FC2ブログ
2018-08-16

18.8.11 大雄院(おまけ)

今日でお盆休み終わっちゃいました
後半3日間、私には珍しく(多分お初?)
2泊3日で御朱印巡りをしてきたんですが
燃え尽きた感
blog更新はかなり遅れそうです
なのでちょっとだけ。

7/14に大雄院で於菊稲荷神社とのコラボ御朱印を受付していただいて
8/1受取or郵送だったのですが、その時に
「少し遅れてもいいですか?8月上旬くらい」とのことだったので
『8/10までなら間に合うな』と思っていたのですが
8/9時点で未着で。
8/14に出発するので8/13までに届けば間に合うのですが
『郵便局って日曜祝日は配達してもらえないんじゃ?』
と心配になり大雄院さんに状況確認のしてみました。

ですがこの日は妙心寺でお精霊迎えがあり
多分お忙しくてメールチェックまで手が回らなかったんでしょうね。
8/10もお返事がありませんでした。

8/11が祝日で8/12が日曜なので
8/10に発送されてないとなると8/13着にならないのでは?と
かなりアセりはじめ
最後の手段でしてみました。
(今までの経験で苦手なんです)
ですがお留守のようで、どなたも出られません

いよいよ困ってTwitterにコメントもしてみたのですが反応なく
時間を置いてもう1度してみたら繋がりました
それでお忙しいのにその日のうちに発送していただけることになり
ゆうパケットで翌日8/11に配達されました
お忙しいのに催促してしまい申し訳なかったです
早急に対応してくださり本当に助かりました

中を確認すると女の子のお鼻の部分にポツンと墨が落ちてまして
於菊稲荷さんに書いていただくはずの隣のページも埋まってまして
『???』となってると、お手紙が挟んであって
「墨を落としてしまったのでお詫びの御朱印を書かせていただきました」と。
P140994.jpg
コラボ御朱印は次のページに書き直してくださってましたし
落ちた墨も裏写りしてなかったし
ある意味ラッキーだったかも
コラボ御朱印は後日UPします。

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-08

18.7.29 下鴨神社・旧三井家別邸

ビュッフェは15:00までだったので
ちょっとだけ御朱印めぐりで下鴨神社へ。
P140611.jpg
京の夏の旅で本殿・大炊殿特別公開中でしたが
タッチの差で受付時間に間に合わなかったみたい
wikiより引用
東殿:玉依姫命 (たまよりひめのみこと) - 賀茂別雷命(上賀茂神社の祭神)の母
西殿:賀茂建角身命 (かもたけつぬみのみこと) - 玉依姫命の父

言社(ことしゃ)でお参り
私は亥年だから二言社(ふたことしゃ:大物主神)になるのかな?
P140600.jpg
御朱印いただきました。
摂社の御朱印まだいただいてなかったんだ。
書置き(つか印刷)でした。
御手洗社の日付入ってない
ロウソクのスタンプはもしかして
みたらし祭限定なのかな?
P140634.jpg
そう、この日はみたらし祭の最終日でした。
P140601.jpg
土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば
罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目があるといわれている

『これなら穢れも祓われるだろ』ってくらいの水の冷たさ。
この時ばかりは暑さを忘れました
P140604.jpg
御手洗社 御祭神は瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)
正式名称は井上社っていうんですね。
下鴨神社の賀茂御祖神社も何回聞いても覚えられない
ろうそくにピント合わせたつもりだったのに失敗の巻
P140607.jpg
池から出たところで、有難い御神水をいただきました。
御神水
出雲井於神社(いずもいのへのじんじゃ)
御祭神は建速須佐乃男命(たけはやすさのおのみこと)
どんな木を植えても柊のようにギザギザになることから
通称比良木社とよばれているそうです。
P140599.jpg
相生社
御祭神は神皇産霊神(かみむすびのかみ)
P140612.jpg
2本の木が途中で1本になっている連理の賢木(れんりのさかき)
P140613.jpg
河合神社
御祭神は玉依媛命(たまよりひめのみこと)
P140615.jpg
こちらの正式名称は
鴨川合坐小社宅神社(かものかわあいにますおこそやけのかみのやしろ)
っていうんですね
「います」じゃなくて「ます」なの?
○○坐って奈良では聞いたことあるけど、京都にもあるのか。
P140616.jpg
つい最近
「2礼2拍手1礼は間違いで本当は2拝2拍手1拝」
(拝は90度腰を曲げる)
と聞いたばかり。
こちらはちゃんとそう書いてありました
P140617.jpg
左端にある任部社(とうべしゃ)の御祭神は
八咫烏命(やたがらすのみこと:賀茂建角身命の化身)なんだって。
P140618.jpg
P140620.jpg
御朱印いただきました(書置き印刷)
P140635.jpg
それから近くの旧三井家下鴨別邸へ。
P140622.jpg
みたらし祭に合わせて夜間開館をしていました。
1ドリンク付で¥1,000
P140623.jpg
コカ・コーラの京都缶 もあったよ。
P140626.jpg
ドリンク注文してる時からガラス戸越しに耳が見えてて
「なんかいる~」と
「ここのゆるキャラってわけじゃないみたい。見たことあるね。ゲーム?」
なんて話してたのですが、後から気付いたのですが
隣に座ってた男性のお連れ様だった。
他人の私物勝手に撮影して恥ずかし~
P140624.jpg
だってこの男性なんも言わんのやもん。
縁側に腰掛けてまったりしてたら
お庭の向こうにこやつの写真撮ってる男性を発見して
あれっ?ってなった
P140627.jpg
お庭から見るとこんな感じ
P140631.jpg
最後に友達のリクエストで三条のベルアメールへ。
P140633.jpg
でもね、京都駅の伊勢丹に売ってたったわ
まぁ、別邸限定はココじゃないと買えないんですけどね。

帰りに亥之吉行ったけど閉まってたり
地下鉄乗るつもりがまた方向間違えて高島屋まで歩いちゃったり
いつもの通りなにかしらやらかしますが
概ね順調で楽しい1日でした

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-07

18.7.29 スイーツビュッフェ

7/29はチワ友さんに誘われて
京都センチュリーホテル抹茶スイーツビュッフェに行ってきました
抹茶スイーツビュッフェ
サイト見てたら正寿院さんとコラボしてるとのことで
(宇治田原町は日本緑茶発祥の地なんだって)
参拝したいと思いつつ、なかなか機会が無かった
正寿院さんに行く良いきっかけだなと思い
ビュッフェは13:30~なので午前中に行く予定を立ててました。
今年から風鈴まつりは事前申し込み制になっていて
チケットぴあでチケットも購入済だったのですが
台風の影響で拝観中止になってしまいました
3年越しでやっと参拝できると楽しみにしてたのですが
なかなかご縁がないね
G_7962.jpg
の予定でしたが正寿院さん中止でに変更。
サンダーバード 福井9:47→11:10京都
チワ友さんに合わせ、いつもよりだいぶ遅い出発
でも6時台は運休してたから遅い便にして正解だったかも。

伊勢丹とか八条口のショップをチラ見して
1時ごろにに移動。
順番に席に案内してもらって
13:30開始までの間撮影タイムだって
P140589.jpg
こちらが正寿院さんの格天井と風鈴をイメージしたスイーツ
P140588.jpg
風鈴をイメージしたノンアルコールカクテル KANANEIRO~奏音色~
この中にsodaまたはmilkを入れてくれて
上に乗ってる抹茶のパウダーシュガーと猪目型のシュガーが入った
最中を入れて混ぜます。
私はmilkにしましたが、カクテル?
フツーの牛乳でした
P140583.jpg
フードメニューもありました。
鶏胸肉のマリネと抹茶香るスクランブルエッグのオープンサンド
合鴨スモークと抹茶風味のポテトサラダ
そのほか カレー、ミネストローネ、茶蕎麦のペペロンチーノ風などもありました。
P140582.jpg
最初の一皿「INOMEMADO(猪目窓)」は席に運ばれます。
P140592.jpg
辻利の宇治抹茶を使用しているそうです。
P140596.jpg
うちの腕とセンスでは、この程度
P140594.jpg
抹茶風味といえばほろ苦いのがいいんだと思いますが
全体的に甘~~~い
元々そんなに量を食べるほうではないのですが
甘すぎてスイーツはこんだけしか食べれなかった
『スイーツは』ですよ。
ペンネとかオープンサンドは食べました

それにしても都会のビュッフェはなんでこんな高いんですかね~
¥4,500 元とってないな。


続く、、、

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

2018-08-06

18.7.28 山代大田楽

そしてこの日のメインイベント山代大田楽
19:00開場 20:00開演です。
山代大田楽チラシ
まずは和泉流狂言師・九世野村万蔵さん
(大田楽創始者の八世野村万蔵さんの弟)のご挨拶
食べる田楽は串に刺さっているのが定義で
田楽の片足で立って踊る見た目が似ているところから名づけられたそうです。
おでんも御田楽からきてるんだって。
GP5493.jpg
火入れ・湯入れの儀
神聖な火と温泉を運び込まれます

行進(往)
百四十余名の田楽法師が色とりどりの装束をまとい
花を飾った笠を被って賑やかに楽器を囃しながら登場
初参戦で、どんな感じか分からなかったので
有料観覧席をチケットぴあで事前購入(席は選べず自動配分)
大田楽のことを知ったのが最近なのでS席は売切れでA席でした。
パイプの柵があるし、道路標識があるしで
撮影するには不向きな席でした
GP5503.jpg
烏剣舞(からすけんばい)
GP5504.jpg
開湯伝説にちなんだ烏の面を着けて舞う
GP5507.jpg
GP5510.jpg
わらべ番楽(ばんがく)
児童が対面する相手と番(つがい)になって踊る
GP5514.jpg
湯がけ番楽
鳥の面を付けた大人が湯に浸した笹を振りながら舞う
GP5516.jpg
兎楽(うがく)
GP5525.jpg
兎歩と呼ばれる特殊な足踏みにより地霊を鎮め祭りの場を清める
GP5523.jpg
GP5520.jpg
王舞
GP5532.jpg
緋の装束に鼻高面(天狗面)、鉾をかざした王が登場
GP5528.jpg
イエ~~~~~!
GP5531.jpg
獅子舞
GP5534.jpg
黄色と萌黄色の色鮮やかな獅子が
勇壮なテンポの音楽にのって躍る
GP5537.jpg
踊り手さんはほとんど地元の方だそうですが
雅楽の演奏者さんはプロだよね?
高音でも全く擦れなくてめっちゃ良かったよ
たまに「ピャ~」ってなる人いるじゃん
[広告] VPS

奏上(そうじょう)
田楽法師一行の長である田主(たあるじ)が
白装束に翁烏帽子姿で現れます
GP5544.jpg
神の前では王も跪くのね。
GP5543.jpg
段上がり
GP5546.jpg
躍り手たちが再び楽器を囃しながら登場
GP5548.jpg
稚児舞(ちごまい)
汚れなき者の象徴=稚児が神の庭を清めます(散華)
GP5550.jpg
総田楽
大田楽のクライマックス
GP5556.jpg
編木(びんざさら)
GP5552.jpg
銅拍子(どうびょうし)
GP5554.jpg
腰鼓(くれつづみ)
GP5555.jpg
ジャグリングをする女性の後ろで側転するお子(バク宙の子もいたよ)
GP5564.jpg
今年はきらびやかな中国獅子が初披露
腰をフリフリ
GP5569.jpg
肩の上に乗って、すごい高さになってた
GP5571.jpg
最初何に歓声が上がってるのか分からなかったんだけど
GP5572.jpg
首を振ると仮面が早変わりしてた
GP5574.jpg
宝撒きの一群が登場、福を呼ぶ『宝』を観客に撒きます
GP5575.jpg
乱舞(らっぷ)
出演者と観客の垣根をとりはらい、共に即興で躍ります
GP5579.jpg
行進(復)
熱狂の余韻さめやらぬ中
田楽法師一行は何処ともなく去っていきます

ってことで、フェードアウトな感じで21:15頃に終了~
伝統的な躍り・軽業・放下芸を現代にアレンジしたエンターテイメントって感じで
とっても面白かったです
次回はS席購入で散華GETするか
早めに場所取りして正面から見てみたいですね。

折角山代に来たし、汗ダクだから入りたいな~と
23:00までやってる山下家さんへ。
こちら山代温泉では有名処だと思うんだけど
大江戸温泉グループになったのね。
他の旅館は夕方までとか意外と早く終わっちゃうし
総湯・古総湯は22:00までで
長風呂な私は慌てないといけない時間だったので
今度時間がある時にゆっくり入りたいです。
照明でステンドグラスがキレイでした
P140580.jpg

theme : 祭・イベント
genre : 旅行

2018-08-05

18.7.28 山代温泉街散策

この時点で16:30
お祭まではまだまだ時間があるので街ブラしました。
GP5458.jpg
女生水
GP5462.jpg
昭和31年に上水道が通るまで飲料水として使われていたそうです。
GP5459.jpg
山代温泉がここまでカラス推しだとは知りませんでした~。
GP5461.jpg
3本足ではない。
GP5463.jpg
こんな感じの石像が点々とありました。
GP5465.jpg
北大路魯山人が陶芸の手ほどきを受けた須田菁華の窯元
看板は魯山人が彫ったものだそうです。
庶民のワタクシは冷やかしにもほどがあるのでスルー
GP5467.jpg
そういえば魯山人寓居跡 いろは草庵に行くの忘れた
入館16:30までなので、先に行かないといけなかったね。

春日神社があるようですが17:00過ぎてたし
この階段見たらスルーだよね
GP5468.jpg
車の下にいた撮ってたら
GP5469.jpg
別のが足に擦り寄ってきてビックリ
珍しくニャンコのほうから寄ってきてくれた
GP5470.jpg
男生水
GP5471.jpg
水掛地蔵尊がおられました。
GP5472.jpg
思いっきしヤタガラスって書いてあるし。
GP5473.jpg
温泉通りにスパイダーマン出現
GP5474.jpg

GP5475.jpg
はづちを楽堂の中の丹塗り屋でお土産購入。
はずちをという名前は服部神社の機織りの神様
天羽槌雄神(アメノハヅチヲノミコト)からつけたそうです。
GP5476.jpg
どこかで夜ごはんをと思っていたのですが
歩き疲れちゃって、はずちを茶屋へ涼みに入りました。
GP5478.jpg
G_7969.jpg
温泉玉子を生地に練り込んだ温玉プリンは売り切れ
加賀パフェにしました。
G_7968.jpg
加賀パフェには加賀九谷野菜や温泉玉子を使うという決まりごとがあるそうです。
G_7970.jpg
どの層も美味しかったし
のどが渇いていたので冷たい加賀棒茶がありがたかったです
(温かいお茶も選べます)
GP5477.jpg
この時点で18:00過ぎ
まだ時間はあるんだけど、もう動きたくない
会場を見てみたらテントで柿の葉寿司を売ってたので購入。
座れるところを探してたら薬壺の湯(足湯)がありました。
GP5480.jpg
GP5484.jpg
こちらが源泉なんですね。
GP5481.jpg
GP5482.jpg
足湯に浸りながら食べるっていう
こちらの柿の葉寿司は包んでなくてお皿状態
GP5483.jpg
開場の19:00まで総湯の前にあった喫煙所で一服
GP5485.jpg
服部神社の御朱印をいただきたくて早く来ましたが
結局いただけなかったし時間を持て余す
GP5487.jpg


続く、、、

theme : 旅日記
genre : 旅行

2018-08-04

18.7.28 薬王院温泉寺

服部神社の石段途中に南門があり
GP5427.jpg
薬王院温泉寺に抜けられます。
GP5429.jpg
こちらの手水はさん
GP5430.jpg
GP5442.jpg
慈光観音堂
御本尊は白山信仰の本地仏である十一面観世音菩薩(平安初期作)
GP5431.jpg
本堂
GP5433.jpg
御本尊の薬師瑠璃光如来(室町時代作)は
大聖寺藩3代藩主前田利直の弟利昌の念持仏
となっているので、小さい仏像なのかも。
御本尊は33年に1度御開帳があり
前回は2015年11月だったそうです。
そのほか日光・月光菩薩、十二神将、不動明王などが祀られているそうですが
お堂内でのお参りはできませんでした。
GP5441.jpg
本堂の前に瑠璃光園があり
GP5435.jpg
傍らに鐘堂と行基菩薩御尊像があります。
GP5434.jpg
滝とお不動さん
GP5436.jpg
あいうえおの小径
花山法皇の勅願により七堂迦藍を建立した
中興の祖である明覚上人は五十音図の創始者だそうです
独学で悉曇学(しったんがく:梵字に関する学問)を学んだそうで
秀才なんですね~。
GP5440.jpg
こちらを登ると四国八十八カ所加賀霊場があるのですが
暑いからスルー
GP5438.jpg
登り口のぼけ封じ観音様だけお参り
GP5439.jpg
1番最初の南門近くの庫裏で御朱印いただきました。
検索だと瑠璃光殿の墨書きが多いようですね。
P140581.jpg
一緒にいただいたパンフレットに
白山権現、開山堂、白山展望台が書いてあったので
折角なのでそちらもお参りに行ってみました。
白山妙理大権現
GP5449.jpg
こちらが温泉寺の始まりってことになるのかな?
GP5443.jpg
青い石を見ると笏谷石だと決め付ける福井県民
でもココ石川だしな。
GP5453.jpg
開山堂
中に明覚上人供養塔(国重文:鎌倉時代:五輪塔っぽい形)があります。
こちらも青い石でした。
GP5450.jpg
こちらから服部神社の拝殿に抜けられたので
もう1度社務所に行ってみましたが、やっぱりお留守
で、白山展望台に行くのを忘れたったわ
うちがのくて~だけなんだけど
なんか白山の眺望に縁がないんだよな~。

中島みゆきさんかと思った
人はそれぞれ、それでいいのだ~
GP5444.jpg
仁王門
GP5445.jpg
山門
GP5446.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-03

18.7.28 服部神社

あけぼの広場に移動
G_7966.jpg
五彩の小路を抜けると
GP5402.jpg
古総湯があります。
GP5404.jpg
お隣が総湯
GP5407.jpg
前が星野リゾート界加賀
GP5405.jpg
服部神社 「はとり」と読むんですね。
GP5408.jpg
お祭り用のステージが組まれていて石段を登れなかったので
保育園横から入りました。
GP5454.jpg
琴平神社
GP5411.jpg
鳥居がえらい低くて、扁額が目の高さ
GP5412.jpg
ペガサス しかも波に乗ってる
GP5414.jpg
725年に行基が白山に向かう途中、湧水で傷口を癒す烏を見て
その湧き水が温泉だったことが山代温泉の始まりといわれています。
こちらの手水はその烏だと思われますが
ちょっと普通の烏と違うね。
GP5415.jpg
そのカラスは八咫烏だともいわれていています。
古事記や日本書紀に出てくる八咫烏は
神武天皇が大和征伐を行う際、道案内をしたという烏で
中国の伝説では太陽の黒点の中にいるとされた伝説の三本足の霊鳥で
咫(あた)は長さの単位で
親指と人差指を広げた長さ(約18cm)のことですが
八咫は『大きい』という意味だそうです。

この形の塔が石川っぽくない?
GP5416.jpg
枯れ枯れ茅の輪がありました
GP5413.jpg
立派な拝殿です。
GP5417.jpg
ルンバ乗り型狛犬
GP5418.jpg
阿形さんは下あごが取れちゃったのかな
GP5419.jpg
おっきなスズメバチの巣があったので即退散
GP5425.jpg
右隣に白浪稲荷社
GP5422.jpg
和銅年間(708~714)に筑紫国宗像大神(福岡県の宗像神社)の
工女が山代へ来て機織や裁縫の技術を伝え
機織の神の天羽鎚雄神(あめのはづちをのかみ)を祀る。
元は大堰神社(おおひじんじゃ)付近にあった。
天文21年(1552)越前の朝倉義景の戦火にあって社殿が焼失。
江戸末期には廃絶されていたが
明治8年(1875)現在の場所に服部神社を再興。
菊理媛神を祀る白山神社と合併して郷社となった。
昭和15年(1940)に拝殿を新しくし、旧拝殿は解体されて大堰神社に移築。
平成3年に山代日子命(やましろひこのみこと)を祀る神明社と合祀。
山代日子命は山代温泉の守り神。
大国主命の子供で
古くから神明社(通称山代下社:現在の山下家の場所)に祀られていた。
『山代』という地名の語源ともいわれる。

山代日子命が記載されてませんが
この石碑が古いのかな?
GP5426.jpg
お祭りは夜なので昼間なら御朱印いただけるかと思いましたが
お留守でした


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-08-02

18.7.28 九谷焼窯跡展示館・大堰神社

7/28(土)は午後から山代温泉へ行ってきました。
随分昔に会社の忘年会で泊まったことはありますが
仕事帰りに旅館に向かって、宴会して
朝ご飯食べて帰っただけなので
温泉街をブラブラするのは初めてです。
GP5379.jpg
まずは九谷焼窯跡展示館へ。
GP5380.jpg
窯小屋 磁器焼成窯
昭和15年に作られた、九谷焼としては現存最古の登り窯で
昭和40年頃まで実際に使われていたそうです。
GP5381.jpg
中は壁で仕切られているんですね。
下の通気口から熱気だけ出すのかな?
GP5383.jpg
窯跡覆屋 磁器窯跡(国指定史跡)
古九谷再興を志した豊田伝右衛門が開いた窯で
文政9年から昭和15年まで使われていたそうです。
1回に約1万個の製品を窯詰めできたそうです。
GP5384.jpg
天井部分を取った状態での公開なのか。
GP5386.jpg
母屋兼工房
常設展示
九谷焼の特徴は『呉須(ごす)』とよばれる黒色で線描き(骨描き)し
『五彩』とよばれる赤・黄・緑・紫・紺青の5色での
絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。

私は黄で背景を塗り潰してあると『九谷やな』って感じがします。
GP5388.jpg
企画展示 近代九谷の名工たち
極楽鳥 宝相華紋浮彫花瓶
GP5390.jpg
葡萄模様花瓶
GP5387.jpg
工房では、ろくろ体験と絵付け体験ができます。
絵付け体験興味があったのですが
やっている方をチラ見したら
下絵から自分で描くみたいなんですよね。
下絵が描いてあって塗り絵感覚なら何とかなるかもですが
1からだと不器用&センスない私では手におえないかと
「紙と違って滲まないからぼかすのが難しい」と仰ってました。
GP5389.jpg
それから観光協会のサイトからダウンロードした
MAPに載っていた大堰神社(おおひじんじゃ)へ。
MAPに歩道と書いてあってが通れなそうだったので
近くの桔梗丘広場に停めさせてもらいました。
(公園利用者以外駐車時禁止と書いてありました。スミマセン
GP5401.jpg
大堰宮公園は大聖寺川にかかる北陸鉄道(旧温泉電軌)電車の
開通記念に桜並木がつくられて遊歩道になっているようです。
GP5392.jpg
後日書きますが、こちら烏みたいですが
この時は分からなくて恐竜かと思いました
GP5400.jpg
江沼郡内で神階の特記あるは菅生石部神社・忌浪神社と合わせて三社のみ
由緒ある神社なんですね~。
GP5395.jpg
GP5393.jpg
GP5397.jpg
本殿と拝殿が繋がってるタイプ。
GP5399.jpg
社務所らしき建物はありましたが、普段は無人のようです。
服部神社の兼務社なので
こちらで御朱印いただけるか聞いてみようと思います。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター