2017-05-19

17.5.14 當麻寺(朱印なし)

で近鉄奈良駅へ。
お面のガチャポンやってみた。
猫面が欲しかったけど般若やった~。
G_6402.jpg
奈良14:01→14:06大和西大寺14:27→14:55橿原神宮前15:03→15:10尺土15:12→15:15当麻寺 \620
西大寺駅で食べつつ

当麻寺駅の駅員さんが
「帰りも込み合うから切符を今のうちに買ってください」
と言っていたので、そうしました。
當麻寺推しのマンホール
西塔はただ今修復中
P100461.jpg
途中の相撲館に葛城市のキャラクター蓮花ちゃんがいたよ。
P100462.jpg
通りすがりのお宅の注連縄
GP4153.jpg
徒歩10分ほどで當麻寺に到着~
P100463.jpg
聖衆来迎練供養会式(しょうじゅらいごうねりくようえしき)
俗にお練りと呼ばれていて
中将姫が現身(うつしみ)のまま成仏されたという
伝承を再現されたものだそうです。

毎年5/14と決まっているので
休みの今年に来れて良かったです
地元出身の恵心僧都源信が寄進して始められたと言われるので
1011回目を迎えるかもしれないそう
16:00~ですが、既に沢山の人が場所取りされてました。
GP4103.jpg
極楽浄土は西方にあるとのことで
お練り当日は曼荼羅堂(本堂)を極楽堂と呼び
娑婆堂(しゃばどう)までの間に来迎橋が架けられます。
4時になり、鐘の合図で中将姫像が輿に乗せられ
極楽堂から娑婆堂へ運ばれます。
GP4104.jpg
中将姫像は入れ子になっていて
中に帰り蓮台の上に乗る中将姫が入っているそうです。
GP4106.jpg
その後、偉いお坊さん方々が中之坊から極楽堂へ。
GP4109.jpg
それから稚児行列、雅楽器隊、お坊様方が娑婆道へ。
GP4111.jpg
GP4113.jpg
結婚式でよく聞く曲でした。
あれは結婚式用の曲じゃなくて、おめでたい席全般なんですね。
GP4116.jpg
GP4117.jpg
可愛らしいお坊さんもいましたよ
後ろのお坊様はおじいちゃんなのかな?
孫の晴れ舞台にデレデレな表情
GP4119.jpg
GP4122.jpg
散華は極楽道近辺で撒かれたようです。
GP4123.jpg
続いて地蔵菩薩、二十五菩薩
GP4124.jpg
GP4125.jpg
この方はお面がちょっと傾いているのか
おどけてるように見えます
GP4127.jpg
それぞれ楽器を持ってます。
GP4131.jpg
GP4132.jpg
最後に主役の観音・勢至・普賢の三菩薩の登場
GP4139.jpg
観音菩薩は蓮台を左右に奉げてはすくいあげる所作をするので
スクイボトケと呼ばれています。
GP4141.jpg
勢至菩薩は合掌しながら体をねじって進むのでオガミボトケ。
GP4142.jpg
しんがりは天蓋を持った普賢菩薩が務めます
と書いてありますが、しんがりって何?
GP4143.jpg
お面は視界がとても悪いので、お付の方がいますが
橋板を棒でトントンたたいて
音と振動で坂や地面との境を知らせえるそうです。
GP4134.jpg
人数が多いので三菩薩が娑婆堂に到着時点で16:50になってました。
GP4145.jpg
中将姫をお迎えする儀式を見たかったので
娑婆堂近くで背の低い人の後ろを陣取ったのですが
後から割り込んできた男性が背が高くて
しかもビデオを撮ってるからずっと手を挙げてるので
私が撮った殆どの写真でこの人の頭と手が見切れてる

この人はお稚児さんのお父さんだったので
どうしてもビデオ撮りたかったんだろうから
まぁ許そう。
(それなら割り込まずにもっと早く場所取りすれば?と思うけど)

でも別のおんちゃんは
「ちょっとごめんなさい」と言いながら前に割り込んできて
カメラを構えるたびに肘が私の胸に当たるんです
それくらい狭い場所にグイグイ割り込んできて
「ちょっとごめんなさい」と言えば
何しても許されるんかっての!
GP4148.jpg
でもまぁ、見ることはできたので概ね満足
GP4151.jpg
お面や衣装は平成になってから新調されたそうです。
「帯の生地を使っている」とトントン棒のおじさんが教えてくれました。
GP4152.jpg
ここでタイムアップ
極楽堂へ入るのは見届けられませんでした。
G_6411.jpg
曼荼羅堂では裏板曼荼羅の御開帳
中之坊では當麻曼荼羅絵解きと霊宝館での中将姫特別展
関西花の寺霊場の西南院では牡丹やナンジャモンジャが見頃と
もっと早く到着すれば堪能できたのですが
いろいろ行きたい所が重なっちゃったので仕方ないですね。

なるべくJR1デイパスを利用してお金かけず帰りたかったので
乗継ぎしまくり
近鉄 当麻寺17:15→17:18尺土17:22→17:29橿原神宮前17:33→17:37 八木西口 \300
JR畝傍18:16→18:40王寺18:46→19:24大阪19:30→21:11長浜21:15→21:45 新疋田
早めに撤収したので、そんなに混んでなくて座れましたが
大阪から暫くは座れなかった

この日は一眼レフを持参していて、図録も買ったので
リュックが重くて肩に食い込んでたよ
沢山歩いたし、乗換も多かったし、疲れたけど
めっちゃ充実してました

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-05-18

17.5.14 快慶展

また内回りで国立博物館下車のはずだったのに
乗り間違えて県庁前まで来てしまい
ちょっとだけ歩き
奈良国立博物館 快慶展 \1,500
G_6392.jpg
6/4までなのですが、5/28も6/4も予定があって
5/21は空いてるけど毎週毎週出掛けるわけにもいかず
この日にぶっこみました
P100459.jpg
入口では金剛院(舞鶴)の金剛力士像がお出迎え。
深沙大将立像と執金剛神立像もおられました。
金剛院さんて良い仏像が揃ってるんやな~と
改めて思いました。
P100458.jpg
展示1番は醍醐寺の弥勒菩薩坐像
神々しかった~
光背や宝冠や蓮華座の花びら1つ1つまで細かい細工でした。
醍醐寺弥勒菩薩
清水寺奥院御本尊の千手観音様
すごいキレイやった~
1番大きい化仏の周りに
黒くて丸いラインがあるのが気になりました。
光背?
G_6414.jpg
メトロポリタン美術館所蔵の不動明王様は
他のお不動様となんか違う気がしました。
何がって言えないんだけど。
目が大きいのかな? 血走ってないからかな?
口があんまりへの字じゃないからかな?
G_6415.jpg
それにしてもメトロポリタンとか、ボストンとか
いいもん持ってるね~。
なんで外国に流れちゃったのかな。

青蓮院の兜跋(とばつ)毘沙門天立像は
金色の衣が織物風の立体的な模様で
邪鬼ではなく地天女の掌の上に立っているのが面白い。
毘沙門天
お地蔵様や阿弥陀様の衣の文様は
截金(きりかね)という技法で施されていて
細かい細工でとてもキレイでした。
東大寺八幡神

金剛峯寺の孔雀明王の展示は5/7までで、パネルの展示でした。
安倍文殊院の文殊菩薩様は納入品の展示で
像はパネルでの展示でした。

いろいろと見所満載で
書物はあまり興味がないのでサラっと流して
1時間ちょい堪能しました~。
P100460.jpg
快慶仏講座ミニ検定というのがあり(\700)
P100467.jpg
入口で申し込まないと行けなかったのに忘れてて
出たとこで思い出して申し込みました。
帰ってから問題を見てみたら
キャプションに書いてあったり
上映されてた映像に出ていた内容だったので
筆記用具持参でその場で書くのが手っ取り早かったです。
『なんか書いてあったな』までは覚えてるけど
どれが何だったか…
図録に書いてあるといいけど~。
P100466.jpg
解答用紙を返信用封筒で送ります。
記念品がいただけるようですが
いっぱい間違ってもいただけるのかな?


続く、、、

theme : 水族館・動物園・美術館・博物館など
genre : 地域情報

2017-05-17

17.5.14 璉珹寺

奈良交通バス1デイパス\500を買って、内回りで紀寺町下車
璉珹寺(れんじょうじ)へ。
P100450.jpg
女人裸形阿弥陀仏の特別公開
こちらは去年も伺ったのでスルーしてもよかったのですが
1ヵ所くらい寄り道できそうだったので。
P100451.jpg
匂い蕃茉莉(ニオイバンマツリ)というお花が咲いてました。
P100452.jpg
中門まで来た時に「くぅ~ん」と鳴き声がしたので
覗いてみたらワンワン吠えられた
飼い主に忠実なのでよそ者には懐かない日本犬タイプ
P100454.jpg
子供たちが受付してくれました。
P100456.jpg
本堂左側の障子戸から入ります。
戸を開けると衝立があり
極力堂内に光が入らないようにされています。
P100455.jpg
別名を紀寺といい、前身は飛鳥にあったと伝えられている。
平城遷都後現在地に移され、のちに紀有常(きのありつね)が同寺の施主となった。
本尊の木造阿弥陀如来立像は裸形の像で
鎌倉後期の作と伝えられ
50年ごとにお袴のお取り替えが行われている。
脇侍の木造観世音菩薩立像は平安時代
木造勢至菩薩立像は江戸時代の作である。

紀寺はこの辺りの町名になってます。

御本尊は光明皇后をモデルとされているそうで
女人となっていますが
お顔は女性だとするならちょっとおばちゃんっぽい(失礼)
マダムと言ったほうがいいかな
指と指の間の水かきのようなもの(縵網:まんもう)とか
髪が編み上げ風だったりとか
来迎を表してる雲形の台座とか
いろいろと面白い仏像です。

勢至菩薩は後に作られたものですが
観世音菩薩に似せて作られているそうです。
ダルビッシュ似と言われています。
小さなお厨子があり紀有常像が祀られているそうですが
御開帳はなくパネルの展示でした。

そのほか、行基菩薩坐像や
南無阿弥陀仏という文字の羅列の波の絵?などを拝見しました。

お姿印の御朱印がいただけるようになったとのことで
こちら目当てにやってきました(書置き)
撮影禁止なので写真も購入。
P100465.jpg
祈りの回廊の記念での絵はがきがいただけたそうですが
早々に無くなってしまったそうです
残念!
璉珹寺はがき
ツアー団体様が来て庫裏を占領されてしまったので
お茶セットの一服できなかった
人気のお寺さんなんですね。
お庭のグルグルも健在でしたが、団体さんがズカズカ歩いてたわ
P100453.jpg
再訪して今度こそお茶セットいただきたいです
P100457.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-05-16

17.5.14 京都駅で一服

京阪 三井寺9:16→皇子山 \170
JR 大津京9:33→9:45→京都10:03→10:48奈良
乗換の京都駅でするために改札を出たのですが
インフォメーション前のスペースで
京の御朱印めぐりという展示をやってました。
G_6384.jpg
エリアごとに6か所ずつ
目ぼしい神社仏閣の御朱印が紹介されています。
G_6380.jpg
G_6381.jpg
御朱印帳の現物も展示されてました。
G_6378.jpg
特典付きとはいえお高くて手が出ない即成院の
実物初めて見ました。
即成院
4月に頒布されたばかりの大田神社の
これは上品ですね~
今年も杜若見に行けなかったな。
大田神社
興聖寺はノーマークでしたが素敵ですね
G_6379.jpg
次回宇治に行った時は寄りたいと思います。
G_6382.jpg


続く、、、

theme : 旅日記
genre : 旅行

2017-05-15

17.5.14 三井寺

5/14は久々に西国月参り法要が日曜開催だったので
お出かけしてきました。
他に行きたいところと日程がカブったので
法要には参座しなかったのですが

JR新疋田6:01→7:32大津 関西1デイパス\3,600
京阪バス大津駅7:58→浜大津 \100
京阪浜大津8:21→三井寺 \170

大津駅から三井寺まで行くバスだと思ってたのに
終点浜大津だったからアセった
後で時刻表見返したら
表に載ってる一部しか三井寺まで行かなくて
本数がえらい少なかったわ
あんまり歩きたくないから1駅分京阪乗りました。

JR大津駅付近で見つけたマンホール
分かりにくいので検索してみたら
市の木(山桜)、市の花(叡山すみれ)、市の鳥(ゆりかもめ)」を中心に
大津絵の「藤娘」と「鬼の寒念仏」を左右に
下段に「びわ湖」と「瀬田の唐橋」をあらわしたものだそうです。
P100439.jpg
三井寺駅から徒歩10分くらいで三井寺(園城寺)に到着~。
P100442.jpg
こちらは琵琶湖・大橋・船・ヨット・花火・すみれかな?
P100443.jpg
前回はだったので駐車場側から入りましたが
こちらはどこなんだろ?
P100444.jpg
観音堂の真ん前でした~。
P100445.jpg
まずはお参り
P100448.jpg
そうそう、この懸仏がステキなんだった
P100446.jpg
御朱印は特設テントでいただきました。
左側のテントで印を押してもらって
右側のテントに移動して墨書きをいただく不思議なシステム。
記念印全部乗せ
P100464.jpg
内陣特別拝観は9時~となっていましたが
この日は特別にもう開いているとのことでした。 \300
P100447.jpg
愛染明王坐像は平安時代の作です。
口元がなんか変わってるなと思いました。
口が小さいから? 唇が薄いから?
三井寺さんのもう1つのHPより
愛染明王
鎌倉時代作の毘沙門天立像もおられました。
絵馬も沢山飾られていました。
御本尊の如意輪観音様の御開帳は無かったですが
(拾い画像
如意輪観音
御前立もキレイでした。
御前立
前回お参りしたのは2014年11月23日
この時は智証大師生誕1200年記念で、いろいろと御開帳があり
如意輪観音様の御開帳もあったのですが
御朱印いただくのに30分以上かかってしまい
おっかと達を外で待たせていたので
スルーしてしまったんですよね。
今思えば何て勿体ないことをしたんやろ
御朱印を次回にして拝観すればよかったのに
あの頃はまだ見仏に目覚めてなかったんです
本来は33年に1度の御開帳ですが
2014年の時も特別御開帳だったので
また何かしらで御開帳されないかな~

11時~月参り法要ですが
散華の華籠が既に準備されてました。
散華あるんやね。
すごい気になるけど~
前回見逃した閼伽井屋の左甚五郎の龍や
収蔵庫にある微妙寺の十一面観音様や
国宝の新羅善神堂も気になるけど~
この後行くところも絶対行きたいところで
今後のスケジュールと相談してこの日に決めたので
法要は仕方なく諦めました。
他は次回のお楽しみ
P100449.jpg
お隣に長等神社がありましたが
神社用の御朱印帳持ってきてなかったし、今回はスルー。
P100441.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-05-10

17.5.7 大塩八幡宮

続いて越前市国兼町の大塩八幡宮へ。
P100421.jpg
初訪です。
こちらも雰囲気いいですね
P100423.jpg
手水も趣があります。
P100425.jpg
神門
P100424.jpg
重文に指定されている拝殿
P100426.jpg
拝殿となっていますが舞殿っぽいですね。
P100427.jpg
幣殿
こっちが拝殿の役割だと思うんだけど~。
P100428.jpg
幣殿から拝殿を見ると杮葺きの屋根がよく見えます。
P100429.jpg
奥に本殿があります。
本殿は囲いの建物の中にありました。
ネットがあるので見にくいですが
狛犬じゃなくて狛鳩だった
P100430.jpg
平安初期に紀中納言友仲が
無実の罪を晴らすためにこの地で祈願を続け
まもなく許されて都に帰ることができ
感謝して社殿を建てたのが由来といわれています。
無実の罪や疑いを受けた者は
この御祭神に祈れば速やかに難を逃れることができるそうですよ。

縁結びの御神木と書いてあるけど、どれ?
P100431.jpg
木曾義仲本陣跡伝承地の碑と
堀切の跡というのがありました。
P100432.jpg
境内社が点在してたけど、写真割愛。
P100433.jpg
御朱印いただきました。
P100438.jpg
よいところを教えていただきました

それから、まる金そばへ。
なめこおろしそば
フォームミルクみたい
辛目のおろしが売りみたいです。
そばは太めで、こしがありあり
P100434.jpg
最後にスタンプラリーのため福井県立歴史博物館へ。
撮り忘れ)
初めて中に入りましたが立派な施設ですね~。

『福井の私鉄』という企画展をやっていました。
うち、京福1回しか乗ったことないんだな~。
福鉄は1回もない。
なので『懐かしい~』とかっていう思い入れはないけど
昔の写真とか、地図とか、駅弁のパッケージなんかがあって
なかなか面白かったです

常設展では石棺とか、越前焼の窯とか、ジャガード織の機械とかの
福井の歴史が分かるゾーンと
昭和の町並みを再現したゾーンがありました。
ALWAYSの世界観

いろいろお話できたし、ゆったり見て回れて
楽しい1日でした

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-05-09

17.5.7 岡太神社・大瀧神社

続いて越前市大瀧町の岡太(おかもと)神社・大瀧神社へ。
P100420.jpg
この佇まいが厳かでいいね~
P100410.jpg
この前はお参りスルーしちゃったけど
やっぱこちらの拝殿は何回見てもいいわ
P100411.jpg
彫刻はもちろん素晴らしいんだけど
屋根の造形美がたまらん
P100413.jpg
扁額の龍は玉眼入りで凝ってますね~。
P100415.jpg
龍が玉持ってます。
P100414.jpg
裏側にもなんかいた(狛犬?)
P100416.jpg
何でこんなスゴイのんが、こんなとこにあるんでしょう?
P100412.jpg
去年は無かったけど
門の裏側に書置き御朱印(印刷)が置いてありました。
お代は志納で賽銭箱に。
P100436.jpg
でも宮司さん宅で
おられれば直書きしていただけるようです。
私は昨年いただいたので見送り。

観音堂には十一面観音菩薩座像が祀られています。
P100419.jpg
こちらはガラス戸越しですが、いつでも拝見できるので
P100418.jpg
「来年の中開帳は何が御開帳なんやろ?」と
話をしてたんですが
神宮堂に虚空蔵菩薩様がおられるそうなので、そちらかな?

『境内に神宮堂なんてあったっけ?』と思って検索してみたら
一の鳥居から拝殿に向かう途中を右折するとあるみたい。
G_6369.jpg
それで、もしかしてと思ってblog読み返してみたら
福井の仏像展でお会いしてました~。
22P80256.jpg
これだから物覚えの悪いのはイカンね


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-05-08

17.5.7 那谷寺2

続きです

若宮白山神社
若宮っていうのは勧請した元の神社より新しいってことだそうです。
P100392.jpg
扁額 龍がいますね~。
P100393.jpg
五月人形みたいな格好ですが、どちらさま?
P100394.jpg
拝殿
P100396.jpg
奥に本殿があり、こちらも雪囲いがされてました。
社務所ありましたが無人。

護摩堂
前田家が贅を尽くして金の箔押しを施しているそうで
天井や壁に今も金が残っています。
それにしても何で護摩堂を金ピカにしたんでしょうね?
すすが付いちゃうだろうに。
P100397.jpg
牡丹と獅子 顔デカイ
P100398.jpg
護摩堂からの眺め
P100399.jpg
鐘楼
袴腰の上部まで石造となってとなっているのは全国でも珍しいそうです。
(木製に見えるのは囲いです)
でも真宗出雲路派本山毫摂寺の鐘楼も笏谷石の袴腰でしたよ。
大河ドラマ『利家とまつ』が放送された年の
ゆく年くる年の除夜の鐘はこちらで撞かれたそうです。
P100400.jpg
これで一通り見て回って別料金の書院と琉美園へ。
P100401.jpg
書院は襖絵とか欄間とかゼンゼン無くて、質素でした。
庭園は名勝指定されていて、こちらも苔がキレイでした。
(写真なし)

琉美園 入ってスグに三尊石があります。
岩面の3つに裂けた姿が阿弥陀三尊のご来迎に似ていることから名付けられたそうです。
P100402.jpg
水芭蕉 すくすく成長
P100403.jpg
ミロのビーナス風仏像
P100405.jpg
琵琶を弾いてる観音様?
P100406.jpg
宝物館には源平合戦屏風とか、前田利常の肖像画とか、九谷焼の皿とか
螺鈿の太刀掛とか、尾形光琳の掛軸なんかが展示されてました。

先月は法要だけで帰ってしまいましたが
今回は堪能できました
P100408.jpg
御詠歌と芭蕉句を書いていただきました。
P100437.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-05-07

17.5.7 那谷寺

GW最終日、またまた那谷寺へ行ってきましたよ~。
奥に写ってるオレンジベストの人はボランティアガイドさん。
無料で案内してくださいます。
P100369.jpg
今日はいつもお世話になってるRさんと一緒です
昨日のもあってか、苔が青々としてました。
P100371.jpg
散りはじめてはいましたが
場所によっては石楠花とツツジがいい感じにフレームイン
P100374.jpg
アブがブンブン飛んでたけどね
P100372.jpg
宝塔じゃなくて宝珠を持った毘沙門天さん
P100376.jpg
観音霊水だけどお不動さん
手持ちの念珠や指輪などに願いを念じながら霊水をかけると
不動明王の加護を受けられると言われているそうです。
P100377.jpg
願掛け猿 確かにに見えるわ
P100379.jpg
大悲閣(本殿)
拝殿・唐門・本殿の3つを総称して本殿と呼んでいるそうです。
P100381.jpg
拝殿奥の本殿は岩のくぼみ(岩を掘った?)にあり
『いわや胎内くぐり』といって、中を一周できます。
胎内くぐりを巡ることにより諸々の罪を洗い流し
白山のように白く清く生まれ変わり出直すことを祈るそうです。
P100382.jpg
欄間に山上善右衛門作の透かし彫りが施されています。
鹿の戯れ(勝手に名付けました
P100383.jpg
拝殿からの眺め
P100384.jpg
遠くに見えるのが護摩堂
P100385.jpg
御本尊の十一面千手観世音菩薩様が御開帳中。
暗くてよく見えませんでした
割と小さめで、台座も含めて1mくらいかな?
こちらの御本尊はパンフにも載ってないし、絵はがきにもなかったし
HPにも掲載されていないので情報が乏しい
開創1300年記念の散華
P100435.jpg
御住職が描いたこの絵だけが唯一お姿が分かるものですね
散華御本尊
名残惜しいので2周してきました

三重塔
大日如来様が祀られてました。
P100386.jpg
向日葵みたいな彫刻
P100387.jpg
楓月橋に
手に持ってるのはバナナ? ししとう?
P100388.jpg
展望台からの奇岩遊仙境の眺め
紅葉したらきれいだろうけど、青もみじも
P100389.jpg
芭蕉句碑と庚申さん
P100390.jpg


たくさん写真撮ったので、もうちょっと続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-05-05

17.5.5 神と紙のまつり

今日は越前和紙の里の神と紙のまつりに行ってきました。
P100364.jpg
神社での神事は昨日だったので
お参りはスルーしてしまいました
なので御朱印もなしです。
来年は開山1300年記念大祭とのことなので
また参拝したいと思います。
P100362.jpg
今日は御神輿の巡行を見れました。
P100361.jpg
この太鼓は背負えるようになってるので
歩きながらも叩くんですかね~?
P100360.jpg
スタンプラリーのためパピルス館へ。
P100365.jpg
売店に白山開山1300年記念の御朱印帳を沢山売ってました
G_6357.jpg
¥2500〜¥3000とお高めですが
大きいサイズで、鳥の子紙を使用した上質のものです
P100368.jpg
御朱印帳溜まりに溜まってるのに、また買っちゃった
市販の御朱印帳を買ったのは
もしかして初めてじゃないかな?
P100367.jpg
帰りに福井県立こども歴史文化館へ寄り道。
撮り忘れ)
こちらもスタンプラリーのために寄ったのですが
特別展泰澄伝説が生まれたころの越国が思いのほか良かったです
入場無料で、学芸員さんが解説もしてくれました

入口に禅定道に祀られていた笏谷石製の
可愛らしい石仏が展示されていました。
そのほか福井藩主(2代忠直だったか?)が
平泉寺白山神社に奉納した絵馬とか(こども歴史文化館HPより
絵馬
3代忠昌だったかが奉納した仙人の掛軸とか。
掛軸
仙人が息を吹いた先に人のようなものが描かれていますが
魂だけ抜けて遠くのものを見たり
遠くの人と話したりしてたんだそうです。
幽体離脱のような感じ?
弟子に「7日経っても帰ってこなかったら体を燃やすように」
と伝えていたのですが
弟子が間違えて7日経っていないのに体を燃やしてしまって
戻ったら体が無くなっていたから
違う人の体に入ったんだとか

白山比咩神社所蔵と、長滝白山神社所蔵の
白山曼荼羅の掛軸(複製)も展示されてました。
長滝白山神社のほうには
泰澄大師とお弟子さん2人(臥行者・浄定行者)も描かれていました。

福井では泰澄大師は福井市三十八社町生まれとなっていますが
石川では加賀生まれとされているし
なぜか新潟にも泰澄が生まれたと伝わっているところがあると
興味深いお話を聞くことができました。

子供向けの施設だと思っていたので
今まで入ったことがありませんでしたが
これからは企画展など注目してみようと思います。

明日5/6(土)は
大人のための館長講座「白山信仰と泰澄伝説」というイベントがありますが
明日は仕事なんだよな

こちらで偶然ご一緒した女性と話が弾んで
どうも昨年5月の味真野バスツアーでご一緒してたみたいです。
連絡先交換しました

theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター