2016-12-30

12/23 八坂神社

続いて八坂神社へ。
P80970.jpg
円山に停めたので北門から入りましたが南楼門は工事中のようです。
P80971.jpg
本殿でお参り
P80972.jpg
柱に藁のさん
P80974.jpg
お正月限定書置き御朱印がフライングで12/13からいただけます。
(節分まで)
御祭神は暦の神様としての信仰があり
毎年恵方の神様『歳徳神』のおられる方向に事を行うと
よいそうです。
来年の恵方は壬(いずのえ:北北西)
P80989.jpg
1日100枚限定の青龍の御朱印は以前にもいただきましたが
左下に丙申の墨書が加わってプチリニューアルされてたので
再度いただきました。
毎年変わるのかな?
御本殿の下には池(龍穴)があり、青龍が住むと言われています
冠者殿社(かんじゃでんしゃ)の御朱印をいただいたのですが
摂社・末社の御朱印っていつのまにか書置き対応になったんですね。
前回一緒に書いてもらえばよかった
それに今HP見たら、疫神社とか蛭子社とか御朱印増えてるし

美御前社でおばさん顔になりませんようにとお願いして帰りました
P80975.jpg
この時点で3時過ぎ。
勝林寺さんの手書き対応時間に間に合いそうだったので
向かったのですが
やっぱ東大路通は混んでるね~
東山五条に来た時点で15:30過ぎちゃって
この日は手書き御朱印いただく整理券を出すとツイートされてたので
4時にギリギリ間に合っても書いていただけなさそうだったので
そのまま帰宅しました
6時過ぎには家に帰れたよ


おひとり様の時、
どちらが安上がりなのか検証するため
の値段をちゃんとメモってみました

福井IC⇔敦賀ICは同じなので省略して
の場合
関西1デイパス ¥3,600
バス1日乗車券 ¥500
合計 ¥4,100(を使うと+α)

の場合
養源院(キョウテク デビュー東山) ¥400
千本ゑんま堂(キョウテクせんてら) ¥200
檀王法林寺(京都市鴨東) ¥800
六道珍皇寺(タイムズ八坂小松町) ¥600
満足稲荷(キョウテク文教学園南) ¥200
八坂神社(京都市円山) ¥500
代計 ¥2,700
ガソリンがちょうど半分なので20Lとして@¥120=¥2,400
合計 ¥5,100

高速代ケチって湖西道路使っても高くなるね。
待ち時間とか乗換えの煩わしさはあるけど
やっぱおひとり様の時はやね。

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-29

12/23 満足稲荷神社・信行寺

続いて満足稲荷神社へ。
P80952.jpg
こちらはノーマークでしたが
最近書置きの御朱印をいただけるようになったと
某有名ブロガーさんが投稿されてまして。
P80968.jpg
あんまり他の方のblogチェックする時間がないのですが
部員さんにお会いするとちょいちょい話題に上がるので
最近チェックさせていただいてます。
養源院さんの御朱印の事もこちらで知りました。
P80967.jpg
舞殿
P80953.jpg
御神木のもちの木と、岩神さん
P80955.jpg
撫でると頭がよくなり
撫でた手で体の悪いところをさすると治るといわれているそうです。
頭すりすりしてきたよ
P80956.jpg
もちの木は樹齢400年だそうです。
P80957.jpg
赤い実が成るんですね~。
P80958.jpg
本殿
P80961.jpg
秀吉が大神の御加護をこうむり、すこぶる満足されたことから
満足稲荷という社名になったそうです。
大原に出世稲荷ってあったけど、こちらは満足なのね
P80962.jpg
通常の直書き御朱印と
もちの木の絵が印刷された書置き御朱印をいただきました。
P80987.jpg
それから近くの信行寺まで徒歩
P80964.jpg
結界があったので
『もしかして予約制だったのかな?』と思い
門前から「今日は御朱印いただけますか?」としたところ
「お入りください」と言われたので
開けてもらえるのかと、ちょっと待ってしまいましたが
路地側の門の勝手口?から入ればよかったみたいです。
P80966.jpg
本堂右側の玄関からお邪魔すると
檀王法林寺さんと同じく、玄関先に机が置かれていて
こちらで書いていただきました。
特別公開の時は書置き対応だったようですが
現在は直書きしていただけるようです。
4種類の中から2種類書いていただきました。
天井画の花の絵の印がステキです
P80988.jpg
信行寺さんには伊藤若冲の花卉図天井画があり
2015年秋の京都非公開文化財特別公開の時には
最初で最後の公開との噂があり
連日大行列になっていて行くのを断念しました。

でも今年の11/11~13に再び公開があって
『今度こそ』と意気込んでたのに風邪引いてしまって
結局見られずじまい
今年は若冲生誕300年記念で大盤振る舞いだったんだろうけど
来年もしなっと公開しないかな~


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-28

12/23 六道珍皇寺

続いて六道珍皇寺へ。
P80946.jpg
こちらも小野篁卿縁日で、この日限定の御朱印がいただけます。
P80947.jpg
御朱印がいただけるだけで、拝観はしていませんでした。
10人ほどお待ちの方がいました。
午前中はもっと並んでたみたいです。
P80948.jpg
六道さんも色紙御朱印がたまってきたので
専用にするためにオリジナル御朱印帳を購入
P80984.jpg
ピンクの墨書き記入済みで¥1,800
P80985.jpg
小野篁卿は12/22が命日だそうで
翌日が祝日になる12/23に縁日限定の御朱印がいただけるそうです。
小野篁卿と閻魔大王
ご朱印志納…1,000円(但し、閻魔・篁堂での献香料も含む)
見開きにするためだろうけど、1ページ空けて書かれていました。
このページどうすればいい?
P80986.jpg
ここまで来たんだから、両足院も寄ればよかったな~。
すっかり忘れてた
P80949.jpg
P80950.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-27

12/23 檀王法林寺・誓願寺・冠者殿社

お次は市営鴨東に車を停めて、少し徒歩
P80929.jpg
こちらも初訪の檀王法林寺(だんのうほうりんじ)
三条通沿いの三条門
P80939.jpg
石仏
P80935.jpg
楼門
境内に保育園があるのでの遊具が写ってます
P80934.jpg
裏側
P80933.jpg
本堂
拝観は電話予約が必要なようです。
P80937.jpg
こちらは猫のお寺と聞いていましたが
実際に猫がいるわけではなくて
右手黒招き猫が有名なんですね。
檀王法林寺には主夜神(しゅやじん)尊という神様がまつられています。
主夜は守夜と転じて、夜を守る神として崇められ
盗難や火災などを防いでくれる大変なご利益をもつ神様です。
この神様は、開山袋中(たいちゅう)上人によって感得され
日本で初めてあらわれたところとして当山にまつられるようになりました。
夜を守る神と、闇夜に眼を光らせる黒猫が結びついたのでしょうか
この主夜神は古くから黒猫が御使いであるとされています。

御朱印どこでいただけるんだろうとキョロキョロしてたら
本堂の右側に玄関(庫裏)がありました。
ここでいいのかな~?とおそるおそる扉を開けたら
目の前で御朱印書かれていて、5・6人の方が並んでました。
この日は1人2種類までとのことで
12月限定の主夜神尊と、袋中良定上人の御朱印をいただきました。
P80982.jpg
12月の第1土曜日に招福猫・主夜神大祭が行われ
秘仏の主夜神像が御開帳されるから12月限定なのかな?
袋中良定上人のほうは、手形が残っていて
それを印にしたんだそうです。
手形の下の横棒は刀かな?
洛中と書いてあるように見えます。
P80931.jpg
ここから四条河原町まで歩くつもりだったのですが
車を降りる時に雨降ってなかったから傘を置いてきてしまって
御朱印待ちの間に土砂降りになっちゃって移動にしました。
目の前が三条のバスターミナルで良かったよ

八坂神社の御旅所へ行きたかったので
四条通のバス停で降りたつもりで
高島屋を背にして歩いていたのですが
河原町通りで降りたみたいで北に向かってしまったので
折角なので誓願寺へ寄り道。
P80940.jpg
和泉式部記念御朱印(バーミリオン:1000枚限定)をいただきました。
P80983.jpg
帰ってからブカツ見たら、矢田寺でかぼちゃ供養をやってたみたいですが
カボチャの煮たの、あんま好きじゃないからいっか。

マツキヨで傘買って錦市場へ。
伊藤若冲の生家跡のモニュメントを探したのですが見つけられませんでした。
後で検索したら高倉通側みたいです。
P80941.jpg
そしてお目当ての魚屋さんも見つけられず
お魚をぶつ切りにして、カルパッチョ風の味付けで
串にさして食べ歩きできるようになってるのを
数年前に食べて美味しかったんですよね~。
で、テッパンの鱧天。 間違いない
G_5798.jpg
目の前の枡悟さんで、聖護院ゆずかぶらと赤しそ大根を購入。
P80976.jpg
聖護院かぶらはこの時期限定です。
P80990.jpg
でもって目的の御旅所
祇園祭の7/17の神幸祭から24の還幸祭までの間
八坂神社の神輿三基が奉安されるそうです。
検索したら
御旅所はお土産やさんを挟んで東西に2つ社があるんだそうです。
私、東御殿のほうしかお参りしてないわ
P80942.jpg
随身(矢大神と左大上)
こちらの随身さん、他のとちょっと雰囲気違いますね。
P80943.jpg
ホントの目的はお隣の冠者殿社(かんじゃでんしゃ)
後で八坂神社へ行くので、御朱印いただこうと思って。
P80944.jpg
近くの染殿院にも寄りたかったのに
見つけられずにいつの間にか通り過ぎてたみたいで
戻るのも面倒なのでまたの機会に


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-26

12/23 千本ゑんま堂

それから、こちらも初訪の千本ゑんま堂(引接寺)へ。
近くのコインパーキングに停めましたが、ありました。
P80920.jpg
10:20頃到着。
10時からの小野篁(おののたかむら)忌の護摩供法要の最中でした。
P80922.jpg
座るところが空いていたら参列したのですが、満席だったので
御朱印の列に並びながらチラチラ見てました。
12/22と23の2日間限定の小野篁卿の書置き御朱印と
通常の御朱印に閻魔様の印を押していただける直書きをいただきました。
閻魔様の印は閻魔法王の16日のご縁日限定で
普段は押されないそうです。
P80980.jpg
キレイな散華があったので購入したら、くもの糸もセットでした。
お財布に入れておくとお金が貯まるんだって~。
こういう系の財布にいっぱい入ってるけど
な~も貯まらんのやけど
P80981.jpg
法要の後、童観音の前でオカリナの奉納演奏がありました。
P80925.jpg
こちらの主は尼さんなんですね。
山伏の格好の人が法螺貝で、僧侶の方が妙鉢で、庵主様が手鏧(しゅ けい)
奥に写っている石塔は紫式部の供養塔だそうです。
P80928.jpg
この後も本堂での演奏があったようですが
失礼させていただきました。


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-25

12/23 養源院

御朱印巡りをされている方のblogで
養源院で『白象』と『唐獅子』の色紙御朱印を
12/23限定、各20枚限定で授与されると知りまして
(事前に教えていただけるのは有難いことです
『養源院さんはお参りしたことないし行ってみたいな』
『でも風邪気味だし、養源院さんだけのために行くのもな』
なんて思って
もう行く口実を作るために検索したら
他にもこの日にいただける限定とか
限定じゃないけど最近授与はじめたものとかあったので
3連休だし1日くらい遊びに行っちゃおうってことで
前日夜におっかに言って、京都へ行くことにしました。

今回はホントに金欠だったので敦賀から下道で。
6:30出発
福井を走ってる時は土砂降りでしたが
滋賀に入ると小降りになって
白鬚神社に着く頃には日が射してきました。
ってことで寄り道
P80907.jpg
8:00頃。
最近日が昇るのが遅いので、太陽がまだ低いです。
P80904.jpg
一緒にいた男性は水中に入れて撮影してました。
この方blogとかしてないのかな?
どんな写真が撮れたのか見てみたいなぁ。
御朱印は以前と変わりないようなのでスルーしました。

でもって9:00頃養源院に到着~。
この辺りは三十三間堂や智積院など有名処がありますが
どこも参拝したことないんですよね。
P80908.jpg
本堂廊下の血天井推しです。
P80917.jpg
豊臣秀吉の側室・淀殿が、父・浅井長政の追善供養のために創建した寺。
一度は焼失したが、淀殿の妹で徳川秀忠の夫人であったお江の願いにより
伏見城の遺構を移築して再興された。以降、徳川家の菩提所となり
2代秀忠から15代慶喜まで徳川幕府歴代将軍の位牌が祀られている。

P80909.jpg
伏見城の『中の御殿』を移築し秀吉が信仰していた大聖歓喜天を安置
大聖歓喜天は仏様じゃなくて神様(かみさん)と呼ばれているそうです。
P80910.jpg
拝観料¥500
ポストカードをいただきました。
由緒書きの左下のナンバリング、この日1番乗りってことか?
スグに他の方が来られて、私を含め6名とも女性でした。
案内付の拝観で、この6名でご一緒しました。
P80977.jpg
雨宝殿で大聖歓喜天をお参りし
俵屋宗達筆の白象の杉戸絵をまじまじと拝見しました。
目尻のしわが、わっさ~なまつげに見えた
玄関にあった彫刻
P80911.jpg
同じくポスター
P80912.jpg
松の襖絵の枝のうねりは
達磨さんの七転八起を表現しているそうです。
松をじっくり見ると扇状のボンボンに細い葉を線で描かれていました。
松の間には徳川家の位牌が安置されていて
仏壇羽目板に狩野山楽筆の唐獅子図がありますが
よく見えないのでパネルが置いてありました。

入口側の杉戸絵は波と麒麟の番い図で
麒がオスで、麟がメスだそうです。
ちなみに鳳凰も、鳳がオスで凰がメスだそうです。
なぜかキリンビールのマークはオス2頭だそうな。

象は普賢菩薩を乗せていて
麒麟は文殊菩薩を乗せていて
伏見城で亡くなった兵士を弔っているよう。

血天井にはうつ伏せの人の形が残っていて
肩の辺りの渦巻き模様や、刀を持っている風に見えて
伏見城を守っていた武将・鳥居元忠(とりいもとただ)が
自害した場所だと伝わっているそうです。

鴬張りの廊下は左甚五郎の作だそうで
左甚五郎って彫刻だけじゃないんですね~。

牡丹の間は秀吉の学問所だったそうで
25個描かれた牡丹は二十五菩薩を表しているそうです。
テープの案内が所々聞き取れなかったのですが
ふいに「北ノ庄の柴田勝家・お市の方」と聞こえたのですが
なにが関係するのかよく分からなかった

石川五右衛門が千鳥の香炉を盗もうとして捕まったとか?
(なんか違うかも
12/12に釜茹でにされたので
12月12日と書かれた紙が貼ってありました(火の用心と言っていたような)
ちなみに石川五右衛門のお墓は祇園閣でおなじみの大雲院にあるそうです。

玄関に戻り唐獅子図の杉戸絵を拝見。
こちらは八方睨みの獅子だそうです。
その横に物が置かれて見せる気無しな感じで
松花堂昭乗(しょうかどうじょうしょう)の杉戸絵が置かれていました。
他の杉戸絵と比べ色褪せが進んでました。
パンフによると張果老図のようです。

限定の御朱印いただきました。
P80978.jpg
通常の御朱印(書置き)も。
こちらは直書き対応はしていないそうです。
パンフは¥500
P80979.jpg
いろいろと見どころ満載でした
P80916.jpg
帰りに法住寺さんの前を通ったら
『三が日祈祷会 期間限定丁酉御朱印あり』と看板が出ていました。
P80918.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-20

12/10 相国寺

JR東福寺14:52→14:54京都 地下鉄15:19→15:29今出川
出口が同志社大のキャンパス内だったので
ちょっとビックリしました。
道路に出て、ココどこ⁉︎状態
相国寺再び。
P80891.jpg
秋の特別拝観中
P80889.jpg
まずは法堂で御本尊の釈迦如来像と鳴き龍を。
やっぱ手たたく人いるよね~。
前に参拝した時は気にならなかったけど
御本尊の前に大幡(イカの形の長い布)が円に吊り下げられてたけど
あれも天蓋っていうのかな?
P80883.jpg
方丈では原在中筆の襖絵・杉戸絵や法華観音図など。
P80880.jpg
裏方丈庭園
P80881.jpg
P80882.jpg
御朱印は春と秋の特別拝観の時だけ直書きでいただけて
それ以外の日は庫裏で書置き対応だそうです。
P80895.jpg
若冲生誕300年記念の御朱印
前回一緒だった友達の分もいただきたかったのですが
1人1枚だそうです
もしかして転売防止なのかな?

開山堂は初めて拝観します。
龍渕水(りゅうえんすい)の庭
P80884.jpg
御朱印帳にもなった円山応挙の芭蕉小狗子図がありました。
P80887.jpg
ここで4時。
またまた聖護院には行けませんでしたが
京の冬の旅で公開されるようなので、それまでおあずけ。

市バス同志社前→四条河原町
普段なら御朱印巡りだけして帰るのですが、この日は気が向いて
マイフェバ関西で紹介されてた永楽屋喫茶室へ。
最初、手ぬぐいの永楽屋さんがカフェもやってるのかと思った
秋限定 和の芋栗パフェ ¥980
新鋭作家さんの食器などが展示販売されてました。
G_5753.jpg
そんでもって
レジ前にディスプレイされてた御朱印帳
京友禅の作家さんのらしいけど¥7,560だって
誰か~
G_5751.jpg
1Fの店舗でおっかのお土産に生菓子購入
寒牡丹
G_5772.jpg
四条河原町→京都駅 直通バスが出てました
P80892.jpg
Xmasやね
G_5760.jpg
6時過ぎに駅に着いたので、時間潰しにミスドで汁そば食べて
京都18:50→20:23新疋田
いつもより早めに帰れました

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-19

12/10 勝林寺

それから京都に向かいました。
前回聖護院へ行けなかったのと
相国寺で御朱印いただけなかったのがなんか悔しくて
ホームで停車駅のアナウンスで
「…六地蔵・東福寺・京都に停まります」とあったので
あっと思って東福寺で下車。
奈良13:23→14:09東福寺
ってことで勝林寺
P80862.jpg
吉祥紅葉が見事に色付いてました
P80868.jpg
P80863.jpg
落葉も進んでますが
P80869.jpg
充分見頃といっていいでしょう
P80864.jpg
来た甲斐があったね
P80867.jpg
P80872.jpg
今回の目的は12/4から出された申年限定御朱印
納庚申大日如来の最後の御朱印 各色1000体限定
今回のは今までのとガラリと変わって
印もステキだな~と思ってたので
いただけてよかったです
P80894.jpg
直書きは普段は午後が多いのですが
この日は午後から坐禅、写経・写仏体験があって
直書き対応午前中でした。
私、持ってないね~
P80879.jpg
P80878.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-18

12/10 興福寺

12/10は西国月参り興福寺の日でした。
また1時間も寝坊しちゃったよ
冬に起きれなくなるのは、体が冬眠してるらしいよ。
なんてね~ 言い訳。
私の場合、単に寝不足
新疋田7:06→7:37長浜7:47→8:58京都
今回の関西1デイパスは近鉄特急も使えるのですが
特急券の引き換えが5分前?10分前?までだそうで
9:15の特急には乗れず大慌てで9:10の急行に。
→9:52大和西大寺→近鉄奈良
10時過ぎに興福寺到着~。
P80845.jpg
奈良公園もいい感じに紅葉
P80846.jpg
やっぱ鹿せんべい持ってないと寄ってもこないね
P80860.jpg
ちなみにこれまでのサービスショットはこちら
R10531.jpg
R10537.jpg
P80857.jpg
今回のありがたいお言葉
P80855.jpg
先に御朱印いただきました。
御朱印待ちどれくらい時間かかるかと覚悟してたのですが
書き手さん7人体制でさばいてくれてたので
10分もかからずに書いていただけました
P80893.jpg
休憩所で興福塩座を購入。
会社の先輩にお土産でしたら
「お弁当にゆで卵持っていける」と喜んでくれました
G_5762.jpg
法要に参加するなら中で待ってたほうがいいとのことで南円堂へ。
P80847.jpg
三重塔がよく見えますね。
紅葉が真っ赤っか
P80848.jpg
南円堂の特別公開は法要の時間だけじゃなくて
この日1日公開されてました。
法要のことを知らずに来た観光客の人も
『なんかやってる~』って感じで入っていましたが
この時間には法要の準備で正面は立ち入り禁止になっていたので
横と後ろからしか見仏できなかったので
この時間に入った人はタイミング悪かったですね

入口のところに座って待っている方がおられたので
私も続いて座りました。
晴れていたのですが、風があったし
お堂の中はひんやりして寒かったです
待ってる間、お子さんが退屈してぐずりかけてたのですが
係りの人が「あそこ見てみね。もうすぐお坊さん来るよ。」と声掛けてました。
さすが手馴れてらっしゃる
子供って集中すると黙るんですよね。

導師様ほか6名での法要で
鳴り物はなく、6名の僧侶が散華をまかれました。
ドイツ人の僧侶がおられることは聞いていましたが
初めてお目にかかりました
法要中は正面の扉も開いていたので、外からも見学できたかもしれません。

法要の後
「香炉の横に散華を置きましたので1人1枚でお願いします」
と案内があったのですが
私、15人目くらいにいたのに
私の2、3人前でなくなってしまいました
6人の方が散華撒かれたので、1人10枚としても60枚あるはずなのに
10枚程度しか置いてくれなかったみたいですね。
よくで『興福寺さんの法要で散華いただいた』という投稿を拝見しますが
あれは貴重でラッキーな人達だったんですね。
P80853.jpg
その後Kさんとお会いしてお話してたら
「もしかして御朱印部の方ですか?」とお嬢さんから声をかけられました。
初見の方から声かけられるの初めてかも~

Kさんはこれから南円堂に入られるとのことで
ここでお別れして、私は遊 中川さんへ。
P80856.jpg
近々友達の誕生会兼忘年会があるので
何かプレゼントによさげなものがないかな~と思って。
とか言って自分の分もちゃっかり買ってますが
紫の懐紙入れと、根付風の飾り房と
レジ前にあった袋に入ったアメちゃん
P80896.jpg
レジのお姉さんが
「干支の物を1年間持っているといいそうですよ~」
と言ってました。
このお姉さん仲間由紀恵さんにちょっと似てて
声や話し方も似てましたよ
飾り房は3種あって、これを友達のプレゼントにしました。
誕生日の子には+ふきんと割り箸のセット。
Xmas前にお年賀でちょっと気が早いけど
お正月に使えそうなおめでたい感じのやつです

この後JR奈良駅に向かいまして
ビエラ2Fの本屋さんでならめがねという雑誌を購入
P80900.jpg
電車の中で読んでたんですが、途中で寝てしまって
隣に知らない人が座ってたのに
バサバサっと落としてしまって恥ずかしかった


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-12-14

11/27 石山寺2

続きです。
本堂も国宝なんですね~。
P80793.jpg
堂内撮影禁止なので外から。
P80796.jpg
この懸仏も好きなヤツ
P80795.jpg
内々陣の特別公開は別途¥500
東大寺の大仏造立の為の黄金の不足を愁えた聖武天皇が
ここに伽藍を建てて如意輪法を修すようにとの夢告を受け
良弁僧正を開基として開かれた寺院。
良弁が石山で老翁(比良明神)に教えられたとおり
聖武天皇の念持仏の如意輪観音を山中の巌の上に安置し草庵を設け祈願をこめ
陸奥国で金鉱脈が発見され大仏を完成させることができた。
念持仏を納めて都に帰ろうとしたところ
どう力を入れても念持仏は巌から離れようとしないので
念持仏を本尊として一寺を建立した。
その如意輪観音像を胎内に納めた丈六如意輪観音像を造りそれを本尊とした。


御本尊の如意輪観世音菩薩
左手は膝の上で天を仰ぎ、右手は肘を曲げて蓮華の茎を持った状態で
自然石(硅灰石)の上に据えた木製の蓮華台の上に
右足を曲げ、左足を踏み下げて座る姿で、檜の寄木造り(木造)からなっている。
肉身は漆箔を施され、着衣は彩色されている。
円満な表情や穏やかな衣文線など、全体に温和な作風であり
本堂が再建された永長元年(1096年 平安時代)ころに造立されたとみられている。

拾い画像
如意輪
全身の画像があるとよかったんですが
柵の隙間から覗くとおみ足を間近で確認できるのですが
赤いズボンに円形の模様がキレイに残っていました
宝冠や首飾りもゴージャス
丸顔でふくよかだけど、威厳も感じられます。

次の週の週末は最終日ということもあり
内陣拝観の行列ができていたようですが
この日は夜間拝観だからか内々陣には5、6人しかいなくて
ゆっくりじっくり参拝できました

裏側には初代本尊の断片も展示されていました。
初代の本尊は天平時代まで遡り、全体が塑像で造像され
その上に華美な彩色が施されていて
石山寺創建に関わった聖武天皇の念持仏を含む佛像4軀を
胎内佛像として納められていた。
承暦2年(1078)に本堂が火災にあい
本尊も大きく損傷し現在ではその姿は断片でしか見ることができない。

断片
胎内佛
飛鳥時代(7世紀)と天平時代(8世紀)がそろっており
このうち飛鳥仏は日本製としては最古級とみられる。
4軀とも当初は土をこねた塑造の初代本尊の胎内仏だったとみられ
聖武天皇や良弁僧正など創建にかかわった人物が念持仏として持っていたものを
納めた可能性もあるとしている。
承暦2年の火災の際ごく一部が破損したが
本尊に守られたおかげでほぼ原形をとどめたといえる。

1番左のお方
三国志に出てくるようなマントを着てらっしゃいますね。
胎内佛
御朱印も対応してくださってました
P80836.jpg
高床倉の経蔵の下に腰掛石があります。
この石に座ると安産だと言われているそうです。
私は座りませんでしたよ~。
安産の前にできたら困る
P80799.jpg
多宝塔(国宝)
源頼朝による寄進と伝えられ
建築年代が明確ものでは日本最古の多宝塔だそうです。
P80802.jpg
御本尊は快慶作の大日如来坐像
四天柱には密教の教義に基づいた54体の尊像が描かれているそうです。
石山寺独特の供物『貼仏供』がお供えされています。
季節の花をかたどったお干菓子だそうです。
P80803.jpg
鐘楼も源頼朝による寄進だそうです。
御開帳の期間中、心願成就の鐘を撞くことができたのですが(¥300)
特に願い事がなかったので撞きませんでした。
こちらの鐘は引いて撞くタイプだそうです。
P80805.jpg
最後にもう1枚
P80785.jpg
帰り道
P80810.jpg
石山寺は広くて
ライトアップのルート以外にも見どころが沢山あるようなので
今度は日中に再訪したいですね。
P80812.jpg
門前のお土産やさん寺前浪漫がまだ営業していました
P80819.jpg
叶 匠壽庵さんで西国スイーツ巡礼
P80818.jpg
ヨモギが入った御餅の上に餡子がのってる石餅
P80837.jpg
和三盆プリン
カラメルの部分にあんこが入っていて、蜜をかけて食べます。
P80839.jpg
これにてこの日の御朱印巡りは終了~。
移動の日は、帰りに神田PAに寄って
しそジュースを買うのが楽しみになってます
P80840.jpg
夜ごはん
P80820.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター