓氷権現)熊野神社で御祭神は速玉男命
P140715.jpg
拝殿(神楽殿)が授与所になっていて、御朱印お願いしたところ
「ものすごく時間が掛かる」とのことだったので境内を散策。
熊野神社側から。
新宮殿は甚五郎の弟子達が江戸時代上期に手掛けた彫刻が多数
P140752.jpg
P140755.jpg
P140756.jpg
中には随神様(右大臣:明治初期)
随神門の中におられたのが相方かな?
P140717.jpg
古鐘(鎌倉時代:県重文)
P140716.jpg
稲荷社&菅原社
P140718.jpg
健康神社
P140719.jpg
石の多重塔
P140720.jpg
熊野神社の御神木 一位(櫟)
P140723.jpg
日本武尊は碓氷峠の山頂から遠くの海を眺め
相模灘で荒波を静める為に海中に身を投じた最愛の妻、弟橘姫を偲び
「吾嬬者耶(アヅマハヤ)」「ああ、いとしき我が妻よ」と
三嘆したと伝えられている。

P140722.jpg
高崎市や前橋市の町並みが一望できる。左手には妙義山。
P140721.jpg
熊野皇大神社の御神木 しなの木 樹齢850年
『科』の語源は『結ぶ・くくる・しばる』といわれ
縁結びの御神木として古くより信仰されています。
P140726.jpg
木の穴がに見えることで有名
P140728.jpg
最初に木の正面で参拝し
一回りすると寿命が1年延びる・しわが1つなくなるんだって
最後にもう1度正面で参拝
P140733.jpg
P140734.jpg
運矢
P140735.jpg
遠くに飛ばそうと高めに投げすぎ
木の枝に当たってだいぶ手前で落ちちゃいました
P140736.jpg
山神社
P140730.jpg
矢立社・八咫烏社 荒神社
P140731.jpg
こちらは不明
P140732.jpg
時間はたっぷりあるので奥宮にも行ってみました。
P140737.jpg
分岐点
P140739.jpg
真田社
P140740.jpg
奥宮
P140744.jpg
雰囲気あるね~
P140742.jpg
一通り回って戻ってきましたが
まだ御朱印できてなかったので、しばし待機。
御朱印帳いただきました。
熊野皇大神社さんのよりも、こちらのほうが好みなの
P140982.jpg
直書きの御朱印と、日本三大熊野と書かれた書置き御朱印
P140984.jpg
熊野皇大神社さんでも御朱印いただきました。
こちらは待ち無しでいただけました。
タイミングかな。
今回どうしてこちらを参拝したかというと
毎月1日15日に限定御朱印がいただけるからなんです。
8月は空色撫子朱印で、+夏詣バージョンです。
黒いのは八咫烏朱印
自分で厄を抜きながら中の八咫烏を型抜きして御朱印帳に貼るそうです。
通常の直書き御朱印も夏詣バージョンでした。
P140985.jpg
こちらまでなかなか来る機会がないので
折角だから見晴台にも行ってみました。
えっと、見えるのは群馬県側だけみたい。
P140760.jpg
うん、山やね
P140761.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-24

18.8.14 山家神社

続いて、みんな大好き山家神社
P140682.jpg
元旦ぶりです
P140686.jpg
うちまだ参拝証いただけてないんだけど
今回も品切れの模様
P140687.jpg
真田神社
P140683.jpg
P140684.jpg
お土産でいただいた軍配の絵馬を奉納させていただきました。
P140685.jpg
と一緒にいただいた御朱印に日付入れていただきました。
P140983.jpg
昨日UPした兼務社等の御朱印の他に
奥宮造営奉賛の受付をしていただきました。
奥宮造営は7月に終わっているのですが

奉賛の受付は今年いっぱい受付けているとのことで
今年もう来れないかもしれないから
宮司さんお忙しそうだったけど
対応していただけてめっちゃ嬉しい

宮司さんが準備してくださってる間に
後ろに並んでたご家族が
「何時までやろ?間に合うかな?」と
お話しているのが聞こえたので
「お先にどうぞ」と順番ゆずって
おせっかいにも限定御朱印の説明とかしちゃいました

奉賛の返礼として木の御朱印帳をいただきました。
P140977.jpg
古札に描かれてた絵だと思われます
上田市1
尊い
今までいただいた御朱印帳の中で1番好きかも
狛かりがねも返礼でいただきました。
P150009.jpg
最初のページには白山姫大権現と書いていただきました。
P140978.jpg
次のページは開山1300年記念の見開き御朱印
P140979.jpg
ゆきむら夢工房に
しなの鉄道のフリーペーパー各駅停車が置いてあってラッキー
スタンプ入りの御朱印をいただきました。
P140974.jpg
うち右上の印が青になってからの山家神社さんの通常の御朱印
なにげにまだいただいてないんだよね。

そうこうしてる間に
宮司さん「夕立だからすぐに止むでしょ」と仰ってました。
この時点で15:30
夜のぼんぼり祭に参加すると終わるのが9時くらい?
そんな時間まで開いてるかちょっと心配だったので
一旦離れてGSへ。
1ℓ¥152だって。福井よりお高め。
山家神社さんに戻ると満車
消防団の方?に
「どこか停められる場所ないですか?」とお聞きして
臨時を開けていただきました

16:20頃から浄定社の例祭が始まりました
P140688.jpg
宮司さんと、どなたか存じませんがご婦人(氏子さん?)に続き
四阿山に30回以上登拝されたというツワモノお二方が
代表で玉串奉奠されました。
後からいただいた例祭参列者限定の御朱印
山家神社さんで金ピカ御朱印珍しくない?
P140980.jpg
福井では泰澄大師のお弟子さんとして
「きよさだ行者」と読んでましたし
では「じょうじょう」と読んでる方もおられるようですが
こちらでは「じょうてい」と読むようです。

例祭の間やんでいたがまた降りだして
今度は夕立の域を超えたスコール
この写真では伝わらないですが
屋根の雨どいから落ちる雨水が滝のようでした。
G_7994.jpg
皆さんで拝殿で雨宿り。
やみ待ちの間に真田神社守人会長さんがお話をしてくださいました。
浄定さんは四阿山開山の20年後に箱根湯本に行き
祈祷をすると岩が割れ源泉が出てきたとか
山家神社さんは3度焼失しているが翌年には再建しているとか
(1600年9月5日兵火で全焼 翌年6月真田信幸が再建
明治20年4月17日真田大火の類焼で焼失したが子安社だけ焼けなかった
現在の社殿は翌年再建されたもの
もう1つは忘れた)
上田城鬼門除の神なので昔は社殿も上田城のほうを向いていたとか
社殿の屋根にある紋は向かって右から仙石・真田・松平の上田藩主
などなど、急いでしたので間違ってたらスミマセン。
そして出店の焼き鳥を見ず知らずの方に御馳走していただきました

拝殿での敢行も考慮されたようですが、18:30頃雨がやんでから
予定通り境内の特設ステージでぼんぼり祭が開催されました。
(ぼんぼりは飾られませんでしたが)
山家雅楽会は皆さん地元の方なんですって
P140693.jpg
こちらの女性はお一人でいろんな楽器を演奏されてまして
口琴(こうきん)という珍しい楽器もあったようですが
どれがそうか分からなかった
P140696.jpg
こちらの女性は別当家の子孫で宮司さんの同級生なんだそうです。
P140699.jpg
こうやって皆さんが参加して盛り上げてくださるのも
宮司さんの御人徳なんでしょうね
P140702.jpg
真田自治会夏祭りで雁金をどり
P140703.jpg
老若男女、消防団の方も踊りますとも!
P140708.jpg
宮司さんも踊りたいとつぶやいてらっしゃいましたが
結局御朱印対応してくださってました。
ぼんぼり祭限定御朱印
P140981.jpg
この後ビンゴ大会がありましたが
私はこういうの当たったためしがないので
この日はこれにて終了~。
今回のお宿は上田西洋旅籠館さん。
併設の日帰り温泉ひな詩の湯に無料で入れるのよ

そうそう、いつもいろいろ教えていただいてる方に
内山紙を使った小菅山の御朱印帳をいただいちゃいました
これ欲しかったやつ
ビニールで反射しててごめんね。
もったいなくてまだ開けてないの
P150010.jpg
飯山のパンフレットも一緒にいただいたんですが
とってもステキなところ
春に行けたらいいな~


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-23

18.8.14 山家神社の兼務社など

それから上田市真田に向かいまして
山家神社さんの兼務社巡りをしました。
まずは表木神社。
こちらの御朱印は以前いただいているのでお参りだけ
P140669.jpg
を停めさせてもらって、右側へ徒歩で数分。
P140670.jpg
住宅の切れ目、中央の木のところに
P140673.jpg
三峯神社があります(Googleマップでは荒井三峯神社と表記)
P140671.jpg
岩の上に小さな祠が1つ。
雰囲気あるね~
P140672.jpg
後から山家神社さんでいただいた御朱印
ワオーン
これが欲しかったんだよ
P140970.jpg
それから真田氏歴史館へ。
P140674.jpg
『真田一族が崇敬した四阿山』という企画展をやっていまして
P140675.jpg
入口にある奥宮模型の写真を撮るか感想を伝えると
P140676.jpg
山家神社さんで記念の御朱印をいただけるのです。
P140971.jpg
四角くて黒い印は奥宮社殿古扉を模したもので
永禄5年(1562年)に真田幸綱(幸隆)と長男の信綱が
四阿山頂にある奥宮の修営をしたと記載された貴重な資料です。
上田市のTwitterより
上田市2
上田市3
展示品で気になるのは、やはり銅造御正体(懸仏)ですね。
右側は山頂中央の岩窟に祀られていた
宝冠阿弥陀如来坐像(大己貴神・大国主神)の懸仏
左が東宮の十一面観音(菊理姫神)の梵字キャが彫られているそうですが
だいぶ風化というか劣化が進んでてよく分かりませんでした。
西宮にも千手観音(伊邪那美)の懸仏があったそうですが
散逸したそうです。
上田市4
真田幸村公
P140677.jpg
それからゆきむら夢工房へ(撮り忘れ)
企画展のパンフレットがスタンプラリーになっていて
P140973.jpg
歴史館・ゆきむら夢工房・山家神社のスタンプを集めると
感状をいただけます。
ゆきむら夢工房でもいただけるのですが
山家神社では名前を入れて頂けます(宮司さんのご都合がよければ)
P140972.jpg
それから天神宮へ。
立派なの木があり、めっちゃ雰囲気いいの。
P140678.jpg
春に再訪できるといいね
P140679.jpg
後からいただいた御朱印
P140975.jpg
このあと白山宮に向かったのですが
GoogleマップがR144沿いで
「目的地に近づきました。案内を終了します。」
と、やってやった感で言いやがるんですが
ピンは川の反対岸を指してるんですよね。
空き地っぽいところに停めさせてもらって
川を渡れるところがないかウロウロしてみたのですが
見つけられず、今回は断念

それから山神宮へ(Googleマップでは大山祇神社おおやまづみじんじゃと表記)
P140680.jpg
こちらの夫婦神は大山祇神と野椎神なんですかね?
P140681.jpg
こちらの御朱印もかわいいんです
P140976.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-22

18.8.14 善光寺

お盆休みに長野・群馬へ御朱印巡りに行ってきたので
ぼちぼちUPしていきます。

8/14は長野へ。
最初福井北IC7:30出発で予定してたのですが
ドラぷらで検索したら渋滞予測が出て須坂長野東IC11:30着になり
6:30出発だと渋滞マークが消えて10:15着になるので
頑張って早起きして自宅6:00出発にしました

実際走ってみると渋滞考慮オートリルートで
信濃町ICで降りることになって ¥6,400
山越えで案内されましたが
9:30に善光寺に到着したので大分早かったですね。
P140645.jpg
P140636.jpg
まずは大本願へ。
P140637.jpg
P140638.jpg
P140639.jpg
P140640.jpg
大本願といえば、ひとにぎり地蔵だよね。
前に買ったの片付けっぱなしだな
P140641.jpg
御開帳の時に善光寺本師如来の御朱印しかいただいてなかったので
その他もいただこうと思っていたところ
昨年の12月から季節限定の書置き御朱印を出されているそうで
5枚セットがあったのでそちらをいただきました。
善光寺・善光寺本師如来・御詠歌・文殊菩薩・ひとにぎり地蔵
P140965.jpg
それから目の前の白蓮坊(びゃくれんぼう)へ。
P140642.jpg
その昔、下総の国に一匹のむじなが住んでいました。
このむじなは日頃生き物を殺して生きていかなくてはならない
自らの身の上を恥じ、後生を頼むために善光寺にお参りをして
灯籠を寄進したいと願っていました。
ある時むじなは人の姿に化け
善光寺参りの講中にまじって善光寺へとやってきました。
ようやく境内にたどり着き
白蓮坊に宿を定めたところまではよかったのですが
お風呂でむじなの姿のまま湯を浴びていたところをみつかって
あわててどこかへ逃げ去りました。
姿を消したむじなを不憫に思った住職は
かわりに一基の灯籠をたててあげました。
それが今も経蔵北に今も残る「むじな灯籠」だといわれています。

むじな地蔵撮り忘れたけど、灯籠はこちら
P140662.jpg
1日30枚限定の書置き御朱印があるとで知ったのですが
看板が出ていなくて
『もう終わっちゃったのかな?通常の直書きならいただけるかな?』
と扉を開けようとするも開かず
ガタガタやってたら中から開けてくださいました。
限定御朱印いただきました。
もしかして早く来すぎたのかな?
P140966.jpg
今気付いたけど堂照坊に寄るのを忘れた
休憩所にいたおばあさんを引っぱった
P140643.jpg
善光寺 本堂でお参り
この日の夜お盆縁日があったみたいです。
P140651.jpg
内陣参拝は2回してるので今回は無しで。
P140647.jpg
P140646.jpg
授与品所の前に机を出して
書置き御朱印のみの対応をされてましたが
案内が無いので御朱印帳を持って並ぶ人多数。
8月の季節の御朱印と
1日150部限定のお盆詣り御朱印セットをいただきました。
蓮がデザインされた紙で、季節の御朱印よりも凝ってますね。
P140967.jpg
宿坊エリアに戻りまして
常住院はご住職不在で御朱印いただけず。
P140652.jpg
蓮華院もご住職不在でしたが書置きをいただけました。
P140655.jpg
勝手口?のほうでピンポンしたのですが
わざわざ正面の扉を開けてくださり
ステキな菖蒲の襖絵を拝見できました。
P140653.jpg
P140654.jpg
P140968.jpg
こちらから仲見世通りに出ると
信州里の菓工房というお店がありまして
P140656.jpg
あんまり暑かったので看板につられて
朝っぱらからかき氷食べちゃいました
桃 ¥500
P140657.jpg
再び境内へ。
おやこ地蔵は本堂右手の授与所横にあります。
御開帳の時に御朱印いただいてますが
多分お参りしてなかったと思う。
P140648.jpg
地蔵菩薩立像は津波で流された
岩手県陸前高田市の高田松原の松を用いて作られたそうで
3体は陸前高田市の普門寺に置かれているそうですが
2:2じゃなくて1:3なのは何か意味があるんですかね?
P140649.jpg
経蔵の扉が開いているのを初めて見たかも。
P140660.jpg
P140661.jpg
善光寺史料館の懸仏をもう1度見たかったのですが
本堂の内陣参拝とセットになっているそうで
史料館のみでも同じく¥500だそうなので
今度内陣参拝する時でいいや~。
P140666.jpg
まだ時間があったので雲上殿にも行ってみました。
通り道に大晦日Uチャン達と行ったドッグカフェあったし。
やっぱあの時カーナビ変な道案内してたんや
お盆だし、お参りの方がたくさんおられました。
P140667.jpg
御朱印いただきました。
P140969.jpg
今回善光寺でいただいた御朱印全部書置きでした。
御開帳の時に購入した赤い御朱印帳に貼り付けたら
厚みが出てカバーに入らなくなっちゃったよ。
赤の御朱印帳は通常のより細長いんですが
書置き御朱印もはみ出さないようにちゃんと細長なんやね。
それにしても善光寺がこんなにまめに
限定御朱印出すようになるとは思わなかったわ。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター