FC2ブログ
2018-04-29

18.4.18 ニナミカ写真展

事前の下調べの時に
の限定御朱印を出されていた安倍文殊院に
何とか寄れないものかと時刻表とにらめっこしてたんですが
こちら駅からのアクセスがあんま良くないんですよね。
歩くと20分ほど掛かるみたいだし
ギリギリ間に合っても拝観時間が短いし、朝一に行こうか
などと考えているうちに限定御朱印売切れてしまった

それで葛井寺・道明寺の御開帳も考えたんですが
ケチケチ旅行なのでJR1デイパスの有効利用で京都へ。

南海バス 観心寺14:51→15:04河内長野駅
南海高野線 河内長野15:27→15:52新今宮
JR 新今宮15:59→16:13大阪16:15→16:44京都

美術館「えき」KYOTO
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 割引券使用で¥800
P130848.jpg
フラッシュ無しで撮影OKでした
ニナミカさんはこういうの寛容
P130849.jpg
京都の五花街(祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東)の
15名の舞妓さん、芸妓さんがモデルになっています。
P130852.jpg
パーティションもニナミカさんの写真が使われてて
ニナミカワールド全開
P130854.jpg
ニナミカさんらしい花と蝶
P130855.jpg
やっぱ和傘って映えるよね~
G_7742.jpg
なんとなく展示数少ないような気がしたんだけど
記事によると120点も展示されてたらしい。
期待していたグッズは写真集とかポストカードが主で
ポーチがあったけど高かったので買わずじまい。

このあと、山本まりこさんの作品展『熊野古道を歩いています。』や
京都国際写真祭も興味あったんだけど
面倒くさくなってスルー
こんな明るいうちに帰るの久々やわ
G_7744.jpg
JR 京都17:31→18:37長浜18:41→19:12新疋田
この日も1日よく遊びました

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2018-04-28

18.4.18 観心寺2

日本で唯一の北斗七星の巡礼というのがありました。
星塚を一巡すると、その年の厄除けになるそうです。
P130809.jpg
1.貪狼星(子)
P130808.jpg
この梵字が彫られた石が星塚だそうです。
P130810.jpg
2.巨門星(丑亥) 私の本命星(生まれた年の星)
P130815.jpg
P130816.jpg
3.禄存星(寅戌)と4.文曲星(卯酉)は掲載割愛
こんな感じの道もあるのでの日は止めたほうがいいかも~。
P130821.jpg
5.廉貞星(辰申)は木が荒ぶってる
P130824.jpg
多分これが星塚だと思うけど、根っこに埋もれて確認できず。
P130827.jpg
6.武曲星(巳未)は朽ちちゃってるね。
P130828.jpg
P130829.jpg
6と7の間に御影堂 弘法大師
P130779.jpg
階段途中の右側には修行大師
こんな歩いてる感だしてる像 珍しくない?
P130780.jpg
左に四国八十八ヶ所お砂踏み道場
P130783.jpg
お大師様が折られる場所は
P130784.jpg
33番(雪蹊寺)
P130785.jpg
五輪塔は
P130786.jpg
56番(泰山寺)
P130787.jpg
開山堂は
P130782.jpg
80番(国分寺)
P130788.jpg
空海が生まれたお寺とか、特に所縁の深い札所かと思いましたが
そうでもないみたい。
別格20番で終了
P130789.jpg
7.破軍星(午)
P130790.jpg
P130830.jpg
最後に鎮守堂(訶梨帝母天堂 かりていもてん) 鬼子母神
P130831.jpg
P130832.jpg
P130833.jpg
最後に霊宝館に向かいます。
P130804.jpg
こちらは霊鑑寺で見逃した日光椿に似てますね。
P130835.jpg
P130813.jpg
石仏がそこここにおられました。
P130811.jpg
P130836.jpg
牛瀧堂 大威徳明王
P130839.jpg
恩賜講堂
P130838.jpg
京都御苑で行われた昭和天皇即位の大礼の際に建てられた
大饗宴場の木材や装飾品が下賜されこの講堂が建てられたそうで
中は近代的で
鮮やかな色彩の宝相華文様の装飾や豪華なシャンデリアがあるすです。
P130843.jpg
右側に霊宝館があります。 薬師如来
P130845.jpg
観心寺さんのブログより金銅観世音菩薩立像
観心寺観音菩薩立像
金銅釈迦如来坐像
観心寺釈迦如来坐像
厨子入愛染明王坐像
観心寺厨子入愛染明王坐像
そのほか秘仏本尊の御前立の木造如意輪観音
木造地蔵菩薩立像、木造薬師如来坐像、木造釈迦如来坐像など。

お昼食べてなかったので
来た時に出店で売っていたたけのこご飯を狙ってたのですが
帰りには既に店じまいしてました
小腹を満たすために柏餅を購入
P130846.jpg
出店の後ろに中院(楠木家の菩提寺)がありましたが
撮り忘れ。


御朱印じゃないけどチョットだけ続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-27

18.4.18 観心寺

昨日blog書いてたんですが、もうちょっとで書き終わるって時に
『ブラウザを開き直します』ってなって全部消えちゃったの
燃え尽きた
スマホにメモしてた御住職のお言葉も
blogに書き写したあと消去しちゃってたし
今日思い出しながらの再投稿

南海バス 天野山11:19→11:39河内長野駅11:55→12:07観心寺
P130758.jpg
P130759.jpg
金堂の御本尊が毎年4/17・18の2日間御開帳になります。
金剛寺さんの参拝が最終日になったのは
こちらの御開帳に合わせたってのもあります。
P130761.jpg
弘法大師礼拝石
P130764.jpg
御住職の法話(説明)がありました。
「昨日はで参拝者少なかったのですが
今日は朝から混雑していて座れないほどでしたが
今回の回は1番ゆっくり見ていただけますね」
と仰っていました。
そうなんです。
すごい混雑してるのを想像してたんですが、少なかったんです。
皆さん私と逆周りだったのかな?
P130765.jpg
観心寺は701年役小角によって開かれ、初め雲心寺とよばれていた。
その後808年に空海が当寺を訪ねられた時、境内に北斗七星を勧請され
815年衆生の除厄のために本尊如意輪観音菩薩を刻まれて寺号を観心寺と改称される。
弘法大師は当寺を道興大師実恵に附属され、実恵は淳和天皇から伽藍建立を拝命して
その弟子真紹とともに827年より造営工事に着手された。
後醍醐天皇は当寺を厚く信任され、建武新政後(1334年頃)
楠木正成を奉行として金堂外陣造営の勅を出され現在の金堂ができた。

センターは秘仏本尊の如意輪観音菩薩(国宝)
内陣には入れませんので遠目でしたが
ライト?ろうそく?かで照らされて割と明るかったので
よく見えました。
宝冠の下から覗く髪がアップスタイルに見えるし
丸顔で、体つきもゴツゴツしてなくて
丸く細く整えられた眉とか、色白なところとか、女性的。
六臂で六道全てを楽に導いてくれるそうです。
頬に当ててる手のひらは
空海の時代は開いていて、後の時代はグー。
観心寺如意輪観音
右に不動明王、左に愛染明王
八観音(6体は霊宝館)、四天王も祀られています。
周囲に北斗七星が配置され、南に訶梨帝母天(鬼子母神)を祀り
立体の七星如意輪曼荼羅を構成しています。
板に直接描いた両界曼荼羅図もシックな色合いで素敵でした。

空海が遣唐使の学問僧として青龍寺の恵果和尚を訪ねた時に
恵果和尚「お前を待っていた」と言って跡継ぎに
空海が日本に帰ったため中国の密教が途絶えた
知っているのが知識、できるのが智恵
仏様は自ら積極的に救いに来てくださっている
それを表現しているのが仏像、波動が梵字
同じ緯度上に中国で最初に密教を学んだ大興善寺がある
南に40km先には高野山
みたいなことをしてました。
あと「しっしょうにょいりんぼう」ってメモってるんだけど
何のことやったっけか?

大随求(だいずいぐ)菩薩画像も特別展示されていました。
鎌倉時代に描かれた現存する唯一の菩薩画像なのだそうです。
観心寺さんのブログより
観心寺大随求菩薩画像
滅罪の功徳があるとされていて
どんなに悪いことをしても大随求菩薩の前でご真言を唱えれば
極楽浄土の世界へと導いてくれるのだそうです。
『オンバラバラ サンバラサンバラ インジリヤ ビシュダニ ウンウン ロロシャレイソワカ』
です。よろしいですか? と。
ここで笑いが起こりました

御開帳限定の御朱印、今年は黄色でした。
関西花の寺の御朱印と花守りもいただきました。
P130860.jpg
花守りのデザインは楠木正成公ですね。
の銅像
P130756.jpg
冊子を購入したら絵はがきセットいただいちゃいました
この冊子、38ページ写真満載で¥500とお買い得
P130861.jpg
御開帳記念の御朱印帳を3種出されていて
どれも素敵で、散々迷った挙句またの機会に。
今後も販売されるようなので、どうしても欲しかったらお取り寄せします。

金堂の裏側
P130820.jpg
P130767.jpg
P130768.jpg
弁天堂 弁財天
P130770.jpg
秋にはさぞキレイに紅葉するんでしょうね~
P130777.jpg
阿弥陀堂 不動明王・普賢菩薩・地蔵菩薩
P130806.jpg
鐘堂
P130805.jpg
P130773.jpg
建掛塔
楠木正成公は報恩のため三重塔建立を誓願
しかし湊川の戦いで敗死したため
未完のまま建掛(たてかけ)の塔として一層のみ茅葺で残されている。
P130775.jpg
大日如来
P130776.jpg
カタツムリも貝殻引越しするの?
P130792.jpg
開山堂(本願堂) 実恵(実質的開基で空海の弟子) 
P130796.jpg
P130793.jpg
楠木正成公首塚
楠木正成の墓塔って平泉寺白山神社にもあったね。
P130798.jpg
コウボ坂陵墓参考地という看板と
新待賢門院(しんたいけんもんいん:後村上天皇の母の藤原廉子)墓
という看板がありまして
横の階段から降りてくる人がいたので
『上にあるのかな?』と思い登ってみました。
P130800.jpg
『これかい?』と撮ってみたけど、なんか違うな
P130802.jpg
P130803.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-25

《追加情報》 1300年大祭記念事業

以下越前和紙の里FBよりコピペ

【紙の文化博物館 次回特別展のご案内】
紙祖神 岡太神社・大瀧神社 1300年大祭記念事業
特別展「大瀧神社の至宝」
会期:4月28日(土)~5月31日(木)

岡太神社は、越前五箇の紙漉きの神である
「川上御前」を祀る神社として知られています。
そして同社と一体的に祀られる大瀧神社は、かつて大瀧寺と呼ばれ
白山信仰の拠点の一つとして、神と仏をともに奉り
越前の紙漉衆の精神的な支柱でありました。
また本年は岡太神社・大瀧神社の千三百年大祭が行われる記念の年であります。
本展覧会では平安時代に造られた虚空蔵菩薩坐像をはじめ
仏像や神像、古文書など、神社に伝来した数々の宝物を特別にご紹介します。
貴重な宝物を拝観することができる機会となっておりますので
ぜひお越しください。
大瀧神社の至宝
大瀧神社の至宝2
虚空蔵菩薩坐像は福井の仏像展で拝見したのですが
小さいながらも筋肉美の、魅力的な仏像です

theme : 雑記
genre : ブログ

2018-04-24

18.4.18 金剛寺2

天野川近辺は新緑がキレイでした。
P130724.jpg
P130725.jpg
福井は前日でしたが、こちらは朝も降ったのかな?
P130721.jpg
中院(本坊)へ。
P130728.jpg
P130727.jpg
思いがけず素敵な庭園でした。
P130730.jpg
鶴島、亀島、枯れ龍などを配しているそうですが
どう見ればいいのか分からなかった
P130745.jpg
龍になってる~
P130744.jpg
奥殿(北朝御座所)
撮影禁止と書いてなかったので
チョロっと撮らせていただきました。
P130733.jpg
P130738.jpg
P130743.jpg

P130740.jpg
この散華欲しい
P130735.jpg
持仏堂横の池 溺れてるのかと思いましたが
P130746.jpg
泳ぎだしたので良かった
P130747.jpg
宝物館は撮影禁止
P130749.jpg
伝教大師作と伝わる走り大黒天がおられました。
セルフ販売形式で御影があったので
最後の1枚いただきました。
大黒天って何で台所に祀るんですかね?
P130859.jpg
天野酒という僧坊酒を豊臣秀吉がたいそう気にいって
『酒に心を入れるように』との朱印状を送ったそうな。
そのほか千手観音立像、地蔵菩薩立像、尊勝曼荼羅図、五秘密曼荼羅図など。
テーマ展示『曼荼羅と密教法具』
小さなお厨子の裏側にの像があったのが気になったのですが
何のお厨子だったか忘れちゃった
ガラスケースに図録っぽいものがあったので
中身拝見させていただきたかったのですが
受付の方接客中だったのでまたの機会に。
P130753.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-23

18.4.18 金剛寺

3/10に休日出勤した分の代休を
4/18にもらって河内長野市に行ってきました。

高速 福井IC→敦賀IC ¥1,510
平日だからETC割引無いんだった
JR 新疋田6:12→8:10大阪8:14→8:32新今宮
南海 新今宮8:42→9:10河内長野
今年の春の関西1デイパスは金剛山ハイキングチケットがあったので
南海電鉄分も1デイパスの料金¥3,600に含まれてます
バス 河内長野駅→天野山 ¥310

金堂落慶記念で特別公開中の金剛寺へ。
金剛寺は奈良時代、天平年間(729~749年)に聖武天皇の命により
当時の高僧である行基によって開かれたといわれています。
また、平安時代に弘法大師が修行した聖地といわれています。

P130755.jpg
最終日に滑り込み。
4/1までに行けばいろいろとイベントがあったんですけどね。
ギリギリ星人だから
光の切り絵ショーっていうのは見てみたかったな。
金剛寺特別拝観
楼門で受付
P130692.jpg
ここでまた割り込まれたのよ
係りの人が私の前の人に
「入山料は¥200。本坊の拝観も込みだと¥500。」
と説明していたんですね。
そしたら私の後ろの人が¥500渡そうとするんで
『入れてやるものか』と思って私もさっと¥500出したら
↑と同じ説明をされたんで
「初めてなので拝観します」と言ったら
後ろの人は「私はいいです」と言って中に入っていっちゃったんですね。
係りの人に「あの人入山料も払わずに行っちゃいましたよ」と言ったら
「お連れの方かと思って」だって。
違うわ
あんな図々しい人ツレちゃうわ
とは言いませんでしたけどね。
結構並んでいたので席をはずせなくて、そのまま放置になっていました。
この割込みおばちゃんとは、そこここですれ違って
顔見るたびに嫌~な気分になりました

食堂
P130718.jpg
金堂の特別拝観は別途¥800
P130694.jpg
修復が完了したばかりだと
朱色がやけに明るすぎて浮いてることも多々ありますが
こちらは落ち着いた色合いですね
P130693.jpg
撮影禁止だったのでパンフレットを
金剛寺金堂
密教の図像でも特殊な形式と考えられる尊勝曼荼羅(そんしょうまんだら)を
大日如来・不動明王・降三世明王の一組であらわしています。
今回の平成大修理時では、大日如来・不動明王坐像は京都国立博物館で
降三世明王坐像は奈良国立博物館で保存され、修復が行われました。
大規模調査の結果、胎内にあった墨書から
不動明王坐像は仏師・快慶の高弟、行快(ぎょうかい)の作で
天福2(1234)年に完成したこと が判明。
また、3体が揃うまで約50年という歳月がかかっていたことも判明し
平成29(2017)年3月10日、国宝に指定されました。

博物館でお会いしてるんだったっけかな?
すっかり忘れてる

大日如来坐像(鎌倉時代)は威厳がありますね~
脇侍二尊より50年ほど早く制作されていて
平安時代の定朝様式だそうです。
天蓋も素敵
光背は脇侍二尊制作時に改造付加されたものだそうです。

不動明王坐像(鎌倉時代)は頭に蓮華が乗っかってます。
大規模調査の結果、胎内にあった墨書から行快作と判明。
降三世明王坐像(鎌倉時代)の宝冠の上からはみ出てるのは髪?
2体ともかみ締めた歯が特徴的。

修復前の画像(金剛寺HPより)
金剛寺三尊修復前
修復後(落慶法要特設サイトより)
金剛寺三尊
素敵に仕上がってます
今回の特別公開は金堂落慶と国宝に指定された記念でしたが
今後も定期的に公開されるんですかね?
P130716.jpg
多宝塔
P130699.jpg
P130697.jpg
P130698.jpg
薬師堂
P130712.jpg
五佛堂
仁和寺展でお目にかかった五智如来はこちらにおられるのかな?
P130700.jpg
閼伽井屋
P130707.jpg
ふた閉まってました。
P130708.jpg
御影堂
P130710.jpg
観月亭
P130711.jpg
開山堂
P130703.jpg
光嚴天皇分骨所 宮内庁の管轄だそうです
P130704.jpg
P130706.jpg
八十八ヶ所霊場
P130713.jpg
P130715.jpg
池の金魚 たむろってる
P130717.jpg
御朱印いただきました。
記念印だそうですが
通常のをいただいていないので違いが分からない
P130858.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-22

岡太神社・大瀧神社1300年大祭について

みんな大好き岡太神社・大瀧神社の1300年大祭
5/2~5に開催されます
1300年祭チラシ
長田製紙所の娘さんとFBで繋がったので
いろいろと情報を教えていただいたのですが
まずは祭事の日程について。

5/2は13:00からのお下りから始まり、19:00からの宵宮祭まで午後の日程
5/3は12:30からの法華八講から、17:00からの奉納ライブまで午後の日程
5/4は例大祭で9:30から能舞と神楽の奉納と、19:30からの権現様奉送
5/5は10:00からの後宴祭から始まり、20:00からのお上がりまで

越前和紙の里のサイトに
千参百年大祭御神忌へのリンクがありますので
詳しくはこちらを参照してください。

5/2は仕事なので、会社帰りに急いでいけば
権現様奉迎に間に合うかどうか…って感じです。

5/3の法華八講や湯立て神事は
神社なのにお坊さんや修験者がいて
もろ神仏習合です。

5/4の例大祭が本番って感じなので
能舞と神楽の奉納は見たいですね~。
権現様の奉迎・奉送はどんななんですかね?

5/5は御輿渡御(五箇まわり)がメインイベントと思われます。
少しでも長くいてもらいたい集落の人と
早く次に行きたい担ぎ手との神輿の争奪戦が
すさまじい迫力なんだそうです。

期間中は神と紙の祭り(掘り出し市)もやってますし
GW全部捧げたいのもやまやまですが
祭事と祭事の間の時間を持て余すし
おっか仕事だからもれなくUチャンついてくるし
5/3はテクノ法要もあるんですよね~。

それから駐車場情報
神社前の駐車場は数台しか停められないので
来賓の方が早い時間に停められて満車ではないかと思われます。
それに真ん前までで進めないのではないかと。

それでパピルス館周辺の臨時駐車場に停めていただきたいとのことです。
大祭期間中は駐車場の看板が出ているので
(多分案内してくれる人もいると思います)
そちらを頼りに停めてくださいとのことでした。
15分ほど歩くことになりますが
神社までの各空き家で紙のアート展示があるので
そちらを楽しみながら、ゆるゆる歩いていこうと思います。

のMAPは参考です。
パピルス館下と、うめ田さん下の
掘り出し市の会場になるため駐車不可
(コミュニティスペースのは停められるかも???)
和紙の里MAP
それと、これは大祭期間外でもOKなのですが
岡太神社さんでご祈祷をお願いすると
お守りをいただけるそうです。
人間国宝岩野市兵衛が漉いた紙を使用して
川上御前を主とするご神体が召されていた着物の端が入っているそうです。
お守りのみの授与は無くて、ご祈祷を受けるといただけるそうで
300個ご用意されているそうです。
ご予約(大祭期間中に受付けていただけるのか?)やお礼(祈祷料)などの問い合わせは
宮司さんに直接お問い合わせしていただきたいとのことで
宮司さんの連絡先をお聞きしているので
興味がある方はコメントください。
お守り
そして、ここからが大事
パピルス館で御朱印を授与していただけるそうです(書置きのみ)
私もまだ実物を拝見していないのですが
耳付きの越前和紙を使用しているとのことで
以前blogに投稿した
粟田部のほうの岡太神社さんの御朱印みたいな感じかな~と想像しています。
以前印刷の御朱印が置いてあったことがあり
『コレジャナイ』と思っていたので
書置きでもちゃんとした御朱印がいただけるようになって嬉しいです
大祭期間限定ではなく通年いただけるそうです。

注) 確認不足で申し訳ないのですが
岡太神社と大瀧神社、両方ともあるか不明なんです。
紙祖神推しなので、もしかしたら岡太神社だけかも…

パピルス館には質の良い鳥の子紙を使用した御朱印帳が
デザイン豊富に取り揃えているので
ゼヒ立ち寄っていただきたいです
お値段もそれなりにお高いんですけどね
G_6357.jpg
ってことで、たくさんの人に来ていただいて
盛大な大祭になればいいな~と思います(関係者ではありません

theme : 雑記
genre : ブログ

2018-04-15

18.4.15 飯塚観音堂

今週末はいろいろと行きたい所はあったけど
休養日にして遠出はしなかったので
ものごっつ近場の飯塚観音堂(法承寺)の御開帳に行ってきました。
こんなに近いのに全然知らなかったんだけど
飯塚アピタ南側のに立て看板が出てたよ。
P130641.jpg
交通整理の方がいたのであるかお聞きししたら
「無いのでアピタにでも停めてください」とのことだったのですが
正式に借りてるみたいです。
P130685.jpg
の交差点を南に行きまして
ビニールハウスが見えたら右折すると
P130649.jpg
見えてきましたよ~
P130642.jpg
入口は鳥居がありまして
P130643.jpg
神明神社と書いてありました。
P130644.jpg
鳥居の正面は観音堂で
P130645.jpg
斜め左が神明神社みたいです。
神社の前に親鸞聖人の像があったりして
配置がいろいろややこしいことになってます
P130647.jpg
出かける前にHPをチェックしてなかったので
(こんなちゃんとしたサイトがあるとは思ってなかったのよ)
何時からか分からなくて
『大体10時頃からだろう。御開帳法要が見れるといいな。』
なんて思いながら10時過ぎに到着したら
まだやったのよ

10:30~稚児行列があって、そのあと法要があって
午後から御開帳なんだそうです。
暫く待ってたら稚児行列が始まるから
折角来たので見学することにしました。

少し遅れて10:45ごろ出発~。
小雨がぱらついてたのも
この頃には傘差さなくても大丈夫なくらいに止んでました。
先頭は檀家総代さんかな?
P130650.jpg
続いて若い衆の練行
P130652.jpg
そのあとに稚児行列
P130654.jpg
練行は掛け声を掛けながら持ち物のバトンタッチがあります。
P130657.jpg
[広告] VPS

到着~
P130667.jpg
お稚児さんは境内へ。
P130669.jpg
大人が多すぎてお稚児さんが目立たない。
後姿を隠し撮り
P130671.jpg
お稚児さんがお堂内でお参りしてる途中に法要が始まっちゃって
とても参列できる状況じゃなかったので
一旦帰って3時頃に再訪。
稚児行列が終わったら路駐しても大丈夫そうでした(私感、自己責任で)
P130683.jpg
受付でパンフレットとお福銭(5円玉)をいただきました。
P130686.jpg
撮影OKでした。
P130674.jpg
内陣拝観でした
左側には龍に乗った観音様と、巻物を持った観音様
P130675.jpg
中央に御本尊の聖観音菩薩立像
P130680.jpg
伝行基彫(718年)
開創1300年にあたります。
P130648.jpg
御開帳あるあるで、幕が掛かってるし
暗くてお顔がよく見えないのよ
修正で少し明るくしてます。
手足がスラっとしてらっしゃいます。
P130677.jpg
下から見上げると表情が違って見えるし…
P130679.jpg
参考に福井の仏像展のときの画像がこちら
宝冠や瓔珞の有無で印象が違いますね~。
5P80273.jpg
17年に1度の御開帳に立ち会えてよかったです

右側は三十三観音かな?
P130681.jpg
衝立が素敵でした。
P130682.jpg
御朱印いただきました。
P130687.jpg
4/22(日)まで御開帳されてますので
皆さん是非結縁してきてください
P130684.jpg

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2018-04-13

18.4.8 能褒野神社(空振り)

真善寺さんを出たのが17:15頃。
最後に能褒野神社(のぼの)に行ってみました。
なんかまたナビに裏側に案内された模様
邪魔にならなさそうなところに停めさせてもらいました。
ナビ設定する時は『のぼのの森公園』にしたほうが良かったかも。
P130624.jpg
事前の検索で御朱印は書置き対応とのことだったので
『もしかしてセルフ形式で置いてあるかも』と
淡い期待を抱きつつ…
P130625.jpg
でもセルフでは置いてなくて、社務所も鍵がかかってました
この時間では仕方ないよね~。
P130626.jpg
日本武尊御墓も見てきました。
御陵は大体こんな感じ~。
P130629.jpg
日本武尊って神話の中の人ってイメージだけど
宮内庁が管轄してるってことは
実在した人物として認識されてるってことやんね。
菅原道真とか徳川家康は
実在した人物が神として崇められたということだけど
日本武尊もそういうことなんかね。
P130628.jpg
日本武尊は各地を征討し故郷の大和へ帰る途中
伊吹山で山の神に阻まれて病に倒れました。
不自由な身体を引きずり伊勢国能褒野にたどり着くも
ここで力尽きてしまいます。
故郷を想う日本武尊の魂は白鳥となり
能褒野→大和琴弾原(奈良県御所市)→河内古市(大阪府羽曳野市)
と留まって天に昇った。
その3ヵ所に陵墓を作ったそうです。
大和を目指して歩き続ける日本武尊は、体力は衰え
「わが足三重の匂(まか)りなして、いと疲れたり」
と語ったことからこの地を三重と呼んだそうです。

P130627.jpg
帰りはカーナビの指示通り鈴鹿ICからずっと高速で
鈴鹿ICから大きな赤い鳥居が見えました。
手塚プロダクションとコラボした御朱印帳がある
椿大神社でした。
能褒野神社リベンジの際にはこちらも寄らないと

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-04-12

18.4.8 真善寺

4/8のお出かけだったので
花まつりの御朱印をいただけないかと検索して
亀岡市の真善寺のを見つけました。
真善寺さんの御朱印はちょいちょい見かけますが
伺うことないだろうとスルーしてました
娘さんが描かれたみたいです
P130613.jpg
15:00 40分位で到着~
P130614.jpg
御朱印巡りをしてなかったら知らなかったであろう
檀家さんじゃなかったらちょっと入りにくいかも~
な感じの静かなお寺さんでした。
P130616.jpg
なんかいた。
P130617.jpg
お堂に入ると物腰の柔らかい若いご住職が対応してくださいました。
御朱印待ちの方が7組くらいいらっしゃいました。
私たちの番号は17番。
グループで1つの番号なので、人数にするともっと多いですね。

撮影許可いただきました。
P130621.jpg
『きょくようざん』と読むのかな?
P130620.jpg
花御堂が置かれていましたが
甘茶をかける形式ではなかったです。
P130618.jpg
蓮の蕾?から生えてて、上向いてらっしゃる
ちょっと変わった誕生仏でした。
作家モノを譲り受けたんだそうです。
P130619.jpg
お手洗いを借りるのに障子戸を開けたら
こんなんなっててビックリ
P130623.jpg
この日の御朱印対応は14:00~16:00だったのですが
私たちの順番が来たのは16:30頃だったと思います。
(私たちの後にもう1組いました)
「先週の日曜は5組ほどだったのですが今日は多くて」
と仰ってました。
途中で御朱印帳預けて帰られる方もいらっしゃいましたが
後日受取の対応もしてもらえるんですかね?
待ってる間に息子さんがお菓子を配ってくれましたよ

こちらは真宗高田派なので御朱印という考え方がないのですが
参拝記念としていただけるそうです。
友達2人とも真宗高田派で
今使ってる御朱印帳がもう少しで詰まるからと
真善寺さんの可愛らしい御朱印帳をご購入
基本御朱印3種
いつも心になもあみだぶつ・世の中安穏なれ仏法ひろまれ・唯見佛光
P130637.jpg
他力不思議は簡単なアンケートに答えてお礼にいただいたもの
花まつり限定 天上天下唯我独尊
ミミズクさんの書置きもいただきました。
散華もいただいちゃいました
名古屋別院の一光三尊御開帳の時(H28)の散華だそうです。
P130638.jpg
可愛らしい御朱印をたくさんいただけて大満足
また機会があったら伺いたいです。
HPに御朱印対応スケジュールを載せてくださっているので
予定を立てやすいですね。

亀岡市のマンホールは亀山城多聞櫓と花菖蒲
時間があったら亀岡城跡にも寄りたかったけど
登城記念御朱印をいただけるJR関駅内の観光協会が
17:00までとのことで、次回に持ち越し。
P130615.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター