FC2ブログ
2016-09-04

8/21 高貴寺

お次は山寺としか言いようがない
高貴寺というお寺さんに連れてってもらいました。
細い山道を登ったところにあります。
山肌に柵をしてヤギを飼ってらっしゃるそうですが
私は見えませんでした~。
(ご一緒した方は見えたそうです)
草刈り(食い)要員だそうな。
P70929.jpg
『地元の人しか知らないんじゃないの?』ってくらいの古刹ですが
河内西国三十三所特別客番札所になっているそうで
私たちの後においずるを着た男性がお一人来られました。
山号が神下山(こうげさん)で、寺名が高貴寺で、特別客番て
どんだけ気高いねん
7世紀末、役行者の開創。
初め香華寺と称し、9世紀に空海が寺名を改め中興したと伝える。

P70930.jpg
境内全て撮影禁止です
趣のある素敵なお寺さんなのですが
うちいつまで覚えてられるかな
P70928.jpg
正面が五大明王を祀る金堂
左に弁財天を祀る講堂
右が慈雲尊者(じうんそんじゃ)を祀る開山堂
奥院御影堂は立入禁止でした(申し出ればOK?)

御朱印いただきました。
授与所(と言ってもお守り等は無く単に窓口)には呼び鈴が無く
鐘をカーンと叩いてお呼びします
若いお坊さん(多分ご住職の息子さん)が対応してくださいました。
御朱印お願いしたところ
「墨を磨りますから少し時間かかります」とのことでした。
窓口から中を覗くと墨の香りが漂ってました。
印も練り朱肉を使われていて、濃くてクッキリです。
こだわってますね~
P70937.jpg
何て書いてあるか分からなかったのでお聞きしたら
『常瑜伽』(じょうゆが)と書かれているそうです。
真言宗に『六大無礙常瑜伽』(ろくだいむげじょうゆが:互いに相応しかかわり合っている)
という言葉があるようです。

日付は八月のみ。
こだわってるんだか、手抜きなんだか

河内西国霊場会のHPにステキな仏像の写真が載っているのですが
河内西国霊場本尊の救世観音様でしょうか?
これは是非とも拝んでおきたいですね~
金堂に4/26 1時から弁財天女御開帳と看板がありましたが
弁財天は講堂におられるので講堂の御開帳と思われます。
近くにもと高貴寺の鎮守であった磐船神社があるそうで
それも含めて再訪したいです
慈雲尊者忌は10/22

後から調べたら
近鉄富田林駅前から金剛バス平石行きで来れるようですが
土日祝は8:50と15:20の1日2本
しかもバス停から徒歩20分
じゃないと難しいですね。

この日の御朱印めぐりはこれで終了~。
帰り道にパティスリーフラワーというcafeで休憩しました。
P70931.jpg
ケーキやパンを売ってるお店に併設されてるcafeですが
暑かったので皆さんカキ氷をチョイス
マンゴーのカキ氷 ゴチになりました
P70932.jpg
帰りの電車の中でスマホいじってて
ふと気づいたら駅で停車してたので駅名確認したら新疋田駅で
『ココ降りるとこじゃんっ』って慌ててドアのボタン押すのに開かなくて
2回押しても開かなかったので
『反対のドアか!?』と押したところで発車してしまいました
また席に座って終点の敦賀まで行ったけど
めっちゃ恥ずかしかった

新疋田まで電車で戻ろうとすると40分待ちだったので
1駅だからそんなにかからないだろうとタクシーにしましたが
¥2,860もかかったよ
最後の信号のところで、そろそろ着くなと料金確認したら¥2,200だったのに
見る見るうちにメーター上がって
ほんの2,3分で¥600も上がるんやね。
タクシーってこんなに高かったっけ?
交通費ケチって特急使わなかったのに余計な出費をしちゃったよ。
しかも起きてたのに
電車の中では集中し過ぎないようにしないとな。
それにしても、なんでドア開かなかったんだろ?

Kさんからお土産をいただいちゃいました
粉河寺の月参りのときに売り切れていたきのくにシュトーレンと、かげろう
P70938.jpg
どちらもすごいおいしかったです。
ありがとうございました
P70944.jpg
Uチャン ガン見 ちょっとだけおすそわけ。
P70945.jpg

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-03

8/21 叡福寺

葛井寺の後は道明寺・野中寺という定番コースがあるのですが
3寺とも18日が御開帳とのことで
『今行ってもな~』ってことになり
ご一緒した部員さんが何ヵ所かピックアップしてくれた中から
叡福寺(えいふくじ)に連れてってもらいました。

太子は二十七歳の時この叡福寺の地を御廟の候補地とし
四十七歳の時、廟をお造りになられた。
太子没後、伯母にあたる推古天皇が土地建物を寄進し
墓守りの住む堂を建てたのが叡福寺の始まりとされている。

27歳でもうお墓の場所を決めてたなんて
計画的ですね~。
その後もっといいところと出会ったりしなかったのかな?
P70910.jpg
南大門の扁額には『内閣総理大臣 岸信介謹書』と書いてあります。
P70911.jpg
広い境内。
真っ直ぐ奥に見えるのが二天門。
P70913.jpg
門をくぐると聖徳太子御廟があります。
叡福寺は聖徳太子と
その二ヶ月前になくなられた太子の生母
穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)と
一日前(一説には同日)に亡くなられた太子夫人
膳部菩岐々美郎女(かしわでのほききみのいらつめ)を葬ってある。
いわゆる三骨一廟である。

可愛らしい建物
縦長でペッツみたい。
P70914.jpg
ちなみに聖徳太子のお父さんは用明天皇で
お母さんと共に蘇我氏の血を引いているそうです。
今更ですが聖徳太子って天皇の息子だったんですね~。
外人説も聞いたことあるけど。
大好物の懸仏がありました
P70915.jpg
天皇の御子息のお墓だから宮内庁の管轄。
P70916.jpg
夏の終わりの空
P70918.jpg
多宝塔 逆光
P70921.jpg
トリミングしたから画像荒いですが
邪鬼が踏ん張ってました
P70926.jpg
金堂 御本尊は如意輪観世音菩薩
バスツアーの方々が拝観されてました。
こちらを行程に組み込むツアー、やるねいや、やるね
P70922.jpg
聖霊殿の御本尊は聖徳太子十六歳の時の御尊像だそうです。
聖霊殿、完全に見逃してるな

授与所に飾られていた鬼瓦と
P70923.jpg
聖徳太子像
P70924.jpg
御朱印いただきました。
御廟の印の中に三骨一廟の文字。
いいですね~
墨書きで隠れちゃってるのが勿体ない。
P70936.jpg
休憩所に地図があったのですが
藤井寺市から南河内郡太子町まで結構離れてるんですね。
連れて来ていただいて感謝感謝
P70927.jpg



続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-02

8/21 葛井寺・辛國神社

8/21は西国月参りの日でした。
JR新疋田6:12→8:06大阪8:10→8:33天王寺
近鉄に乗り換え阿部野橋8:41→9:10藤井寺
8:44の準急に乗るつもりだったのに
何番ホームか確認するため電光掲示板見たら
『藤井寺行』と書いてあったので、これや!と思って
ホームに行ったところで普通電車と分かったのですが
3分で準急のホーム探して間に合うか自信なかったので
時間かかりますがそのまま普通に乗りました

駅の喫煙所で一服しようと思ったのに
私としたことがタバコを忘れてきてしまった

藤井寺駅南口を出て左へ。
踏切のところを右折して商店街の通り抜けます。
P70889.jpg
商店街を抜けたらすぐ葛井寺(ふじいでら)
四脚門(西門)
旧南大門を移築したもので
葛井寺で現存する最古の建物だそうです。
P70890.jpg
駅名の漢字は藤井寺ですが、お寺は葛井寺と書くんですね。
P70891.jpg
手水は龍。
藤棚が何ヶ所かありました。
いただいたパンフレットには
『4月下旬から黄金週間 藤花祭』と書いてありましたよ
P70893.jpg
南大門
こちらの案内板に『ふぢいでら』と書いてありましたが
『じ』か『ぢ』かどっちなんでしょ?
P70896.jpg
写真撮りそこなってましたが、偶然写ってました
紫雲石灯籠(奥の白っぽい灯籠のほうです)
石灯籠は傷みが激しく、本物は裏庭にて管理していて
現在境内にあるのは
欠損箇所まで同じように仕上げた明治時代のレプリカだそうです。
法王の願いが聞きとられた時に
ご本尊の十一面千手千眼観世音菩薩の眉間から香の薫の煙が立ち上り
それが境内の聖武天皇御寄贈の紫雲石の灯籠にまで
たな引いたと伝えられている

P70896-2.jpg
弘法大師修行像
P70902.jpg
専心龍乗観世音菩薩像
龍が懐いてますね~
P70901.jpg
本堂
法要後、御朱印いただく列がこの辺りまで並んでましたよ
P70897.jpg
御本尊は国宝の十一面千手千眼観世音菩薩像。
日本最古の千手観音だそうです。
千手観音と言っても実際に手が千本ある仏像は稀ですが
こちらは1043本あるそうです。
盛ってますね~
全ての手の掌に眼が描かれているそうです。
拾い画像
千手千眼
毎月18日に御開帳されますが
今年は西国三十三所草創千三百年記念で
9/17~22特別御開帳があるそうです。
9/18は京都だし、9/19はバスツアー予約しちゃったし
どないしよう…

この日の法要では残念ながら御開帳無し。
散華も無し。
施福寺と同じく和太鼓をドンドコ叩くタイプ。
導師様以外にお二方。
冒頭導師様が三鈷(多分)を紐にこすり付けてたと思うのですが
あれはなにをやってたのかな?

施福寺で買った経本の初出番でしたが
観音経いつ始まったか分からず
目で追うことすらしょっぱなから見失ってました

本堂の裏側に展示スペースがあり
見てもいいか確認したところ
「本当は御開帳の時だけなんだけど、ちょっとならいいか」
とお許しをいただき
その場にいた数名だけ拝見できました
P70898.jpg
授与所の上に小さな仏像が。
P70900.jpg
御朱印いただきました。
書きながら簡単な説明をしてくださったのですが
周りに人がたくさんいたので、ほぼ聞こえず
P70933.jpg
こちらは法要参加でいただけた
トンボ玉と栞とお下がりのお砂糖。
P70934.jpg
葛井寺から徒歩スグの
辛國神社(からくにじんじゃ)へ連れて行ってもらいました。
木に囲まれた参道は清々しいですね~
大阪みどり百選に選ばれているそうです。
P70903.jpg
拝殿前は工事中でした。
P70906.jpg
御祭神はお三方おられますが
うちの1人が饒速日命(にぎはやひのみこと)
物部氏の祖神だそうです。
P70907.jpg
御朱印いただきました。
式内社とは平安時代に施行された延喜式神名帳に記載された神社のことで
これに記載されているということは
平安時代に既に官社として認定されていた由緒ある神社
ということだと
ご一緒した部員さんに教えていただきました
P70935.jpg
少しだけホテイアオイが咲いてましたが
ネットが邪魔~
大昔この池がもっと大きくて、きれいな水が湧き出ていた頃
春日大社から神様が来られて
道案内をした奈良の鹿が辛國池の水を飲み、足を冷やし
元気を取り戻して奈良へ帰ったそうです。
P70908.jpg
この辺りはかすうどんが名物らしいですが
温かいのしかないそうで、この日はすごく暑かったので
「冷たいのんがいい」と言って香の川製麺にしました
うどんのチェーン店に入るの初めてかも。
肉茄子おろしだしポン酢ぶっかけ ¥590
茄子がちょい酸っぱくてさっぱりしてて夏向き
P70909.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-09-01

8/16 総社大神宮・帆山寺

お盆休み最終日は午前中に行って
午後から越前市に向かいました。
新聞でこんな本が出版されたと載っていたので。
本屋さんでは扱ってなくて武生公会堂記念館へ。
P70942.jpg
¥2,700とチョットお高いのですが、写真も豊富で
1つの項目が見開き2ページになっていて見やすいです。
内容は寺社のことばかりではないのですが
新聞の掲載写真が仏像のページだったので
今後の参考になるかな~と思い買ってみました。
地元のことなのによく分かってないので

近くに蔵の辻という蔵をリノベした商業施設があるので
ランチしに寄ってみました。
こちらは駐車場はないのですが
周辺道路は駐車可だそうです。
でも初訪問の私は小心者なので、誰も停めていないと気が引けて
近くの越前市街中駐車場に停めました。
こちらは散策目的の人は3時間無料と書いてありました。
無人なので3時間以上停めても分からないかも。

蔵の辻には和食屋さんとか、うどん屋さんとか
カフェとかバーとかあるはずなんですが…
G_5434.jpg
人っ子一人いないし
調べでは月曜が休みになってたから
この日は火曜でやってると思ったんだけどな。
少し離れたところの中華屋さんが営業していました。
桃李(外観写真撮り忘れ)
選べるランチで小龍包と海老チャーハンを注文 ¥1,500
(メインによって数百円の価格差あり)
スープはクリーミーで盛り付けもキレイ
G_5435.jpg
小さい肉まんじゃない本格的な小龍包
G_5436.jpg
チャーハンはパラパラ
G_5437.jpg
杏仁豆腐はサービスで付けてくださいました
G_5438.jpg
スゴイ美味しかったです
ご飯食べながら、さっきの本を見てて
こちら近くのようなので、あとから寄ってみることにして
P70943.jpg
その前に総社大神宮へ。
お正月に初詣のCMをよく見るので
どんなところか気になってました。
G_5439.jpg
なぜか手水舎に網が。 蚊帳にしては目が粗い。
G_5440.jpg
割と大きなお社ですが、は小さめ。
G_5441.jpg
G_5443.jpg
拝殿の両脇には神馬像
G_5442.jpg
G_5444.jpg
征清記念碑
G_5445.jpg
忠魂殿の陶製の額
味真野秘仏めぐりの時もこんなのあったね。
G_5446.jpg
天満宮
G_5447.jpg
社務所で御朱印いただきました。
P70939.jpg
続いて引接寺(いんじょうじ)へ向かうも
ナビは裏側で案内終了
道路脇は小川があって
小川の向こうはお寺さんの塀で裏からは入れなそうです。
とにかく小川を渡らないと表に行けないので
交差点で曲がってみましたが
いいところで中に入る道が無く
なんかお寺さんの周りに四角く道があって
外周をグルグル回ってる感じ。
スマホナビでもやってみましたが同じく裏側で案内終了。
2周したところで諦めました
山門の彫刻や笏谷石の石仏が見どころらしい。

気を取り直して帆山寺(ほやまじ)へ。
こちらは北陸三十三ヵ所観音霊場の札所になっているので
たどり着けないなんてことはないだろうと。
お寺の前の道はすごい狭くて
1台通るのがやっとなのに一方通行じゃないから
前から車が来ないよう祈りながら進みました
G_5451.jpg
御本尊は泰燈大師作といわれる千手観音菩薩。
33年に1度の御開帳だそうです。
お堂内の左側には涅槃仏。
扉を開けていいのか分からす、外から
G_5448.jpg
G_5449.jpg
右側にはおびんずるさんがおられました。

お堂の奥からラジオの音が聞こえていたので
どなたかいらっしゃるようでしたが
書置きの御朱印が置かれていたので、それをいただきました。
北陸三十三ヵ所観音霊場の御朱印は書置きをバインダーに綴じてくタイプ。
聖武天皇の勅願で建立されたからか菊紋がありますね。
P70940.jpg
最後に福井県立美術館の岩佐又兵衛展へ。 ¥1,200
G_5452.jpg
又兵衛は松平忠直に招聘され39歳から60歳まで福井に住んでいたそうで
福井移住400年記念の企画展です。

最大の見所は、越前の豪商金屋家の為に書いた
六曲一双の屏風(通称『金谷屏風』)で
明治期に掛軸に分解され、各地に散らばってしまい
現在2図が行方不明になってますが
現存する10図が100年ぶりに集められたそうです。
元は1つの屏風だったのに、それぞれタッチや構図が変えてあって
又兵衛の多才さがうかがえます。

『山中常盤物語絵巻』や『上瑠璃物語絵巻』などの
絵巻物も沢山展示されていました。
彩色がキレイに残っていました。
人物の表情が豊かで躍動感があります。

最後に東京国立博物館所蔵の国宝『洛中洛外図(舟木本)』が展示されていました。
福井の小さな美術館にも国宝貸し出してくれたんですね~

なかなか見ごたえのある企画展でした
竹久夢二展のほうがCMよく見るし推してるみたいだけど
私は岩佐又兵衛のほうが好きかな。

theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター