2016-09-30

9/19 正林庵・圓照寺

続いて今回のお目当て正林庵
P80080.jpg
こちらはお堂はなく、収蔵庫に安置されています。
P80083.jpg
菩薩半跏像(奈良後期)
像高33㎝ 天平時代作でこの地方での最古の金銅仏です。
太良庄という地区は鎌倉時代の京都東寺荘園でしたので
東寺よりいただいたものとつたえられているそうです。
4度盗難に遭ったのに不思議と無事戻ってきたそうです。

こちらは特別公開のパンフによると
9/19と9/22と10/15の3日間のバスツアーのみの公開で
こちらの参拝目的で今回のバスツアーに参加しました
館長さんの話では通常でも予約すれば拝観できるそうですが
1グループ(1人でも)1万円と、ちょっと手の出ないお値段なので
今回参加できてよかったです
実は昨年も狙ってたんですが満席だったので違うコースにしました。
情報によると、拝観の時は盗難防止のため
檀家総代他3名の方が立ち会われるそうで
予約するにも日程調整が大変かもしれません。

御朱印とポストカードいただきました。
冠が聖闘士星矢みたい
P80138.jpg
もう来れないかもしれないし~、写真も買っちゃった
P80139.jpg
ゼンゼン詳しくないのに知ったかぶりして言うと
白鳳期の半跏思惟像は面長だけど
天平期のは丸顔な気がします~。
P80079.jpg
最後に圓照寺(えんしょうじ)
P80089.jpg
こちらも昨年参拝しました。
P80084.jpg
御本尊は大日如来坐像(藤原時代)
平等院鳳凰堂の阿弥陀如来像に似た定朝様式と言われる典型的な都の作風
脇侍の不動明王立像と千手観音立像も藤原時代の作だそうです。

福井県指定名勝の庭園
P80087.jpg
御朱印とポストカードいただきました。
P80141.jpg
今回のツアーはこれにて終了~。
道の駅で下車してバス会社系列のタクシーを無線で呼んでいただき
博物館に戻りました。
P80145.jpg
不幸中の幸いで、木簡御朱印3つ以上でいただける
クリアファイルの引換場所が博物館だったので
いただいてきました
A5サイズで、3種類ある中から棚田をチョイス。
P80146.jpg
お騒がせなバスツアーになっちゃいましたが
全てのお寺さんで御朱印いただけたし大満足でした~


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-29

9/19 高成寺・常高寺

続いて高成寺(こうじょうじ)へ。
P80050.jpg
楼門
P80051.jpg
観音堂
P80054.jpg
御本尊は十一面千手観音立像(平安時代)
P80066.jpg
若狭地域における千手観音像の最古作例だそうです。
P80065.jpg
堂内のパネル
等身と説明を受けましたが、等身大ってこと?
千手観音様って実在するの?
像高181cmとのことで
人間の身長と同じくらいだと等身というのでしょうか?
内刳りが全くされていないので、大変重たいそうです。
P80061.jpg
衣の裾がマーメイド状に広がっていることと
しわの折り返し部分が♡形になっているのが特徴らしい。
(旋転文というそうです)
P80060.jpg
若狭姫神社の本地仏と推定されていて
盗まれて犯人が担いで逃げている途中に川に捨てて
なぜか上流にさかのぼって発見されて
高成寺に安置された
…と、説明を受けたような
で、捨てられた時に付いた額の傷を隠すために
笠を被ってるそうなんですが、よく分かりませんでした。

横の像は以前御前立とされていたそうで
御本尊と同時期の作と思われ
こちらも貴重な仏像だそうです。
P80056.jpg
御朱印と木簡の特典でポストカードいただきました。
P80140.jpg
お次は常高寺
浅井三姉妹の次女お初が建立したお寺です。
お初の法名が常高院だったので常高寺。
大河ドラマ『江』が放送されたころには
初役の水川あさみさんが参拝されたそうです。
P80076.jpg
京極高次とお初はいとこ同士の結婚
wikiに載っている常高院の肖像画はこちらです。
P80068.jpg
書院には狩野派の障壁画がありました(撮影禁止)
P80069.jpg
P80070.jpg
本堂
P80072.jpg
P80071.jpg
その昔は大変隆盛したお寺だったのですが
明治以降の寺領没収や、火災、農地改革での田畑の没収
京極家がキリスト教に帰依して庇護がなくなったなどで
この辺曖昧。お寺の建立以前に洗礼受けてるはず)
次第に衰運し
その間に寺の敷地内に国道が走ったり、線路が走ったりで
おかしなことになってます
山門から参道を望むと目の前に線路が。
参道から山門へ真っ直ぐ来れないです。
P80075.jpg
お寺の敷地である山の中に常高院の墓所がありますが
でぬかるんでるのと
時間がないとのことで割愛。
P80078.jpg
御朱印とポストカードいただきました。
P80137.jpg



続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-28

9/19 博物館・永源寺

こちらが今回参加したツアー
G_5517.jpg
10:30頃若狭歴史博物館に到着
20分ほど拝観できました。
P80028.jpg
この日のツアーは博物館の館長さん同行だったので
館長さんの説明を聞きながら、若狭のみほとけや
御食国若狭から都へ物資を献上した時の木簡
祭りの映像などを拝観しました。
期間限定で美浜町青蓮寺の聖観音菩薩立像がおられました。

テーマ展『小浜祇園祭と放生祭』はこの日が最終日でした。
チラシ表
若狭の祭りや芸能文化は古くから都の文化の影響を強く受けてきました。
鎌倉時代頃に京都の祇園祭が伝わって成立したと考えられる
天王社(現廣嶺神社)の祇園祭は
江戸時代、城下町小浜の発展とともに華やかに展開しました。
明治に入り祇園祭・お城祭り・放生祭(ほうぜまつり)に別れます。


博物館のFBより拝借
小浜祇園祭礼絵巻は江戸時代後期の作品で
良い状態で保存されていて、色もきれいに残っていて
描かれた人物や妖怪、山車(やま)の張りぼての表情が面白いです。
山車
印の鎧が加藤清正
加藤清正
見越し入道
見越し入道
小野道風(おののとうふう) 花札に描かれてます
小野道風
大黒
大黒
布袋
布袋
目の周りが赤いのは酔っぱらってるのか?

は後で行くお食事処の玄関に飾られていた額。
(反射で見にくいですが)
老若二匹の雄獅子と一匹の雌獅子が笛と歌に合わせて
胸につけた締太鼓を打ちながら舞う。
三匹獅子舞は藩主酒井忠勝が旧領地の武州川越から演者を連れてきたもの。

京都の祇園祭の影響を受けた祭りなのに
埼玉の出し物も演じるって面白いですね。
P80046.jpg
事前にチラシをいただいていたので
クイズに答えて放生祭カードをGET
放生祭カード
エントランスには白髪区神楽の本屋台が展示されていました。
P80025.jpg
P80023.jpg
続いて永源寺へ。
P80043.jpg
こちらは去年の特別公開の時に個人で伺いましたが
お堂は開いていましたがお留守のようだったので
勝手に入っていいか分からず外からお参りだけしたので
拝観するのは初めてです。
P80031.jpg
百人一首で有名な、開祖・二条院讃岐の歌碑。
『我が袖は潮干にみえぬ沖の石の人こそ知らねかわく間もなし』
P80030.jpg
撮影OKか確認したところ
添乗員さんに「インターネットには載せないで」と言われてしまいました。
去年は言われなかったんだけどな~。
なので内陣全体の写真だけ。
聖観世音菩薩(平安時代) 当地で製作されたものと考えられている
P80035.jpg
P80042.jpg
御朱印いただきました
P80135.jpg
添乗員さんが御住職に説明をお願いしたら
「館長さんのほうが詳しいじゃないですか~」って
この日行った全てのお寺でこのやり取りがありました
P80029.jpg
昼食末広亭さんの若狭海鮮丼
P80049.jpg
P80048.jpg
今回のツアー参加者は10名。
食事中に少しお話させていただきました。
京都からのご夫婦、千葉からのご夫婦、東京からのおひとり様
坂井町から3名、福井市が私ともうお1人。
半数が県外の方でした。
福井に注目してくださって嬉しいですね


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-27

9/19 氣比神宮

9/19は若狭小浜の秘仏めぐりバスツアーに参加したのですが
10時集合だったので
その前に氣比神宮へ行ってきました。
乗り始めた当初にドライブがてら参拝して以来だから
27年ぶり?
P70992.jpg
県内はいつでも行けると思うと後回しになりがちですが
10月中旬から鳥居の塗替え修復に入ると新聞に載っていたので
シートが掛けられる前に行ってきました。
前は裏側のに停めたので
大鳥居を見るのは初めてかも。
P70994.jpg
姪っ子が9/3に敦賀祭に行ったらしいけど
どこに停めたのかな?
新聞にもデカデカと掲載されているし
福井では大きな祭りなので1度見てみたいけど
混みこみだから億劫になってます
HPによると9/3は神輿で
9/4(氣比神宮例大祭)が山車巡行みたい。
P70993.jpg
猿田彦神社
P70995.jpg
変顔
P70996.jpg
P70998.jpg
聞か猿は耳をふさいでて、まぁ普通だけど
言わ猿は指しゃぶってるみたいだし
見猿は後ろ向いちゃってる
P70999.jpg
鳥居を通って左に曲がったところにお社があるのですが
お参りして鳥居のところに戻ってきたら
男性が立っていました。
私がお参り終わるのを待っててくれたみたいです。
すぐ後ろで急かすように待ってるんじゃなくて
鳥居のところで待っててくれる心遣いが
優しいな~と思いました

氣比神宮のパワースポット 長命水
氣比神宮はそれまで伊奢沙別命(いざさわけのみこと:氣比大神)
1柱を祀る神社でありましたが、文武天皇の勅命で
仲哀天皇・神功皇后・日本武尊・応神天皇・玉妃命・武内宿禰命が合祀され
御祭神は七柱とされました。
その際神宮を修営しましたが修営途中突然として地下水が噴出したと伝えられます。
合祀された神々、特に武内宿禰命は大変長生きをされた神様でありますので
これは祀られた神々の御神徳が宿る神水として信仰され
1300年以上の長きに亘り今に長命水の名称で親しまれています。

P80001.jpg
こんなだったかな?
前に来た時もお参りしたはずなのに、全然覚えてないな
P80002.jpg
外拝殿
P80003.jpg
天皇陛下から何か賜ったみたいです。
P80004.jpg
授与所がまだ開いてなかったので、境内をウロウロ。
芭蕉の碑
P80006.jpg
P80007.jpg
南の池 で濁ってあんまきれいじゃなかったです。
P80010.jpg
P80008.jpg
絵馬殿
P80011.jpg
亀の池 は見えなかったけど、鯉がいました。
P80012.jpg
角鹿神社(つぬがじんじゃ) 『敦賀』の地名発祥地
P80014.jpg
兒宮(このみや)
P80015.jpg
大神下前神社(おおみわしもさきじんじゃ)
P80016.jpg
土公拝所
P80018.jpg
土公(氣比之大神 降臨の地)はどれか分からなかったけど
柵の向こうの小学校の校庭にあるみたいです。
P80017.jpg
おかっぱ 鼻息荒い系
P80019.jpg
P80020.jpg
P80021.jpg
P80022.jpg
授与所に戻ると巫女さんが準備されてるところでした。
待機御朱印帳いっぱいあるんだけど
地元の一之宮の御朱印帳は持っておくべきなんじゃないかと
自分に言い訳して購入
デザインもステキです 裏は気比の松原かな?
P80133.jpg
既に御朱印記帳済みですので
氣比神宮の墨書きはいただけないようです。
見本と書置きも同様でした。
持参した御朱印帳に書いていただく場合は
もしかしたら墨書きいただけたかもしれません。
P80134.jpg
この時点で8:50
ここから集合場所の道の駅若狭おばままでは
ナビ情報によると約50分。
少し早いですが余裕をもって移動しました
舞若道の若狭美浜ICから入って
敦賀方面と小浜方面の分岐で
「この道を左です」ってナビに言われるまま曲がったら
敦賀方面やったし
小浜方面は数メートル先でして
位置情報の微妙なさじ加減ができなかったみたい。
案内板を見て『あれっ??』って思っても、もう遅い
バックすることもできないし
仕方なく敦賀まで走りました。

ここで情報で賢くなっていた私は
ETC専用ではなく有人の料金所へ行って
間違えた旨を伝え特別転回というのをしてもらいました
精算せずにUターンさせてもらって
乗ったICから降りるはずだった正解のICまでの料金で精算してもらえます。
(間違った区間の料金はかからない)
ただ、思ったより大事でして
1人はレジ?の調整
1人は再度乗るレーンへの誘導
1人は乗るためのICの調整と
3人がかりで、大変ご迷惑をおかけしました

そして今度は間違えずに舞若道と表示のあるほうへ走りまして
『やれやれ、どうなることかと思ったよ』とほっとした矢先
舞若道の看板が
『あ、あ、あ~』と言ってる間に通り過ぎてしまいました
本道に入ってスグ側道に入らないといけなかったようです。

分岐点の路肩に一旦停まりまして
『もう間に合わないし違反だけどバックするか』と
ユルユルとバックしかけたところに
後ろからパトロールの黄色い車が来て
ちょうど分岐点のところにハザード出して停まりました。
私がバックしてるから注意しようと待ち構えてると思われ
仕方なく直進して木之本ICまで行きましたよ。

木之本ではまた間違えたなんて恥ずかしくて言えなくて
フツーに料金所通って、再度乗りました。
途中旅行会社にして
「申し訳ありませんが、10時に間に合わないので
 博物館で合流させてください」とお願いしました。

祇園祭バス間違い事件以来の大失態やわ


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-23

9/18 粟田神社・知恩院

それから粟田神社
P70974.jpg
主祭神は素盞嗚尊と大己貴命(おおなむちのみこと)
P70975.jpg
おサルの張りぼて
P70977.jpg
授与所は豊國神社と同じくらい並んでました
手書きもされるので、なかなか進まない。
小一時間ほどかかりました~。
コスプレの人でもいてくれれば待つ時間も楽しめるんでしょうけど
刀剣御朱印は3種類
P70989.jpg
三日月宗近(みかづきむねちか)
平安時代の刀工、三条宗近作の太刀 国宝
天下五剣の一つで、その中でも最も美しいと評される
号の由来は刀身に三日月形の打除け(うちのけ:刃文の一種)が数多くみられることによる
秀吉亡き後、高台院のものとなり
高台院も亡くなると徳川家のものとなり
現在は東京国立博物館所蔵

三日月宗近
一期一振(いちごひとふり)
短刀などを得意とした粟田口吉光唯一の太刀と言われることから
一期一振と呼ばれます
焼けたことがあるものの再刃されました
毛利家、豊臣秀吉、徳川家と所有者が変わり
幕末に孝明天皇に献上され皇室御物となっている

一期一振
小狐丸(こぎつねまる)
謡曲「小鍛冶」に登場する刀をモチーフにしている
平安時代の刀工・三条宗近作の太刀で、稲荷明神の援助によって作ったとされる
相槌を打ったのが小狐であったため
表に「小鍛冶宗近」の銘、裏には「小狐」の銘が刻まれている
実在しない架空の刀であるが
伝説にあやかり名付けられた刀は複数の書物に記述が残っている

小狐丸
通常の御朱印もいただきました。
P70990.jpg
鍛冶神社
天目一箇神(あめのまひとつのかみ)・三条小鍛冶宗近命・粟田口藤四郎吉光命
が祀られています。
P70978.jpg
合槌稲荷神社をお参りするの忘れた
それから知恩院
P70979.jpg
阿弥陀堂でお参り
P70980.jpg
今年は千姫没後350年になるとのことで
千姫の戒名『天樹院』の御朱印をいただけます。
P70991.jpg
降りたら門が閉まってました。
ギリギリセーフ
P70981.jpg
に向かう途中でお土産チラ見したりして
に乗ったのが16:30頃。
『間に合わないかも~』と思いつつ藤森神社に向かいましたが
駐車場出てスグから渋滞
『これは間に合わんわ』ってことで、これにて終了~。
豊国廟と六道珍皇寺も行けませんでした。

帰りは湖西道路を通ったのですが5時ごろから土砂降りに
初めてワイパーを3段目まで下ろしたよ。
前ゼンゼン見えないし、高速使わなくて良かったわ。

藤森神社は壺阪寺の月参りの前に寄ろうと思います。

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-22

9/18 建勲神社・月

この後どこへ行こうかいろいろ候補があったわけですが
期間が9/30までの刀剣御朱印めぐりをすることにしました。
まずは建勲神社(けんくんじんじゃ)へ。
こちらはで上まで登れるのですが
行ってみると駐車場というか駐車できるスペースは狭く
既に4台停まっていてム~リ~
Uターンもできなくてバックで降りたっていう
近くにコインパーキングがあったのでそこに停めました。
P70962.jpg
織田信長・信忠が祀られているそうです。
P70964.jpg
P70967.jpg
授与所には20人くらい並んでいました。
初日は整理券を配るくらい並んだそうな。
P70968.jpg
刀剣御朱印は3種類
P70987.jpg
宗三左文字(そうざさもんじ)
博多の刀工・左文字により打たれたもので
今川・信長・秀吉・家康をはじめ様々な戦国武将の手に渡り
天下取りの刀と呼ばれます
信長の愛刀として知られ、本能寺の変で信長とともに焼けました
宗三左文字
薬研藤四郎(やげんとうしろう)
粟田口吉光によるもの
切腹の際3度刃を立てても切れず、投げつけたところ
薬研を突き通すほどの切れ味を見せたことから
君主思いの刀とされます
信長の手に渡り、本能寺の変でともに焼けました
薬研藤四郎
不動行光(ふどうゆきみつ)
藤三郎行光作の短刀
表の櫃の中に不動明王と矜羯羅(こんがら)、制多迦(せいたか)を浮彫にしているところから名付けられた
信長は森蘭丸にこの不動行光を与えている。
その後、蘭丸は本能寺の変で信長に殉じたため、本刀も焼身となった

不動行光
天下布武龍章御朱印
御朱印帳に直書きでいただきました。
書置きのものはキラキラした細かい紙ふぶきが漉き込んでありました。
P70988.jpg
コインパーキングって先に精算しますよね。
精算してに乗ってナビ設定してる間に
2,3分しか経ってないと思うのにまたバーが上がってしまったようで
車の底ガーって擦ってしまいました

おひとり様の時はお昼抜きになっちゃいますが
今回は目を着けていたお店でランチしてきました。
京都 中勢以 月(にくづき)さん
P70969.jpg
熟成肉のハンバーグ ¥2,980
サラダ・スープ・パンorライス・デザート・コーヒーor紅茶付き
P70970.jpg
ビシソワーズ
P70971.jpg
塩とソースが付いてますが
「まずは何も付けずに食べてみてください」とのこと。
お肉の旨みがジュワ~っと広がりますよ
P70972.jpg
濃厚な抹茶味の
P70973.jpg
食前酒があるような
普段居酒屋しか行かない私たちには1ランク上な感じのお店。
そして帰り際外までお見送りしてくれる
プチ贅沢を堪能できるステキなお店でした


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-21

9/18 豊國神社・神泉苑

9/18(日)は豊臣秀吉の命日ということで
限定御朱印をいただきに京都へ行ってきました。
この日がお休みになるのを待ち望んでましたよ~
年1限定御朱印なので、友達も欲しいだろうと思い誘いました。
もう1人の友達は残念ながら法事で来られず。

で去年の情報検索したら
8:30頃には並んでいるとのことだったので
6:30に友達迎えに行って高速で
は降ったり止んだり。
土砂降りじゃなければ、まぁいいか。

またナビに変なところに誘導され
グルグル回りながらもなんとか8:45頃豊國神社に到着~。
既に宝物館のほうまで並んでました。
100人くらいかな?
限定300枚なので大丈夫ですね
並んでる間に
「御朱印とは関係無しに、たまたま3連休で旅行に来てて
 お守り買いたいだけやのに並んでる人っているんかな?」
なんて話してました

9:00から授与開始で書置きのみだったので
(この日は直書きは15:00~でした)
流れ始めてからは早かったですが
その後も人がどんどん来て列の長さは変わらずでした。

今年は赤の紙でした。 派手~
刀剣御朱印めぐりの御朱印もいただきました。
P70982.jpg
とうらぶのこと知らなすぎてイメージわかないので
拾い画像を貼ってみた。 女の子みたい
骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう)
粟田口吉光によるもので、あまりの切れ味から
『斬る真似をしただけで相手の骨を砕いた』といわれたことが由来
大友家や足利家を渡り、豊臣秀吉のものとなります
大阪城落城により遺失しますが
のちに堀から発見され徳川家に渡りました

骨喰藤四郎
前日から発売されたオリジナル御朱印帳袋
3種類の中から、たけのこ男をチョイス
横幅が狭いので御朱印帳1冊しか入らない
強引に2冊入れるとピチピチで出すのが大変。
で、なぜか縦長で上のスペースは余る。
カワイイけど、ちょっと使いづらいかな。
P70984.jpg
お参りが後になっちゃいました。
お正月は拝殿前まで入れたけど
普段は唐門に結界があります。
P70948.jpg
部員さんともお会いできましたよ~
オフ会等で面識のある方とはお話できました
多分お顔を存じ上げない方も同じ列に並んでたんでしょうね~。

「この後どこ行かれるんですか?」なんて話してて
Rセンセが神泉苑へ行かれるとのことだったので
ご一緒しました
前日の夜に観月会があって、特別御朱印を出されていたので
まだあるかな~と気になっていたところです。
P70950.jpg
鳥居から入って正面は善女龍王が祀られている善女龍王社
P70951.jpg
P70954.jpg
アヒルがいたよ
P70952.jpg
龍頭舟はビニールシートが掛けられていて
風情もへったくれもない
だから仕方ないね。
P70956.jpg
法成就池 池泉舟遊式庭園
桓武天皇が平安京造営の時に設けられた宮中附属の禁苑で
御池通の由来にもなった
常に清泉が湧き出すことから神泉苑と名づけられました


法成橋を渡ると聖観音菩薩が祀られている本堂
P70961.jpg
私たちが橋を渡ると
アヒルがグァ~グァ~言いながらついてきました。
P70958.jpg
撮ってる時は知らん顔してた2羽も一緒に。
P70959.jpg
こちらにエサの自販機があるからの緑の)
抜かりないね~
P70960.jpg
グァ~グァ~くれくれと催促してたのに
「もうないよ」と言ったら急に黙るしっ(笑)

こちらは鳥居や社がありますが、神仏習合の名残りのようで
真言宗東寺派のお寺さんだそうです。
お寺用の御朱印帳に書いていただきました。
善女竜王殿の御朱印は通常は梵字の印ですが
観月会の特別御朱印で扁額の印が押されています。
P70985.jpg
同じく観月会の特別御朱印で与謝蕪村の俳句の御朱印と
祇園祭の御朱印がまだあったのでいただきました。
鉾の印がカッコイイ
平安時代に御霊を鎮めるために初めて神泉苑で御霊会が行われ
日本の国の数である66本の鉾を建立し、神泉苑にて祈願しました。
この御霊会が現在の祇園祭へとなっていきます。

P70986.jpg
Rセンセとはここでお別れ
解説付きで楽しい参拝となりました。
ありがとうございました


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-12

9/18はいずこへ

9/18は豊臣秀吉の命日で
豊国神社で年に1度の限定御朱印がいただけます。
今年は日曜なので友達と行くのですが
その後どうしようかな~と。

京都では限定御朱印が沢山出ているので
何ヶ所か目星をつけているのですが
友達の意見を聞こうと写真をしようと思ったのですが
友達ガラケーなので
「写真送ったらメール受信料高くなる?」ってしたら
「分からんけど高くなりそうやでやめときね」と。

いやいや
「うちはパケット定額やで大丈夫やけど○○のほうが高くなるかと思って」
と返信しましたが
聞いても分からんのやなと思って
「まぁ当日決めてもいいけど」と送ったら
「当日でゼンゼン」と。

そっちは当日でいいやろうけど
こっちは行くか行かんか分からんとこも全部下調べせなあかんのやけど
住所・tel・拝観時間・駐車場あるか、バスor電車がいいか…
自分から「当日でいい」って言ったんだし
調べますけども
こっちの言いたいことが伝わってない~

豊国神社では刀剣御朱印めぐりの骨喰藤四郎がいただけるので
他3ヶ所も回って全部揃えるか
他の限定御朱印狙いで行くか。
勝林寺、六道珍皇寺、日體寺、知恩院、宝蔵寺、相国寺、神泉苑、城南宮etc…
壬生寺の御朱印帳も気になるし
だから十輪寺、證安院、柳谷観音もいいかも。
あ、柳谷観音は17日が御開帳なのね。
1日違い

京都は豊国神社だけにして
興福寺・般若寺ってプランもある。
葛井寺の御開帳もあったな。

さて、どうしよっかな~。

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

2016-09-07

他者投稿を見て

ネットサーフィンしてたら、こんな投稿を見かけました。
G_5490.jpg
ほぉ~。
『そういえば』と思い出し
法起院さんの散華を引っ張り出してきました。
P70304-1.jpg
おぉ~
確かに1つしか受け取ってないわ。

お名前を勝手に載せたらダメかと思って消してありますが
多分部員さんだと思うんだよね。
HN一緒だし。
御朱印研究家なんだって。
スゴイね。
のようなこともよくご存知で。
うち気にしたこともなかったよ。
こういう方のサイトを見つけると
つい読みふけってしまって寝不足

っていうなんてことない話でした~。

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

2016-09-04

8/21 高貴寺 メモ

この記事はブロとものみ閲覧できます
プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター