2016-07-31

7/17 春日大社

最後は今回のメインイベント春日大社へ。
去年から式年造替記念特別企画
御蓋山浮雲峰遥拝所とか御仮殿とかの特別参拝の企画がいろいろあるのですが
その中に御朱印めぐりがあって
神職の案内付で御仮殿 → 若宮神社 → 夫婦大國社 → 金龍神社と回って
お土産に4社の御朱印入り特別朱印帳がいただけるという
G_5361.jpg
『この特別御朱印帳ってのが気になる~』と
ブカツの女子部の方にお話したら
一緒に行ってくださることになり、今回のプチオフとなりました

ココからはネタバレになりますので
これから参加される方はスルーしてくださいね。
でも案内してくださる方によって内容は違うようです。

二之鳥居横で受付しまして(受付の方の法被が気になった
P70502.jpg
神職の説明を聞きながら本殿に向かいます。
P70497.jpg
一応メモは取ってたのですが、単語の羅列で
後で読み返してもなんだか分かんなくなってます
P70499.jpg
狼がいなくなったから鹿が増えたとか?
P70500.jpg
石燈籠は2,000基あって
常夜燈と書いてあるものは毎晩火を灯すことになっているそうです。
維持費としてお米を奉納するそうで、2万石もあったそうです。
P70501.jpg
鹿島神宮から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が白鹿に乗ってきたのが始まり
P70503.jpg
ここで神職からクイズ
「他の神社の門との違いはなんでしょう
P70505.jpg
正解は扁額が無いこと。
造営当初は掛けられていたのですが2度も落雷にあい
右側の磐座(いわくら)に埋めたそうです。

コレはなんだったっけな?
P70506.jpg
まず御蓋山浮雲峰遥拝所へ(撮影禁止)
式年造替にあたり宮司さんが
長年禁足地である御蓋山浮雲峰遥拝所を公開すると仰った時は
他の神職の方は大変ビックリされたそうです。
春日大社が造営された768年より30年前の東大寺山堺四至図に
既に三笠山は神地として記録されているそうです。
御蓋山 本殿4社 霊線 とメモしてます。
直線上にあるということだったと思います。

それから中門へ。
本殿にある板塀『御間塀』の壁画は、式年造替の時に剥ぎ取られ
全く同じ絵を描くそうです。
神馬や獅子などが描かれていて、絵馬の起源だそうです。
御扉(おとびら)御鍵(みかぎ)簾(すだれ)は式年造替の度に
皇后陛下の懐金で新調されるそうです。
ってメモってますが間違ってたらスミマセン。
あと「おみすがかかる」ってメモってるけど、なんだったか?
P70518.jpg
それから御仮殿を参拝したあと
2月の節分と8月の中元に催される万燈籠の雰囲気を味わえるコーナーへ。
P70510.jpg
広い空間に沢山燈籠が吊られているように見えましたが
鏡張りになっていて1周して終わりでした~
でもスゴイきれいやった
機会があったらほんまもんを見てみたいです。
P70512.jpg
吊り燈籠は1,000基あるそうです。
P70515.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-07-30

7/17 十輪院・興善寺

サボり癖がついてしまいました
これからまだまだ忙しくなるので早く書き上げてしまわないと

続いて十輪院
P70468.jpg
5本線ですね~
P70470.jpg
こちらは初訪問です。
P70473.jpg
受付横のユニークな置物
P70471.jpg
内陣に入らせていただいて
若くておきれいな奥様がご案内してくださいました。

御本尊は地蔵菩薩の石仏
厨子も石というか岩でできていて石仏龕(がん)というそうです。
お地蔵様がおられる内側には十王が浮き彫りされていて
正面左右に釈迦如来・弥勒菩薩
さらに外側に四天王のうちの2体だったかな?
(忘れかけてる
上部には北斗七星・九曜など星座の梵字が刻まれているそうです。
星座の梵字があるんですね~
最上部には一枚岩が屋根のように置かれているのですが
隙間があって、そこから光が入って
お地蔵様のお顔がクッキリ見えるようになっています
十輪院さんのFBより拝借
十輪院
本堂は石仏龕を拝むための礼堂として建てられたそうです。
龕前には死者の身骨や棺を安置するための引導石が置かれています。

本堂内には五劫思惟阿弥陀仏像や誕生仏や
可愛らしい童子たちがショーケースで展示されていました。

御朱印いただきました。
P70572.jpg
挟み紙のスタンプがまたいいんです
御本尊を本堂で表していて左右に脇侍がおられるんですね~。
P70572-1.jpg
一願不動尊がおられる護摩堂は何か作業をされていたので
外からお参りだけさせてもらいました。

池の周りを散策
P70483.jpg
が「なんかくれ」と口をパクパクさせながら寄ってきました
P70475.jpg
不動明王
P70477.jpg
私の背くらいに育った蓮
P70478.jpg
十三重塔
P70481.jpg
石仏龕 大変興味深かったです
再訪確定
P70484.jpg
続いてお隣と言っていいくらい近くの興善寺へ。
P70486.jpg
まずは御朱印をご紹介しますね。
P70573.jpg
かすれてしまったのが残念ですが、お姿の印にご注目
体の部分が阿弥陀佛という文字になってるんです
墨書きのほうも名号本尊みたいに蓮華座に乗ってるんです
ブカツで拝見して、この御朱印いただきたいな~と思ってまして
やっと参拝できました
P70487.jpg
もう百日紅が咲いてましたよ。
P70489.jpg
本堂横の玄関をピンポンして御朱印お願いしました。
こちらの奥様?もおきれいな方で
奈良の御住職はどうやって奥様見つけてくるんでしょうね

お姿の印の原本と思われる版画が飾られていたので
写真撮ってもいいかお聞きしたら
「どうぞ。おあがりください。」と仰っていただいたので
遠慮なくあがらせていただきました。
P70490.jpg
お隣の絵もとてもきれいだったのですが
全体を写そうとすると光が反射して撮れなかったので一部分だけ。
P70491.jpg
本堂に続いていたので勝手にお参りもさせていただきました。
元は元興寺の奥の寺だったが浄土宗に改宗されたそうです。
御本尊の快慶作と伝わる阿弥陀仏像の胎内から
法然上人直筆の文書が見つかったそうです。
もしかしてショーケースで展示されてた中にあったのかな?
ちゃんと見てなかった

お姿の版画の原版がありました。
版画がキレイだったので最近作られたのかと思ってましたが
虫食いっぽい穴があったので、昔のもののようです。
どのような経緯で興善寺さんに伝わったのかは分からないそうです。

桔梗のような飾りの被り物をしたお坊さんの像もありました。
うち1体はマフラーみたいなのもしてました

祈りの回廊の一筆箋と栞もいただきました

こちらではお彼岸の時期に
観経曼陀羅特別拝観と法要があるそうです。
その時に再訪できたらいいな~
P70485.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-07-24

7/17 元興寺

お次は元興寺
こちらも去年のGWオフ会以来です。
P70447.jpg
ちょこっと関西歴史たびで極楽堂特別公開中(国宝)
御本尊の厨子入智光曼荼羅も法輪館(収蔵庫)で公開中。
P70451.jpg
P70467.jpg
同じく国宝の禅室も公開していて須田剋太画伯の大衝立が展示されていました。
P70466.jpg
こちらで古代瓦の説明をお聞きしました。
黒っぽいの&茶色っぽいのが飛鳥時代のもので
白っぽいのが奈良時代のものだそうです。
法輪館に実物が展示されていて間近で拝見できます。
元興寺極楽坊縁起絵巻も展示されてました。
カラー写真が載ったパンフレットをいただきました。
P70592.jpg
五重小塔も国宝だったんですね~。
またもや模型だと思ってました

桔梗は今年お初かも~
P70452.jpg
P70455.jpg
白いのは八重咲きでした
P70453.jpg
獅子国型佛足石
P70458.jpg
P70464.jpg
自然に生えてる感じがワイルドガーデン風
P70465.jpg
手水もすてき
P70459.jpg
小子坊 ざくろ?
P70462.jpg
5躯いる元興神(がごぜ)の1つ
シャバダバ系
P70463.jpg
歴史たびと、ぼさつの寺巡りの御朱印をいただきました。
挿絵の聖徳太子、仏像とクリソツ
P70571.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-07-23

7/17 興福寺

それから興福寺へ。
こちらへは8月終わりか9月にまた伺うことになりそう
P70442.jpg
吹流しリユースの御朱印帳
500冊1度に販売したんじゃなかったようで
第2弾で出されたのがまだ残ってたので、友達へのお土産にしました。
紫があったらよかったんだけど、紫だけ売切れでした。
こちらは郵送対応はしてなかったはずなので
ご縁があった人しか手に入らないから喜んでもらえるんじゃないかな
P70591.jpg
そして、この御朱印帳がやっとデビューできました
G_5216.jpg
書き手さんが
「これは1番最初の東金堂のやね。見ればすぐ分かる。」
と仰ってました
「はいなので東金堂の御詠歌をお願いします」
P70570.jpg
は南円堂のほうの納経所でいただいた
ちょこっと関西歴史たびの御朱印巡りのです。
いつもの御朱印に『慈悲万行』の印がプラスされてます。
G_5200.jpg
のプレゼント進呈場所の部分をちゃんと読んでなくて
『3つ目の御朱印をお受けになられた』の部分だけ印象に残ってて
3寺目で引き換えできると勘違いしてました
観光センターってちょっと離れてて不便なんですよね。
JRの企画なんだからJR奈良駅の観光案内所か
せめて近鉄奈良駅の総合観光案内所にすればいいのに~。
P70444.jpg
一言観音さんのお堂が開いていました。
いつも開いていたか記憶にないのですが
17日が縁日と書いてあったので7/17だからかな?
残念ながら観音様のお姿は拝見できなくて
御神体の鏡が祀られていました。
鏡が祀られるのって神社のイメージですが、お寺にもあるんですね。
P70445.jpg
暑かったので炭酸のシュワシュワが気持ちいい
P70446.jpg

興福寺ではあまり写真撮らなかったので
ここでいただきもののご紹介
Mさんから七條甘春堂さんの季節お干菓子いただいちゃいました。
食の宝石箱やぁ~
G_5328.jpg
Yさんからは東京のお土産をいただきました~
P70587.jpg
会社でちびちび食べてます
お2人ともありがとうございました


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-07-22

7/17 菅原天満宮

お次は喜光寺から徒歩スグの菅原天満宮
こちらは去年寄り忘れたところです
P70431.jpg
菅原家発祥の地、道真公御誕生の地でもあり
菅家一系三神天穂日命・野見宿祢命・菅原道真公の
三神を祀る延喜式式内社であり、日本最古の天満宮です

巻き毛の尻尾多め
P70432.jpg
天穂日命は菅家の始祖で、天下泰平・国土安泰・五穀豊穣の守護神
その子孫で中興の祖である野見宿祢は菅原の地を本官とし
土師器や埴輪の製作に従事していた。
垂仁天皇の皇后(日葉酢媛命)崩御された時、当時悪習であった殉死を取り止め
替わりに埴輪を埋めるべく建言した功績により垂仁天皇より土師臣の姓を賜った
当麻蹶速と力競べをし、これに勝ち角力の始祖としても知られている
その後、子孫の土師古人他がこの土地の名「菅原」と改姓を願い出、勅許される
以後三代後に菅原道真公の出生となる

P70435.jpg
全国各地に道真を祀る神社が設立されているが
菅家発祥及び生誕の地当菅原天満宮と、終焉の地太宰府天満宮及び
京都の北野天満宮は最も重要な神社とされている

P70433.jpg
狛牛
P70436.jpg
マキバオー
P70437.jpg
P70434.jpg
P70438.jpg
御朱印いただきました。
P70578.jpg
喜光寺ので見かけた すき家の看板
茶色いの初めて見た~。
カレーだから
P70430.jpg
それから、きなこだんごを求めてたまうさぎさんへ
尼ケ辻駅の近くみたいです。
P70440.jpg
去年GWの時に私の分も注文してくださっていて
帰ってから食べたらすごく美味しかったんですが
出来立てはまた格別でした
1本税込¥77と中途半端なお値段。
賞味期限が当日なのでお持ち帰りは無し。
P70441.jpg
お子さん2人連れのお母さんが来店し
お子さんに「何本にする?」って聞いたら
「100本」だって
お母さん、さらっとスルーしてるのがまた可笑しかった(笑)


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-07-21

7/17 喜光寺

7/16(土)は仕事で3連休にはしてもらえなかったわけですが
7/17(日)18(月)はお泊まりで御朱印巡りしてきました~。
日曜は気になるイベントがあり
お声掛けさせていただいてのプチオフです

JR 新疋田6:12→7:35京都 ¥1,490
近鉄 京都8:06→8:48大和西大寺 ¥560
日帰り(往復利用じゃない)の時は関西1デイパスは割高だと気付きました

家を出る時には降ってなかったのですが
高速走ってる時にザッザカ降りだして
この前『奈良と相性がいい』と書いたとこなのにおかしいな
となってたのですが
奈良に着いた頃には止んでいてよかったです

西大寺駅で待ち合わせ。
ご一緒していただいたMさんので、まずは喜光寺へ。 ¥500
でした。ちょうど出る車があったので停められたけど。
去年のロータスロード以来、約1年ぶりです。
P70394.jpg
Mさんが教えてくださったのですが
P70397.jpg
左の仁王様は普通だけど
P70398.jpg
右の仁王様は足をクイっと上げてます。
P70395.jpg
攣りそう
足まで注目して見てませんでした
P70396.jpg
試みの大仏殿
P70399.jpg
こちらはお堂内も
P70406.jpg
約100種、200鉢の花蓮の鉢が境内を覆いつくしています。
赤、白、黄色の花蓮の中に浮かぶかの様に建つ本堂と天空に広がる大屋根は
さながら阿弥陀仏の極楽浄土を映しだしたかのようです。
品種が多いため、蓮の開花時期が異なりますので
夏の初めから終わり近くまで楽しむ事ができます。

P70407.jpg
写真いっぱい撮りました~。
P70410.jpg
雨上がりで雫がいっぱい
P70413.jpg
P70414.jpg
P70415.jpg
P70416.jpg
P70417.jpg
P70418.jpg
弁天堂
P70422.jpg
ロータスロードの期間中は宇賀神も特別公開されています。
P70426.jpg
睡蓮も少しだけ咲いてました。
P70419.jpg
葉っぱが痛んでいるので、終わりかけかな。
P70428.jpg

P70427.jpg
写経道場の前にも蓮鉢ありました。
P70429.jpg
こちらで新しい御朱印ができたとの情報を得ての再訪です。
右が行基菩薩のんで
左が公開時限定の宇賀神(書置きのみ)
P70569.jpg


続く、、、

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-07-09

7/3 安養寺

郡上八幡城へ向かう途中に大きなお堂があったので
気になって寄ってみました。
安養寺
を観光客に貸し出してました。 ¥500
GP3808.jpg
拝観できるかお聞きしたら
「真ん中の扉が開いているからどうぞ」と言われたのですが
鍵かかってました
わざわざ開けてもらうほどでもなかったので
外からお参りだけしました。
GP3805.jpg
あとから検索で分かりましたが宝物殿もあったんですね。
GP3806.jpg
真宗大谷派ですが御朱印ありました(書置き)
GP3827.jpg
折角なのでウロウロしてみました。
GP3809.jpg
この辺は食品サンプルが有名みたいです。
GP3810.jpg
のヘアゴムを購入
GP3821.jpg
郡上おどりの幟も見かけましたが
今やってるんですかね~。
リサーチ不足
GP3811.jpg
宗祇水(そうぎすい)という湧き水がありました。
GP3812.jpg
GP3815.jpg
GP3814.jpg
GP3818.jpg
GP3817.jpg
桜間見屋(おうまみや) 飴屋さん
雰囲気ある佇まい
GP3819.jpg
いろいろお土産買っちゃいました
紫蘇ジュース、飛騨牛入りぶっかけ塩だれ、明方ハム、赤かぶら甘酢漬
明方ハムは「みょうほう」じゃなくて「みょうがた」なんですね
GP3820.jpg
この日はこれにて終了~。
降っちゃって残念だったけど、再訪したいです
関市の下のほうとか美濃市だと滋賀から行ったほうがいいのかな?

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2016-07-08

7/3 郡上八幡城

まだ時間があるので郡上八幡城へ行ってみました。
事前の調べで
『お城のすぐ横までで行けるのですが、山道がかなり狭いので
運転に自信のない方は下のに停めて歩いて登って』
となっていたので
警備のおじさんに聞いてみようと窓を開けたら
質問する前に「上へどうぞ~」と言われたので
そのままで登ってみました。
確かに狭くて
カーブのところに人がいると大回りできないから切り替えしが必要でしたが
一方通行で対向車が来ないから
よほどヘタくそじゃない限り大丈夫だと思います。

七家老石碑
GP3790.jpg
竹田城や大野城と同じく天空の城として有名ですね。
入場料 ¥310
GP3791.jpg
GP3792.jpg
GP3793.jpg
中は資料館みたいな感じですね。
撮影禁止の張り紙なかったので
気になったのだけ撮ってみました。
これは弩標(どひょう)というそうです。
絵を見ると大名行列で使われたみたいです。
GP3795.jpg
山内一豊の妻の千代は、初代城主遠藤盛数の娘だそうです。
登場人物全て知らないっていう
GP3797.jpg
天守からの景色
GP3798.jpg
御朱印がありました。
美濃和紙(黒皮楮)を使用した書置きです。
売上は熊本城の復興支援で寄付されるそうです
GP3796.jpg
楮紙特有の茶色で、透けて見えるくらい薄かったです。
手漉きの楮紙を使用してるのに¥300とはお値打ちですね
GP3826.jpg
暑かったからアイスキャンディ食べました
GP3801.jpg
およしちゃんっていうキャラクターがいました。
なんか、人柱になった娘らしい
GP3802.jpg
桜の丸隅櫓
GP3804.jpg


続く、、、

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

2016-07-07

7/3 21世紀の森公園

続いて、ランチしてきました
雑誌に載ってた和食屋さんへ向かっていたのですが
途中で『チェコ料理』という看板を見つけて
「チェコ料理ってどんなんや?」ってなって
入ってみることにしました。
四季路さんというお店です。
建物の見た目は昔ながらの喫茶店って感じです。
撮り忘れ

コロッケセット ¥1,100
まずスープが出てきます。
塩味は薄め。もしかしたら使ってないかも。
そのかわりハーブがふんだんに入っていて
体にやさしい味がします。
濃い味好きの人には物足りないかもしれないけど
私は美味しかったです
07032243.jpg
メインはプレートで出てきました。
付け合せはキャベツのピクルスとか
ポテトサラダとか、なんかお豆とか。
お豆にジャムがのってました。
付け合せにもハーブがたっぷり使われています。
ご飯は炊いた後にミルクで煮てるんだったかな?
本当は炊かないでミルク煮にするところを
日本人の口に合わせてるんだと思う。
そんなに牛乳臭くなかったです。
07032244.jpg
コロッケにも13種類のハーブが使われているそうです。
07032246.jpg
行き当たりばったりで入ったお店でしたが
なかなか良いお店でした
ぐっさんがロケで来られたそうです

が止んだところで21世紀の森公園へ。
ここ奥牧谷は巨大株杉が集団で自生している
全国的にも唯一の地域です
この林には100株以上が確認され
株の直径が1mを超えるものが30株あり
樹齢は大きなもので400年から500年と推定される
何度も伐採が繰り返され、その部分からまた新しい幹が生え
このような特異な形の杉になった

GP3767.jpg
森に入ってスグ大木が現れます。
GP3768.jpg
雨で地面が滑りやすかったので
ほんのちょっとだけ歩いて雰囲気だけ見てきました
GP3771.jpg
こちらのあじさい園も沢山咲いてましたよ~。
観光バスも来ていました。
GP3754.jpg
今回はあじさい祭りや~
GP3753.jpg
GP3755.jpg
GP3757.jpg
GP3758.jpg
GP3759.jpg
GP3773.jpg
GP3776.jpg
この日はミツバチをよく見かけたけど
紫陽花ってそんな蜜なさげだけどな~
GP3779.jpg
GP3780.jpg
駐車場に夏椿がきれいに咲いてました
GP3781.jpg


続く、、、

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

2016-07-06

7/3 モネの池

お次は今回のメイン 関市の板取川沿いにある
名もなき池(通称モネの池)へ。
時計台のあるは満車で
もう少し進んだところのに停められました。
「雨だから人少ないんじゃないか」なんて話してたんですが
関係なかったですね
着いた時にバケツをひっくり返したようなスコール
しばらく車の中で雨宿りして小雨になってから向かいました。
GP3718.jpg
向こう岸は人が少なめですが
こちら側は傘をさしていることもあり、すれ違いもままならないほどでした。
ちょっとの隙間に強引に入ってくる人もいて
傘の雫がドボドボと手にかかったりして迷惑
GP3712.jpg
期待していた睡蓮はあまり咲いていませんでした
時間的にはちょうどいいはずなんだけど~。
GP3732.jpg
事前の調べでは7月初旬が最盛期とあったので
『ちょっと早かったのかな?』と思ったのですが
写真修正しながらよくよく見たら
葉っぱが茶色くなってきてるので遅かったのかも。
GP3716.jpg
濁っちゃった
GP3727.jpg
こちらは根道神社参道脇にある貯水池で
湧き水には養分が含まれず、微生物が育たないことから
水が澄んでいるんだそうです。
そこにフラワーパーク板取さんが睡蓮やコウホネを植えたことで
モネの絵『睡蓮』のようになったんですね~
鯉は近所の方が家で飼えなくなって放流したそうです
モネ
GP3728.jpg
鳥居側の葉っぱがないところのほうが
底まで見えてモネの池っぽいかも。
GP3722.jpg
GP3737.jpg
模様の鯉 私は見つけられませんでしたが
友達が撮れてました。
右側の頭だけ赤い子ですね~。
07032248.jpg
根道神社お参りして来ました。
GP3731.jpg
尻尾いっぱいある系?
GP3744.jpg
拝殿 ガラス張りって珍しいね。
GP3741.jpg
本殿 屋根があるのは雨雪除けかな?
GP3742.jpg
私、勘違いしてて根道神社さんの御朱印いただけると思ってたのですが
授与所らしきものがありませんでした。
フラワーパーク板取さんでお聞きしたら
御朱印の問い合わせは多いらしく
「管理の方にお願いはしてるのですが、あまり乗り気じゃないようで…」
と仰ってました

12時ごろに戻る時には満車になっていて
道路にズラリと並んでました。
すんなり停められてラッキーだったかも
GP3745.jpg
256号線沿いはあじさいロードと呼ばれていて
たくさんの紫陽花が咲いていました。
GP3747.jpg
遠目にはキレイですが、近くで見るとだいぶ茶色くなってました。
前の週があじさいまつりだったそうで
終わりかけかも。
GP3746.jpg
紫陽花と睡蓮の見頃の時期って同じでしたっけ?
睡蓮のほうが後だと思うんだけど…
GP3748.jpg
GP3752.jpg
GP3750.jpg
紅葉の時期も素晴らしいそうなので秋に再訪できたらいいな~
冬だったら空いてるんだろうけど、雪降ったら来れないな。


続く、、、

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

プロフィール

takac0421

Author:takac0421
更新遅れ気味です
m(__)m

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター