FC2ブログ
2018-03-25

4月は大忙し

4月は行きたい所が多すぎて
あたま整理するために書き出してみることにした。

4/7~8 勝因寺(伊賀)本尊御開帳 ついでに真善寺の花まつり
3/24~4/8 霊鑑寺(京都)特別公開 御朱印帳限定あり
3/24~4/12 妙顕寺(京都)特別公開 夜間ライトアップあり
3/24~4/15 勧修寺(京都)特別公開 ココ行くなら毘沙門堂も
3/9~4/15 平岡八幡宮(京都)椿を愛でる会(内3/16~4/8屏風公開)
4/7~16 六角堂(京都)鞘仏公開
4/11~22 熊野古道写真展(京都)
4/14~5/13 ニナミカさん写真展(京都)
4/14~5/13 京都国際写真祭
4/15 長谷寺(桜井)西国三十三所大法要
4/15 山家神社(上田)例大祭
4/17~18 観心寺(河内長野)本尊御開帳
3/28~4/18 金剛寺(河内長野)新国宝三尊特別拝観
4/22 播州清水寺(加東市)西国月参り
    獅子窟寺(交野市)仏像ガイド

---3/29チョット修正---

3/31に霊鑑寺・妙顕寺など京都方面
4/8に勝因寺・真善寺
4/18に観心寺・金剛寺
は、それぞれ友達誘って行くことが決定
4/22は月参りの予定だったけど
政田マリさんの仏像ガイドが再申込み可能になったので
そちらを申し込みました。
月参りはまたあるしね。

4/18に観心寺・金剛寺は代休取れたらおひとり様で。
18は平日だけど3/10に休日出勤したので代休もらう。
↑休みたい旨を上司に伝えるも
「1ヶ月も先のこと分からん」やと
でもこの人前回も
「近くなったら返事する」と言っておいて
前日の夕方私から催促するまで返事しなくて
「まぁいいやろ」やと
何も行事予定がない日だから代休申請してるんだし
気持ちよく「いいよ」と言ってくれればいいのに
無視して計画立ててる。

山家神社は7月下旬に開山1300年祭があるらしいので
今回はガマンするとして
長谷寺も混み混みで法要には参座できないだろうから
スルーするとして
問題は六角堂なのよ。

霊鑑寺の公開とカブってるのが7・8だけでしょ。
8は予定済みで、7は空いてるけど
2日連チャンはキツいし、椿の見ごろが過ぎちゃうから
京都に行くなら3/31にしようと思ってるし
4/15に六角堂だけ行ってもいいけど
そんなこと言ってたら毎週出かけることになって
おじぇんじぇんが続かない

どうすりゃいいの?

theme : 雑記
genre : ブログ

2018-03-23

18.3.18 甘露寺・菌類画の世界展

それから匂いに名前に誘われて甘露寺へ。
G_7615.jpg
鳳凰と天女、上のほうには天満宮的な梅の紋もありました。
G_7614.jpg
撮り忘れたけど
本堂の屋根には平等院鳳凰堂みたいな金ピカ鳳凰がいました。
G_7616.jpg
せいし丸さまとは法然上人の幼名だそうです。
G_7617.jpg
如意輪風に頬に手を添えたお地蔵様
G_7619.jpg
愛嬌ある狛犬
G_7620.jpg
御朱印をお願いしたら、こちらでも本堂を開けてくださいました
Kさん曰く
「御朱印5冊お願いしたから
時間が掛かるから開けてくれたんじゃないか?
1人やったらこうはいかんやろ。」と。
確かに
その推理、当たってると思います
G_7621.jpg
往生浄土見尊體って書いてあるのかな?
G_7618.jpg
中に入って、美しすぎてビックリ
撮影許可いただきました)
G_7625.jpg
阿弥陀三尊の光背が黄色いガラスで出来てるんです。
ガラスの光背って珍しいですよね。
その後ろに丸い窓があり、西日が差すととてもキレイなんだそうですが
残念ながらで、その光景は拝めませんでした
その窓もブラインド的なものが自動で開閉するんですよ
丸柱の上部には雲中供養菩薩像的な像もあります。

左側丸柱の奥におられる仏像
(阿弥陀様だったか?聞いたけど忘れちゃった
ものすごく腰をくねっていて
無理な体勢なのにニッコリ微笑んでらっしゃるのよ

そして御本尊と向かい合うように涅槃図が飾られています。
90歳越えのご住職は元仏教大学の教授だそうで
中国へ研修旅行に行かれた時に見つけて
売り物じゃないのに交渉して買い求めたんだそうです。
写真では分かりづらいですが
周りには嘆き悲しんでいる僧侶たちが描かれています。
北枕で右を下にして寝られて
西方の極楽浄土に阿弥陀様がおられるように配しているんだそうです。
G_7622.jpg
四方の壁にも中国の画家さんの仏画があり
柔らかなタッチとパステル調の色彩が和みます
角には四神像
G_7623.jpg
壁画は壁に直接描かれたのではなく
紙に描いたものを板に貼り付けて、それを壁に貼っているので
絵自体は大丈夫でしたが
中の壁は震災でボロボロになっているんだそうです。

内陣の床には真珠の粉で描かれた蓮の花びらが。
散華みたい
G_7624.jpg
床にひかれた絨毯も蓮の花をデザインした特注だそうで
中国の有名な工場で作らせて
本堂にひく時に中国の職人さんを3週間?だったか呼び寄せたそうです。

丸柱も折上げ格天井も内陣だけじゃなく本堂全体に施されていて
とにかくこだわって造られているようでした。
ふらりと立ち寄ったお寺さんで本堂に上げていただいて
なんかすごいの見せていただけてラッキーでした

御住職が書いてくださった御朱印
お菓子もいただいちゃいました
P130526.jpg
こちらで時間切れ~。
この日の御朱印巡りはおしまい。
KさんにJR尼崎駅まで送っていただきました
尼崎17:38→18:14京都

美術館「えき」KYOTO
ニナミカさんの写真展をやってるはずと立ち寄ったのですが
行ってみたら小林 路子 菌類画の世界
『アレ?3/10~ニナミカさんじゃなかったか??』と確認してみたら
3/10~は前売券の発売日やった
あぁ、勘違い
折角来たし、きのこも好きなんで拝観
G_7631.jpg
ボタニカルアートのキノコ版って感じ。
めっちゃ精密に描かれてます。
(拾い画像
キシメジ
キノコに紛れてリスやクマなんかも挿絵で描かれてるのが可愛いの
オブジェも少し。
菌類画の世界展示
キノコの種類と、どこで描いたかが
作者さんの言葉でキャプションに書かれていてほっこり

ショップでは布製キーホルダーとか、アクセサリーとか、トートバッグとか
物欲をくすぐるものが置いてあって
めっちゃ悩んで3周ぐらいしたけど
高かったので止めといた。
うち、よくガマンした! えらい!

で、感化されて
待ち時間にミスドできのこ味わう白湯麺を食べる
G_7637.jpg
京都20:01→21:12長浜21:15→21:45新疋田
G_7634.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-22

18.3.18 善通寺・大覚寺

寺町のメインストリートは
G_7627.jpg
尼っ子リンリン・ロードっていうみたいです
G_7626.jpg
レンガの塀が続いてました。
G_7597.jpg
案内板を見て、1番近くの善通寺へ。
G_7596.jpg
時宗っていう宗派もあるんですね。
知らなかった
G_7598.jpg
お供えのお花がコニファーみたい
G_7601.jpg
G_7600.jpg
御朱印をお願いしてる間に本堂を開けてくださいました
屋根が2段になってるのが変わってますね。
G_7602.jpg
欄間の天女が立体的で見事でした。
格天井には花の絵が描かれていました。
「タッチが違う」と知ったかを披露

内陣の天井画だったと思われる雲龍図が額装されてました。
外陣の鳳凰の天井画は残っていましたが随分と傷んでいました。
今サイト拝見したら阪神大震災で被災したそうです

いただいた御朱印がこちら。
香炉の印が素敵
散華もいただいちゃいました
P130525.jpg
それから大覚寺へ。
何宗か分からないけど、本山と書かれていました。
現存する尼崎最古の古刹だそうで、由緒ある五本線のお寺さんです。
香道の看板も出てました。
G_7604.jpg
広々とした境内。
中央は茅渟殿(ちぬでん:能舞台)
左奥が本堂
御本尊は十一面千手観世音菩薩様だそうですが
中は拝見できませんでした。
右は聖天堂
G_7613.jpg
僧形文殊菩薩って珍しいね。
覗いたら確かに僧侶の像だった。
G_7605.jpg
薬師堂
G_7612.jpg
祇園祭の芦刈山でモデルになっている世阿弥の能楽『芦刈』は
尼崎と縁があるそうです。
G_7606.jpg
歓喜天には大根の彫刻。
二股大根ってついつい擬人化して見ちゃうね
G_7610.jpg
貴船石(紫)と鞍馬石(褐色)の滝
G_7609.jpg
七福神めぐりの弁天堂は裏側にありました。
G_7611.jpg
お留守のようで、御朱印はいただけませんでした。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-21

18.3.18 尼崎えびす神社

Kさんに乗せてもらって尼崎えびす神社へ。
参道が細長い公園になってました。
G_7578.jpg
尼のえべっさんと親しまれているようです。
なんか寄り添ってる
G_7595.jpg
ゆるすぎる
G_7581.jpg
立派な社殿です。
G_7589.jpg
G_7588.jpg
G_7591.jpg
月像石(つきいし)
巫女さんのblogによると
「ついてる、ついてる、あー私ってついてるわぁー」
と口に出しながら触ると
自分の言霊が自分の耳へと入り
脳はその気になって一日、ルンルンするんだそうですよ
G_7584.jpg
近くの商店街は
開幕と同時にマジック点灯式をすることで有名らしい。
「私(興味がないから)野球見たことない」と言ったら
映らないの?」と
冗談だか本気で言ってるのか分からないツッコミを受けました
G_7585.jpg
授与所の屋根にえびす様
G_7587.jpg
下には干支のタイル
狆がかわいい
G_7586.jpg
特定の書き手さん(巫女さん)がおられる時だけ
絵入り御朱印がいただけるとのことで
無事えびす様の絵入りでいただけました
左上の印は鳥井と、弥生月限定のおひな様と2種あったので
おひな様のほうにしました。
P130523.jpg
久々に二宮金次郎見た。
ネックレスしてるのか?と近づいてみたら
10円玉(お賽銭?)だった
G_7592.jpg
七福神巡りがあると教えていただいたので
7つは回れないけど、寺町を散策してみることにしました。
G_7583.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-20

18.3.18 中山寺2

梅林があるんですって。
G_7522.jpg
満開でした
G_7527.jpg
こんなよい被写体があるときに限って
G_7525.jpg
バッテリー入れ忘れという痛恨のミス
G_7532.jpg
広場になったとこに観音様がおられたのですが
この『ちょっと待てぃや』の手は何を表してるんだろう…
G_7530.jpg
ピントがズレたのでスクエアにトリミングしてみた
G_7534.jpg
2色になってるのもあったよ。
G_7537.jpg
G_7538.jpg
「黄色い梅もある」と近づいたら違った
この時は「ミモザ?」とか言ってたけど、サンシュユっぽい。
黄色い花の木はみんなミモザにしちゃう
G_7540.jpg
お水取りの時の花ごしらえのみたい
G_7542.jpg
いい天気で気持ちよかったです
G_7544.jpg
閻魔堂と
G_7573.jpg
西国札所の宝印が納められていたとされる
石の唐櫃(からと:白鳥塚古墳)をチラ見して
G_7574.jpg
G_7575.jpg
境内にある梵天さんでランチ
蓮ごはんセット ¥900
G_7577.jpg
中山寺名物だそうで
蓮根・ぎんなん・油揚げなどが入っていて
中華ちまきみたいな感じでした
皆さん「薬膳みたいなにおい」と言ってましたが
私は鼻がバカになってるのか気にならなかったです。
G_7576.jpg
いろいろとお土産をいただいちゃいました
私からは何もなくて申し訳ない
P130522.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-19

18.3.18 中山寺

3/18は西国月参りで宝塚市の中山寺へ。
JR新疋田6:12→8:06大阪8:15→8:46中山寺 徒歩約10分
マンホールは宝塚市の花スミレと
音楽と文化の街のロゴマークの鐘だそうです。
スズランかと思った。
G_7502.jpg
この写真を撮る時に
にバッテリー入れ忘れてることに気付く。
ただのお荷物

9:10に到着~。
これ以上下がれないので全景撮れず。
G_7505.jpg
参道はお花で華やいでました。
2015年7月に参拝したときは芙蓉だったし
植木鉢なので季節ごとに入れ替えているんだろうな。
サンシュユ
G_7507.jpg
なんたら椿
G_7510.jpg
リュウキュウアセビ
G_7513.jpg
今回の法要は整理券方式だったので、まずは整理券をいただきに。
昨年再建された青い五重塔。
前回は工事中だったんだと思うけど
それすら全然記憶にないっていう
G_7515.jpg
それから御朱印の列へ。
結構並んでたので10時からの法要に間に合うか?と思いましたが
書き手さん10人体制だったそうで、何とか間に合いました

お隣の方が
緑色の八角形の紙に書かれた御朱印を受け取られていたので
「それは何ですか?」とお聞きしたら
先達さんのみいただける御朱印なんだそうです。
検索してみたら
先達申請すると2巡目用に専用軸装納経帳をいただけるのですが
お軸を掛けられるお家が少なくなっている現状に対応して
散華を貼る台紙のように八角形の御朱印を貼る
西国観音曼荼羅という形式も併設されたみたいです。

9:45に本堂へ。
9:30~着席できたので、皆さん既にお揃いです。
椅子が用意されていて、整理券の番号と同じ席に着席するので
混乱することもなく、良い方法だなと思いました
G_7549.jpg
100番までが本堂内外陣、それ以降は外の縁側でした。
私は117番で、縁側席の1列目でした。
G_7519.jpg
扉や柱に阻まれて法要の様子は見えませんでしたが
マイクを使われていたようでお経は良く聞こえました。
勉強不足で、知らないテンポの速いお経でしたが
最後の観音経だけは一緒に読経できました。
天井画がきれいだったので遠慮がちに
G_7517.jpg
法話では
「観音様は慈悲を持って皆さんを救っくださるので
今日の法要で皆さんが一緒に観音経を大きな声で お唱えされた
その声を聞いて他の札所の観音様も集まって来られたと思います」
「平安初期作の御本尊は詳しく調査していない。
国宝とかに指定されたらお参りすることも難しくなるから。」
みたいなことを仰ってました。
G_7547.jpg
今日3/19はもんの三回忌でした。
月参りの法要は意味合いが違いますが
勝手にもんの法要のつもりで参列してました。

法要後にKさんと、Kさんのお友達と合流。
聞いたところによると
法要前は撮影OKだったんだそうです。
出遅れた
Kさんのお友達からのいただき画像
腕が細くて長くて、腰もキュっと締まってます。
お顔は丸顔。
G_7630.jpg
いただいた御朱印と、トンボ玉と、栞
P130521.jpg
本堂の裏側
G_7556.jpg
仏様の額が掛けられていました。
G_7555.jpg
お地蔵さまと椿
G_7552.jpg
五重塔も開扉されてました(覗くだけで中には入れません)
青龍塔という名前で
四神説で智恵と東方を表した青龍をイメージしてるそうです。
G_7569.jpg
宝珠と、ろうそく?と、座布団?
G_7562.jpg
シンメトリー
G_7567.jpg
バッタ発見
G_7565.jpg
授与所の方にお聞きしたら
人間だけでなくいろいろな生き物が共存しているという思いをこめて
遊び心で置かれているそうです。
G_7571.jpg
私はバッタしか見つけられませんでしたが
またまたお友達からのいただき画像のカブトムシと
G_7628.jpg
タコかな?
G_7629.jpg


たくさん写真撮ったので続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2018-03-11

18.3.3 仁和寺展2

改めまして、再入場で展示室へ。
撮影禁止エリアの画像は
トーハク公式サイト仁和寺展公式サイト公式FB
INT JAPANSPICEより

仁和寺北院の御本尊の薬師如来坐像(国宝:円勢・長円作:平安時代)
国宝の中で1番小さい仏像だそうで
光背・台座の彫刻や、截金(きりかね)の文様がとても細かくて
神業もんでした
肉眼ではよく分からないくらい
白檀は年輪がないので緻密な表現が出来るだんそうです。
9薬師如来
は前期展示の横被ですが
同じように宇多法皇像に描かれた法皇が肩からかけてる法衣
刺衲袈裟 (しのうげさ)が展示されていました。
布モノはぼろぼろの場合が多いですが
こちらは大事すぎて出番が少なかったのか状態が良かったです。
12宇多法皇袈裟
特別展の目玉の1つ、三十帖冊子(国宝)
空海が在唐中に密教経典や儀軌などを日本に持ち帰るために書写したもので
一緒に行った遣唐使も含めて、唐中のお坊さんらが総出で写したそうです。
1/28までは全帖公開されてましたが
その後は空海真筆の部分を2帖ずつ。
22三十帖冊子
孔雀明王像は室町時代のものと江戸時代のものの
2軸が展示されてました(は前期展示の国宝の)
江戸のほうは、彩色が残っているせいか
孔雀がドヤ顔に見えました
孔雀が蛇を食べることから『一切の難を除く』とされているそうです。
48孔雀明王像
子島曼荼羅(金剛界)
紺地金銀泥(銀はほぼ見えない)で
神々しさがハンパなかったです
すごい細かな文様。 誰が書いたんでしょうね。
56子島曼荼羅
明通寺(福井県小浜市)の彦火々出見尊絵(ひこほほでみのみことえ)
展示品は狩野種泰筆の副本(江戸時代)
海幸彦と山幸彦って、火照命と火遠理命のことだよね~。
日本書紀では山幸彦のことを彦火火出見尊というらしい。
明通寺はこんなお宝も隠し持ってたのね
125明通寺彦火々出見尊絵
仁和寺観音堂再現コーナーは撮影OK
仏像33体総出演です
16:9で撮ったけど全部入りきらなかった
P130465.jpg
友達は向かって右側におられる婆薮(ばす)仙人が気になる模様。
P130466.jpg
私は左側の難陀龍王と摩和羅女
赤い人多め
P130470.jpg
図録の写真、並んでる順番にしてほしかったな。
千手観音菩薩立像(江戸時代) なむ~
P130469.jpg
壁画は高精細画像で再現されています。
147観音堂壁画
『約370年ぶりの観音堂改修工事を記念して特別再現』
と書いてあったのですが
改修工事の間に置く場所無いし特別展やって博物館で保管してもらおう
っていう一石二鳥な感じか?
P130477.jpg
P130473.jpg
仁和寺創建当時の御本尊
阿弥陀如来坐像と両脇侍立像(国宝:平安時代)
御本尊なのに注目度は低め
でも私は、丸顔で、どっしりしてて
落ち着いた雰囲気が好きです
脇侍の宝冠の透かし模様が可愛い。
152阿弥陀三尊
前評判を聞いていた以外の仏像で1番気に入ったのが
龍華寺(神奈川県横浜市)の菩薩坐像(奈良時代)
布と漆を貼り重ねていく乾漆造の技法を使った例は数少なく
大変貴重だそうです。
158龍華寺菩薩
明通寺(福井県小浜市)の降三世明王立像(重文:平安時代)
踏んづけてるのはヒンドゥー教のシヴァ神と、その奥さんだそうです
160明通寺降三世明王
同じく明通寺の深沙大将立像(〃)
このお二方が、で~んと大迫力でお立ちになっていて
地元民として鼻高々でした
161明通寺深沙大将
お久しぶりでございます
中山寺の馬頭観音(福井県高浜町重文)
光背や台座、鮮やかな彩色も、鎌倉時代のものだそうです。
白馬の愛くるしさがたまらん
33年に1度しか本開帳されないのですが
秋のみほとけの里特別公開で、期間は短いですが御開帳されることも。
確か節分にもしれっと御開帳されてると仰ってたような…
162中山寺馬頭観音
金剛寺(大阪府河内長野市)の五智如来坐像(重文:平安時代)
実物はもっとキラキラしてましたよ
お顔がそれぞれ個性的。
164金剛寺五智如来
道明寺(大阪府藤井寺市)の十一面観音菩薩立像(国宝:平安時代)
さすが国宝 威厳がありますね。
毎月18日と25日に御開帳がありますが
お初にお目にかかります
166道明寺十一面観音
後期展示の中で最注目株
道明寺さんとセットで参拝される方が多いであろう
葛井寺(大阪府藤井寺市)の千手観音菩薩坐像(国宝:奈良時代)
こちらもお初です
167葛井寺千手観音
天平彫刻の最高傑作の1つだそうで
大手40本と小手1001本 合計1041本の手が
絶妙なバランスでついています。
恒例のチェック なんかのキャラみたい
月輪に水瓶?みたいな模様が入ってますね。
167葛井寺千手観音ドクロ
持ち物の解説パネル
これ図録に載ってないの
画像拾えてよかったよ。
167葛井寺千手観音パネル
展示では360度拝見できるので
大笑面目当ての人も多かったんじゃないかな。
爆笑じゃなくてニッコリでした
手のひら1つ1つに目が描かれているとは聞いていましたが
こんな感じなんですね。
肉眼では確認できず。
167葛井寺千手観音目
神呪寺(兵庫県西宮市)の如意輪観音菩薩坐像(重文:平安時代)
こちらと観心寺、室生寺で日本三如意輪といわれているそうです。
毎年5/18に御開帳。
何がって言えないけど、なんか変わってるなって印象。
異国風?
『100万ドルの夜景をのぞむ秘仏』と書かれていたので
最初香港からいらしたのかと思った
ハンドスピナー超先取り
168神呪寺如意輪観音
長勝寺(香川県小豆島町)の八幡神本地仏坐像(重文:平安時代)
パネルには神像と書かれていました。
神仏習合の神像の定義って袖で手を隠してるところ?
葛井寺千手観音様・道明寺十一面観音様
雲辺寺千手観音様の化仏も手隠してるよ。
171長勝寺神像
四国遍路の難所の1つ、雲辺寺(徳島県三好市)の千手観音菩薩坐像(重文:平安時代)
像内に書かれた願文には、目のイラストと
「目アゝラカニナシタマヘ」と書かれていて
眼病平癒の願いがこめられているそうです。
目のご利益があるのは日摩尼手(赤い○)だよね~。
壺阪寺で聞いた
172雲辺寺千手観音
8体の秘仏を含め、展示物が多く
見ごたえ満載の特別展でした
やっぱ1時間程度では時間が足りなかった
けど御朱印日付入れてほしかったし、しょうがないよね。
巡回してくれたらいいのにな~。
つか、仁和寺なんだからキョーハクでしてくれたら
2回行けたのに…

3/8には皇太子様も拝観されたそう。
『宸翰(しんかん:天皇自筆の文書)と仏像には興味がある』
と仰ったそうです。
ご先祖様が書いた文書だもんね。

9時ギリギリまで拝観して3人とも疲れがピーク
夜ゴハンはなんか買ってホテルで食べようってことになり
20年ぶりくらいに吉牛を食べたよ

オマケ
2014.4.13の御室桜
140413御室桜

CP+の件は別blogにUPします。

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2018-03-10

18.3.3 仁和寺展

東西めぐりん 雷門前→東京国立博物館 ¥100
バスだと30分くらいかかると言われましたが
歩きたくないので目の前まで行ってくれるバスにしました。
この日1番楽しみにしていた
特別展仁和寺と御室派のみほとけ
P130461.jpg
予定より15分ほど早く18:45頃に到着。
東京に行くって決まってすぐ前売券買ったって
1人でも行くつもりだったけど結局3人で。

100冊限定の錦織の御朱印帳付(御朱印記入済)の前売券があって
まだ残ってたからそれにしちゃった。 ¥4,500
通常の前売券が¥1,400だから
御朱印帳と御朱印代が¥3,100ってことか。

そして前日の公式FBの投稿で
18:30~19:30に御朱印に日付入れをしてもらえるとの情報を得て
入場後真っ先にグッズショップに行って
御朱印帳の引換と、書置き御朱印を購入して
一旦出て、ロビーの日付入れの列に並びました。
G_7441.jpg
御室流のいけばなを展示していました。
1週間ごとにいけかえられているそうです。
P130462.jpg
ひな祭りに桃の花がぴったり
P130463.jpg
お坊さん2人で対応してくださってました。
仁和寺お坊さん
私が並んだ時には既に50人くらいの人が並んでて
皆さん大体4枚なので日付だけでも時間が掛かり
1時間ほど並んだので拝観時間が短くなっちゃいましたが
今までは午前・午後の2回しか日付入れされてなかったので
まさか夜も追加されるとは思わなくて、嬉しい誤算です
仁和寺お坊さん2
でね、並んでる途中に係りの人が
「混雑してきたので2列でお並びください」と案内されたので
友達2人が前、私がその後ろ
私の後ろに並んでた人が隣に来たんですね。
それで、友達2人が書いてもらって、次私の番じゃないですか。
なのに隣の人がジリジリと前ににじり寄ってって
「お次の方」って呼ばれた時にスっと行っちゃったんですよ
書いてもらってる途中の友達に小声でコソっと
「また横入りされた」とつぶやいたら
友達大爆笑
周りから『何事や?』の視線を浴びました

この日3度目の割り込み
ここまでくると、なんかうちが悪いんかとさえ思っちゃうけど
2列になったからって順番が繰り上がるわけじゃないですよね?

織物美術家・龍村光峯氏による
御衣黄をイメージした錦織の御朱印帳がこちら
表裏の区別がないので
間違えて裏面に書かれないように、渡す時気を付けないと。
P130512.jpg
1ページ目に旧御室御所の御朱印が記入済み。
左下の扁額風の印が特別展の限定だそうです。
仁和寺で、何も指定しないとこちらを書いていただける
スタンダードな御朱印だと思うのですが
私いただいてなかったわ。
P130513.jpg
そして書置きの御朱印が4種。
1つはと同じなので3種いただきました。
・千手観音は仁和寺に行ってもいただけない特別展限定の御朱印です。
・薬師如来は後期展示だったので2/14~いただけるように。
 仁和寺でも毎月8日しかいただけないものです。
・阿弥陀如来は仁和寺でいただいたことあるけど仁和寺展の記念に。
P130514.jpg
FBで「仁和寺にお参りせずに御朱印いただくことに違和感を感じます」
というコメントを見ましたが
展示されている仏さまの御朱印だし
仁和寺展では開眼法要もされてるそうなので(確か運慶・快慶展も)
私は出開帳だと思っています。

・葛井寺の千手観音様の限定御朱印も残ってました
 手がいっぱいの印がステキです
 聞いた話によると色違いの第2弾が出てたそうですが
 全然気付かなかった(売り切れてたのかも?)
 こちらが第2弾らしい。 台紙の色は関係なかったみたい。
・遍照寺の御朱印は写真と100年前のおみくじの復刻版付。
 おみくじは平凡な吉でしたが内容はまぁまぁ
P130515.jpg
御朱印帳とお揃いの錦織のがま口が欲しかったんだけど
小銭入ればかり増えても中身が飛んでくし~
「阿・吽」コラボのトートバッグ
色使いがキレイで、生地もしっかりしていて
狙ってたけど、お値段がちと高め。
どちらもガマンしましたが後ろ髪ひかれてる
クリアファイルと図録は購入。
P130516.jpg
千手観音様の持物の根付とか、手のピアスとか
気になるものがいろいろあったのにチェックするの忘れてしまった。
つか一通り見て気付かなかったんだから、売り切れてたのかも?


肝心の展示内容は次回、、、

theme : 旅先の美術館・博物館
genre : 旅行

2018-03-09

18.3.3 買い食いなど

17:40浅草神社を出た頃にはすっかり暗くなって
ライトアップされてました。
P130447.jpg
来た時は目に入ってませんでしたがスカイツリーも見える
P130451.jpg
喫煙所があったので一服
P130442.jpg
宝蔵門(仁王門)裏にでっかいわらじが。
わらじは仁王さまのお力を表し
『この様な大きなわらじを履くものがこの寺を守っているのか』
と驚いて魔が去っていくといわれているんだって。
P130441.jpg
P130452.jpg
あげまんじゅうを立ち食い。
立ち食いってなんか言葉汚いですが
お店の陣地から出てはいけないので食べ歩きと言えない
P130454.jpg
ここでこの日2回目の横入りをされる
3人でしゃべりながら待ってて、どう見ても同じグループなのに
何で割って入ってくるの

事前の下調べだと幟(のぼり:橘色ベース)のライティングだったけど
の写真は白っぽいし、は紫に見えますね。
P130455.jpg
舟和の芋ようかんの焼バージョン
ほくほくで、もろ焼き芋の味でおいしかったです
P130456.jpg
雷門(風雷神門)の裏には龍神像
前回気付いてなかった。
男性の姿が天龍、女性の姿が金龍
P130457.jpg
駆け足になっちゃったけど
目的は果たせて概ね満足
P130460.jpg
オマケ
浅草ならでは?な標識
人力車のお兄さんの客引きがナンパみたいやった
G_7420.jpg


続く、、、

theme : 旅日記
genre : 旅行

2018-03-08

18.3.3 浅草

公園口にある台東区循環バスのバス停に向かうと
この日は迂回路で公園口には停まらないとのことで
パンダ橋を渡って入谷口へ。
ちょうどバスが来たよ
東西めぐりん 上野駅・上野公園→雷門前 ¥100
P130422.jpg
仲見世の家賃値上げのゴタゴタはどうなったんですかね?
P130423.jpg
取り急ぎ浅草神社
P130424.jpg
まずはお参り
徳川将軍家光より寄進された東照宮的な社殿でした。
P130427.jpg
狛犬をPR大使にするの、やめたげて~
P130426.jpg
右のテントが御朱印の列で
テーマパーク形式でロープの中をグルグル回ってますが
こちらはひな祭り限定御朱印がいただけるので
テントからはみ出るくらい人が並んでいます。
この時点で16:30
今並ぶと浅草寺の拝観時間を過ぎてしまうので
先に浅草寺へ。
P130428.jpg
お参り
P130429.jpg
朱印所になっている影向堂へ。
P130431.jpg
P130432.jpg
受付はスムーズでしたが
書きあがり待ちの人が結構いました。
で、私が3人分受け取ることにして
先に2人で浅草神社に並んでもらいました。
達筆
P130510.jpg
それが正解で、私が戻ったのが5時ごろで
新たに並ぶのは5時前で終了みたいでした。
おひとり様だったら、こうはいかないもんね。
P130440.jpg
受付していただいた私の番号は302番。
1日通し番号みたいです。
後ろに数名いらっしゃったので
1日で310名弱の人がこちらの御朱印いただいたんですね。
P130443.jpg
被官稲荷神社の御朱印もお願いしたので
待ち時間にお参り
P130433.jpg
こちらは関東大震災・東京大空襲でも焼け残ったので
『強い運気をいただける』と人気のスポットなんだそうです。
P130434.jpg
子連れお稲荷さん
P130438.jpg
扁額にもいたよ
P130436.jpg
外見は覆い屋で、中にこじんまりしたお社がありました。
P130435.jpg
いただいた御朱印がこちら
去年のはお雛様のスタンプがもっと大きかったんだけどな。
P130511.jpg
御朱印メニューに朱印代¥500と書いてあって
『ひな祭りのは限定だから』と¥800出したら
『¥1,000です』と言われてしまい
フツーに全部¥500でした
聞いた話によると関東の神社は軒並み¥500らしい。
口裏合わせて値上げしたな

メニューはと恵比寿様の3種でしたが
近くにある兼務社の浅草富士浅間神社もいただけるはず。
ですが今回はお参りしてないので次回。

夫婦狛犬見逃した


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター