2017-01-28

17.1.28 不動寺(空振り)

今日は初不動ということで不動寺へ行ってきました。
G_5990.jpg
節分の豆まきの時に
御朱印いただけるかお聞きしたら
「今日はバタバタしてて書けないけど普段はやってる」とのことだったけど
その後参拝してなかったのを思い出しまして。
G_5992.jpg
初不動の日だからか参拝者がそこそこいましたよ。
G_5991.jpg
寺務所の看板が出てるのに入口がどこか分からなかったので
しまして、まず
「御朱印やってますか?」とお聞きしたら
「今はやってない」とのお返事でした
今はってことは、前はやってたってことかな。
もっと早く来るべきやった
G_5993.jpg

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-01-27

17.1.22 両足院

この時点で15:25
4時までの受付に間に合いそうだったので
最後に建仁寺塔頭の両足院へ。

建仁寺の駐車場に停めたくてナビ設定したら
花見小路通を通れと言うのですが
警備員さんが立っていて通してくれないんです。
仕方ないので八坂神社で右折して
入れそうな道を探したのですが
右折になるからのないとこでは曲がりにくいし
東山安井では曲がった先のに入れたい車が
まごついて道塞いでるし
八坂通で右折したらやっとナビがリルートして
案内されたらふりだしの花見小路通に戻ってるし
目に付いた駐車場に停めて歩いて向かうことにしました。

着いたら4時すぎてて片付け始めてたけど
入れていただけました
P90243.jpg
1/29までの特別公開だったので
間に合ってよかったです(間に合ってないけど
P90244.jpg
前庭
P90242.jpg
最初に案内されたのが方丈だと思うのですが
方丈といえば七類堂天谿氏の襖絵があるはず。
でも見逃しました
方丈じゃなかったのか、展示されてなかったのか不明。
長谷川等伯筆の竹林七賢図屏風
両足院HPより
友達石川県民なのに長谷川等伯知らないんだって~。
竹林七賢図屏風
書院に移って伊藤若冲筆の雪梅雄鶏図(せつばいゆうけいず)
梅は咲いてない。咲いてるのは椿(山茶花ともいわれている)
枝には鶯も描かれてますが
季節が合わないのでメジロでは?ともいわれているそうです。
葉っぱの虫食いまで描かれてます。
羽根の質感
拾い画像
雪梅雄鶏図
書院前庭
半夏生は7月にばっさり刈込んだそうで面影なし。
P90238.jpg
左に茶室(たぶん臨池亭)が見切れてます。
なぜかこちらに伺うのは夕方ばかりなので
呈茶いただいたことがありません
P90239.jpg
石蕗(ツワブキ)の綿毛
P90240.jpg
照顧の書置き御朱印をいただきました。
P90257.jpg
実は定番の知足をまだいただいていないのですが
この日は書置きだったのでいただきませんでした。
受付の方が「4時過ぎたので」と仰るので
「早い時間だったら書いていただけたのですか?」と聞くと
終日書置きだったようで。
「4時過ぎたので」の言葉の意味は

こちらはギャラリーとして公開されることがあり
写真展で訪れたことがあるのですが
その時は御朱印いただけなかったので
直書きをいただきたい場合は
座禅体験にでも参加しないといけないのかな?

こちらにもオリジナル御朱印帳があるんですが
さすがに今日はやめときました。

唐門のほうはまだ拝見できていないので
前庭に入れる機会があったら再訪したいです。

友達がお土産を買いたいとのことで
花見小路通から四条近辺をブラブラしました。
期間限定のエルメス祇園店
どうせ買えないから中には入らなかったよ~
P90245.jpg
呼び込みをしていたのでチラ見したら
よさげな和小物があったので入ってみました。
菊梅 サイト探したけど見つからなかった
P90246.jpg
Pagongとか光栄子とか扱うセレクトショップ。
あられとか和食器とかもありました。
よさげな龍のトートバッグがあったけど
ショルダーだったら買ったかも。
Pagongのがま口買っちゃった ¥1,890
今使ってる小銭入れ、小さくてかさばらないのはいいんだけど
カバンの中で行方不明になるんだよね
このがま口に大雄院さんで買った叶結びを付けよう
G_5974.jpg
呼び込みしてたのは京大の中国からの留学生だそうで
中国語・日本語・英語が話せるトライリンガル
京都のお土産やさんでは重宝される人材でしょうね。

鍵善良房とか祇園小石に寄ってからの~
いづ重
5時過ぎくらいだったので、並ばずに入れました。
G_5962.jpg
鯖寿司は間違いないけど、九条ねぎ入りいなりも
P90247.jpg
後から来たお客さんが冬限定の蒸し寿司を注文していて
それも美味しそうだったので今度はそれにしよう。
今度っていつやねん

寒くなってきたので都路里でホット抹茶オレを
G_5963.jpg
同じ通りにセルフカフェもあったよ。
前からあったのかな~?

この日はこれにて終了~。
夕方ちょびっとだけ降っちゃったけど
概ねよい天気でした。

が、帰りの高速で木之本~武生が降ってきて
久々の雪道運転でキンチョーしたよ

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-01-26

17.1.22 大福寺

続いて初訪の大福寺へ。
P90236.jpg
こちらはお正月のブカツの投稿で知ったお寺さんで
限定御朱印を出されていたそうで
その中の1つが節分までいただけるとのことで寄ってみました。
P90237.jpg
とても古い、歴史のあるお寺なんですね~。
小浜出身の梅田雲濱(うめだうんぴん)のゆかりのお寺のようです。
梅田雲濱… 知らんな
橋本左内は知ってるけど~。
P90229.jpg
こちらからお邪魔します。
この寺紋は初めて見ました。
カッコいいですね~。
P90228.jpg
仏像以外は撮影とのことです。
玄関の床にトンボ?
P90230.jpg
P90231.jpg
布袋様の屏風
P90232.jpg
『大福』という縁起の良い寺号にあやかり
正月(節分とも言われてる)に商売繁盛を祈願して
商家の出納帳に寺の宝印を授与する習わしがあり
大福寺の宝印が押された出納帳を大福帳と呼ぶそうです。
P90235.jpg
お堂には大福帳を持った布袋様?もおられました。
(遠目で撮ったのをトリミング)
P90233.jpg
京都七福神や京都十二薬師の札所になっていて
御朱印の種類が沢山ありました。
その中から御本尊と元三大師(がんざんだいし)と
P90255.jpg
大福帳をいただきました。
書置きだと大福帳が白くていかにも帳面っぽいので
書置きもいただいちゃいました
P90256.jpg
書き終わって墨を乾かす間に説明をしてくださいます。
御本尊の菩提薬師如来は聖徳太子の作といわれているそうです。
(1/17御開帳)

元三大師は良源(りょうげん)の通称で
平安時代の天台宗の僧で
比叡山延暦寺の中興の祖として知られています。
命日が1/3だから元三。
他にもいろいろな呼び名があって
おみくじの原型を作った人だから鬮(くじ)大師とも呼ばれていたそうで
命日の1/3  1日限定の御朱印を出されたそうです。
他にも角大師(護符の絵)とか
角大師
慈恵大師・豆大師・降魔大師・魔除大師などの呼び名があり
毎年1/3に違う呼び名の御朱印を出そうか検討中と仰ってました。

属星(ぞくしょう)守護は自分の運命を支配する星を守ってくれる
だったかな?
忘れちゃった

近日の限定御朱印の見本も飾られていました。
ほていそんは2月から通年だそうです。
P90234.jpg
私たちの前にもお二方おられましたし
今後注目のお寺さんになるかもしれませんね~


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-01-25

17.1.22 大雄院

1時になりましたので大雄院(だいおういん)へ。
尾張藩家老・石河光忠(いしこみつただ)が
父の菩提を弔うために建立した

P90189.jpg
入ってすぐの庫裏で先に御朱印の受付をします。
中に数名の方がおられましたが、出来上がり待ちかな?
受付は待ち無しでしていただけました。
大雄院さんのインスタより
G_5986.jpg
こちらでも予定通り御朱印帳購入。
昨年5月の京都禅寺一斉拝観の時に
達磨の絵入り書置き御朱印を授与されて
最終の週末だけ直書きされたら
あまりの人気で凄く混雑されたので
今回の観音様の絵入り御朱印は
御朱印帳を購入された方のみ(記入済)にされたようです。

すると「今日からわらべ観音の御朱印が増えましたが
どうされますか?」と仰るではありませんか!
もちろんお願いしますとも
受付番号18番をいただいて客殿(本堂)へ。

襖絵は江戸末期から明治初期にかけて活躍した
蒔絵師であり画家の柴田是真(しばたぜしん)作で72面あります。
以下大雄院さんのインスタより
『滝猿図』 子猿をおんぶした猿がいました
滝猿図
『松図』
G_5987.jpg
『唐代人物図』
G_5983.jpg
『四季草花図』 向日葵が描かれているのが珍しい。
G_5984.jpg
友達は是信が気に入ったようで
ガイドさんの説明も聞かずに
置いてあった画集(蒔絵メイン)を見入ってました

十一面観世音図は南北朝後期から室町時代に描かれたと伝わっています
こちらは大体こんな感じでしたが
G_5981.jpg
楊柳観世音図は実物は退色しているように感じました。
写真は画像処理されてるのかな?
柳の一枝を指した水瓶を持ち、蓮弁の上に立って
観音が住まう補陀落山から渡海する場面が描かれています

G_5982.jpg

妙心寺境内では珍しい池のある庭園が見どころのよう。
P90215.jpg
スナゴケとスギゴケ
2種類の苔の色の濃淡がとてもステキです
写真ではよく分かりませんが
奥に利久型灯籠、手前に春日型灯籠があります。
P90214.jpg
前にどこかのお寺さんで
「旦那の間は大事なお客様(スポンサー)を通す部屋だから、ここからの眺めが1番いい」
と聞いたので、ちょいと座って見てみましたよ
P90216.jpg
P90221.jpg
松の下の岩みたいのは
珪化木(けいかぼく)という木の化石だそうです。
P90220.jpg
御本尊の前の垂幕に○に・の紋が。
略紋で鶴の目を表しているそうです。

錦と黄金の大きな鯉が泳いでました。
奥の方にはちっちゃいのも。
P90217.jpg
東司(江戸時代のトイレ)も見学できます。(撮影可)
畳張りでした。
P90223.jpg
入口横にベンチのようなものがあり(にちょろっと写ってる)
友達が「男性の小のほうの便器か?」と言うのです。
私が「袴履いてるから立ってしないやろ?
脱ぐから畳張りなんじゃない?
お付きの人が待ってる時に座るんじゃ?」と言うと
「袴は口が広いから、たぐり寄せて裾から出すんや」
やって。
ほんとのところはどうなんやろ?

書院には円山応挙の門人・土岐済美(ときざいみ)筆の山水の襖絵があります。
前住職が考案された繭の糸から作った紙
『蚕繭紙(さんけんし)』も公開されてると案内がありましたが
知らぬ間に通りすぎてしまったようです。
もしかして坐禅(呼吸法)をされてた部屋だったのかな?

売店があり、何気に見てたら『叶結び』をオススメされました。
横から見ると『口』、下から見ると『十』
合わせて『叶(かなう)』という文字になり
身につけた方の願いが叶いますようにという想いが込められているそうです。
袋には香木が同封されていて、いい香りがします。
何色かありますが、黒はティファニーの人が気に入って
ティファニーでも販売してるんだそうです。
大雄院さんとティファニーの2ヶ所だけの取扱いだそうで
ミーハーな私はモチロン黒にしましたよ ¥1,000
友達もおソロ
チョコミント色のヘアゴムも購入。 ¥1,500
G_5973.jpg
坪庭
P90225.jpg
この写真の奥に写ってるお部屋は、参拝者は立入禁止でしたが
居間のような感じで
檀家さんなのか上品な奥様が案内されてきて
今も実際に使われてるんだな~って実感
拾い画像
G_5985.jpg
P90226.jpg
庫裏に戻って御朱印帳をいただきました。
御本尊と観音様の見開き御朱印記入済で¥2,500
御朱印無しは¥1,500
P90252.jpg
大雄院さんの寺紋も向かい鶴ですが
養徳院さんのとはデザインが少し違って
お顔がアヒルっぽくない?
観音様は中性的で優しい微笑み
御詠歌は花園流の『観音御和讃』から
「生きとし生ける者のため 大慈大悲の手を垂れて」
蓮華の印は御住職が彫られたものだそうです。
P90253.jpg
こちらがこの日から追加されたわらべ観音
P90254.jpg
もしかしたら期間中にまた追加されるかも?と、秘かに期待


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-01-24

17.1.22 長興院

1時までまだ時間があるので
先にお昼にしようと花園会館へ戻ります。
途中の長興院へ寄り道。
P90210.jpg
昨年から出された絵入りの御朱印が好評で
前は御住職がおられる時だけ直書きでもいただけたようですが
今はこの看板が出ている時だけ
書置きのみの対応のようです(¥1,000)
P90211.jpg
月曜のみとの情報もありましたが
日曜も看板出ててラッキー
冬の旅で参拝者が多いの見込んで対応してくれたのかな?
誰も並んでないし~。
3連休の時は20人近く並んだそうです
P90205.jpg
去年からの達磨2種・龍2種に加え
今年からの新作で酉と大黒天があり、見開きは計6種
+墨書きのみの大雄殿がありました。
転売防止のためか、こちらの御朱印には名前を記入されます。
下の名前でお願いしました。
待ってる間に
P90207.jpg
新しいお寺さんのようですね~。
P90206.jpg
の3種類をいただきました。
画像処理するの面倒だから、そのまま載せちゃう
九天は開祖のお名前だそうです。
クリアファイルに入れて渡してくれます。
持ち帰るまでにくちゃくちゃにならなくていいね~
P90251.jpg
名前書いてあってもオークションに出す人いるんだって
買うほうもどうかしてるわ
前庭
P90208.jpg
岩から木の芽が出てた
P90209.jpg
通ったら、さっきのまだ鳴いてた。
もう1時間以上経ってると思うけど。
冬だから熱中症にはならないだろうけど
ほんの数分ならともかく1時間以上置き去りは
ちょっと無責任やと思う。
ペットホテルの一時預かりに預ければいいのに
花ごころさんでの精進料理はこんな感じ~。
P90212.jpg
メニューを見てみたら¥3,240のコースと同等と思われ
拝観料1ヶ所分割安かな
P90213.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-01-23

17.1.22 養徳院

1/22は去年から御朱印巡りをはじめた
石川のチワ友さんと京都へ行ってきました。
8:23福井駅待ち合わせ。
そこから私ので。
10:50頃妙心寺到着。
に停まってる車の中で
置き去りにされたがキャンキャン吠えてました
今回京の冬の旅で特別公開中の妙心寺内2ヶ所の拝観券と
精進料理がセットになって¥3900という企画を申し込んだので
まずは花園会館で受付。
拝観券をいただいて、大雄院へ。
大雄院では冬の旅公開記念でオリジナル御朱印帳を作成されまして
御朱印帳を購入すると観音様の絵入り御朱印をいただけるとのことで
こちらで御朱印帳を購入して
この日1日これで回ろうと思って1番最初に伺いました。
が、1/22は13:00~やった
P90190.jpg
で、お隣の養徳院へ先に伺いました。
P90193.jpg
豊臣秀吉の重臣だった石河光重(いしこみつしげ)が
父の菩提を弔うために功沢宗勲(こうたくそうくん:光重の兄)を開祖として
創建したそうです。
P90191.jpg
入ってスグに授与所があり
「御朱印4種。混雑時は直書き1種でお願いします」
的な張り紙がありました。(書置きがあるそうです)
その時4人並んでいて、少ないほうだと思い
先に御朱印をいただくことにしました。
養徳院さんも御朱印帳をだされていて
大雄院さんで購入するから、こちらはガマンしようと思ってましたが
デザインは好きなほうだったので、実物見たらやっぱり欲しくなって
並んでいる間に散々迷って結局購入
御本尊朱印入りで¥1,800
P90248.jpg
書き手さんは副住職だそうで
「どちらから?」と話しかけられ(訛ってるからよく聞かれる)
小浜の常光寺は親戚で、手伝いに行ったことがある とか
子供の頃、池にザリガニを放流したら鯉が全部食べられちゃって怒られた とか
御朱印に書かれた養徳院の養の字は旧字体で
展示されてる鑑真の鉄鉢の蓋もこの字体で書かれている とか
友達が「お坊さんの修行大変ですね」と言うと
「失敗しても怒られるだけで
お勤めの人みたいに責任とらされたりしないから楽やと思う」 とか
深いい話もありつつ、楽しくお話できました
それにしても話をしながら
よくキレイにすらすらと書けるもんですね~
習字の練習は特にしていないそうですよ。
御本尊は釈迦牟尼 (むに)佛
で見た時はお花の模様かと思いましたが
四方佛(薬師如来・阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒佛)のお顔でした。
P90249.jpg
他の2種はこちら
寺紋(向かい鶴)の金印がいいアクセントになってます
四方佛推しですね
P90250.jpg
混雑していない日に行けて、4種ともいただけてラッキーでした
朱印も濃い~くクッキリ押していただけたし
実は私の前の人の印がかすれてて、『あぁ~』って思ってたんです
印は獅子の形の大理石っぽいのとかあって
箱もブランド物の食器が入ってるようなので
なんか高価そうな印が並んでました。
朱肉も濃いかったし、きっと高級なヤツなんでしょう。
そんなとこばっか見てる
室内は撮影禁止なので
冬の旅のガイドブックを購入したのですが
家帰ったらカバンの中に入ってなかった
カバンから出した覚えは無いんだけど
どっかに忘れてきちゃったのかな?
なので冬の旅サイトより拝借
御朱印帳の裏表紙になっている酒茶論(しゅちゃろん)
蘭叔玄秀(らんしゅくげんしゅう:妙心寺53世)が著した漢文体の掛軸
上戸の忘憂君と茶人の滌煩子が酒と茶の徳について論争し
最後に閑人が登場し「酒は酒、茶は茶」として引き分ける。
G_5979.jpg
桃山時代に活躍した曽我直庵(そがちょくあん)筆の
白と黒の『鷹の図』が見どころのようで看板にも使われていました。
大きな陶器の壷も置かれていました。
窓際には蕾だけど多分ふきのとうの盆栽が飾ってあり
苔と白石が敷かれていて、とっても素敵でした
欄間の鳳凰?が普通の彫刻じゃなくて
焼印みたくちょっとコゲがあるのが変わってるな~と思いました。
白菜と落花生の絵とか、枝垂桜の写真も飾られていました。
枝垂桜は養徳院さんのなのかな~?
鑑真和上請来と伝わる鉄鉢は
「通常の托鉢の鉢より大きめで、薄いから底をよく見ると光が透けて見えます」
と説明を受けましたが
鑑真和上が托鉢をしてたんでしょうか? まさかね~??
拝観後、お庭へ。
P90195.jpg
P90196.jpg
室内から見てた枯山水庭園
P90200.jpg
P90201.jpg
御朱印帳の表紙になっている十三重石塔
塔の下には石仏が彫られています。
P90199.jpg
私のへたくそな写真では伝わらないだろうけど
この白木がいい感じやった
P90197.jpg
梅がちょろっと咲いてました。
P90202.jpg
かわいいオレンジ色の実がなってたよ。
葉っぱの形を見ると多分くちなし。
P90204.jpg
余談ですが、昔誕生日にくちなしの鉢植えをいただいたのですが
外に置いておいたら葉っぱという葉っぱに全部虫が付いて
『うげ~~!』ってなって
花を見ることなく捨てちゃったんだよね
養徳院さん、私結構気に入りました
(副住職のお話と、御朱印のデザインが)
通常非公開とのことなので
冬の旅期間中に多分再訪するな
続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2017-01-17

17.1.15 玉川洞窟観音

1/15は福井ふるさと百景フォトツアーに参加しました。
豪雪予報でしたので
『もしかして中止かも』と心配しましたが
朝起きて外を見たら大したことなくてよかったです。
G_7911.jpg
まずは越前岬水仙ランドへ。
水仙は強風と雪の重みで倒れちゃってました
GP3975.jpg
お次は近くの玉川洞窟観音へ。
後で撮り直そうと思って忘れた
GP3987.jpg
以前は天然の洞窟の中にありましたが
平成元年に国道305号線の崩落事故があり
安全のため現在のコンクリートのトンネル内に移動したそうです。
GP4011.jpg
本殿
GP4001.jpg
昔、漁師の網にかかって海から引き上げられたという
十一面観世音菩薩が祀られています。
GP3989.jpg
両端には西国三十三所の観音様がズラリと並んでいます。
石像の前には越前焼の灯りとりが設置され
幻想的な空間となっつています。(点灯時間:8:00~22:00)
GP3995.jpg
発願が善光寺で
GP3997.jpg
結願が高野山ってのが一般的なんですか?
番外って認識だったので中途半端な時に行っちゃったよ
GP3998.jpg
入口付近は外の光が入るので明るめですが
奥はより幻想的になってました。
GP4008.jpg
GP4002.jpg
GP4004.jpg
GP4006.jpg
鳥居からトンネルへ向かう途中に寺務所があり
管理のおじさん(ご住職?)がおられたので
「御朱印ありますか?」とお聞きしたところ
「あるんやけど、今 手がこんなで書けないんや」と仰って
手を見せてもらったら
指の腹や関節の辺りがひび割れて痛そうでした
でも書置きがあるそうで2種類いただきました。
GP4055.jpg
手のひび割れが冬の間のあかぎれだとしたら
もしかしたら暖かくなったら直書きいただけるかも?

そして札所になってるんですね。
つか、越前西国なんてあるんですね。
北陸三十三ヶ所とか若狭三十三ヶ所は知ってるけど…
越前西国は何番まであるんだろ?

私が写真を撮っている間にわざわざ持ってきてくださって
どれがいいか選ばせてくれたり
戻って日付書いて、また持ってきてくださったり
親切なおじさんでした
そしてありがたいお言葉を書いた紙もたくさん出してくれて
こんなにいただいちゃいました~。
GP4056.jpg
ツアーはその後お蕎麦を食べたり
GP4028.jpg
灯りとりを作ったり
GP4031.jpg
1日越前町を満喫できました


オマケ
越前海岸は冬の荒波でした。
ってことで、ちょっと遊んでみた
東映

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-01-13

17.1.8 劔神社

お次への移動中に金刀比羅山宮の看板があったので
寄り道してみたのですが
鳥居の後ろには池しかないんですよね。
もう少し登ったところに湧き水はあったけど
社殿が見当たらない。
下の社務所に戻ってみましたがお留守で
連絡先の携帯番号が書いてありましたが
戻られるまで待ってる時間もなかったので
また今度再訪しようと思います。
今HP見てみたら、多分旧道から登ってたみたいで
頂上まで登らないといけなかったんだと思います。

でもって劔神社へ。
P90172.jpg
P90171.jpg
猿田彦神社
P90168.jpg
これは信長なのか?
P90169.jpg
手水の横にポツンと茄子。 な~ぜ~?
P90170.jpg
こちらも御朱印変わらずだったのでスルー。
授与所に『越前和紙御朱印帳売切れ』と貼紙がありました。
(通常の御朱印帳はあります)
そんなんあったんやと思って検索してみたら
画像は見つけられなかったけど
劔神社のFBにこんな投稿がありました
G_5919.jpg
新聞毎日読まないとダメやね

Sさんのこの日のお宿は越前町の厨(くりや)
タグ付き越前がに三昧だそうです
てことで越前水仙も見に行ってきました。
水仙ランドは無料開放中
小さいお花だから遠目だとアレだけど
GP3938.jpg
満開と言っていいんじゃないでしょうか
GP3942.jpg
P90174.jpg
GP3940.jpg
16:15ごろ、灯台の明かりが灯りました。
GP3943.jpg
GP3948.jpg
梨子ヶ平のビュースポットにも
GP3955.jpg
残念ながら夕陽は見れず
GP3956.jpg
年末の晴れた日には50人ほどが撮りに来たみたいです。
GP3957.jpg
これでwell come FUKUI お供編は終了~
福井を気に入ってもらえたみたいだし
私も初訪のところが多くて楽しめました

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-01-12

17.1.8 御誕生寺

続いて初訪の御誕生寺へ。
ポツポツ雨が降ってきてしまった
P90166.jpg
ぬこ寺として有名になりましたね~
P90165.jpg
ずっと行きたいと思ってましたが、冬の時期になろうとは…
これもご縁ですね。
P90158.jpg
おみくじ引くニャンコはいなかったわ
P90146.jpg
御朱印いただくために寺務所に入ると
カウンターの上にぬいぐるみ
P90147.jpg
いや、生きてた
P90148.jpg
サイズの合ってないベッドに強引に入ってるので
いろいろとはみ出してます
モフりたかったけど
気持ちよさそうに寝てたので触れず
奥のケージではイビキかいてる子もいたよ
P90149.jpg
御朱印は全体的に丸っこくて可愛い
P90182.jpg
人慣れしてる子は抱っこされてて
ベンチ下に座ってる子は手を出すと猫パンチをおみまいされる
P90157.jpg
この子は撫でさせてくれたけど、めっちゃいやそ~やったわ
P90156.jpg
その辺にいる子は私を完全スルー
P90150.jpg
P90161.jpg
昔から猫には好かれないんだよな。
P90153.jpg
P90155.jpg
犬にはわりかしモテるんやけどな~
P90163.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

2017-01-11

17.1.8 藤島神社・足羽神社

続いて藤島神社へ。
から冠雪した白山が
P90138.jpg
去年の初詣以来です。
P90139.jpg
特に変わったとこもないので少なめ。
P90140.jpg
御朱印も変わりなし。
P90180.jpg
お次は足羽神社へ。
P90141.jpg
枝垂桜は枝だけぶら下がってる状態
P90143.jpg
Sさんが「社紋変わってる」と仰ってましたが
そう言われればそうかな。
なんだろ? 満月と三日月と星?
P90142.jpg
お下がりのお餅をいただきました。
P90145.jpg
御朱印いただきました。
社紋の印が少し大きくなった?
P90181.jpg
福偉神という五社巡りのスタンプラリーが満願したので
記念品のポストカードいただきました
P90184.jpg
この後黒龍さんに寄れるとよかったのですが
御朱印いただくのに時間が掛かるのでまた次の機会に。
ランチの時間もなくてコンビニ飯を食べながら移動


続く、、、

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター