2017-04-29

17.4.23 白山比咩神社・金劔宮

続いて白山比咩神社へ。
初訪です。
P100271.jpg
御神体は白山
御神祭は生きとし生けるもの『いのち』の祖神である
白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)=菊理媛尊(くくりひめのみこと)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の三柱
P100272.jpg
表参道の青紅葉
P100270.jpg
P100273.jpg
琵琶滝
P100274.jpg
P100276.jpg
多分これが御神木の老杉
石碑に『朝光の白山葱の咲揃ふ』って書いてあるんだけど
葱ってどういうことだろ?
P100269.jpg
手水舎前の鳥居
P100267.jpg
愛嬌ある狛犬
P100268.jpg
神門
P100266.jpg
首が詰まって窮屈そうな神馬像
P100263.jpg
外拝殿
P100260.jpg
P100261.jpg
こちらの狛犬は耳がかわいい
P100262.jpg
御朱印いただきました。
白山開山1300年といえば、こちらが本拠地だろうに
踊らされないというか、ドンと構えてるというか
何の変わりもない、いつもの御朱印です。
P100290.jpg
白山三馬場スタンプラリーの台紙
前日に机の上に出しておいたのに忘れてきてしまって
新しい台紙をいただいて押してきましたが
2冊に分かれても達成と認めてもらえるかな?
P100302.jpg
山頂の奥宮にも登拝してみたいですが
さすがに白山登山は素人にはムリでしょうね

余談ですが
粟津温泉の法師という旅館が
世界最古の温泉宿としてギネス認定されたことは
で見たことがあるのですが
それも泰澄さんが関わっていたんですね~。
泰澄大師が白山山頂で荒行を始めてからおよそ1年後のある夜。
白山大権現が夢枕に立たれ、こう申されました。
「この白山のふもとから山川を五、六里行った所に粟津という村がある。
そこには薬師如来の慈悲による霊験あらたかな温泉がある。
しかし、まだ誰1人として地中深く隠れたその霊泉のことを知らぬ。
山を下りて村人と力を合わせて掘り起こし末永く人々のために役立てなさい。」
神のお告げに従って粟津へ赴き、霊泉を掘り当てた大師は
試しに病人を入浴させたところ長患いだった病が治りました。
そこで大師はこれまでずっと身近に使えていた弟子の雅亮法師に
一軒の湯治宿を建てさせ、その湯守りをまかせました。
これが『法師』と呼ばれる宿の1300年余り続く歴史の始まりでございます。


それから金劔宮(きんけんぐう)へ。
P100278.jpg
参拝すれば一生お金に困らないといわれる
今の私がいの一番にお参りしないといけないところですよ~
P100286.jpg
尾山神社に似てるスリム系ビックリ顔の獅子
P100280.jpg
神馬像には桐紋
P100283.jpg
雪深いところのは玄関囲いがあることもありますが(福井にもあります)
社殿がこのようになってるのは初めて見ました。
P100281.jpg
「なにとぞよしなに」
P100282.jpg
拝殿と本殿の間に古めかしい狛犬がいましたよ。
P100284.jpg
御朱印と金運のお守りをいただきました。
P100292.jpg
あとで検索したら
境内社の乙劔宮が特に金運アップに良いそうで。
スルーしてしまった
再訪確定

帰りにミスドで一服
辻利とコラボの抹茶ファッションと抹茶オレ
抹茶が濃厚でおいしかったです
P100287.jpg
今年は石川に来る機会がまたありそうですね

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-28

17.4.23 那谷寺

去年から御朱印巡りを始めた金沢のチワ友さんに
那谷寺に記念御朱印があることを教えてあげたら
「行きたい」とのことで、検索してたら
4/23に法要があることを知ったので行ってきました。

その前に腹ごしらえ
中佐中店
小松で会議をしてた頃は年1食べに行ってたうどん鍋やさん
P100218.jpg
先にお薄が出てきます。
P100219.jpg
天麩羅うどん鍋
P100220.jpg
りんごのソルベ
P100221.jpg
何年かぶりに来たけど、やっぱおいしいわ~

那谷寺は20年くらい前に来て以来2度め。
この日は拝観料無料でした
P100222.jpg
なたちゃん
ワンピースにカフェエプロンしてるみたい
化仏の表情をちゃんと変えてるあたり、なかなかやりよる
P100223.jpg
昔過ぎてどんなんやったか全く覚えてないんやけど
来て見ても全く思い出さんかったわ
P100225.jpg
山門の仁王様は板彫りでした。
P100227.jpg
こちらは獅子かな?
P100226.jpg
これから梅雨の間は苔がきれいな時期ですね~。
P100231.jpg
金堂華王殿
P100228.jpg
枝垂桜が快晴の空に映えてキレイでした
P100253.jpg
手水前の石畳は瓦を再利用してるみたい。
P100255.jpg
回向柱に善の綱が結ばれてました。
P100229.jpg
御本尊は十一面千手観世音菩薩
金堂は平成2年の再建だそうで
多分御本尊もその時に新たに作られたんだろうと思います。
とてもキレイな仏像でした。

金堂で御朱印をいただきます。
那谷寺に実る様々な草花・実をモチーフに刺繍をほどこした
開創1300年記念の期間限定の御朱印帳を出されています。
このポスターの写真撮ったらって注意されちゃいました
P100230.jpg
勝手なイメージですが、那谷寺って厳格なイメージだったので
こんな清楚で可愛らしい御朱印帳ですごく意外でした。
これはもうガマンできなかったよ
P100288.jpg
御朱印には白山を模った記念印が押されています。
P100289.jpg
開創一千三百年御開帳法要は金堂の2Fで行われました。
案内板等が無かったので、係りの人に
一般の人は参列できないのか聞いてみたら
外から立見ならできるとのことで、上がらせてもらいました。
皆さん立見できることを知らないのか
2Fに来る人はあまりいなくて、ベスポジで撮影できました

法要は13:00~とのことでしたが
行列が到着したのは13:30過ぎでした。
P100235.jpg
導師様は高野山真言宗管長だそうです。
P100234.jpg
そのあと稚児行列が続きます。
P100241.jpg
お稚児さんの中でも先頭の子が主役のようで
蝶々の羽を背負ってました。
P100257.jpg
トークショーでいらしていた松平建さんも参列。
さすがの貫禄
P100244.jpg
散華をちょっと期待してましたが
本物の花びらを撒いてました
P100237.jpg
ポスターの写真撮っただけで注意されたのに
皆さん写真撮られてたので、私も怒られる前に1枚だけ
P100249.jpg
外でお稚児さんの親御さん達が騒がしくて
松平建さんの祝辞もお坊さんのお経も全く聞こえず
『もういいか』となり途中退席してしまいました

大悲閣(本殿)の御本尊十一面千手観音菩薩の御開帳は
10/31までやっているので、いわや胎内くぐりはまた次回。
こちらは抱っこしてたららしい
御開帳中の御本尊参拝もなのかな?
G_6306.jpg
餅撒きに参加できなかったのが心残り
P100256.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-27

17.4.16 パンクの件2(メモ)

17:20頃タイヤ館に戻って「どうなりましたか?」とお聞きすると
「タイヤ降ろさずに行ってしまったので…」と。
そう言われて初めて『あっ!』って気付きましたが
先に在庫を確認してもらったから
タイヤ車に積んだままやった
またやらかしてしまった
うちも大概うっかりやけど、おにいさんも同罪だよね。
とは言いませんでしたよ。

「すぐ見ます」と言ってくれたので待合室で座っていると
タイヤと部品を持って現れて
「これを中から入れて穴を塞ぐんですけど
カーブしてる場所なので修理不可ですがどうしますか?」と。

えっ? それだけ?
見てみないと分からないと言っていた作業が
部品をあてがうだけで、5秒と掛かってないんですけど?
それなら最初に持ち込んだ時に見てくれてもよくない?
とは言いませんでしたよ。

今更「どうしますか?」と聞かれても
この時間では他のお店も受付終了してるだろうし
「新品と交換してください」とお願いしました。
「見積りしてきますね」と言って
「¥16,800ですけど、どうしますか?」と。
だから! 他に選択肢ないんやって!
とは言いませんでしたよ。
「交換しないと帰れないので交換してください」
とお願いしました。
ケチケチ節約旅行で車にしたのに、どえらい出費

30分程度の作業かなと待っていたのですが
40分経っても車のキーを取りに来ないので
ガラス越しにピットを覗いたら
私のタイヤまだ放ったらかしにされてるし
「もしかしてまた順番待ちしてるんですか?」と聞いたら
「順番で、今ちょうど順番が来ました」やと。
今順番が来たからって「あぁそうですか」とはならんやろ。
さっき「すぐ見ます」って言ったやん。
見るだけかいっ

だいたい最初に申し込んだのは3時なんやで
ここにいる誰よりもうちが早いやろ。
タイヤ降ろし忘れが完全にうちの失敗なら仕方ないけど
店側も同罪だと思うし、予約扱いにしてくれてもよくね?
うちにしては、さっきからよくガマンしたほうだと思うけど
対応悪すぎない?
もう2度と行かないからいいけどね。

口には出さなかったけど、顔にもろ出るので
内心怒ってるのを察したのか値引して¥15,000にしてくれたけど
時間は戻ってこないんやって。
4時には出発して9時には家に着く予定だったのに
お店出たの7時でした。

今思えば、小玉神社で迷って
獣道を走ったのがパンクの原因ではないかと。
普段タイヤなんて気にして見てないし、しかも助手席側だし
高速乗る前に気付いただけ良かったと思うことにします。
あのまま運転してたら今頃あの世行きかも知れんしね

お昼抜きだったので有磯海SAに寄り道
白エビかき揚げうどん ¥800
G_6285.jpg
到着が23:30
休憩込みで4時間半で着いたので、帰りは早かったかな。

御朱印巡り的には大大大満足だけど
帰り際にガツンとやられたので、複雑な気分
懲りずにまた行くぞ~
次は7/8(土)の茅の輪くぐりに行けたらいいな。
P100055.jpg
去年の御朱印めっちゃかっこよかったし
今年も期待

theme : 旅日記
genre : 旅行

2017-04-26

17.4.16 北向観音・安楽寺

30分ほどで到着し
観音下駐車場(¥500)に停めて北向観音へ。
P100158.jpg
善光寺を参拝した人は北向観音へも参拝しないと片詣り
と言われている所ですね。
北向観音は北向に建立され、千手観音様を御本尊として現世利益を願い
善光寺は南向きに建立され、阿弥陀様を御本尊として未来往生を願う
現在と未来の片方だけだと片詣りと言われ
たまたま向き合ってる両方をお詣りしたほうが良いと
言われるようになったそうです。
P100161.jpg
平安時代、金色の千手観音が現れ
「私を北向きに安置しなさい。北斗星(北極星)のように
私も民衆のよりどころになりましょう」
とのお告げがあったんだとか。
(常に天空にある北極星は旅人の目印となり行くべき道を教えてくれる)
P100164.jpg
こちらの手水は温泉なんですよ。 あったかい
P100162.jpg
添乗員さんが御朱印帳を沢山抱えていたので
ツアーでも立寄るみたいですね。
割と参拝者多かったです。
P100165.jpg
御朱印いただきました。
P100212.jpg
夫婦杉
根元から二股に分かれて並んでいることから
夫婦円満の象徴とされているそうです。
P100160.jpg
愛染堂と札所観音堂(秩父三十四観音を安置)と額堂
P100166.jpg
P100167.jpg
愛染カツラと鐘楼
樹齢1200年の老木で
川口松太郎が小説『愛染かつら』を書いて以降
縁結びの霊木として親しまれているそうです。
P100168.jpg
温泉薬師瑠璃殿と護摩堂
P100169.jpg
参道のお土産屋さんを抜けて
P100195.jpg
安楽寺へ。
P100170.jpg
P100187.jpg
なかなかの段数ですが、もうこれくらいでは驚かないよ。
P100171.jpg
鐘楼
P100186.jpg
高野槙(こうやまき)
高野山に多く樹生していることから
『希望の木』といわれているそうです。
剪定してるにかな?
三角形のフォルムが印象的ですね。
P100173.jpg
本堂のお参りは無料ですが三重塔の参拝は¥300
P100174.jpg
P100175.jpg
今は殺風景な池だけど、お花とか咲いたりしないのかな?
P100185.jpg
経蔵
輪蔵を回すとお経を読んだのと同じ功徳があると言われています。
輪蔵には傅大師(ふだいし)を祀る習慣があるそうです。
P100176.jpg
P100177.jpg
傳芳堂
開山樵谷惟仙(しょうこくいせん)和尚像と
二世幼牛恵仁(ようぎゅうえにん)和尚像が安置されています。
P100183.jpg
国宝の木造八角三重塔
以前長野に来た時に持ち帰ったパンフに載っていて
見てみたいと思っていた所です。
P100178.jpg
鎌倉時代末期の建立で
日本最古の禅宗様建築だそうです。
P100181.jpg
P100180.jpg
屋根の下に木が沢山組み込まれているものを
詰組と言うそうですが、花弁みたいですね。
梁の出っ張りがないので邪鬼もいませんでした。
P100182.jpg
御朱印いただきました。
安の字が平仮名のあにしか見えない
P100213.jpg
これは蓮池かな?
何か鳥がいたよ~。
P100188.jpg
常楽寺へ向かう道すがらに山本宣治高倉テル碑がありました。
P100189.jpg
さるすべり小道は塩田平を一望できます。
透明なパネルに山の名前と峰のラインが書かれていて
パネル越しに景色を見ると
どれが何山か分かるようになってましたが
立ち位置によってズレるので結局分からなかった
立ち位置バミってくれ
P100194.jpg
草むら奥の木に止まってたウグイスが
「ホーホケキョ」って鳴いたよ。 マジで
P100190.jpg
常楽寺にも寄りたかったのですが、ここでタイムアップ
タイヤ館に戻ります。


御朱印じゃないけど、もうちょっとだけ続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-25

17.4.16 パンクの件(メモ)

『スタンドでも修理してくれるかな』と検索してる時に
『うちJAFの会員じゃん』と思い出し
13:20にJAFにして、30分位で来てくれました。

石鹸水を霧吹きで吹きかけると
パンクしたところがシャボンになるそうなのですが
見つからなくて
タイヤを外して再度やってもダメで
空気を入れてから再度やったら
釘が刺さったっぽい穴が見つかりました。
刺さったままの状態ならJAFで修理できるのですが
抜けてしまっていると規則でJAFでは修理できないそうです。

スペアタイヤで高速走るのもよろしくないし
帰る前にパンク修理したほうがいいとのことで
近くのタイヤ屋さんにしてくれました。

まずイエローハットは誰も電話に出なくて
タイヤ館は2時間待ちとのこと
長野は今頃が夏タイヤに履き替える時期みたいで
どこも混んでいるだろうとのことだったので
「待ってます」と伝えたところ
タイヤだけ預かるので
スペアタイヤ履いて観光して2時間後に戻る
ということになりました。
この時点でJAFにしてから1時間半。
初めからタイヤ屋さんに持ち込めばよかったね
すき家¥50引きになるってよ
P100211.jpg
で、タイヤ館に持ち込んだら「ここか…」って。
ワイヤが入ってるとこら辺に穴が開いてるみたいで
ワイヤの部分だと修理してもバーストする危険性があるから
修理できないんだそうです。
「ギリギリセーフかもしれんけど
見てみないとなんとも言えないし
アウトやと修理できないから新品交換になるけど
在庫が無いと今日は何もできない」なんて言うので
『今日帰らなあかんのやで在庫無かったら他のお店探すし』
とは言いませんでしたが
先に在庫確認してもらって、あったので
修理か新品交換かは見てからの判断ということに。
経験上、パンク修理だと30分程度で¥5,000弱だろうと
『運が悪かったな』程度に思ってたのに
大事になっちゃったなと
テンションだだ下がりで別所温泉へ向かいました。

続く、、、

theme : 旅日記
genre : 旅行

2017-04-24

17.4.16 山家神社再び

2日目も9:30頃に山家神社さんへ
車から降りたら、なにやら違和感…
パンクしてるしっ
G_6283.jpg
『今修理に向かったら巫女さんの舞が見れないから
とりあえず本祭終わってからでいいか』と
ちょっとテンション下がりながらも境内へ。
山家神社鳥居
稚児さんと巫女さんが記念写真を撮っていたので
親御さんたちに混じって私も
P100092.jpg
いい事書いてあったので、思わず
うちも見習わないとね~
ちょっと惜しかったけど
P100094.jpg
10:00になり、宮司さんを先頭に境内へ。
P100095.jpg
お清め
P100101.jpg
お稚児さん、巫女さん、獅子、お神輿と続きます。
P100108.jpg
P100116.jpg
P100118.jpg
祭典中に境内社をお参り。
本殿は拝殿と繋がってるようです。
P100119.jpg
本殿の裏
真ん中が子安社
戌の日のみ御朱印がいただけます。
P100120.jpg
小さなお社が並んでます。
P100121.jpg
右が浄定(じょうてい)社
浄定社はクイズに答えると御朱印をいただけるようですが
システムがよく分からないので
聞こうと思って忘れちゃいました
P100122.jpg
浄定さんは泰澄さんのお弟子さんだそうで
泰澄さんが白山を開山した翌年に
四阿山(あずまやさん)を開山したそうです。
なので四阿山に奥宮がある山家神社さんは
来年開山1300年になるそうです。
で、黒バージョンの御朱印帳を奉製されたんですね。

奥宮登拝するといただける御朱印の見本が置いてありました。
P100123.jpg
御朱印帳も特別なものがいただけるようです。
(山家神社さんのTwitterより)
四阿山御朱印帳
東・西の中宮参拝でも
それぞれ御朱印がいただけるようです。
中宮御朱印
昨日宮司さんに
「登山したことなくても登れますか?」とお聞きしたら
「年配の方でも登れるくらいの勾配だけど片道3時間くらいかかる」
とのことでした。
う~ん… 足羽山すら歩いて登ったことないのに
ものすご~く足手まといだろうけど
誰か一緒に登りませんか~

駒形稲荷社は建替え中のようです。
午の日のみ御朱印をいただけます。
P100125.jpg
祭典後に刀によるお浄めの後
P100128.jpg
巫女さんの舞の奉納。
最初に浦安の舞(世の中の平穏を祈願する)
P100131.jpg
P100138.jpg
お次は豊栄の舞
(当たり前の日々に感謝し益々の繁栄を祈願する)
P100143.jpg
P100141.jpg
お稚児さんと巫女さんの自己紹介
P100147.jpg
その後に獅子舞の奉納(宵祭と同じのようです)
横沢区は旦那衆って雰囲気の着物姿。
P100148.jpg
真田区は揃いの法被でお祭り気分満載。
P100149.jpg
どちらも粋ですね
P100152.jpg
P100154.jpg
P100155.jpg
P100157.jpg
ふと気付くと、もう御朱印授与が始まってました
御朱印の列で私の前に並んでた男性が
フラフラで倒れそうになったので
体調が悪いのかと思ったら、めっちゃ酒臭かった
お神酒のご接待を受けただけでこんなに酔わないやろ。
お祭りだから、まぁ許す

私の後にも列に並ぶ人がいたので
例大祭に参列しなくても限定御朱印いただけるのかも。

祭典終了後1~2時間は混雑するので
例大祭限定・山家神社・真田神社の3種類のみ授与
というのはTwitterで告知されてたのですが
授与所や列に並ぶところに貼紙がなかったので
私の2人前の人が六神社巡りの御朱印をお願いしてました。
宮司さんお優しいから断れずに対応してました。
1人前は酔っ払いで気付いてないし、私も気付かぬふり。
後ろの人にはバレてないみたいでした。
みんながTwitter見てるわけじゃないから
貼紙したほうがよかったかもね。

本祭限定御朱印は太陽 ¥1,000
シルバーの印は祓串かな?
P100210.jpg
やっぱカッケ~
長野行きを強行した甲斐がありましたね。

雑誌の付録の御朱印帳をスタンプ帳にすることにして
今回から使用
P100214.jpg
ゆきたんは現れませんでした
上田城のほうに行ってたのかな?
P100056.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-23

17.4.15 山家神社2

昼間は暑いくらいで、車のエアコンも切っていましたが
夜は冷え込みますね。
P100060.jpg
宮司さんが灯籠1つ1つに火を入れてました。
P100061.jpg
7時前に境内に戻りましたが
小学校を出発するのが7時だったみたいで
ちょっと時間を持て余しました。
手作り工房結さんが開いていたので物色。
えまちゃんクリアファイルとマグネットクリップと
ゆきたんストラップと、六文銭クッキーを購入
P100209.jpg
これはお神輿でいいのかな?
19:20頃到着しまして
境内に登ってくるのかと思ったら
鳥居前でお囃子が始まったので
『あ、下でやるのか』と自分が降りて行ったところ
P100064.jpg
もう1基来たので、揃うまで待ってたみたいです。
P100067.jpg
揃ったところで、獅子舞を先頭に境内へ。
P100072.jpg
宵祭の雰囲気っていいね~。
血が騒ぐってやつ
P100068.jpg
右が横沢区で
P100082.jpg
左が真田区
P100081.jpg
拝殿で祭典中もお囃子が続きます。
[広告] VPS

祭典後、獅子舞の奉納。
獅子舞やお囃子の演奏してる人も地域の人なんでしょうね。
伝統行事を受け継いでるって素晴らしいね
P100085.jpg
普通は獅子頭の口をカチカチやるんだと思いますが
こちらの獅子舞は胴を表してる唐草模様の布を
手で大きく広げたり、クルクル回したりするので
頭は口で咥えてるんだそうです。
30分位あったと思うので、口が痛くなるでしょうね
P100088.jpg
獅子とおかめの踊りもありました。
もしかしたら実物の獅子舞見るの初めてかも。
福井市内でもやってるとこあるのかな?
宮司さんと内藤誉さん(検索でお名前は分かったけどどちら様?)
も見守ってます
P100089.jpg
呑気に最後まで獅子舞見てたので
御朱印の列に並ぶのが1番最後でした
宵祭参列者限定の御朱印は月 ¥1,000
写真では見えずらいですが
梵字の印がシルバーで押されています。
カッケー
P100207.jpg
この時点で9時。
夜のうちに別所温泉へ移動して
立ち寄り湯に入る予定でしたが
どこも22:00(入館21:30)までなので
長風呂な私は間に合わないと思い
23:00までやっているひな詩の湯という日帰り温泉へ。 ¥700
P100090.jpg
シャンプー・コンディショナー・ボディソープは据付ですが
タオルは持参です。
ぬるめのお湯で私好み
普段は5分程度で上がってしまうのに
体が冷えてたからか10分以上浸かってました。

そしてこの日は、宿を取ってなかったんです。
金欠なので『車中泊ってどんなもんかな?』
と試にやってみました。
車を1晩停めておいても大丈夫そうなゆきむら夢工房へ。
(翌朝撮影)
P100091.jpg
端っこに停めようとしたらセコムの車が停まってたので
注意されるかとヒヤヒヤしたけど大丈夫でした。
他にも何台か車中泊らしき車が停まってたしね。

こちらのお手洗いは別棟になっているので
営業時間外にも利用できて、しかも便座が暖かいんです
洗面所もお湯が出るし、車中泊にはもってこいです

試した結果、私の車で車中泊はちょっとキツいかな。
フラットにならないから足が伸ばせなくて
膝が痛くなったり、腰が痛くなったり
なぜか小指が痛くなったりで
1時間おきに目が覚めちゃいました


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-22

17.4.15 山家神社

続いて山家神社さんへ。
P100058.jpg
宵祭は19:00頃~ですが、式典後1~2時間の御朱印授与は
祭典限定・山家神社・真田神社の3種類のみとのことなので
兼務社の御朱印をいただくために早く来ました。
P100050.jpg
鳥居前の枝垂桜は例年だと例大祭の頃に見頃になるそうですが
今年はまだ蕾も固かったです。
P100051.jpg
真田六文銭の由来の六道
志・智・勇・信・義・郷愛
P100052.jpg
まずはお参り
P100053.jpg
誰もいなかったよ~。
P100054.jpg
こちらにも桐紋がありますね。
やっぱ関係あるのかな?
P100133.jpg
「沢山で申し訳ないんですけど」と前置きしてから
既にUPの通り、写真見せて兼務社7種いただきました。
昨年の真田神社例大祭御朱印の角印押し忘れも
今回押してもらいました。
P100217.jpg
それから真田歴史館、レシートでもOKでした。
御祭神の墨書きは真田神社の御朱印帳のみとの情報でしたが
山家神社の御朱印帳にも書いていただけました。
真田歴史館は真田家の礎といわれる幸綱(幸村のじぃちゃん)
真田宝物館は松代初代藩主の信之(幸村の兄)
真田ミュージアムは父と共に九度山へ蟄居(ちっきょ)した信繁(幸村)
真田神社の御朱印帳を購入した時にいただける御祭神名とは
別名で書いていただけるようです。
P100205.jpg
それから白山開山1,300年記念の見開き御朱印
こちらは今年いっぱいいただけるようです。
P100204.jpg
昨年8月に購入した山家神社さんの御朱印帳が
最後の1ページになりました。
祭典限定見開きをいただく前に

鹿角守(かづのまもり)もいただきました。
角の加工からお守袋まで真田町の人が奉製されているそうで
色・柄・大きさ等それぞれ違います。
春なので桜柄にしました。 ¥2,000
P100208.jpg
他にも御朱印いただける兼務社がないかお聞きしたら
上洗場(かみせば)神社があるそうで
そういえばTwitterで見たことあったわ。
慌てて下調べしたので洩れましたね

後から分かったのですが、この時に授与所近くに
おられた女性が部員さんだったようで
ご挨拶できなくて残念でした

帰り際、境内の真田神社もお参り。
P100057.jpg
真田神社が山家神社境内に遷座してから
平成31年で100年になるそうで
信綱公も御祭神として祀る意向があるそうです。
遷座百年祭奉賛金¥500の収めと署名でいただける書置きの御朱印
無くなっていたので再度授与所に行って書いていただきました。
これで片面詰まりました~
P100206.jpg
この時点で6時過ぎ。
出ちゃうと後で来た時に停められないかもしれないので
車の中で食べつつ仮眠。
そういえば御朱印帳って
普段は表面しか使わないけど
裏面に書いてもらえばいいんやんって
車の中で思いつきました
次買うのは12月に出来る予定の黒バージョンやね。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-21

17.4.15 戸澤神社・伊勢神社・道光神社

続いて戸澤(とさわ)神社へ。
R144から1本入ったところですが、分かりやすかったです。
こちらも路駐で。
P100023.jpg
境内が子供の遊び場になってるのが定番みたいですね。
P100025.jpg
P100026.jpg
左奥に小さなお社がいくつか。
P100027.jpg
裏に回って本殿を拝見。
P100030.jpg
こちらの彫刻は龍かな?
P100029.jpg
扉ちょっと開いてるし。
P100031.jpg
まだ蕾小さいですね。
P100032.jpg
山家神社さんでいただいた御朱印
信之公と奥方の縁の神社みたいです。
藁馬の印が愛らしい
P100201.jpg
それから伊勢神社へ。
P100034.jpg
検索しても同じ名前が沢山出てきてどこか分からなかったので
真田町で目星を付けて
ブカツで「ここで合ってますか?」と質問したら
「合ってますよ」とお返事いただけました
P100033.jpg
「狭い道でバックができない人はR144に路駐したほうがいい」
とアドバイスもいただき
坂道をずっとバックで降りないといけないのかと思い
アドバイス通り徒歩で登りましたが
対向車が来た時にすれ違いが出来ないからみたいで
ずっとバックで降りる必要はなかったです。
P100035.jpg
P100036.jpg
書置き御朱印が置いてありました。
P100037.jpg
裏に回って本殿を拝見。
P100038.jpg
お社は、まぁ普通
P100040.jpg
本殿裏にも小さなお社がいくつか。
P100039.jpg
山家神社さんでいただいた御朱印
源頼朝が善光寺参拝の時にここで休息したそうです。
P100202.jpg
それから菅平高原の道光(どうこう)神社へ。
分岐点でナビの指示通り左に行ったのに
リルートした時の「ピロン」って音が何度もするので
間違えたのかと思ってウロウロしちゃいました。
こちらもが無く
横の停められそうなスペースにはバスが停まっていたので
真ん前にある喫茶店のに勝手に停めちゃいました
(良い子はマネしちゃだめですよpart2
P100043.jpg
庵って雰囲気の拝殿
萱葺き屋根がいい味出してます
P100044.jpg
P100045.jpg
裏に回って本殿を拝見。
スズメバチの巣があったので即退散
P100046.jpg
雪が残ってますね
授与所無いんだけど絵馬はどっから持ってきたんだろう
P100047.jpg
誰かさんの銅像
P100049.jpg
寿喜伊(すきい)山神の石碑
地元住民が日本のスキー文化の発展を願い
周囲の山々に雪をもたらす神として祀ったそうです。
P100048.jpg
山家神社さんでいただいた御朱印
小西行長の家臣加藤道光が菅平を開墾したそうです。
冬季限定で寿喜伊山神の御朱印もいただけるそうです
P100203.jpg
ガソリン満タンで出発しましたが、底を突いてきましたので
近くにあったに寄って山家神社さんへ


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-04-20

17.4.15 表木神社・裏木神社

続いて表木(おもてぎ)神社へ。
こちらもGoogleMapsで迷わず行けました。
田んぼと住宅地の境目にありました。
P100016.jpg
境内広めで、端に車が駐車してあったので
私も便乗して横に停めさせてもらいました。
先客がいるのかと思いましたが
ただ駐車してあっただけみたいです。

提灯がいい味出してます
P100013.jpg
裏に回って本殿を拝見。
彫刻とかは特になかったです。
P100015.jpg
右側奥に小さなお社がいくつか。
P100014.jpg
それから裏木(うらき)神社さんへ。
P100017.jpg
R144沿いなので分かりやすいのですが、が無く
車通りも多くて路駐も迷惑になりそうなので
通り過ぎたところの食堂が準備中だったので
勝手に停めさせてもらいました
(良い子はマネしちゃだめですよ)
P100019.jpg
裏に回って本殿を拝見。
こちらは石のお社でした。
P100020.jpg
鬼瓦の中央のデザインは紅葉ですかね?
P100022.jpg
山家神社さんでいただいた御朱印
表木神社が上社、裏木神社が下社になるそうで
表木神社のみの御朱印はありますが
裏木神社のみの御朱印はないので
裏木神社のみ、または表木・裏木両方参拝の場合は
のような墨書きになるそうです。
P100200.jpg
こういう御朱印は珍しいので
時間の都合で全部回れなくても
表木・裏木神社だけは絶対行こうと思ってました。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター